いつか、眠りにつく日

2019年7月期
総合評価: 3.67 / 5.0 (回答者数3人) - 位 / 410件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.0 /5.0(80%) - /410件中
キャスト 4.3 /5.0(86.6%) - /410件中
演出 4.0 /5.0(80%) - /410件中
音楽 3.7 /5.0(73.4%) - /410件中
感動 4.3 /5.0(86.6%) - /410件中
笑い 2.0 /5.0(40%) - /410件中
スリル・興奮 1.7 /5.0(33.4%) - /410件中
3コメント
3 | | 匿名 | 2019-09-02 15:35:02

これまでの話の流れからある程度の展開が予想出来ていたのですが、見事に裏切られた展開となって驚きました。予想しすぎていたためか思わずその展開の驚きと感動で涙を流してしまうほどでした。生きるということの大切さ、素晴らしさ、また家族や親友や好きな人といった大切な人への想いか溢れた素敵な話だったと思います。タイトルの回収も感じるような展開が良かったです。話を見終わったあとに自分の周りの大切な人との繋がりをもっと大事にしたいと感じ、生きていることに感謝を感じました。

% Complete
100% Complete
3
2 | | purisan | 2019-08-30 18:35:01

蛍が三つの未練を解消して成仏する決心がついて、未練のある三人目の相手、同級生のれん君に会いに行って、お互いの気持ちを確かめ合うシーンでやっと天国にいけると思ったのに、ふと疑問がわいてきた。生きてる人間には蛍は見えないのに、なぜ未練の相手はみんな蛍が見えるのか。実は蛍は意識不明のまま生死をさまよっていて、未練の相手三人が死んだ方だったということをクロから聞いて、蛍は辛かったと思います。不本意ながらも蛍を死んだと思わせていたクロ、未練の相手三人も蛍に生きて欲しいと願い、蛍は生きる事を選択できたので良かったと思います。三人にいつかまた会おうとお別れし、クロに頑張って生きると言って消えていったときには、涙が出ました。
意識が戻って、未練の相手が死んだことは、記憶の中から消されているはずなのに、クロは消さないでいてくれた。蛍は前向きに生きる決心をして、みんなの事を忘れず、元気に過ごしている姿は、引っ込み思案だった蛍とは思えないほどたくましくなったなと思いました。

% Complete
100% Complete
3
1 | | プリン | 2019-08-01 13:04:01

修学旅行のバスで事故にあい、1人だけ死んでしまった女子高生の蛍は死の案内人クロに3つの未練を解消しなければ、地縛霊になってしまい周りを不幸にすると言われ、一つ目の未練、おばあちゃんに会いにいくが、地縛霊に騙されて危ない目にあう。クロに助けてもらい、家にいたおばあちゃんとも会えたが、人を信じすぎる蛍は危なっかしい。次は、圭子という女子高生の地縛霊。クロの忠告も聞かず、圭子の話を親身に聞く。20年間霊を食べてきた地縛霊の圭子、蛍は気が変わって襲われなければいいけど心配です。あと2つの未練、死ぬ前に喧嘩した友人、片思いの相手の2人かな。時間も限られているから、クロと一緒になんとか頑張って欲しいです。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『いつか、眠りにつく日』のキャスト一覧