相棒 season21

2022年10月期
総合評価: 3.25 / 5.0 (回答者数8人) 643 位 / 824件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 2.9 /5.0(57.8%) 741/824件中
キャスト 3.7 /5.0(73.4%) 632/824件中
演出 3.0 /5.0(60%) 715/823件中
音楽 3.1 /5.0(62.2%) 655/824件中
感動 2.6 /5.0(51.2%) 675/822件中
笑い 2.1 /5.0(42.2%) 692/820件中
スリル・興奮 3.1 /5.0(62.2%) 472/819件中
9コメント
9 | | 2022-12-01 11:32:06

右京さんに関心を抱かせたというだけで、もう20年逃げ続けた犯人も終わり。その意味でこの保健師さんの目論みは成功でした。でも警察内部による犯行というパターンは正直「またか」という感じがします。証拠となったのは付着していた砂の分析によるものですが、実際にはこれだけだと弱い気がします。裁判では苦労しそうです。親友を目の前で殺されれば、それば遺族と同様に犯罪被害者とも言えます。だからこそ贖罪ではなく、親友の母と共に先に進むことができたことは救いです。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2022-11-29 12:18:18

今回の相棒シリーズ、楽しく見てはいるんだけれど、なんだか心に何も残らないんだよね。なんでだろう…なんとなく昔の相棒の世界に近くて見ている間も心地いいのだけれど。今回はお笑いコンビの二人ともが落ちるところまで落ちていて、という物悲しい話だった。死に顔が笑顔というだけで、すぐに犯人もわかってしまったし。犯人捜しではなくて、笑顔の理由探しに特化してもよかったような。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2022-11-17 10:47:16

お笑いの世界に生きた人でなくても、人生の最期かもしれない時に、あんなふざけたものを見たら、確かに笑ってしまうかもしれません。それにしても偶発的とはいえ、縁あって相棒だった者を殺すというのは、ある意味で自分の人生の否定でもあり、まだ終わっちゃいないという言葉は皮肉です。芸能に限らず、芽が出る出ないは才能なのか、努力なのか、運なのかわかりませんが、少なくとも成功者以外の者たちも含めた下支えがないと、文化としては花開かない。息子がお笑いの道へ行くのは、そういう土壌に咲いた新しい花なのかもしれません。ただドラマとしては平凡な内容でした。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2022-11-10 10:39:52

確かに大学は目先の利益先行で、大事な基礎研究に研究費が回らないという実態はある。それは国家行政の問題。でもかつて私大が儲かっていた時代に教授たちが自分たちの収入にして、大学の投資に回さなかったという話も聞いている。いずれにせよ重大な事件を起こして問題提起しようというのはどうかと思う。結果として自分が死んだけど、全能ではない人間に万全はない以上、他人を巻き込むテロ行為にもなり得た。なので正直、あまり同情はできないかな。

% Complete
100% Complete
2
5 | 宮田順次 | 2022-11-09 21:12:38

相棒が大好きでずっと見てきましたが、最近はゲームみたいに作ってあって現実離れしていて感動しません。
前からスペシャルの時がこんな感じでした。 
現実的なストーリーの方が良いと思います。

% Complete
100% Complete
0
4 | | 2022-10-28 14:22:12

羽柴の気持ちもわからなくはない。売人の紹介はまずいけど、自殺を事故死と証言した心情は、間違いなく塩見に対する敬意だった筈。他に手はなかったのか、そこはもちろん右京さんの言う通り。でも亀山の強弁にはちょっと違和感も残る。前回、アイシャの殺害を乗客と天秤にかけて強く止められなかったわけで、今回の「どうあれ(犯罪を)止めるべき」という理屈とは矛盾している。まだ脚本家もニュー亀山の人間像がうまくまとまってないのかなと感じる。頑張って体を張っているけど、さすがにちょっときつそうです。それにしても伊丹は亀山が好きですね。そのうちこの二人を組ませたいと考えているのかな?

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2022-10-26 08:01:16

亀ちゃん、お帰りなさい。いい感じに二人ともが歳をとって、でも根底の凸凹な関係は変わっていないと感じられました。また亀ちゃんが暴走しては右京さんに怒られるシーンが見られたりするのでしょうね。亀ちゃんが異国で成そうとしていたこと、そして成したことがちゃんと描かれたことは嬉しかった。一番亀ちゃんが教えたかったことを学んだアイシャは散ってしまったけれど、何かは残ったんじゃないかな。ミウは嫉妬はあったかもしれないけれど、強かでいて悪人ではないように思えるから。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2022-10-21 15:57:09

ミウがなにやら企んでいるのはわかり切っていましたが、素直にアイシャを妬んでいたからと見るのは単純過ぎるかもしれません。友人でライバルだったからこそ、これから厩谷みたいな魑魅魍魎みたいな奴らが山ほど寄ってくる中、アイシャでは優しすぎると思っていたから、最後にあの独白と行動があったのだろうと思います。死んだアイシャの代わりに、ミウにしか出来ない方法を取る決意を持って、思い出の教室にいたのでしょうね。さて亀山くんですが、嘱託職員ですか。しかも伊丹が土下座して頼み込むなんて、伊丹さん、ホント良い人ですね。まあ亀山の言う通り、どうせ特命には捜査権はないんだし、良いオチでした。

% Complete
100% Complete
2
1 | | 2022-10-19 14:02:52

感動である筈の亀山くんとの再会シーンは、さすが右京さんという淡々とした感じが良かったです。でも全体としては右京さんらしくないし、亀山くんも刑事を辞めて随分たつとはいえ、革命政府が成り立つような不安定な国にいたのだから、もっと警戒心があってもいい。少なくとも国賓が自殺してしまうような環境を作り出してはいけなかった。間違いなく予想できる範疇だったし、特に亀山くんは警戒しておくべきだったろうと思います。またポイントはいわゆる「トロッコ問題」ですが、それに対する答えで右京さんと亀山くんの答えは割れます。亀山くんの答えの方がより人間的な揺れが感じられるようにすることで、彼の個性を強く押し出したのでしょうが、その結果、目の前にいる自分の手で助けられる人を助けられなかったのは、亀山くんらしいのかどうか、意見のわかれるところかもしれませんね。

% Complete
100% Complete
1

関連レビュー

『相棒 season21』のキャスト一覧