仮面ライダーゼロワン

2020年7月期 2020年4月期 2020年1月期
総合評価: 4.04 / 5.0 (回答者数27人) 174 位 / 516件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.1 /5.0(81.4%) 227/516件中
キャスト 4.0 /5.0(80.6%) 367/516件中
演出 4.0 /5.0(79.4%) 259/516件中
音楽 4.3 /5.0(85.4%) 87/516件中
感動 3.5 /5.0(70%) 191/516件中
笑い 3.6 /5.0(71%) 168/516件中
スリル・興奮 3.9 /5.0(78.6%) 113/515件中
30コメント
30 | | 2020-08-05 13:41:01

敵の被害をうけて街が大変になる中、これまで登場して活躍したアンドロイド達が人々のために働く姿がいきいきと描かれていました。お仕事ロボットたちがそれぞれの専門分野で活躍する様を描くのが格好良かったです。人間とアンドロイドが社会の中で融和する風景をうまく描いていたのに感動出来ました。天津社長が一大決心をして社長を辞任し、或人を再び社長へと推薦するバトンタッチの流れには熱いヒューマンドラマを見ました。或人がますます男の顔になって格好良く見えました。

% Complete
100% Complete
2
29 | | 2020-07-29 13:31:02

登場キャラクターの多くが敵に殺されるという、最悪の未来を予想したイメージが走る前半パートはショッキングなものでした。これまでにはないシリアスな映像になっていたと思います。会社に突入してゼロワンを追い詰めるアークの言動が恐ろしかったです。ピンチを打破するための新アイテムでゼロツーへと変身が可能になる復活の展開は熱くて手に汗握りました。強い悲しみの表情を社長に向けるイズの一面はこれまでにない新たな顔だったので印象的でした。

% Complete
100% Complete
2
28 | | 2020-07-14 14:23:01

これまで横暴なやり口が目立って嫌味だった天津社長が、どうしてこんな人間に成長したのかという大いなる過去に迫る物語は深いもので、演出も良くて引き込まれました。アンドロイド嫌いの天津社長が、昔はアイボをかわいがっていたと分かるシーンには安心できるものがありました。過去の自分を乗り越えて強くなった天津社長が或人とタッグを組むラスト展開には胸が熱くなりました。刃を慕う元部下達のあつい意見を聴いても胸が熱くなります。熱い人間ドラマが展開する面白い回でした。

% Complete
100% Complete
2
27 | さかな | 2020-07-12 13:53:10

令和1号だけあってかなりいい特にキャストと演出はジオウといい勝負
ただ脚本が問題があるエグゼイドはそこそこ良かったが今回は少し落ちてるなーと思ったこのまま最後までこの評価とは思えんが何かしらのことをしないとこの評価は続く
特にサウザーは酷い今日の話しで少しは良くなったと思うがそれでもまだ名誉挽回は出来てないのでもっとサウザーやバルキリーのことを掘り下げて欲しいこの状況下で厳しいと思うけど
令和1号にふさわしい作品にして欲しい

% Complete
100% Complete
2
26 | | 2020-07-07 09:37:02

遂に滅亡迅雷メンバーが揃い、人間たちに牙むく展開には緊張が走りました。アンドロイドの驚異を前にして初めて「怖い」と口にした或人のアクションは印象的でした。アンドロイドに寄り添い、共生を望む彼が発するにしては違和感のあるセリフで心にのこります。アンジャッシュ児嶋さんが演じる副社長がここへ来てやっと社長に手を貸し、協力体制になります。いつもはお笑いキャラの副社長が、会社への忠誠心をみせた熱い展開が良かったです。

% Complete
100% Complete
2
25 | | 2020-06-29 10:02:58

AIという最新技術、企業経営、職業の在り方といった現代社会に通ずる壮大で難解な題材を取り入れようとした試みは悪くないが、物語の世界観、人物像、其々の設定や展開全てが矛盾を通り越して破綻してしまっている。製作者側の見せたい画が先行し、そこに至るまでの過程が皆無。よって主題や主張も全く伝わらない。初期の斬新な映像やスピード感は見応えがあった。俳優陣を始め様々な良い素材を活かせていないのが本当に残念でならない。

% Complete
100% Complete
4
24 | | 2020-06-23 14:26:01

仮面ライダーとは敵対していた組織のメンバーが集結し、これまでの過去に迫る展開と、新録の新展開もあって面白い回でした。イズの体をかりて喋りだすアークの意志の存在が際立ったものになっていました。イズを演じた女優さんの普段とは違うお芝居も見れたのがお得な点です。これまの過去を振り返るなかで、アンドロイドと人間との確執を描く展開はシリアスで奥深いものでした。過去を振り返った後には、新たなボスの存在も垣間見え、今後の展開がますます楽しみになりました。

