ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~

2021年10月期
総合評価: 3.67 / 5.0 (回答者数12人) 415 位 / 679件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.3 /5.0(66.6%) 575/680件中
キャスト 3.8 /5.0(76.6%) 523/680件中
演出 3.3 /5.0(66.6%) 577/680件中
音楽 3.7 /5.0(73.4%) 353/680件中
感動 3.7 /5.0(73.4%) 162/680件中
笑い 2.8 /5.0(56.6%) 433/679件中
スリル・興奮 2.8 /5.0(55%) 538/678件中
12コメント
4 | | 2021-10-08 17:19:10

最後のセクハラと暴力に正直ドン引きでした。S1でもそういった描写があったから入れたのかもしれないけど、結局みんなでの食事もなくなって意味がわからなかったです。それに田中はまだ仲間じゃないみたいな雰囲気もあって嫌な感じだなと思いました。
全体的にS1を見てないとわからないことが多く、S1を見てたから良かったけど見てなかったり忘れてたら話を理解しにくい気がしました。
広瀬がみんなに戻ってきてくださいとわざわざ会いに行ったときは明確な理由で断っていたのに、五十嵐が戻ってきたら手のひら返したように戻ってきたのが少し引っ掛かりました。

% Complete
100% Complete
3
7 | | 2021-10-15 18:36:28

アスリートの方で"自分の好きなスポーツを子供にもやってほしい"という人はそのスポーツに出会って両親が適度な距離感で応援してくれた人で、"させるつもりはない"と言葉にする人は両親がコーチだったり距離感が近すぎた人が多い気がしていたので、「息子の気持ちは自分がよくわかっている」なんて言ってた一郎には恐怖しか感じなかった。妹さんが思いきって本当のことを言ってくれて良かったと心から思いました。さらに息子の気持ちを何も理解できてなかったと知った一郎が謝るだけではなく、走太を抱きしめた演出も良かったです。

% Complete
100% Complete
2
1 | | かおる | 2021-10-04 23:01:23

経営はダメだったのよと言いながら人を動かすのが上手い元院長の大森先生と、何だかんだ悪口を言いながらも味方の鏑木副院長のおかげで、あの頃のメンバーが揃ったラジエーションハウス。そうそう、二人が周囲からしっかりと見守ってくれてるこの感じ!前作の雰囲気をくっきり思い出しました。技師長の認知症は自分でも脳のCTを撮ってて、もうダメなのかなと思ったら、五十嵐くんの本領発揮で救われましたね。治る病気で良かった!ヴァイオリンの宝生さんも後遺症が残らず復帰できて何より。逆に天才放射線技師がいてくれなかったら、全て本当の病気がわからなかったのでは?と心配になるけどね。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2021-10-20 20:44:57

軒下さんの恋、切なかったな。浜野さんと八嶋さんをキャスティングしたのはこの回のお話のためだったのか?ってぐらいぴったりな設定でしたね。彼女の目が治ったら、また素敵って言ってくれるだろうか。失望されるだろうか。名乗るべきか名乗らずにいるべきか相当悩んだんだと思います。顔が記憶できないというか判別できない人に素敵と持て囃されたのが軒下さんっていうのがちょっとモヤモヤするところではあったけど、名乗らずに夢へ後押しする言葉を寄せた軒下さんは紛れもなくイケメンでした。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2021-10-05 11:02:31

わざわざお父さんにも会いに行って杏ちゃんの近況とか聞いていたのに、食事に誘ったのはデートじゃなかったの??女心を分かってないというよりは自分の恋心さえ気づいてないのか?なんかまだそこなの?とイライラした。技師長の不調の原因が分かってほんとに良かったけど、一般にもそういう見逃し以前の撮影不備があるのかと思うと怖くなる。レントゲンなんて写り方は一緒だと思ったけど技師の腕次第となると今後病院の選び方も変わってくるかもしれない。

% Complete
100% Complete
2
11 | | 2021-10-21 10:13:18

軒下さんの不器用さ、無理に笑った感じ、でも声から伝わる優しくて温かい感じがきっと彼女に伝わったんだな。普通にデートできたと喜ぶ彼女が痛々しい。彼女が見えるようになった時に起こるであろうことへの不安。周りの支えや後押しがナイス。そして病気が分かって、治った後の引き際が素敵。自分のことしか考えなかった自分ではなくて、ずっと支えてきて彼女のことを最優先にしていた幼馴染の彼の方がふさわしいと、軒下さんの顔がわからないことをいいことに、一切話さず幼馴染に目線で意思を伝える。最後の強がりまで一貫してとってもとってもカッコよかった。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2021-10-05 12:58:17

