レンタルなんもしない人

2020年4月期
総合評価: 3.52 / 5.0 (回答者数31人) 404 位 / 496件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.8 /5.0(76.8%) 317/496件中
キャスト 4.1 /5.0(81.2%) 346/496件中
演出 4.0 /5.0(80.6%) 198/496件中
音楽 3.4 /5.0(67%) 432/496件中
感動 3.5 /5.0(69.6%) 198/496件中
笑い 3.1 /5.0(62%) 276/496件中
スリル・興奮 2.8 /5.0(56.8%) 392/495件中
31コメント
31 | | 2020-05-24 13:58:01

そりゃあんな活動で神様のような扱いを受ければ、アンチも出てきて当然。目立つようになればなるほど反対意見の人も出てくるよね。それをスルーできるのも炎上するのもネットの世界。妻にも妻の両親にも許されてここまで来たけど、お金も底をつきそうだしアンチも出てきたしこれからどうなっていくのか楽しみになってきた。そりゃ大きなお世話ではあるんだけどあのまま生きていけるはずはなく、このモデルになった人は今どうやって暮らしているのか気になった。お金がなくなりそうになった時、メディアに取り上げられ本やドラマになりそれで食べて行けるならなんて人生甘いんだ。なんか腑に落ちない。

% Complete
100% Complete
3
30 | | 名無し | 2020-05-24 12:51:01

森山は妻子がいるのに、働かず、なんもしないレンタルをしているのはなぜだろうと思いましたが、そばにいてくれる人がいるだけで、安心したり、ほっとしたり、正直になれたりするのだなと、気付きました。今回、お葬式の予約をしようとした老人に、お葬式に出席する約束をした森山は、老人がこれから、意地を張らずに素直に生きるきっかけを与えたと思います。森山に出席してもらうためには、別れた家族に連絡しなければけないからです。森山は心に傷を負っていますが、しだいにその傷が癒えているのだと思います。レンタルをするたびに、少しにこやかになっていると思います。

% Complete
100% Complete
2
29 | | 2020-05-23 22:04:01

ホストの誕生パーティに呼ばれたレンタルさん。周りの雰囲気に圧倒されていたのがとても印象的でした。なんにもしないのに周囲は何故か盛り上がる。ちょっとバカバカしいですが、縁のない世界と思われる場所での体験は凄く貴重だったと思います。メインの依頼主とのやり取りもなかなか面白い展開となりました。自分らしくあり続けようとするレンタルさんに対し依頼主はとにかくその場のうまく切り盛りしながら話を進めていく。かみ合わない部分があるのはいつもの事ですがそれでも空気が悪くならないのは依頼主の人柄もあったように感じます。結局のところ寂しさをどうすれば分からないいつもの依頼とそう変わらない内容だとレンタルさんも思ったことでしょう。話を聞いてあげる事だけでも人の役に立てる。なんにもしないはずなのにレンタルさんに依頼をした人達はすっきりした表情になるのが、見ているほうも毎回うれしくなります。

% Complete
100% Complete
3
28 | | 匿名 | 2020-05-22 22:01:01

「終活」などとよく聞きますが、今は葬儀屋さんでも『お葬式の生前予約』って沢山あるそうです。
今回は、その『生前予約』に家族のふりしてついてきて欲しい、って結構特殊な依頼だな、と思いました。
森山と依頼人の大槻さんが並んで棺に入っていたシーンが中々シュールでしたね。
大槻が言った「今まではカウントアップだったのが、これからはカウントダウンだ」と言ったのが印象に残りました。
森山が「僕は葬儀には出ません」や、神林とのSNSのやり取りの「助言とは相手が助かって助言です」のシーンを見て「割とはっきり言う人なんだな」って思いました。

