シャーロック

2019年10月期
総合評価: 3.33 / 5.0 (回答者数67人) 424 位 / 471件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.4 /5.0(68.4%) 427/470件中
キャスト 3.9 /5.0(77.4%) 394/470件中
演出 3.4 /5.0(68.6%) 421/470件中
音楽 3.7 /5.0(73.8%) 289/470件中
感動 2.8 /5.0(56.8%) 379/470件中
笑い 2.8 /5.0(55%) 336/470件中
スリル・興奮 3.1 /5.0(61.2%) 321/469件中
67コメント
67 | | 獅子座の女 | 2019-12-31 18:18:02

守谷のことがあやふやに終わってしまった形だったので、もしかしたら本編の続きなのかと期待して見ました。
捕まった犯人目線が本編の時との答え合わせをしているようで面白かったです。
かれんが赤羽汀子にケンカを売るように言葉を放つ場面は本当にジャーナリスト?と思ってしまうシーンで悪女同士の闘いを見ているようで面白く見応えありました。
「生きてる説」はもちろんあり得ると思ってたけれど「一緒に逃げた説」は市川を挑発するためだったかもしれないけど、ちょっと飛び抜けすぎてる感がありました。
精神神経科准教授だった宇井の「好きになった人」の質問に思わせぶりなかれんの態度にもしかして獅子雄?と思ってしまったところです。
寅次郎の孫の少年は靴を見ただけで推理し始める成長ぶりがいい感じに獅子雄感が出ていたと思います。しかもビジュアルから真似するようにバイオリンまで持っていたところが可愛かったです。
寅次郎が施設に入った情報も少し怪しさを感じます。相変わらず自分をコントロールしているのだと思いました。
若宮と美沙の初々しい感じも好きでしたが若宮がどん底に落とされるような流れが最高に笑えました。
美沙も一度、二度会った男性に呼び捨てでいいと言うところも珍しいですよね。
若宮のほぼ白衣状態のコートに笑ってしまいました。
それを色々思いながらもスルーする江藤、小暮コンビも見守ってる感が好きでした。
設定が3年後だったしもしかして獅子雄の登場あり?と予想はしていましたが獅子雄の声が聞こえてきた時は「キター!」の興奮状態に近いものがありました。
若宮よりも早い江藤のガン見に思わず目がいきました。
若宮の純粋な嬉し泣きとは違いリアルな発言もなんか抜けてて良かったです。
守谷のことがなかったのはちょっと気がかりなとこでもあるし、市川のその後も気になるところです。
ただやっぱり若宮の元に獅子雄が帰ってきた事実が嬉しかったです。

% Complete
100% Complete
2
66 | | 2019-12-25 12:27:17

内容はシャーロックホームズをオマージュしているだけあって悪くないが、ただのディーンフジオカ祭りって感じで痛い。

% Complete
100% Complete
3
65 | | マリリン・モンロー | 2019-12-24 17:04:02

それまではほとんど淡々と1話1話完結していたのに、急に怒濤の展開で驚きました。もう少し前の話でも盛り上がりを見せておいた方が良かったのに、と思いました。詰め込んだ感じがすごかった。とはいえ、今までの中で一番盛り上がったことには間違いありません。特に、ラスボスにたどり着くまでに何人もの手下との関わりがありましたが、そこが一番緊迫感があり、良かったです。今回くらいの緊迫感が他の話の時にもあったら、もっと視聴率が上がったと思います。

% Complete
100% Complete
1
64 | | 2019-12-24 01:20:36

つまらないラスト。
続編ありきのエンディング程つまらないものはない。

% Complete
100% Complete
4
63 | | T | 2019-12-22 01:08:02

前回ラストにて江藤警部の行動が意味深だっただけに期待度もアップしましたが、オチは「一課長昇進がかかった内輪話からくる意味深な行動」というだけで、気持ちが一気にしぼみました。守谷を逮捕していたのが警部だったというのには少し驚きましたが、もっと前の段階で守谷逮捕のネタをちらつかせてほしかった。主人公たちと警部の微妙なズレや距離によるハラハラが見たかったという残念感があります。宿敵の守谷と獅子雄が対峙するも、出会いからラストまで詰め込みすぎでただ言葉が流れていくだけという、起伏や緊迫がなく盛り上がりに欠けました。取ってつけたような若宮との相棒感も気になり、「探偵と助手」の繋がりの弱さが目に付いて残念です。個人的には「ハドソンさん」こと波藤さんと主人公たちの絡み合いがもっと見たかったです。

