生きるとか死ぬとか父親とか

2021年4月期
総合評価: 3.89 / 5.0 (回答者数9人) 279 位 / 619件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.0 /5.0(80%) 267/619件中
キャスト 4.2 /5.0(84.4%) 304/619件中
演出 4.0 /5.0(80%) 224/619件中
音楽 3.7 /5.0(73.4%) 345/619件中
感動 3.6 /5.0(71.2%) 199/619件中
笑い 3.3 /5.0(66.6%) 249/619件中
スリル・興奮 2.7 /5.0(53.4%) 524/618件中
9コメント
9 | | 2021-05-08 01:55:02

田舎でも突然駅の改修工事が始まると高層マンションやらも建設されるという未来予想図が広告として入ってくる。当初は綺麗になるならいいなくらいの軽い気持ちだけど、ああここにマンションが建つってことはあのお店もこの通りも無くなるってことなんだと、立ち入り禁止の範囲が広くなるごとに実感させられる。自分のものは何も失ってないのに、とても大切な記憶をもう再確認できないとわかると途端に心細くなる感じはきっとどこでも一緒。切ないけど現実感のあるストーリーがとてもよかった。
ただ、銀座には行ったことがないのであんなに店員さんの対応はわかりやすく酷いものなのかとすごく気になりました。一流って相手を選ばないことだと思っていたので、なんだか残念。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2021-05-04 04:08:01

トキコさんとお父さんとの銀座デートが楽しそうでした。でも昔の銀座と変わってしまったというのが切なかったですね。そして昔なじみの洋服店で上客が来たとたんに態度が変わられたのがなんともいえない気持ちにさせました。銀座という街はやはりお金がある人のための場所なんだなと気づかされました。ラジオでのトキコさんが東京はそもそもよそ者が作った場所、というのはなるほどなと思いました。私も東京に住んでいたことがありますが、改めて東京の街の不思議さを感じました。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2021-04-30 22:04:02

ネットで買ってある日突然家でつけて仕事に行ったわけじゃなく、ある日突然カツラを付けて帰ってきたという少しの差だけどトキコの言う通り確信犯的な計画性を感じた。夫が言い返す言葉のチョイスも素晴らしいくらい憎らしい。女性でスキンケアさえしない人はいないだろうから、何か言われたらそう言ってやろうと考えてました感に奥さんは苛っとしたのもあって認められないのかなと思いました。父親の美容意識だって気持ち悪くて当然かなと。
思い切って話したという続編を聞いて、夫に"意外と好評だった"と言われた奥さんは考えを変えられたからまたお便りを送ったのかなと思い、少しだけほっこりしました。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2021-04-25 14:51:01

エンディングがとっても素敵。すごく澄んだ綺麗な声が凛とした羊さんにとても合っているから羊さんが歌っているのかと錯覚してしまったけど別の人なのね。びっくりしたわ。私たちは無意識のうちに人をカテゴリー分けしてるのかもしれないと思った。そして勝手にしたカテゴリーから出るような行動をその人がするとイライラしたり気持ち悪く思ったりする生き物なのかもしれない。旦那がカツラをかぶったって旦那は旦那なのにね。身近にいる人ほど許容範囲が狭くなるってことにもすごく共感した。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2021-04-22 23:26:02

ラジオの相談内容がとてもリアリティーがあってしみじみきいてしまいました。真摯に受け止めているところが素敵でした。結婚せずに独りで老人ホームに入ったおばさんの生きざまが心にしみました。自分でお金を稼いで最期の住処まで用意してるところがさすがです。あそごでできる人はなかなかいないだろうなと思います。あっという間に亡くなってしまい悲しくなりました。ラジオの相談で昔のおばさんの遺品を処分したいという大学生に対してそれは両親の気持ちを考えると無理、という答えに少し驚きました。私も処分したくなってしまうかもしれませんが、やはり捨てられないものはあるんですよね。

% Complete
100% Complete
2
4 | | 2021-04-17 11:26:01

なんだろう、同じく女性だし同じく娘だし同じような年齢だからかな。なんかとっても身近な痛みでちょっと苦しかったけど優しい時間だったな。そう、このくらいの年になると年老いた親や親戚とあと何回会えるだろうと思ってしまうんだよね。会うたびいつも後ろ髪を引かれる思いになる。ばあばと会って短い時間だけど思いつく限りのことをやってあげる気持ち、嬉しくさせてあげたい気持ちよくさせてあげたいって姪の気持ちがまんまで涙が出た。はぁ、私も電話でもいいからしようと思った。

% Complete
100% Complete
3
3 | | 2021-04-15 10:41:01

ラジオを決まった時間に聞く習慣は今まで生きていて一度もない。でも長年聞いているラジオ番組があるという話を聞くとなんだか羨ましくなります。
近しい人の深すぎたり浅すぎたりする相談は聞きたくないけど、自分は何も答える必要がない状況で誰かわからない人の相談と、他人の相談に寄り添った解答を聞くのはトキコの話す様子からかなり幸せなことのように思えました。でもそんなトキコにも悩みはあってというリアルな展開が良かったです。
何もしないのに自分の思い通りにことを進める人って確かにいる。でも家族にはいないからトキコの生き方に少し疑問も感じた。でもそうしかできない何かがあるんだろうなと、タイトルの重みを感じた気がしました。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2021-04-14 00:10:01

まず、最初の10分で引き込まれました。
いろんな立場の女性のその時置かれている状況心情がグッと入ってきて、大半の女性はどこかに感情移入出来たんじゃないかと思います。

そこから始まるトッキーさんの物語。
「すいも甘いもつまみ食い」ってフレーズがほんとに共感できて物語に入っていけたな。

原作がコラムなだけに脚本の言葉などがリアルでセンスあるなーと気持ちよく見れました。

お父さんとの関係も。
ま、過去に悪さしてたんでしょうねw

それに対するトッキーの感情もこれからどうなっていくのかも。。

楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
1 | | ドラマえもん | 2021-04-12 00:21:01

40代の女性の気持ちを、ラジオのパーソナリティーという目線で事細かに語り、興味をそそられる。そこで結婚という人生を選ぶか、独身のままでいくか、また年老いていく親の世話をどうしていくかなどの選択を迫られるのは、全ての女性が通る道である。いつの時代もこれはドラマのテーマになるが、いまだに女性の地位や収入が低い日本社会ながら、令和の今はどんな風に展開していくか、注目したい。また、女性の結婚というテーマのほかに、トキコは過去に父親とは何か問題があったようだが、その全てを受け入れて、親孝行をしているところは大変みていて暖かく感じ、今後どのように親子関係がなっていくのか、興味深いところである。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『生きるとか死ぬとか父親とか』のキャスト一覧