% Complete
100% Complete
2
27 | | 2020-05-20 13:55:01

新しい命に対しての厳しさとママに対する厳しさに溜め息しか出ませんでした。
外で赤ちゃんの泣き声がすると親の敵なのかと思うくらい睨む人もいるし、舌打ちしたり大きな声で文句を言う人も見かけたことがあったのですが、そういった人たちが異常なんだと思っていました。
でも"新米だから"と周りの目を気にすることが続くと、張り詰めた緊張状態が当たり前になってしまい"赤ちゃんやママである自分が悪いことをしてる"と感じる負のループに嵌まってしまうとしたら哀しい…。もちろんママでも気が強かったり、周りにまったく気を遣っていない人もいるので、将太と同じで偽善と思われるのではとか逆に迷惑なんじゃ…と感じて他人に出来ることなんてそんなにないと思うようにしていました。
ですが手を差しのべることだけが助けになるわけではなく、敵ではないと思ってもらえる雰囲気を出すだけでも支えになるのなら参考にしたいです。

% Complete
100% Complete
2
26 | | ひな | 2020-05-18 19:37:02

想像がつかないようなぶっ飛んだ依頼がくるので、毎回飽きずに楽しめます。一緒に山手線を13周するという依頼はらさすがに意味が分からなすぎて笑ってしまいました。
交通費だけで、無償で依頼を受けるというシステムでどうやって生きていくんだという疑問はありますが、ドラマだからと割り切って見れば面白いです。
離婚届をいっしょに出しに行く回が、依頼人の今までの生活や心情が詳しく語られていて1番感動したし見応えがありました。

% Complete
100% Complete
3
25 | | 匿名 | 2020-05-18 14:04:06

本当になんもしない人ってレンタルする意味あるの?と思っていましたが、見進めると私もレンタルしたくなりました。特に今回はお人好しな性格がたくさん出ていて優しい一面が見ることが出来ました。断れない性格であたふたしているシーンや椅子に座ったままうたた寝しているシーンも可愛らしいなと思いました。しかし一児の父としての考え方や赤ちゃんに対する想いは立派で、頼りがいのある良い父親だと感じました。レンタルさんはなんもしてないようでたくさんのことを考えているんだと思いました。

% Complete
100% Complete
3
24 | | 2020-05-17 16:31:02

うーん、なんもしない人ねー。交通費と食事代だけしかかからない空気みたいな役だから、時たまなんかするとすごく崇められちゃうなんだか不思議。そこらの通りがかりの親切な人よりなんもしない気がするけどそれでもありがたがっちゃうのって変じゃない?今回ならバスに乗る時ベビーカーぐらい持ってあげたっていいしさ。階段のところでやっとベビーカー持ったけどそれまでイライラしたなー。まぁ世の中がどれだけ子連れのお出かけに冷たいかはよくわかったけど、なんもしないにも程があるだろ。

% Complete
100% Complete
3
23 | | 2020-05-15 23:58:02

変わった依頼も多いですが、シンプルな依頼の方が大変な時もあるようです。赤ちゃんを連れてレストランに行きたいとの依頼。至って簡単に思えましたが赤ちゃんを連れての移動は予想以上に厳しい物で、レンタルさんがなんにもしないでいると目的地に着くまで時間がかかり非難の目が集中してしまいます。なんにもしないでいる事ははばかれる状態でした。赤ちゃんの面倒も見たりベビーカーを支えたりする事は最低限の範囲とみなせますので、レンタルさんが手助けするのは納得でしょう。彼も父親ですから。いつもよりも依頼人との心の結びつきが強い内容となった気がします。何気ない日常を過ごすのにちょっとだけ役に立てる、そんなレンタルさんを見ていて清清しく感じます。

% Complete
100% Complete
2
22 | | 匿名 | 2020-05-15 21:21:01

今回のストーリーは「子育て世代あるある」でしたね~特にバスなんてのる時は本当に困りました。
でも普通はバスなら抱っこ紐だけで、ベビーカーは持って行かないかな、なんて思いながら見ました。
「レンタルさん」は本当になんもしないんですね。
麻衣さんがベビーカーをたたむのに悪戦苦闘していても手を貸さずだったので、そこは手伝ってあげて欲しかったですね。
でも、レストランで懐かしい味を食べて、昔を思い出すシーンは「あるよね~」でした。
また金田と神林がチラッと出てましたが、森山と何の関係があるのか、いつか分かるんでしょうか・・?