% Complete
100% Complete
2
62 | | 2019-12-20 12:34:57

あれだけ引っ張って盛り上げておいた守屋のあまりの迫力の無さと棒読み演技に拍子抜けしてしまいました。犯罪者たちを惹きつけ崇拝されるような魅力やオーラもなく、演技自体が下手くそ過ぎて何のためにキャスティングされたのか本当に謎。松本まりかさんや若村真由美さんなど、ゲストの熱演・怪演がこのドラマの魅力の一つでもあったのに、肝心の最終回のラスボスがしょぼすぎてこれまでのストーリー全部が台無しになった気分です。

% Complete
100% Complete
3
61 | | こっちゃん | 2019-12-19 09:07:01

ついに獅子雄が長年追っていた守谷壬三が誰なのかようやく分かる回だったのに、いざ守谷が出ると「この俳優さん誰?」って感じでした。演技もイマイチ、滑舌も悪い。想像してた守谷壬三とは程遠かったし、最後の最後で獅子雄と守谷が海に落ちたのも理解出来ないです(あんな低いところから、人が周りにいる状況で海に落ちて行方不明になるもんなのでしょうか?)。
佐々木蔵之介演じる江藤が態度を変えたのも、結局理由がよく分からず、納得いかないです。
タイトル、演出、音楽と最高だったのに最後の最後でアレはちょっとないです。なので総合評価も4にしました。

% Complete
100% Complete
3
60 | | 2019-12-18 17:01:01

最後あれだけ引っ張っておいた守谷さんが無名の俳優さんだとは思いませんでした!この人誰だ、と考えてしまい、二人の会話が頭に入って来なかった…。結局獅子雄さんが守谷にどうしてあんなに固執するのかも見えてこないままだったのでいまいち盛り上がらず、でした。以前あった前世殺人の件や亜蘭さんとの関係は解明されていないような気がするし…。もやもや最終回でした。獅子雄さんは多分死んでないでしょうね。若宮さんが獅子雄さん大好きなことはよく伝わってきて良かったです。あの二人の世界観は好きなのでまたやってほしいとは思ってます。

% Complete
100% Complete
3
59 | | 2019-12-17 11:04:07

断トツで最終回がつまらなかった。
脚本がそもそもダメだったが、何よりも偽モリヤ酷すぎ。
あなたの番ですの西野七瀬を超える下手さだった。
アイドルでもないオッサンがあの演技では許されないだろ。

% Complete
100% Complete
4
58 | | 2019-12-17 10:14:01

全然つまらないドラマになっているけど、最終回は佐々木蔵之介が若干本気で演技しているので、
それを収穫として見ようと思った。実際前半は、相変わらず話はいい加減だったけれども佐々木蔵之介を見ていて楽しかった。
が、……最後の最後、ナニ?
守谷として出て来た俳優の大根ぶりといったら!
これは演技をつける演出が悪いよ。ほんとは守谷じゃないから「ふりをする演技」をしていたってことなんでしょ?
でも最後の黒幕として突然聞いたこともない俳優が出て来てあんな演技をしたら、視聴者としては開いた口がふさがらない。
最後の最後にきてほんとに駄作だった。ながら見ながら今まで見て来て損した。
来週の特別編なんか絶対見ない。シーズン2も絶対見ない。

% Complete
100% Complete
4
57 | | 2019-12-14 00:21:02

最終回を控え、ラス前が子どもの誘拐というのも地味な事件だなあと思ったが、
最後のシーンを見て、がぜん盛り上がりました!
江藤礼二(佐々木蔵之介)!なんかある!なんかあるな、お前!
まさかそういう流れだということは全く想定していませんでした。
考えられるパターンとしては2つ。
1.江藤が守谷の手下。
2.江藤が守谷。
1なら最終話で江藤は死にますね。そしてシーズン2へ。
2なら江藤と獅子雄が相討ちになってビルの屋上から落下。ライヘンバッハの滝。しかしどちらの死体も見つからず、シーズン2へ。
そうか、だから佐々木蔵之介がワトソンではダメだったんだなー。納得。

% Complete
100% Complete
2
56 | | 2019-12-10 17:14:01

加虐性嗜好のある人間が学校の教師になったら、ああいうことが起こるんだろうなと納得。特に運動部の顧問なんて、生徒に対して絶対的に強い立場だし。そのあたりを掘り下げたストーリーではなかったけど、なかなか興味深い内容でした。
いかにも要領良さそうな江藤警部がちゃっかり昇進してましたけど、誉について「事件を解決させてやってるんだ」と言っていたことに、なるほどなと目から鱗くらいのインパクト。ものは言いようというのか、視点を変えればそういう見方ができるのだと、とても印象的だったセリフ。

