緊急取調室 第3シリーズ

2019年4月期
総合評価: 4.29 / 5.0 (回答者数7人) 64 位 / 338件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.3 /5.0(85.8%) 91/338件中
キャスト 4.7 /5.0(94.2%) 43/338件中
演出 4.4 /5.0(88.6%) 53/338件中
音楽 4.1 /5.0(82.8%) 96/338件中
感動 3.6 /5.0(71.4%) 116/338件中
笑い 3.1 /5.0(62.8%) 178/338件中
スリル・興奮 3.4 /5.0(68.6%) 166/338件中
7コメント
7 | | 2019-04-22 15:21:01

犯人らしき人がある程度絞れている状態が続くのが、このドラマの面白いところ。それぞれのキャラクターが生き生きとしている。
今回は、どちらが犯人か、という状態が続き、両方とも怪しいが、両方ともちがうかもしれない、という何とも奇妙な状況だった。見ていて、こっち?!いや、こっちか!?とハラハラドキドキさせる演出は、さすがシリーズ物!というところ。喧嘩したかと思いきや、調べるために動き回っていたり、メンバーの中の良さがそれとなくわかるので、見ていて気持ちがいい。毎回、恋愛事情が気になるところだけど、その核心に触れることはなく、ドギマギする。好きなの?ちがうの?と思ったりしながら見るのも楽しい。

% Complete
100% Complete
3
6 | | シェリー | 2019-04-21 23:10:01

女同士の争いは怖いなとつくづく思ってしまいました。
冷静沈着なベテラン美人棋士と、人気急上昇中の実力派若手棋士の腹の探り合いは、妙にリアルなところがあり、どっちが犯人なのか目が離せませんでした。
そんな決して粗を出さない二人に対して、取り調べも将棋と同じく心理戦の要素を取り入れて行っていた演出には感服しました。
女のプライドが交錯していて見ごたえがありました。
まさか二人とも本人が全く知りえない形で、悲運にも協力しあってしまっていたのには驚きでした。

% Complete
100% Complete
3
5 | | 2019-04-20 13:01:02

緊急取調室のメンバーは菱本や小石川などのベテラン警察官に、元SITの交渉人をしていた真壁などの精鋭部隊の設定だったが、今回から新しく配属されたのが情報解析のエキスパートとなっている玉垣でどんな能力を見せるのかと思ったら、スマホを向けて表情を見るだけと何の工夫もなく、何処を見て判断しているかは秘密と言ってしまった時には唖然となり登場させる必要がなく、世代間による考え方の違いを出したければ、政府が進める女性活躍の社会を利用して若い女性警察官にしておいた方が、菱本と小石川の昭和考えとの対立に、真壁と女性同士の対立と、面白さが膨らんだ気がする。

% Complete
100% Complete
2
4 | | おかか | 2019-04-19 15:55:01

浅野温子が怖かった!表情も暗いし低い声で感情なくしたように淡々とキントリメンバーの予想をどんどん覆して、頭いいけどずるいなぁ
大杉連さんがいなくなってしまったのでどうなるかと思ったけど、塚地さんがいい雰囲気出してるね。
画像解析のプロというか、オタクっぽい感じがすごくなじんでてよかった!
詰めの取り調べシーンで流れるいつものテーマ曲が、キントリの醍醐味だと思う。
最後に浅野温子を天海祐希が戒めるシーンが最高だったな。

% Complete
100% Complete
3
3 | | 2019-04-17 19:03:01

ドラマの冒頭で大杉漣さんが退職したというシチュエーションで一瞬登場したのは嬉しかった。大杉さんの空いた席に塚地さん、キントリの中では若いのでこれからどのようなポジションをキントリ内で取って行くのかが楽しみ。キントリメンバーは流石、の安定感。浅野温子との演技バトル、最後、正当防衛でもない、誤射でもない、と明らかにされ、女性が組織で這い上がって行く思いを吐露する場面は何かが乗り移ったのではと言うくらい迫力があった。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 黄色い風船 | 2019-04-17 13:35:02

ますます天海祐希が好きになった。凛とした真壁警部補のひたむきさが彼女のフィルターを通すとこんなにも魅力的に引き込まれるキャラクターになるということを知った。ゲスト出演した浅野温子との対峙からは、大女優同士の一歩も引かない演技勝負が、熱いながらも少しクールな感情表現を見事に表現し、説得力のある場面へと誘わせてくれた。どんな状況でも拳銃に慣れているはずの刑事にとってそれを放つ際の緊張感は並外れたものではないと、ちょっとした感情でそれを生かすことも殺すこともできるんだとも教えてくれた。新入りの玉垣刑事はこの先どのように容疑者をマル裸にしていくのだろうか想像してしまうが、これまでのオタク要素のある役柄とは一味違う役割が、今作を見ても余裕で演じているのが芸達者だと感心した。

% Complete
100% Complete
3
1 | | まんぼう | 2019-04-13 01:41:01

さすがに芝居のうまい役者がそろっているだけあって面白かった。被疑者の取り調べという動きが少なく、盛り上げるのが難しいシチュエーションなのにも関わらず、取り調べシーンはいずれも緊迫感があり、それぞれ緊急取調室の面々の個性が現れた聴取になっている。特に警視庁の参事官が被疑者という設定だっただけに、プロ対プロの攻防らしく言葉数は少なくても、要所を抑えた反応にしたシナリオが素晴らしい。これだけの役者とシナリオなら今後も面白いと期待できる。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『緊急取調室 第3シリーズ』のキャスト一覧