アンという名の少女2

2021年10月期 2021年7月期
総合評価: 5.00 / 5.0 (回答者数4人) - 位 / 679件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.8 /5.0(95%) - /680件中
キャスト 5.0 /5.0(100%) - /680件中
演出 5.0 /5.0(100%) - /680件中
音楽 3.0 /5.0(60%) - /680件中
感動 3.3 /5.0(65%) - /680件中
笑い 1.5 /5.0(30%) - /679件中
スリル・興奮 1.0 /5.0(20%) - /678件中
4コメント
4 | | 2021-10-19 08:43:24

ヘアカラーに失敗してベリーショートになったアンも、全然悪くないと思うけど、自分で望んだヘアスタイルじゃないからショックでしょうね。それに、クラスメイトはともかく、教師までが彼女を男の子扱いしてからかうとは、いったいどういう神経してるんだか。
肌の色が違うセバスチャンを見た瞬間に、誰もがこわばった表情を見せるのは、当時の人種差別のひどさを物語ってる感じ。そんな中で、初対面時にアンがセバスチャンに話しかけた言葉には、偏見など一切ない、本心からの称賛や愛情がこもっていて、見ていて心が温かくなった。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2021-10-13 08:44:54

アンの語彙力というか表現力の豊かさには、ホントに感嘆する。読書家だからってこともあるだろうけど。でも色んな本を読んでる割には年齢に比して感覚が幼いところもあって、キスについてもそう。マリラとマシューに臆面もなくキスについて尋ねていたけど、その様子はまるっきり4、5才の子供みたいだった。でもマリラがその質問を軽く受け流したりせず、誠実に最適と思える答えを考えていたのが印象的。マリラは当初、とても頑なで無味乾燥な冷たい女性という感じだったけど、アンと暮らすうちにどんどん本来の温かな人柄が見えてきた。でも、アンが髪にリボンを飾るのを、どうしてあんなに反対するのかな?

% Complete
100% Complete
4
2 | | 2021-10-05 08:44:13

純粋な好意からやったのには違いないと思うけど、マシュー宛の手紙を勝手に読んで、あろうことかマシューになりすまして返事を送るなんて、いくらなんでも言語道断。アンのユニークすぎる言動の数々は、大抵が微笑ましく感じられるものだったけど、これだけはまったく頂けない。他人宛の手紙を勝手に読んだり返信したり、それが人の心をもて遊ぶ悪趣味な行為だと、彼女得意の想像力はそこには働かなかったみたいね。
でも、マシューを怒らせて落ち込むアンを、マリラが普通に慰めてたことにはもっと驚いた。保護者なら、そこは叱るべきところだと思ったけど。

% Complete
100% Complete
5
1 | | 2021-10-01 09:09:59

シーズン1のラストで登場してきた、胡散臭い二人組。普段は猜疑心が強いはずのマリラがなぜか大して疑いもせず、あっさりとカスバート家の下宿人として迎えたのが不思議だったけど、つまりは多少イケメンのネイトにトキメいたからというのも理由の一つみたいね。一緒に生活する中で、絶妙ともいえるタイミングでネイトから甘い褒め言葉をかけられてドキドキしたり、鏡に向かってあれこれとヘアスタイルに悩む姿は、女性としてはいじらしくも可愛らしくもあるし、同時に、彼女がいかに乾いた人生を送ってきたかも想像されて、切ない気もする。一方で、マリラのそのヘアスタイルの変化にいち早く気づいたマシューは、さすが欧米人って感じ? 日本人の男性なら、そこまで目ざとく気づかないでしょ。
でも、ネイトが詐欺師で、マリラを含めて町の人々をだましていたと知ったら、ほのかにトキメいていた分、マリラは余計にショックが大きくなりそう。
それに、詐欺だったことがわかったら、ネイトたちをカスバート家に滞在させていたことでマリラとマシューまでも彼らとグルだったと思われそうで、ちょっと心配。

% Complete
100% Complete
5

関連レビュー

『アンという名の少女2』のキャスト一覧