% Complete
100% Complete
2
23 | | 2020-06-17 20:01:02

これまで平成仮面ライダーのほとんどの作品を見てきたが、その中でも個人的にはベスト5には入る面白さ。
最近のライダーは色々とパーツが付きすぎでごちゃごちゃしてるのが多かったのだが、今回のゼロワンはシンプルでスマートなデザインがとてもカッコいい。
ストーリー的には王道でありながらも最新のテクノロジーであるAIを主軸とした展開で古き良さと新しいスタイリッシュな内容がいい感じに組合わさっており、まさに令和初めてのライダーとして相応しい面白さである。

% Complete
100% Complete
2
22 | | じょん | 2020-06-15 15:58:01

これまでの名場面を流す総集編なのですが、新録ナレーションと巧みな編集により、不破の転職活動という全く新しいドラマが生まれています。本編では見せないコミカルな一面を演出した各員のナレーションもおもしろく、ファミリー感のある軽快な会話劇も聴いていて心地よいものでした。荒くれ者の不破にはおすすめの職業が結果見つからないというオチも笑えました。笑える要素が多い中、各員の格好良い名場面もしっかり伝えていて見ごたえがありました。

% Complete
100% Complete
2
21 | | 2020-06-13 04:37:01

ヒューマギアと人間の関係性が変化し更に或人のヒューマギアに対する覚悟が問われる状況になったが、最初からヒューマギアに対して深く想っているからかあまりその辺りの描写がなく、むしろヒューマギアを憎むきっかけになっていた記憶が嘘だったとわかった不破、ZAIAと刃の話が多い印象。
或人よりも不破の方が意思が強いように見えてきたし、活躍場面も多い。刃を説得するシーンではOPソングが流れて、不破が主人公のようだった。
圧倒的に強かった天津社長に対しても徐々に勝てるようになってきたものの、ほとんど不破、刃、天津のいざこざに見えてくる。
滅亡迅雷の復活については、人間(特に或人)に対して少しずつ信じてみようという気持ちが芽生え始めていたように見えたのにまた敵対してしまったので、この間までの演出は何だったんだろう…とちょっとがっかり。
アクションシーンは文句無しにかっこいいし、不破の感情の荒々しさが展開を盛り上げてくれていると思う。

% Complete
100% Complete
2
20 | | こ | 2020-06-12 11:39:55

面白い

% Complete
100% Complete
0
19 | | もんじん | 2020-06-10 18:31:01

これまで登場した様々なお仕事ロボットを皆で振り返り、そういえばこれだけ色々な種類がいたのだという楽しい気づきを得られました。その中で、不破にはどんな仕事が向いているのか、ということを登場人物同士が楽しく評論する新録コメンタリーも面白かったです。いつもギスギスしがちな不破と刃の二人が、結構仲良しにも思えるコメントが面白かったです。格好良い仮面ライダーを映し。やや複雑な物語を追い、そしてコミカルな会話劇も楽しめてお得な回でした。

% Complete
100% Complete
2
18 | | じん | 2020-06-04 14:37:02

不破に焦点を絞ってこれまでの物語を振り返る構成でした。その中でヒロインの刃とコミカルなかけあいをしていく要素が面白かったです。これまではいざこざをかまえることも多々あった二人が、仕事仲間として、人間関係として良い形に変わってきたことが分かります。仮面ライダーバルカンの格好良いシーンがてんこ盛りでしたが、たまに刃が不破を攻撃して黙らせるコミカルなカットも入るのも良かったです。主人公達とはまた違った視点で物語を追っていくことで、物語の魅力が更に分かりました。

% Complete
100% Complete
2
17 | | じょん | 2020-05-27 18:31:01

主人公のアルトとそのパートナーがナレーションをする中でこれまでの物語の振り返りをするものでしたが、単調な総集編ではなく、最後には次なる大きな敵の襲来を臭わせて終わることで、次回への期待と興味がふくらむものとなっていました。見せ方と構成がうまいと思います。ナレーションの中で、アンドロイドに対する信頼性が分かるアルトの言葉が聞けたのも良かったです、これまでの内容の複雑だった部分もおさらいして理解へとつなげることができるよくまとまった回でした、

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2020-05-25 15:03:01

相変わらずザイアの社長が、自分が事件の発端なのに、全く悪びれないところが、すごいメンタルだと毎回びっくりする。
結局不破の両親はどうなったのか謎。
メディアの前で堂々と今日中に滅亡迅雷ネットを倒すと宣言したけど倒せなくて、また批判されていきそう。
ザイアと滅亡迅雷が対峙したシーンは迫力あった。
でもあれはあれでキャラが完成されていると思う。
イズはスタイルも顔も無機質な感じも、AIロボットにぴったりの配役。
最近殺伐とした内容なので、比較的ほっこりするシーンや、アルトとイズのふざけたシーンがもっと観たい。

% Complete
100% Complete
1
15 | | 2020-05-25 14:03:01

AIという、いまにぴったりだと思います。令和1年だったから、ゼロワン!?令和の1回目だから、特に力を入れて最高の作品を作ってくださっていると思います❗キャストの演技も自然に感じて、いいと思います!これからも、要チェックです!