% Complete
100% Complete
3
55 | | 2019-12-10 17:03:01

江藤さんの意味ありげなラストはなんでしょうか。モリヤなの?的な展開?江藤さん好きだったのにー。でも脱獄市川さんと江藤さんは知り合いそうだったけど?今のところ影も形もないモリヤさん、あと1話ですべて解決するのか心配。。
誘拐事件は都知事の息子くんの自演だったわけだけど、お父さんにコーチを辞めさせろ、と言ったのもすでに父親の力を借りようとしてるわけでそれもどうかと。チームから孤立する原因はそういうところにもあるんじゃないかな、と思いました。悪い子じゃなさそうだけど。

% Complete
100% Complete
2
54 | | 2019-12-09 20:01:01

いつも思いがけない展開や、さりげなく散りばめられた伏線に、どうなっていくのだろうとハラハラドキドキ、先の読めないストーリーに惹き付けられます。
何より画面の見せ方や音楽、全体的な雰囲気がスタイリッシュで、オシャレに纏まっていてとても魅力的です。
その中に登場するキャラクターたちが、皆クセが強く個性的で、毎回出て来るゲストとの絡みもすごく独特だな、と感じます。
始めはすごくちぐはぐで距離のあった主人公と相棒も、次第に互いを認め息が合うようになっていく過程が好きです。

% Complete
100% Complete
3
53 | | SISI | 2019-12-07 14:35:01

オーブング曲もディーン・フジオカさんもカッコよくて毎回導入部からテンションが上がります。シャーロックドラマは沢山ありますが、日本のちょっと異端な感じもいいですね。話ごとに面白さの度合いが違いましたが、第7話が一番素直に楽しめました。本家シャーロックホームズの題材とどこまでリンクしてくるのかが見どころなんじゃないかと思っています。私の中ではとても重要なマイクロフト役が高橋克典さんだったのは嬉しかった!!モリアーティー教授はいったい誰なんでしょうか。

% Complete
100% Complete
3
52 | | 2019-12-05 21:06:01

レストランの中でみなさん容疑者です、的な展開はいわゆる推理ドラマの王道でいつもと違って良かったですね。みんなで謎解き、も楽しそうでした。でも本当に殺人が起こってるとは…。しかも殺人の理由が切ない。彼は前科があってもソムリエとして頑張っていたんだろうにと思うと、なぜ勢いでやってしまったんだと思わざるを得ない。でも力強そうだったしな…。レストランの中もいろいろあるんですね。
個人的には早くモリヤさんと獅子雄さんの関係とかいろいろ知りたいのですがまだ進まないですかね?前回の衝撃的な展開があっての今回だから間延びしてる気がしてならないです。

% Complete
100% Complete
3
51 | | 2019-12-05 16:04:01

9話。話のいい加減さは加速するばかりなのだが、今回はそれがあるレストラン1ヶ所で行なわれたこともあり、
舞台劇に近くなった。なので普段よりは甘い目で見られた。舞台にはいろいろ制約がありますから。状況の無理さもちょっと許せる。
とはいえ、そもそもがドラマで自由に出来る筈なのに、舞台に近づける意味自体は根本的に疑問ですが。
話が無理すぎて反芻すると暗い気持ちになっていくが、あえていいところを見つければ、
お客さんそれぞれに事情が存在するのは良かったかも。最後の晩餐にするつもりの老夫婦は(無理だけれども)味わいがあった。
グレちゃんがもっとユーモア要員という脚本だったら面白いドラマになっただろうけどなあ……。

% Complete
100% Complete
3
50 | | 2019-12-03 22:57:04

4人で協力して探りをいれながら事件解決を目指すというこれまでとはテイストの違う展開が新鮮で面白かったです。ゲストも豪華でしたね。升毅さんは退席したあとどんでん返しでもあってまた出てくると思っていましたが、本当にあれっきりなんですね。贅沢な扱い方に驚きました。皆ドレスアップしているし、全体的にお洒落な雰囲気だったので、ディーンさんの演技がもっと上手ければ上質なワンシチュエーションの舞台のように仕上がったと思うのですが…。そこも勿体なかったです。

% Complete
100% Complete
4
49 | | 2019-12-03 17:47:01

いつもと違ったパターンでストーリーが始まったのが面白くて、いかにもシャーロックの世界で推理ドラマっぽいストーリーがよかった。刑事の小暮の存在は意外とこのドラマには欠かせないと思う。江藤とのバランスがいいし、サバサバしていて誉にもこびず対等に接している彼女が好き。みんなで小暮の誕生日を祝うっていう設定が嬉しかった。
老夫婦が訳ありなことは大体分かったし、レストランで何が起こっているのか見ながら推理できて楽しかった。