% Complete
100% Complete
3
21 | | 2020-05-13 18:47:01

説教されてるのに、6時に「帰りに牛乳」と念じてという依頼を真面目にこなす将太にびっくり。変な顔してるから、そんなこと言われたくないという拒絶だと思っていたので笑ってしまいました。
お義父さんがちょっと話しただけだけど、将太の生き方を認めてくれたのがすごく嬉しかったです。
なんもしないって言ってるけど本当になんもしたくない人は仕事辞めたら家から出なくなるし、SNSで社会との繋がりなんて持たなくなる。働いてないけど幸せに生きることができてる将太と、働いてるけど幸せを感じることができていない勇作の対比がすごくリアルでなんだか苦しくなりました。
勇作がレンタルさんを認められないのは自分の頑張りが無駄と言われてる気がするからかな…?でもいつか限界がきた時に支えになってくれるのはきっとあの父親ではなくレンタルさんなんじゃないか、と思ってしまいました。

% Complete
100% Complete
3
20 | | 2020-05-12 00:31:01

おいおい、会社を辛くて辞めるまでは理解できる。心のリハビリ期間としていっとき違うことをしてみるっていうのも賛成。だけど、レンタルさんで一生生きていくっていうのは無理があるよね?そうは言ってないけど、大人2人と乳幼児がいて働いてないってヤバいよね?それを義理の両親にバレて、修羅場かー??って思ったけど許されちゃったよ。仕事すっぽかしてもレンタルさんのおかげでとかいう人まで出てきちゃう。ここまでいくとファンタジーにしか見れなくなっちゃって一気に覚めてしまう。これじゃダメじゃない??

% Complete
100% Complete
3
19 | | 2020-05-10 11:51:01

ゆるーいドラマだけど、とってもほっこりする。現代にはレンタルさんは必要なのだと思う。何もしないけど、誰かがいてくれるだけでいい時って誰でもあるなーって。そして奥さんが寛大。レンタルさんの増田貴久さんがとてもいいけど、それを支える奥さん役の比嘉愛未さんもさっぱりとして寛大さが出ていて、とてもいい演技だと思う。実際のレンタルさんの収入や育児などはわからないけど、ドラマの中ではこれでよい。OPのイラストが実際のレンタルさんの奥さんの作品だと知り、感動しました。

% Complete
100% Complete
2
18 | | すばる | 2020-05-09 18:35:02

せっかく沙紀がご両親にレンタルの事を隠していたのに、森山は隠すのが下手くそすぎます。しまった、というときの表情がギャグ漫画ぐらい大げさで笑ってしまいました。しかも本当の事言ってしまって、何もネクタイを返す事もないのにと思いました。きっと森山のそういうところが会社に馴染めなかった理由なんだなあと感じました。ご両親が心配するのは当然です。なので、花見のエピソードがあったとはいえ、あっさり理解してもらえたのは都合良すぎる気がしました。

% Complete
100% Complete
2
17 | | 匿名 | 2020-05-09 07:37:01

ちょっと今回の展開は「出来過ぎ」というか「綺麗にまとまっててご都合主義かな」って気がしました。
仕事を辞めて「レンタルさん」をしていた義理の息子を、両親が最初は心配で怒るのは当然だと思います。
でも、沙紀(娘)が話しただけで、すぐに納得するかな、と。
赤ちゃんもいるのに夫婦で貯金を切り崩し、笑顔でいるからと「色んな夫婦の形があるのね」で済ませていいのかなぁ。
あと、初回から出ている勇作って森山と何か関係があるんでしょうかね?
バリバリ働いてて、森山と対極の役ですが、森山は以前同じ会社にいたのかな、と推測しています。