% Complete
100% Complete
0
14 | | こも | 2020-05-21 17:55:02

これまでのライダーたちの戦いをハイライトで一期に振り返ることができて良かったです。ライダーの各フォームの種類がたくさんあるのを復習でき、敵組織のこれまでの動きもおえる内容で、作品をより深くしれる機会になっていて良かったです。メインキャストによる新録ナレーションもあり、こちらもコミカルで大変良かったです。いつもは丁寧に喋るイズが、今回だけはやや故障があっておかしな喋りとなるのもコミカルで良かったです

% Complete
100% Complete
3
13 | | のじお | 2020-05-15 13:55:01

親の手掛けた農業を必死に守って受け継ごうとする息子の強い愛が描かれたシナリオにはじわりとくるものがありました。CGをフルに活用しての今回のバトルシーンは迫力がありました。「滅亡迅雷」のメンバーが最後には4人集結して盤石の状態になるシーンで終わった展開にワクワクしました。アンドロイドである滅亡迅雷メンバーの中にも、親の愛情や仲間の大切さを知るものがいると分かる展開には共感を覚えました。滅亡迅雷とザイアが総力戦でぶつかり合うバトルパートにもワクワクしました。

% Complete
100% Complete
2
12 | | 2020-05-09 07:33:01

悪い社長のもとを離れ、真に自分の人生を歩もうとするヒロイン刃の物語が描かれる点には希望を感じてよいです。誰もにとって扱いが面倒な男である不破を最も上手く扱う刃の特性が色濃く見える展開がコミカルでした。壮絶な過去と複雑な設定が敷かれた不破というキャラクターを掘り下げる展開は子供には少しむずかしいとおもえるくらい緻密なものだったと思います。ドラマ性があって面白いです。或人社長も、社長としてしっかり成長しているとわかり、彼のサクセスストーリーも見れてよかったです。

% Complete
100% Complete
1
11 | | 2020-04-30 15:33:01

ZAIAの天津垓により、不破が昔体験したデイブレイクタウンでのヒューマギアに襲われた記憶が作られた偽りのモノだった真相が分かり凄く驚きました。それと天津に道具の様に扱われていた刃唯阿がテクノロジーで人を実験材料の様に扱っていた事に切れてバルキリーに変身してサウザーとバトったシーンは、これまでの唯阿の溜まった怒りが感じられ、大興奮して見られました。また、変身が解けた後に天津を直接殴って、これが私の辞表、と言い放った唯阿にスカッとして見られたと同時に、カッコいい女性ライダーだなと改めて感じました。

% Complete
100% Complete
1
10 | | dragon | 2020-04-25 17:47:01

昔はジャリ番と呼ばれた、仮面ライダーだが、近年は東映を支えるコンテンツだ。
主役のアルト、秘書ロボのイズの明るさが良い。
物語も中盤に差し掛かり、従来なら新悪役登場のパターンなのだろうが、キャラクターの成長によって物語にメリハリをつけている。
他に凄いのがカメラアングルである。画角がかわらずに、回転しながらアップになって行く。複数のアクションが、同時に進行するが位置関係が迷うことなく見ていられる。
後番の戦隊シリーズは、そこら変が少し厳しいと言うか年齢層を少し低い設定で演出してるのかも知れない。
回を重ねるごとに、芝居が良くなって行くのは、近年無くなった連続シリーズの強みだろう。

% Complete
100% Complete
0
9 | 2020-04-03 23:23:50

主人公がいらない子。不破が主人公属性てんこ盛りでこっちが主人公でいいんじゃないかな。天津が登場してからのつまらない茶番劇が16話も費やされていてぞっとした。不破が呪縛を振り切って天津と対峙した29話で初めて面白いと思った。