% Complete
100% Complete
3
48 | | 2019-11-30 10:16:01

冒頭の佐々木蔵之介とのやり取りにちょっとキレがあったため、お、少し持ち直したか?と思ったが、
それは勘違いでした。やっぱりシャーロックもつまらなくなっちゃったなあ。1話は良かったのに。どうしてこうなっちゃったんだろう。
山田真歩が活躍してないのが不満です。この役を面白く描ける脚本なら面白い話になりそうなんだが。
今は出たり出なかったりしてるだけ。ストーリーを追っているだけ。
しかも高橋克典がマイクロフトとはなー。私は原作のマイクロフトのキャラがすごく好きなんだが、
なんで昨今のシャーロック物は兄と弟の葛藤にしかしないんだろう。
高橋克典のマイクロフトなんて、単に邪悪な経産省の役人ってだけで面白みもない。

% Complete
100% Complete
3
47 | | 2019-11-29 20:58:01

獅子雄を呼び出すことを目的とした殺人事件に乗ってせっかく真相がわかりそうなところまで行ったのに、安蘭がチョコを食べるのを獅子雄が真剣に止めようとしてるようには見えなくて納得いかなかったです。
最後にチョコと一緒に謎も飲み込んだとか文句を言っていましたが、警察を待機させてどちらのチョコにも毒が入ってると考えていたらなら犯人に死なれないように行動しないのは、安蘭や守屋にとって都合が良すぎる気がしました。なのでチョコに触れもせず、北山を責めることで自分が優位に立ったと思い込んでいた獅子雄は滑稽に見えて残念でした。
ここから獅子雄が守谷をどう追い詰めるのか、反撃が早くみたいです。

% Complete
100% Complete
2
46 | | 2019-11-29 15:07:01

エリート意識の高い人間ほど洗脳というか操りやすいんだろうなと、あらためて思わされたストーリー。「自主的に行動」とかいうフレーズは、一種の催眠キーワードみたいに作用してたんでしょうね。アランセツコのようにまったりした喋り方の、口角だけ上向いてて目が笑ってない作り笑顔の人物は、どこの世界でも要注意ですね。
それよりも獅子雄に兄弟がいたことにビックリ。そしてお兄さんはなんだか平凡な名前なことに拍子抜け。でもやっぱり兄弟して頭が良いんですね。

% Complete
100% Complete
2
45 | | 2019-11-27 22:16:01

ゲストに主役級女優が二人も出てて豪華で見ごたえ十分、お得感があった。どちらもタイプの違う悲劇のヒロインで、美しくて物悲しいストーリーでした。
獅子雄の兄の登場でまた話が面白くなりそうな予感。その兄に対して若宮が獅子雄のことを認め擁護するような発言をしていて、ちょっとビックリ。若宮の正直さ、実直さみたいなものが感じられた。ちゃんと信じられる人が周りにいるって大事、変人の獅子雄だけど若宮や江藤がいるから好き勝手できているんだと思った。

% Complete
100% Complete
3
44 | | 2019-11-27 19:51:01

長谷川京子の顔、こんなんだっけ?と思いながら見てた。久しぶりに見たらなんか違和感。。そして昔の事件の真相がわかったと思ったら死んじゃうし。。自殺か。以前のもやもやがさらに倍増。ライオンの写真で獅子雄さんが連想されるのも謎。そうならなかったらどうする?残された秘書さんかわいそうです。好きだった人が男性好きだなんていうのだけでもショックだろうに。獅子雄さんのお兄さん高橋克典なんですねー。すごいお似合い兄弟!また出ると思うので見れるのが楽しみ!

% Complete
100% Complete
2
43 | | subaru102 | 2019-11-27 19:06:01

若宮は、心配していないと言いながら、だんだん獅子雄に情がうつってきたのかなあと感じました。長谷川京子さん演じる安蘭の醸し出す雰囲気が只者ではない感じがして、美しいけど怖かった。でもいざ獅子雄と安蘭の対決の場面は、思ったよりアッサリしていて、期待はずれでした。安蘭が、自分の人生を捧げてまで肩入れしたくなる守谷という人物は、どんな人で何が目的なのが?また、守谷を演じる俳優さんは誰なのか、かなり気になります。