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2020-05-08 17:35:01

依頼内容の多くがかなりどうでもよいことになってきているのは、レンタルさんが始めたサービスが少なくともフォロワーには受け入れられているのでしょうね。初対面の人ともなんにもしないと言っている割にはすぐ打ち解けているのでコミュニケーション能力はそれなりにあるのだろうと思っていました。しかし沙紀さんの両親との会話はどうにも空気が読めずうまくつながっていかない。レンタルさんの本当の素顔はこちらなのでしょうね。真っ正直さをどう思うのかは人によります。うまく立ち回れない事が彼の個性ですので”なんにもしない”サービス”にはピッタリなのかもしれません。当たり前ですが、レンタルさんもいろいろと感情を持っているのを分かったのでこのドラマがさらに面白く感じられるようになりました。

% Complete
100% Complete
3
15 | | 2020-05-06 09:08:01

電車の中で人間観察するのって意外と暇潰しになるとは思っていたけれど、1日中同じ電車に乗り続けるっていうのはやってみたこともなければやってみたいと考えたこともなかったので、自分から見た周りの様子より周りからどう見られているのかが気になりました。
でもその後、「家について行ってもいいですか」からの「ソレダメ」というテレビ局ネタで笑ってしまい、今回はこれに全部持っていかれた気分です。
レンタルさんの「人間、生きてるだけでわりと偉業」というセリフは何もない時は軽く聞きながしちゃう言葉だけど、悩みとか心にしこりがある時には自分を肯定してくる言葉としてかなり重いなと感じました。そしてそれを赤の他人に言われた、というのがポイントかなと思いました。友達や家族だと気を遣われているのがわかってしまうし、気安さから素直に聞けないこともあるので、一定の距離感から率直に発せられた言葉の良さを感じられた気がします。

% Complete
100% Complete
2
14 | | 2020-05-04 02:51:01

やっぱり夫婦ってダメになったらやり直せないもんなんだろうか‥。短いドラマの中でもしっかり感情移入できる作りで面白かった。人生にたらればはつきものだけど、後悔ばかりじゃ進めない。肝心なのは今だよね。今回の夫婦があんまりいい夫婦に見えたからもったいないなと思うけど、女性の方は生き方を変えられないみたいだから別れる他ないんだろうな。過去は変えられないけど、少し相手に歩み寄るだけで、少し自分の思いを伝えるだけで未来は変えられると思っている。離婚は残念だなと思った。

% Complete
100% Complete
2
13 | | 2020-05-02 09:28:01

離婚届を出しにいくのに一緒に行って欲しい。この依頼はこれまでと似たようでちょっと違うなと言う印象でした。1人で行くのが怖いと言う気持ちの他に自分の気持ちの整理がまだついていないそんな感じのようですっきりとしない流れだったように思います。依頼人の旦那さんとの出会いから結婚生活を振り返るシーンには様々な感情が入り組んでいました。レンタルさんから見ても何故離婚するんだろうそんな目をしていたように思います。離婚届を出すのを踏みとどまるのではと期待もしましたが提出してしまったシーンは個人的には悲しさを感じましたがすごく良かったシーンでもあります。心に残る内容ばかりのドラマですが特にこのエピソードは強く印象に残りました。

% Complete
100% Complete
3
12 | | 匿名 | 2020-05-01 09:37:01

今回はいきなり『山手線13週』に驚きです。
そして『離婚届の提出を同行』してほしい、ってレンタルでした。
「自分なら一人で提出するかな」とか「返って知らない人と一緒の方が提出しやすいかも」と思いながら見ていました。
そういえば役所って『離婚届』も『婚姻届』も同じ窓口で受け付けだったんですね。
婚姻届を出しに来たカップルが、森山と彩も同じだと思い、写真を撮る展開がシュールというか不思議な感じを受けました。
でも、彩が明るく1歩前に進めたようで良かったですね。