% Complete
100% Complete
4
8 | | 2020-03-30 23:31:02

人間とヒューマギアの関係性が素敵。
善意を持って接する人間はとても健気でピュアに尽くすヒューマギアが愛おしく、そんなヒューマギアが悲しい結末を迎える回が多いので感動面は文句なし。
重めのテーマを扱っていますが、主人公の或人の性格がお笑い好きの売れない元芸人で随所にくだらないダジャレを挟んでくるので、朝からでも見やすい。
そして二号ポジションの不破さんがとてもいいキャラクターで、ライバルとしてももちろん、さながら主人公かのような活躍っぷりがかっこよくて好きです。
頭にチップを埋め込まれているという点では半分ヒューマギアのような存在なので、かなりキーマンになりそう。

% Complete
100% Complete
1
7 | ケロたん | 2020-03-17 11:37:12

脚本家はもうちょっといや死に狂いに常識について勉強した方がいい、今は令和であって中世じゃないんだ。あと必殺技のデカい字の演出はテンポ悪い上にダサい

% Complete
100% Complete
3
6 | | さんままんま | 2020-02-17 03:37:01

人間の悪意とヒューマギア。両者が共存できる日はくるのかが気になります。主人公はいつもヒューマギアを一人の人格者として扱いますが、敵たちは道具だということを容赦なく突きつけてきます。毎回、心が折れない信念がすごいなと思います。真実を知った主人公。その憤りと怒りはどこへ向かうのでしょうか。暴走しすぎて、敵のようにならないと良いのですが、時々我を忘れる姿にいずれ起こってしまう出来事なのかとよぎってしまいます。

% Complete
100% Complete
0
5 | | knight02 | 2020-01-07 16:07:02

飛電のヒューマギアとザイアのザイアスペックを装着した人間が生け花で対決するシーンは奥が深かったです。
また、天津垓が変身する新ライダー・サウザーが登場し、ゼロワンとの闘いでも、ゼロワンを圧倒する実力を見せつけて迫力を感じました。
会社同士の対決だけでなく、或人と垓はライダーとしてのバトルシーンでも対決を繰り広げ、ベースがしっかりしていると思いました。

% Complete
100% Complete
0
4 | | ishikawa | 2020-01-07 14:10:02

新元号となって初めての仮面ライダーということで、私以外にも各方面から期待値は高い作品になっていたのではないかと思います。私はクウガのころから欠かさず仮面ライダーを見て来たのですが、毎度毎度ライダーの変身ポーズやCG、おもちゃのギミックに驚くことが多いです。昨秋からの放送でしたが、いったん年内の盛り上がっていた部分が落ち着き、年明けは仕切り直しでまさかの出だしではありましたが、子供番組ぽいといえばそうらしい感覚を覚えました。また、主人公の或人のおじいさんの話や、ザイアの社長も変身できることなど情報がてんこ盛りな年明けの物語でした。

% Complete
100% Complete
1
3 | | りんごりん | 2020-01-07 14:07:01

子どもが好きだから一緒にたまにみてるが、今までの仮面ライダーは大人向けで難しく子供はそこまでハマってなかった。
けどゼロワンはお笑い要素があり、そこまで難しくもなく子どもが今まで以上にハマっていて驚いてます。

(A.Iとかは難しいかもしれないけど、これまでのシリーズはもっと難しかったし、A.Iとかよく分からなくてもメインのストーリー自体は大体分かると思う。全体的に見やすいドラマだと感じた。)

主人公の役者も初めてにしては演技がふりきってるし、やはり決め台詞が子供にも大人にもハマってるなと感じた。

主人公の父が昔のヒューマギアと言うことは主人公はヒューマギアのハーフなのかなと詠んでます。

% Complete
100% Complete
1
2 | | yoi yoi | 2020-01-05 12:16:01

子供の横で見てたのにいつのまにか大人がハマるくらいストーリーが深いです。人間とロボットの関係でも信頼や愛情など心通わせられるという点は考えさせられるところがあり、とても面白いです。これからの時代を示唆しているかのような内容を取り上げていて、今後、私達が直面する社会問題を目の当たりにしているようです。
AIと人間のこれからの関係性や活用の仕方などあまりにも近未来すぎて子供には難しいですが、これから起こりえることをテレビから学べる大変深い内容になっていると思います。

% Complete
100% Complete
1
1 | | 阿修羅忍 | 2019-12-28 09:28:01

見た目がシンプルで蛍光黄色と黒で初代仮面ライダーと一緒のバッタをモチーフにしていてる点は素晴らしい。個人的に好きな序盤からの変身パターンがどんどん増えていって攻撃パターンも増えて次はどんなのに変わるかが楽しみで仕方ない。キャストは昔のライダーで言うと水嶋ヒロとかみたいに正直売れるか微妙な人ばかりでパッとしないけど、主題歌と挿入歌に大好きな西川貴教が担当しているので朝からテンションが上がる仮面ライダーになっている。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『仮面ライダーゼロワン』のキャスト一覧