% Complete
100% Complete
3
42 | | 2019-11-26 22:31:52

誉の兄役の高橋さん、貫録と落ち着きがあって良かったです。ちゃんとした芝居が出来る役者さんが出ると場がピシッと締まります。ゲストの長谷川京子さんは綺麗でしたが演技が棒なのでせっかくのキーとなる回が台無し…。誉と対峙するシーンは大根同士の棒読み合戦で緊迫感が一切感じられず苦笑いしちゃいました。同じくゲストの谷村さんはさすがの演技力で安心して観ていられましたが、上手い人なのでもっと狂気じみていても面白かったかも。

% Complete
100% Complete
3
41 | | subaru102 | 2019-11-24 11:03:01

少年シャーロックの子の演技が結構ひどかったけど、子どもだし活舌が悪いのは仕方ないかなぁ。キャラ的には可愛くて良かったです。
そして、寅二郎役の伊武雅刀さん、なかなか味があるキャラクターでした。認知症のフリしてる時の顔がめっちゃ怖かった。笑
玄関で佐々木蔵之介さん扮する江藤と寅二郎が顔を合わせましたが、白い巨塔では鵜飼教授と医局員の竹内で共演したのを思い出して(同じ井上由美子さん脚本)関係性が全く違うので面白かったです。

% Complete
100% Complete
3
40 | | 2019-11-23 21:10:01

7話。最初の静から動へ移るシーンには「おっ!?」と言わされたが、その他のところはほぼ面白くなかった。
結局面白いのは1話だけだったな……。他は練りこみが全然足りない。
演出をもう少し丁寧にやればまだ話に説得力が出て来るというものだが。
まだまだ生焼けなのにそのまま喰えと出されたような気分。
あの角度であんな風に探している子供に、あんな草むらにあるお守り袋は見えませんよという話。
あとはもう話はね……。関係性を出来るだけ複雑にして説明台詞の量だけは増えているが、
単に説明しているだけなので、ドラマとしての旨味はまったくない。
どんどん残念なドラマになっている。

% Complete
100% Complete
3
39 | | 2019-11-22 00:03:01

誉と子供シャーロックの組み合わせがよかった。似た者同士の二人だと思ったし、お互いに認め合っている感じがして師匠と弟子みたいで素敵な関係でした。誉がちゃんと子供に向き合って、一人の人間として対応してて彼のやさしさや誠実さが分かるストーリーでした。きっと誉は勘の鋭い子供シャーロックに自分の幼い時を重ねて見てたのかも。
若宮が自分の推理を誉に褒められ、めちゃくちゃ喜んでる姿がとても可愛くて微笑ましかった。

% Complete
100% Complete
2
38 | | 2019-11-20 02:04:01

シシオって小学生の頃から観察眼が鋭くて、教師相手にも論破できる子供だったんですね。でも確かに、習慣としての固定観念で物事を見ているというのには納得。プリンのくだりは、もし本当にシシオが食べていたのだとしても、あそこまで自信を持ってきっぱり言い切られると、もしかしたら自分の思いこみだったのかもと弱腰になってしまいそう。
シシオなみに賢いトラオの登場は興味深かったです。名若宮も適当にあしらおうとしてましたが、子供だからと思いこみでなめてはいけませんね。名前もシシとトラで、良いコンビになれそうだから、この先も登場してくれれば面白いのに。伊武雅刀さん演じる金庫破り名人には、指を失ってしまった相方に義理立てる情の深さにちょっと感動しました。

% Complete
100% Complete
3
37 | | 2019-11-19 23:50:55

今回のエピソードは評価するほど内容ではなかったが、あの当時で4000万といったら現代に換算したら普通に億を越えているだろう
しかも明らかに裏社会から盗んだ金だろう
警察に被害届け出すだろうか?盗んだ二人は必ず見つけ出し始末される
このドラマは細部の詰めが甘い、まあ細かい所は気にせず楽しんでくださいということなんだろう

% Complete
100% Complete
4
36 | | 2019-11-19 22:43:51

誰も殺されないストーリーに加え、小学校シーンの寸劇やOPの署名が若宮→誉など今までとはちょっと趣向の違う演出がマンネリしそうな連ドラの中盤に良い刺激になっていて、新鮮さがあって面白かったです。ラストで見せた誉なりの少年への粋な計らいも良かった!少年役の子役さん、口調だけでなくちゃんと誉の仕草まで再現しているのが凄かったし、長台詞も緩急あって上手かったです。

% Complete
100% Complete
2
35 | | 2019-11-19 19:14:01

冒頭の教室シーンだとか若宮さんがワトソンって書いたりとか今までのセオリーを崩していてちょっと面白かった。人が死なない展開も良かった。
相変わらずディーンの謎解きが華麗。バイオリンのシーンも慣れてきた。しかも今回野球場。野球ユニフォームも似合ってましたね。犯人の介護士のおばさんは死ぬ間際銀次さんにお金を託されるほどだったから本当はいい介護士だったんじゃないだろうか。ちゃんと心をこめて介護されていたんだろうと思う。だからあんなことしなくても…という気持ちがなくはなかったです。
プリン食べてる若宮さんかわいかったです。