現代医療は正確な確定診断によって、的確な治療をすることで成り立っています。検査医療こそが今の医療を支えているとも言えます。確かに病院経営の効率化は民間病院にとって死活問題です。しかし病院は社会インフラのひとつであり、その質を維持することは安全保障上の問題とも言えなくはありません。その意味でこのドラマはスーパードクターひとりがいれば良いという個人能力頼みとは違い、現代医療の本質をついていると思います。それにしても鏑木副院長が実に良い仕事をしました。大森の寝業師ぶりも流石です。手術の際に杏が下した判断も、自分の手技の速度を冷静に考えてのことであり、五十嵐だけでなく彼女も成長しているのが感じられました。シーズン2ということでキャラも馴染んでいるし、面白くて安定安心のドラマです。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2021-10-12 11:33:07

広瀬はチンパンジーと一緒にされて、さすがに可哀想かと思いましたが、それは見事な前フリで、しっかり後で意味が回収されていました。それにしてもMRIひとつにしてもいろいろな撮影法があるんですね。やはりスーパードクターはチーム医療に支えられているのだと実感します。走太くんの件ですが、やはり子どもは子どもとして扱うから、いつまでも子どもなのであって、ひとりの意思を持った人間として見れば、人として応えてくれるのだと思います。それに人生にはどうあれ選択肢がある方がいい。それは五十嵐の言う通りです。また杏と広瀬の恋模様にも変化が起こりそうです。

% Complete
100% Complete
2
12 | | 2021-10-22 15:39:52

あんなに写真を加工してまでマッチングアプリしてたの軒下が、本当の顔を知られたとき好きでいてもらえるかと自分のことしか考えていなかったと反省してすみれのことを諦めた流れはとても良かったです。軒下のことを少し見直しましたので、すぐに別の女性とデートとかそういう展開がないことを祈ります(笑)
検査して治らないとわかったら怖いという心理はとてもよくわかる。軒下という存在があったから調べることができたというのも良かった。デート詐欺という言葉も出てたので、マッチングアプリでもいい出会いがあるんだなと思えました。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2021-10-18 15:17:56

12歳の子どもの実際に置かれている現実が辛過ぎて。お父さんの期待を一身に背負って真面目に頑張る姿に余計辛くなった。薬が効かない、発作が頻発する状況で子どもに効かない薬を飲み続けるように言うのも辛いし、手術で歩けなくなるかもしれないというのもつらい。まして陸上のサラブレッドで将来を期待されているならなおさらのこと。でも、たとえ12歳の子どもであっても本人の意思は大事だと思った。歩けなくなるかもしれない手術を迷わず選択するほどに発作は恐ろしかった。てんかんは努力しても無理だという言葉が、苦しく怖い時間を一人耐えてきたことが見えるようで悲しかった。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2021-10-14 12:35:51

子供は親の所有物じゃないのについつい熱くなってしまうのは親のサガなのだろう。この親はよほど自分のDNAとコーチングに自信があるのか、絶対に勝てる的な押し売りがひどい。またそこに反抗することもまだ知らない純粋無垢な息子がいたら、そりゃブレーキはかからないだろう。でもこの親はてんかんって病気を甘く見過ぎでいないか?こんなにすぐ倒れているのにその痛みや思いには全く寄り添っていない。今はいいけど、陸上ができなくなった息子との今後の関わり方も気になった。

% Complete
100% Complete
2
9 | | 2021-10-19 12:05:50

軒下の活躍でひと一人の夢が守られました。珍しくちょっとだけ軒下が恰好良かったです。問題はすみれの失敗について、やる気の問題だと叱責するタイプの人たちです。やる気で何でも解決できるのなら世界はこんなんじゃない。他人を理解しようとする心が足りていない人こそが、いろいろなものをダメにしているのだと思います。それにしても五十嵐の観察力と連想力は素晴らしい。時間ばかりを競い、何事も拙速になっている現代社会では、彼のように先入観なくものを見て、違和感を放置せず、じっくり考えることも大切だと思います。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』のキャスト一覧