% Complete
100% Complete
3
11 | | 2020-04-29 21:07:01

中年の男性から自分の体臭が臭いか判断してほしいという依頼を受けたことにびっくり。
男性が男性のうなじや顔周辺の匂いを真剣に嗅いでいる映像はかなりインパクトあったけど、臭いか臭くないかは嗅いだ人の好みだからレンタルさんの意見を聞いてホッとして大丈夫なの?って思ってしまいました。
メインの香奈の悩みは学生というか女子あるあるすぎてまったく笑えなかったです。
個人的に当日にドタキャンしたり平気で約束を守らなかったりする人を友達だとは思えないので、出逢ったばかりの人に愚痴を言いたくなるほどの相手と都合のいい関係を続けている香奈の弱さとか若さが痛々しく見えました。
そんな時に忘れないようにとしっかりアラームを準備してくれていたレンタルさんの温かさがとても沁みて、他人に気を遣うって当たり前のことなのにいつの間にか忘れちゃうんだなと少し切なくなりました。

% Complete
100% Complete
3
10 | | 2020-04-25 11:28:02

誕生日を祝って欲しいとの依頼かー。いろんなお仕事があるもんだ。私もかつては女子だったので(笑)この女の子の気持ちが痛いほど分かってよくできてるなーと思った。一見楽しそうに見えてる女の子同士もなかなか大変なんだよね。仲良しのはずなのに噛み合わないなー疲れるなーって思う時もあるんだよね。で、そこから抜け出して1人になる勇気はない。当て擦りみたいなすこーしの意地悪に疲れてしまう時もあるよね。レンタルさんは慰めるでもなく褒めるでもなく一緒にいてくれた。なかなかできる技じゃない。何にも考えてなさそうなのにすごいなと思った。

% Complete
100% Complete
3
9 | | 匿名 | 2020-04-24 19:35:01

最初に男性のにおいを嗅いでいた『レンタルさん』を見て、「きっと加齢臭や臭いを誰かに指摘されたのかなぁ」なんて思ってしまいました。
『レンタルさん』には本当に色々な仕事が来ますね。
「21歳の誕生日を祝ってほしい」なんて、若い女の子が男の人を平気で部屋にいれるのってどうなの?って思いましたが。
でも見ているうちに、今どきの若い子の悩み(SNSなど)があるんだな、と。
今回は少し『レンタルさん』の私生活が見えましたね。
奥さんと子供がいてレンタルだけって、生活が大丈夫なんでしょうか?

% Complete
100% Complete
3
8 | | 2020-04-24 15:18:01

誕生日を一緒に祝って欲しいと言う依頼。レンタルさんにとっては何てことない依頼ですが、依頼者にとっては必死の依頼だったことでしょう。友人に合わせるだけの日々に虚しさを感じていた気がします。律儀に時間ぴったりに訪ねるレンタルさんは流石と言う他ありません。依頼人とのぎこちないやり取りはリアルらしさがでていて好ましく感じました。何気ない会話でも何となく気が晴れるような気持ちになれるのもレンタルさんの持つ個性なのかもしれません。ちょっと変わった誕生祝いでしたが、依頼人にとっては良い思い出となった事でしょう。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2020-04-17 14:51:01

出社についてきてくれという依頼によりそう回。岡山天音さんの大げさすぎないけど青ざめた演技に釘づけ。その出社したくない理由も丁寧に描かれていたので見ているこっちまで、そりゃ行きたくないわなーとちょっと憂鬱になった。なんもしない人は自分の過去を追体験しているようで苦しかったかもしれない。あの日の自分に言うように、行かなくてもいいと提案したけれど、天音さんは勇気を振り絞って会社に行った。人生には何回かこんな絶体絶命だーと思う時があるんだよね。乗り越えた勇気は素晴らしかった。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2020-04-17 13:01:02