% Complete
100% Complete
3
34 | | 2019-11-15 18:10:01

6話は雑。話が全然面白くない。

導入部だけ、上手く演出されていたと思う。
誕生日ケーキを食べるのに、本人だけがテーブルに座っていて他の人たちが周りに立っているというシーンは、
この人たちはどういった関係性の人たちなのかという風に混乱させるけど、
話が進行してみると違和感のある家族だということが強烈に納得できる。

良かった点はここだけ。後半は話が雑で安易で外れの回だと思った。
この尺で故郷の島根で因縁があったという話にするのも、単に話を詰め込みたいだけに映った。

% Complete
100% Complete
3
33 | | 2019-11-14 13:55:02

いつもだいたい展開が読める話だけど今回は意外性があって面白かったです。若宮さんが精神科医として女の子に寄り添ってるのが素敵でした。記憶を操作なんてそう簡単にはできないですよねー。綾香ちゃんも親への復讐のためによく利用することを思い付いたなと思う。誕生日なのにあの対応は冷たすぎです。お母さんは人情がない人なんだな。あの家族が今後どうなるか気になる。
ストーカーの精神科医さんは少しかわいそうな気もするが…。
あと結局じゅんちゃんは誰が殺したのかもやもや。もりやさんですか?

% Complete
100% Complete
3
32 | | 2019-11-14 00:08:01

人間心理というのか精神を扱った内容としては面白かったです。
二十年以上も前の、やった方にとってはすでに思い出しもしない出来事も、やられた方はいつまでも忘れられるはずもなく、恨みや憎しみを育て続けてるというようなことはあると思います。10代の頃にありがちな残酷さや、何十年経ってもやられたことを忘れられない人間の執念の怖しさを改めて感じさせられたストーリーでした。高校生だったミキが、宇井の好意に対してとった反応は、明らかに悪意以外の何物でもないと思いますし、多感な年ごろにそんな目にあわされたらPTSDにもなりますよね。
話中では記憶の書き換えはできないと言ってましたが、実際にはできないことはないでしょうね。

% Complete
100% Complete
3
31 | | subaru102 | 2019-11-13 10:03:01

前世殺人という題材がなかなか面白かったです。宇井は確かに犯罪を犯し、モラルに反した実験をした悪い人です。綾香も狂言の告白をして迷惑かけた。でも私は、綾香の母である美樹が一番、腹立たしかったです。いくら気がなかったとはいえ、若い頃の宇井に、あんな傷つけ方をする必要がなかったでしょう、と思ってしまいました。また、我が子に対する愛情も感じられない。美樹は、人の気持ちが分からない冷たい人で、彼女にもなんらかの罰が欲しかった。

% Complete
100% Complete
2
30 | | 2019-11-09 11:16:01

5話。死体のない殺人という入口は面白かった。無理があるけどその方法もまあいいとする。
しかしいかに手際が良くても、素人が他人の家に入り込み、いろいろやって髪の毛一本残さずにうまくやるのは無理。しかも数日で。
後半はパワハラと溺愛と2つを変な風に絡めた結果、パワハラの犯罪性がかなり薄まって不満。
さらに不満なのは、親父が情けなさすぎる。自分のところに愛情が回ってこないことに拗ねて見殺しって……。
メールが来た時点でせめて何か行動するだろう。いくらなんでも。

% Complete
100% Complete
3
29 | | 2019-11-08 22:10:02

今回の事件は子どもを持つ親としてはとても切なくて仕方ないお話だった。パワハラ会社の連中は上司含めてみんなクソだけど死ぬことはなかったのに。。でも母親だったら一緒に住んでいたのに気付いて救ってあげられなかったことを死ぬほど後悔するだろうな。お父さんももっと歩みよっていれば。。でも息子さんはお母さんの愛情が強すぎてつらかったのかもしれないとも思うとそれもまたやりきれない。いろいろと考えさせられた。
いちばんの見せ所は若宮さんがパワハラ上司に精神科医としてガツンと言うところだな。あんたが殺したんだよ、はその通りだよ。精神科医としての発言とてもカッコ良かったです。

