相棒season20

2021年10月期
総合評価: 3.50 / 5.0 (回答者数4人) - 位 / 679件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.5 /5.0(70%) - /680件中
キャスト 4.0 /5.0(80%) - /680件中
演出 3.8 /5.0(75%) - /680件中
音楽 3.8 /5.0(75%) - /680件中
感動 3.3 /5.0(65%) - /680件中
笑い 2.8 /5.0(55%) - /679件中
スリル・興奮 4.0 /5.0(80%) - /678件中
4コメント
4 | | 2021-10-21 17:53:21

自殺に偽装しているのに玄関ドアの鍵は開いているし、クーラー全開、薬物検出。なんのための自殺偽装なのか?意識のある中で、自分の意識に反して自殺させられるという恐怖を相手に植え付けるためなのだろうか?考えただけで恐ろしいが、特命係にそれが通じるとは思えないのだが。まさか加西を殺した料理人と中郷さんを見張っていて殺した女が同一人物だとは。体形変更のためのトレーニングだったのだ。怪しい雰囲気と健康そうな運動との組み合わせに違和感を感じていたので、妙に納得しました。加西が残した「加西の館」というヴァーチャルの世界へのバックドアを青木が仕掛けていて、ニヤニヤしながらそれを告げに来るのはいかにも青木らしい。とうとう前シリーズに引き続き3週目へ。さすがに次には解決するのだろうか。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2021-10-21 11:55:18

単話が多いこのドラマにしては珍しく3週目まで突入で、映画並みのボリュームになりました。鶴田官房長官を追い詰める流れは面白いのですが、細かいところはちょっと雑です。内調が手配した殺し屋が、自殺に偽装しながらテトロドトキシンを使うのはわざわざ殺しの証拠を残すようなもので、特命係への警告としてわざとやったとしても、すでに疑われている以上、危険かつ無意味です。また政治家お得意のトカゲの尻尾切りも、見え見えすぎ。それだけ鶴田が自分の力に自信を持っているとしても、不要に甲斐を刺激するなど敵を増やすだけで意味がありません。いずれにせよ加西が残したヴァーチャル世界に再び入り込み、右京たちが何を見つけるのか楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2021-10-14 23:06:59

前シリーズからの続く始まりで、今までの相棒とは少し違ってきているのかな?ちょっと連ドラっぽくなった印象を受けました。次回も拡大スペシャルみたいだけれど、次回で解決できるとは到底思えず。柾の不審死、中郷の元職場への侵入と窃盗、見破れないディープフェイクの罠による冠城の逮捕、そして中郷の死。冠城くんは釈放されたけれど、鶴田、加西がらみの事件はまだまだ続きそうだ。仮出所した朱雀の口から亀山くんや小野田官房長の名前が出て懐かしかった。右京さんの説明で、亀山くんはまだ異国の地で頑張ってるんだとなんだか嬉しかった。

% Complete
100% Complete
3
1 | | 2021-10-14 17:17:50

ここにきて朱雀元官房長官が再び登場するとは驚きです。それにしてもこのドラマでの官房長官は朱雀といい、鶴田といい、嫌な人間が多いですね。小野田も腹黒さは持っていましたが、筋が通った人だったし、改めて小野田の死は残念です。柾が不審死を遂げ、中郷が盗みに入るという目立った行動をとった時点で、右京は中郷に強く警告すべきでした。残酷な人と右京自身が口にする鶴田が懸念材料を放っておくわけがありません。右京と冠城が国家権力とどう戦うのか、鍵はまさに加西が残した「鍵」にあるのでしょう。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『相棒season20』のキャスト一覧