教祖のムスメ

2022年7月期 2022年4月期
総合評価: 3.43 / 5.0 (回答者数7人) 543 位 / 785件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.4 /5.0(68.6%) 575/785件中
キャスト 3.9 /5.0(77.2%) 544/785件中
演出 3.9 /5.0(77.2%) 346/784件中
音楽 3.1 /5.0(62.8%) 625/785件中
感動 2.4 /5.0(48.6%) 666/784件中
笑い 1.1 /5.0(22.8%) 781/782件中
スリル・興奮 4.4 /5.0(88.6%) 29/782件中
7コメント
1 | | 2022-06-08 23:25:38

ヤングケアラーだからって人を貶めたり虐めたりしたらいけない。同情の余地はない。そしてあんなのはイジメって言葉で片付けちゃいけない。恐喝、暴行だろう。あんなヤクザもびっくりなことを制服を着た若い女の子がやってるなんて怖すぎる。早速イジメって言葉じゃなくてちゃんと犯罪として立件してほしい。社会的制裁はできなかったけれど、一番知られたくないお母さんに知られて良かった。ただ面倒を見てもらっているからか強く出れない母が悲しかった。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 2022-06-14 00:02:42

見逃したのか分からないがサラがいちかに肩入れする理由が分からないが、前回はいちかをいじめていた生徒を成敗して今回はその脅しの原因となった教師をやっつけた。怪しげな雰囲気で先生に近づいたからてっきり自分の胸元の写真を送ったかと思ったら、教師の娘と入れ替わっていたからびっくり。まさか自分の娘のバスタオル姿をネットに晒してしまうなんて最大のミスだね。目には目を、と言ったところか。展開の早い復讐劇はとても見やすくてスカッとする。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2022-06-23 00:10:15

うわー、あの双子に近づいたのは双子のお父さんへの恨みがあったのか。多分昔のスクープとサラの親の教団に深い関係があるのだろう。親の仇といったところか。そしてまだ洗脳は解けてないんだね。デートプランを一生懸命考えてステキなところに連れて行った一真の恋は散るのか。ただここでサラの正体を知った同級生を殺してしまった。それはまた新たな遺恨を生みサラも思いつかない方に転がり出すかもしれない。恨みが恨みを呼ぶ。ここからがほんとに怖いところかもしれない。

% Complete
100% Complete
2
4 | | 2022-06-30 12:53:39

ズドーンと重く暗い雰囲気のあるこのドラマ。怖い、けど見たい!感覚が暑い夜にぴったりかもしれない。狙われているのはいちかと一真、そして最終的には二人のお父さんの湯田さんってところか。ジャーナリストの仕事って言えばかっこいいけど、やってることは盗撮と変わらなかったりする。新聞の一面に犯罪者はいいとしても幼い子供の写真を載せたのはまずかった。サラにとっては大好きな両親との生活をめちゃくちゃにされたって思いの方が強いのかな。どんな復讐をされるのか今から怖い。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2022-07-07 06:53:49

目力強めの美女と気の弱そうな編集長と小鹿のようなその子供たちとなれば、目力強め美女が悪いに決まっている!という先入観。その美女が教祖の娘となればもう決まりでしょなんて思ってた私は汚い大人になってしまったのか(笑)その先入観をガラガラと崩すようなことが次々と判明するから面白い。教団はほんとにカルトだったのか?入信したのは家庭がうまくいってなかったからなのではないのか?さて、どっちが悪でどっちが善なのか。一真が試されている。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2022-07-13 23:37:11

父親のことも好きだろうし、サラのことも好き。一番気弱な一真くんに託された選択はあまりにも重く気の毒になった。でもやっぱり思春期特有の潔癖さが勝ったかなという印象。親より恋人の時期だしね。ただお父さんが記事を捏造したのは確かだけど、真相はまだ明かされていない。殊勝な顔して一真に助けを求めておきながら予告では狂ったように笑っていたからまだ二転三転するのだろうか。サラの真意がどこにあるのかまだ深い世界があるようで楽しみだ。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2022-07-19 12:39:58

とことん救いようのない最後に絶句。父親の死刑確定は自分の思うようにならなかったけど、それ以外は全部自分の思った通りになったサラだけが思いを遂げたと言うべきか。父親に異常な執着を見せたサラだから、その父が死んでしまうのならば自分はこの世にいても仕方ないと思って一真に殺させることを目的に替えたのだろう。自分は父親の元へ行き、残された一真とその家族は地獄を味わう。ただその凶元を作ったのはサラだから手に負えない。このドラマとは関係なく宗教に狂わされた男の事件があっただけに余計に恐ろしさが増した。どこからやり直したらこうならないのか、分からないところがより恐ろしい。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『教祖のムスメ』のキャスト一覧