% Complete
100% Complete
3
28 | | 2019-11-08 09:07:02

ものすごーく後味の良くないストーリーでした。加えてあのゾッとするような血だらけの映像。あそこまであの時間帯のドラマで演出する必要があるんでしょうか? 母親役の若村麻由美さんは熱演でしたね。息子の無念を晴らすための行き過ぎた言動は見苦しいものですが、若村さんが演じているとそれほど醜い感じはしませんでした。パワハラというのか大人のイジメというのか、加害者の方は結局ちょっとケガしただけで本人は改心もせず、法的に裁くことができなくても、せめてドラマ中では再起不能なくらいのダメージを与えてもよかったのでは。

% Complete
100% Complete
3
27 | | subaru102 | 2019-11-07 18:37:02

若村麻由美さんが出る時点で、きっと普通のお母さんではない気がしました。でも確かに、千沙子は暴走したお母さんですが、気持ちはとても分かります。息子が自殺したら復讐してやりたいと思うのは当然です。何もしないで傍観していたお父さんが、お母さんを批判する資格はないです。無関心なふりして実は復讐しようとしたのはお父さん、という展開の方が面白かったし、救いもあったのにと思います。しかもグズ人間の町田がおとがめ無しなんて、もっと罰が下る展開にして欲しがったです。いくらビターなドラマとは言え、脚本家の井上由美子さんにあんまりだと言いたくなりました。

% Complete
100% Complete
3
26 | | 2019-11-06 22:45:35

5話、現実的ではないけれど「死体が動いた?!」という話自体は面白く、小説を読み進める感覚でワクワクしながら観ることが出来ましたしゲストの若村さんの演技がとにかく素晴らしかったです。終盤、「あれは殺人でしょ!」と突然激昂するシーンの迫力が特に凄くて、息子への深すぎる愛と無念を晴らすという執念、町田への強い恨みや狂気、色んな感情が一気に爆発した感じで場の空気が一変したのを感じました。父親役の小市さんの静かな男泣きも胸を打ちましたし、パワハラ馬鹿息子の永井さんも最後まで徹底したクズを好演していて良かったです。主演の演技力不足がゲストの名演に助けられているなあと毎回感じるドラマですね。

% Complete
100% Complete
2
25 | | かしゃ | 2019-11-05 20:28:01

メインの人物のアレンジは良いと思うのですが、衒学的な台詞が上滑りしているので、現代日本のドラマとしてはキャラクター造形が間違っているかもしれません。井上由美子さん脚本なので期待をしていたのに、がっかりです。ディーンフジオカのけれんみのある芝居も下手に見える。佐々木蔵之介の演技をあわせて見ると、舞台ならば面白いだろうなと思います。音楽の使い方は、よくも悪くも月9らしく、唐突なボーカル曲の挿入、場を盛り上げるためか音量が大きく、かえって白けます。

% Complete
100% Complete
3
24 | | 2019-11-01 19:21:01

第4話は最初がボクシングで始まったので最初から4分の1くらいはあまりノレなかった。
人間関係が絡まっているので把握するのがちょっとずれる。このドラマはこの絡み合いが一つの売りなんだろうから止めろとは言わないが、もうちょっと印象的にまとめてくれるとありがたい。
ただなー、「大っ嫌いな、憎んでいる人間」を十何年も指導して世界チャンピオンに導き、しかもそれを本人に全く悟られもしないって不可能な気もするんだよなー。
不可能も不可能だし、不自然。この不自然さはじっくり描けば解消される部分かもしれないが、何しろ話は「詰め込んで、スピーディに」を身上としているので、解消されないのであった。
でも面白く見ている。

% Complete
100% Complete
2
23 | | 2019-11-01 18:23:01

どの回を見ても、冒頭からほぼ犯人が誰かわかる設定で、今回もまたそうでしたね。わかりやすく悪人面というか、そういう表情の登場人物。そういう意味では、ストーリー展開自体はそれほど面白くはないです。けれど、誉がどういう所に目を付けてどんな風に解決していくかはとても興味深い。現場に何気なく置かれた1本の傘に違和感を感じるとか、さすがの感性というのか。
そして、江藤警部が言った「ああいう奴は利用だけすればいい」という一言には、江藤警部の考え方や、怠け者を装いながらこれまでに誉の前で見せてきたすべての言動の裏にある本音を端的に表されてましたね。
毎回起こる事件そのものよりも、登場人物一人一人の言動がとても興味深い作品だと思います。

% Complete
100% Complete
3
22 | | 2019-10-31 17:41:02

今回はボクサー梶山さんとゆうこ先生の悲恋が切ない。子どもがいるのに若くして死んでしまったのも悲しい。動機や犯人の流れは途中から読めてしまう展開だったけど、役者の皆さんの演技がうまかったので引き込まれて見られた。

