頭に来てもアホとは戦うな!

2019年4月期
総合評価: 4.00 / 5.0 (回答者数3人) - 位 / 347件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.7 /5.0(73.4%) - /347件中
キャスト 4.0 /5.0(80%) - /347件中
演出 4.3 /5.0(86.6%) - /347件中
音楽 4.0 /5.0(80%) - /347件中
感動 2.7 /5.0(53.4%) - /347件中
笑い 4.0 /5.0(80%) - /347件中
スリル・興奮 2.7 /5.0(53.4%) - /347件中
3コメント
3 | | yuyu | 2019-05-18 11:35:01

おそらく原作は、かなり深いんだろうなと想像させられるドラマです。現代社会の理不尽の一部分を切り取って、それをフォーカスしている内容だと感じています。いま、個人的にパワハラやサイコパスとのかかわり方について興味を持っているので、ずっと見ていますが、とにかく非常識には非常識をもって対応することが一つの方法なんですね。それくらいの心のゆとりと大人の判断が融合しないと難しいテーマなのだなぁと見ていて自分のことに投影したり考えたりしていました。面白可笑しく表現していますが、ちゃんと大事なツボってありますよね。

% Complete
100% Complete
3
2 | | R.C | 2019-05-05 09:51:02

私の地域では、まだ初回しか放送されてないけど、初回からウザさ満載のアホが登場し、主人公の大事な時間を奪ってしまうという迷惑でしかないシチュエーションで、見てる側もしんどくなった。ただ、最後の方に主人公が勇気を持って思っていたことを言うシーンは、スッキリした。よくぞ言ったぞ!という気持ちになって、楽しかった。世の中のアホってめんどくさいなって思う部分もあり、自分がその場面に出くわした時に、どうしたらいいのか参考にしながら見れるので、役に立つなとも思いました。

% Complete
100% Complete
4
1 | | 2019-04-26 17:03:02

ビジネス書が原作なのでさすがにストーリー自体に無駄がなく、「熱血」アホに対する撃退法がわかりやすく描かれていたと思います。知念くんの低身長が成す、なんともいえない情けなさ・可愛らしさが前面に出ていて、つい応援したくなりました。とくに最後の無心な顔はツボで笑ってしまいました。東幹久の一歩間違えばハラスメント祭りも現代社会にはびこる、少し前のサラリーマンがよく描かれていていい感じにうざかったと思います。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『頭に来てもアホとは戦うな!』のキャスト一覧