明治開化 新十郎探偵帖

2021年1月期 2020年10月期
総合評価: 4.00 / 5.0 (回答者数3人) - 位 / 578件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.0 /5.0(80%) - /578件中
キャスト 4.0 /5.0(80%) - /578件中
演出 4.0 /5.0(80%) - /578件中
音楽 3.3 /5.0(66.6%) - /578件中
感動 3.3 /5.0(66.6%) - /578件中
笑い 3.7 /5.0(73.4%) - /578件中
スリル・興奮 3.3 /5.0(66.6%) - /577件中
3コメント
3 | | 2021-01-13 12:55:01

第1話を見た時に、これはハズレ、と思ったが、いい作品になってきた。万華鏡の伏線回収がとても切なく、いい話になってきた。西郷に比すと大久保がやたらに小物に描かれる点はやや微妙。そろそろ西南戦争と廃刀令の時代になってくるので、さらなるシリアスな展開か?それぞれの服装がカオスなのはある意味ではリアル。勝海舟の粋なご隠居振りが見ていて楽しい。明治に入って勝海舟、大久保利通、西郷隆盛と大物が生きていた時代は貴重。木戸孝允も出て来ると嬉しいなあ。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2021-01-08 17:55:01

ちょうど、時代劇と探偵もの、刑事ドラマが入り混じった作品。明治時代の文化や時代背景が色濃く出ていて新鮮です。
奇怪的な事件が多いので、最後まで探偵目線で視聴することができます。独特の言い回しや衣装に個性が出ていたり笑えるコメディー要素も多く色んな角度から楽しめるので、ありきたりなストーリーですが飽きることがないです。時代劇が好きな人、ミステリーが好きな人のどちらでも楽しめる作品だと思います。

% Complete
100% Complete
2
1 | | チャオシマ | 2021-01-07 09:18:01

結城新十郎は節目節目で英語でつぶやきますが、演じる福士蒼汰が滑らかに発音するので洋行帰りという設定に説得力があります。医者の使っている薬から病気を推測し、事件の真相にたどり着く知識の深さが魅力的です。原作が坂口安吾。毎回の物語は明治のかおり漂う古風な謎解きになっていて趣があります。勝海舟や西郷隆盛といった歴史上の人物が登場し、史実に残る事件が取り上げられるのも興味深いところです。勝の妻・民役の稲森いずみは、元芸者という設定がすんなりうなずける粋な着こなしと身のこなしでさすがです。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『明治開化 新十郎探偵帖』のキャスト一覧