ちなみに獅子雄さんも若宮さんも警察じゃないのにどうやって捜査のお手伝いしてるの?若宮さんは学校でよく個人情報見せてもらえたな、と思ったよ。。細かいところ気になったらキリがないですが。

% Complete
100% Complete
3
21 | | subaru102 | 2019-10-31 16:33:02

最初から石橋会長がなんとなく、梶山に対して突き放した感じがしてましたので、最後の真相が分かった時、納得でした。
男としてもボクサーにしても梶山にかなわなかった石橋。いったん頂点を味わわたせてから、どん底に突き落そうなんて、男の嫉妬もなかなか怖ろしいなあと感じてしまいました。「嫌い」と言った時の石橋の顔が醜くて、惨めさが際立っていました。
梶山と息子は、言葉をかわさなかったけど、アイコンタクトで、なんとなく互いの事を思いやっている感じが良かったです。

% Complete
100% Complete
3
20 | | 2019-10-31 11:55:21

15年かけて梶山を自分の手でチャンピオンに育ててどん底に突き落とす石橋の執念深さが怖かったです。石橋役の金子さんの演技も良かった。最初の淡々としたクールな雰囲気から、終盤犯行がバレてからの激しい嫉妬剥き出しにしていく姿が見事で、その迫力と凄みのある演技に引き込まれました。目をカっと見開いて「嫌いだった~」と絞り出すように梶山に告げるシーンは表情も口調も心の底からの憎しみが込められているようでゾッとしました。このドラマ、毎回ゲストの熱演が主役を喰ってますね。

% Complete
100% Complete
3
19 | | 2019-10-27 18:04:55

地面師詐欺って売る側が被害者だと思っていたのですが、加害者になり得る場合もあるなんて知らなかったです。この手の詐欺をしっかり描いたドラマを見たことがなかったので展開の予想がつかずとても興味深く面白ったです。観察するように遺体を見る市川の姿や順子のさりげない関西弁など、小さな伏線があちこちに散らばっているので画面から目を離せませんね。

% Complete
100% Complete
2
18 | | 2019-10-26 16:10:01

地面師詐欺の仕組みや手口がなんとなくわかった。実際リアルの事件でも話題になったけど、イマイチ理解できなかったので、このストーリーは勉強にもなって面白かった。誉と若宮のコンビもすでにしっくりきていて、いい感じ。この二人にからんでくる江藤がユニークで3人のシーンが好き。

シャーロック・ホームズの天敵であるモリアーティ役であろう謎の黒幕、守谷の名前が出てきてテンションが上がった。けっこう早い登場でちょっと驚いたし、今後は見逃せないなと思った。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『シャーロック』のキャスト一覧

2020年4月期

日曜日 仮面ライダーゼロワン
ひみつ×戦士 ファントミラージュ!
魔進戦隊キラメイジャー
麒麟がくる
水曜日 大草原の小さな家
木曜日 ギルティ~この恋は罪ですか?~
ピーナッツバターサンドウィッチ
金曜日 絶メシロード
土曜日 いいね!光源氏くん
月~土 エール

2020年1月期

日曜日 仮面ライダーゼロワン
グッド・ファイト
課長バカ一代
ひみつ×戦士 ファントミラージュ!
捜査会議はリビングで おかわり!
テセウスの船
騎士竜戦隊リュウソウジャー
頭取 野崎修平
麒麟がくる
死にたい夜にかぎって
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。
月曜日 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
今夜はコの字で
病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~
やめるときも、すこやかなるときも
火曜日 10の秘密
ブスの瞳に恋してる2019
恋はつづくよどこまでも
SEDAI WARS
水曜日 相棒 season18
大草原の小さな家
知らなくていいコト
僕はどこから
来世ではちゃんとします
木曜日 ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~
科捜研の女 Season19
僕だけが17歳の世界で
連続殺人鬼カエル男
ホームルーム
アライブ がん専門医のカルテ
ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~
ゆるキャン△
ねぇ先生、知らないの?
ペンション・恋は桃色
金曜日 病室で念仏を唱えないでください
ワケあって火星に住みました ~エラバレシ4ニン~
駐在刑事Season2
大岡越前5
コタキ兄弟と四苦八苦
チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜
女子高生の無駄づかい
ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~
絶メシロード
土曜日 アリバイ崩し承ります
心の傷を癒すということ
伝説のお母さん
パパがも一度恋をした
主任警部モース
この男は人生最大の過ちです
LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~
悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~
トップナイフ―天才脳外科医の条件―
彼らを見ればわかること
ハイポジ 1986年、二度目の青春。
ウルトラマンタイガ
月~金 やすらぎの刻~道
月~土 スカーレット
単発 教場