仕事に行くのが怖くなるのはわりとありがちだと思います。誰かについてきて欲しいと言う気持ちもなんとなく分かります。依頼人とレンタルさん双方の内面が似ているようでちょっと違うそんな雰囲気が印象に残りました。会社に向かうだけなのにそれぞれの回想をうまく取り入れて丁寧に作りこまれた話は見事です。どうしても気乗りしない時にどう立ち向かうのか、考え方はそれぞれですがヒントとなる話となりました。レンタルさんの過去の話も出てきてなかなか興味深い内容だったと思います。いろいろありながらも前向きに生きているレンタルさんを応援したくなりました。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 匿名 | 2020-04-16 22:07:01

女性の「焼肉食べ放題」は確かに一人じゃ行きにくいですね。こんな時に「レンタルさん」と一緒にって良いですね。
サラリーマンの桐山が「会社に一緒に行ってほしい」って依頼が来て、すぐに返事をする「レンタルさん」こと森山の仕事の速さが凄いです。
ただ、「レンタルさん」ってあくまでも『側にいて、依頼だけを淡々と受ける』だけだと思っていました。
今回、桐山の「レンタルさんならどうしますか?」に「僕は(会社に)行かないと思います」って答えたので驚きました。
ドラマでは、結局桐山が「レンタルさんみたいに勇者じゃないんで」と会社に向かったので良かったですが・・。
実話とフィクションが混じってるんですかね。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 2020-04-15 14:03:02

森山将太という"なんもしない人"と増田貴久さんに対するイメージがぴったりだと感じたので、キャスティングのうまさに拍手を送りたいです!
個人的に増田さんは他の番組で面白いことを言おうとして空回ったりカッコつけようとして頓珍漢なことを言ったりと、これならハマる!というシーンを見たことがなかったので、覇気のない空気のような雰囲気だけどちゃんと存在感はあるという独特な役がここまで合うのかと驚きました。演技なのに演技に見えない素な感じがとても良かったです。
それに"なんもしない人"という緩い存在にほっこりでき、癒されました。
叱ってほしいわけでも意見を求めてるわけでもなくただ話を聞いてほしかったり、一人じゃ気まずいけど休みに気を使うのは面倒くさかったりするので、依頼人に対して媚びないというか馴れ馴れしくないところに好感が持てました。

% Complete
100% Complete
3
3 | | 2020-04-13 14:03:01

レンタルなんもしない人の本人のドキュメンタリーみたいなのを見たことがあります。ほんとに寄り添うだけで何にもしないんですよね。だけど依頼人はそれで満足。なんか面白い仕事だなと思った記憶があります。でもこれが成立するのはそのなんもしない人自体の空気感が抜群にいいからなんだと思う。その点まっすーは適任だと見てから思いました。キラキラのアイドルグループの一員がどれだけオーラを消せるかがポイント。これからも観ます。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 2020-04-09 12:03:01

最低限の受け答えしかしないと言っていましたのでレンタルさんはほぼしゃべらないと思っていました。しかしそれなりに会話をしてくれるので依頼人は戸惑うところもありましたがコミュニケーションは取れていたと感じます。案山子のような存在でいるはずなのに、器用にスマホを操作するなど目立つ仕草も多かったですね。依頼人の身の上話がメインですがレンタルさんの自由な行動が和ませてくれました。仕事や生き方、考え方が全く違うからこそ依頼人としては踏ん切りが付けやすかったと思います。無理なくゆっくりとしたテンポが心地よく感じました。

% Complete
100% Complete
2
1 | | 匿名 | 2020-04-09 10:10:02

以前、TVで大学生が「自分を貸します」と言う仕事をしているのを見た事がありますが、ドラマの主人公の森山も同じですね。
ただ「側にいる。なんもしない」だけで十分な『人助け』だと思います。
今回の大宮さんの様に「レンタルさん」と一緒に東京タワーに行ったり、他の人には言えない愚痴をこぼしても『アドバイスや反論をせずにそこにいてくれる』って良いなって思いました。
ただ、森山が行った事をすぐにSNSに上げるのが気になりましたね。報告みたいでいやだな、って思ってしまいました。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『レンタルなんもしない人』のキャスト一覧