サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

2019年7月期
総合評価: 3.04 / 5.0 (回答者数23人) 399 位 / 410件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.3 /5.0(65.2%) 391/410件中
キャスト 3.2 /5.0(64.2%) 402/410件中
演出 3.1 /5.0(62.6%) 402/410件中
音楽 3.5 /5.0(69.6%) 338/410件中
感動 3.0 /5.0(59.2%) 310/410件中
笑い 2.2 /5.0(43.6%) 357/410件中
スリル・興奮 3.2 /5.0(63.6%) 250/410件中
24コメント
24 | | しー | 2019-09-25 18:47:01

最近流行りなのか、主人公が殺されてしまうパターン。「えっ?死んじゃうんだ…」が感想です。やはり、韓国ドラマのリメイクだからでしょうか?あまり日本人の脚本家は書かないストーリーだと思いました。
主人公の柚木先生は大森南朋さんよりもう少し若い俳優さんがよかったのではないでしょうか。仲村トオルさんと見た目が近すぎて、時系列や関係性が見えにくく、そちらに気を取られていて話が入ってこないことがありました。

% Complete
100% Complete
3
23 | | カメノ | 2019-09-25 13:58:01

法医学の正確性への疑問を投げかけるドラマとしては結構良く出来ていたとは思う。ただすべてが中途半端でモヤモヤするのが正直な感想。特に最初から最後まで報われていないのも気になるが何より法医学にスポットを当てている割に、出てくる証拠品のほとんどが裁判で使えないんじゃない?と頭にクエッションが浮かぶシーンも多くて残念。また敵役も大物ではあるが主人公が命をかけるほど大物な感じもなく視聴者が置いてけぼりを食らう感じもイラっとする。見終わった後に結局何だったんだと別の意味で笑える。とはいえ使われている音楽は権力に立ち向かう奴らのバックに流れるのにふさわしい、かっこいいものだったので少しはワクワクして見れた。

% Complete
100% Complete
2
22 | | 2019-09-23 08:14:01

面白かったけど、後味は悪かった。とにかく、終わり方に納得がいかなさすぎる。見ていて泣きそうになったくらい、ただただつらかった。それを感動というなら、確かに感動してるんだけど、これじゃない感覚が強い。もうちょっと、どうにかできなかったのか……一応、一番最後の部分は、明るい感じにしてあったけど、その程度じゃ、もっていかれた気持ちのリカバリーができない。見なければよかったとまでは思わないけど、ちょっと残念な感じがするのは否めない。

% Complete
100% Complete
2
21 | | 花鳥 | 2019-09-22 14:16:02

結局、柚木先生も恩師のためなら、遺体のサインを忖度するところに、化学では計り知れない人間性を感じました。
法医医学センター長(仲村トオル氏)も同様だが、最初の志と権力による理想の狭間は難しい役どころでした。
最終話は、「ドラマお決まりの手のひら返し」とネットの書き込みで目にしましたが、セリフはないものの時折見せる狭間の演技はファンとして役どころのうまさを感じました。
柚木先生の死はなくても、況や死んでほしくなかった。しかし、中園先生が、初回の柚木先生と同様に演出するには、仕方なしと思いました。
そういう意味で、柚木先生の死にモヤモヤ感こそあったが、通せば良きドラマでした。

% Complete
100% Complete
3
20 | | 2019-09-16 12:26:03

陰謀に次ぐ陰謀、キーマンがやたら死ぬ、すぐ感情的になって怒鳴る、ヒール役が突然キャラ変する、展開が唐突…。韓国ドラマあるある全部詰め込んだような疲れる内容に加え、大森さんの棒演技、松雪さんの台詞が聞き取れないなど何かとストレスの多いドラマでした。柚木の死亡フラグもいかにも過ぎて衝撃度が薄れていたし、もう少し自然にというか、さりげなく演出出来なかったのかなと思います。

% Complete
100% Complete
4
19 | | 2019-09-15 12:08:13

重厚な作品が多い韓国ドラマ原作で、大森南朋主演ということで、バイプレーヤーの大森がどう主人公を演じるのか期待していたのだが、期待はずれだった。
松重豊氏が「バイプレーヤーには演技プランは必要ない、主演や監督の求めにどうにでも応じられるようにしておく」と語っていたが、今回、大森は自分でプランを立てねばならない立場になって、どうやればいいんだろうと考えているうちに撮影が終わってしまった、という感じに見えた。柚木という役がどういう人なのか考えあぐねてしまったようだった。
それと、ナッツリターン事件を見てもわかるように、財閥や政治家といった一部の層が絶大な権力を握っている韓国と違って、日本ではいかに総理候補とはいえ、殺人までもみ消せるのはいささか荒唐無稽に思える。
野暮を承知でもう一つ言えば、サイコパスのシリアルキラーは、圧倒的に男性が多いのでは。女性のシリアルキラーというのは、あまりピンとこなかった。

% Complete
100% Complete
4
18 | | 2019-09-08 11:16:01

楓お嬢様の演技がじわじわくるー。本当に彼女が殺した?もともと快楽殺人鬼だったとかなのか。
もうひとつどんでん返しがあると面白いけど、結局このドラマのテーマは権力との戦いっぽいからそこを焦点に最終回も着地してくんだろうな。
みんな権力に負けすぎ!
仲村トオル所長も法医研を守ために嘘をつきまくってそれでいいんだろうか。。前の所長もそうだけど…。
景ちゃんはきっと妹のために証拠を渡してしまうんだろう。新たな証拠はみつかるのか。。

% Complete
100% Complete
2
17 | | さしみ | 2019-09-06 13:08:01

事件が交差しているのは悪くないのですが、前回の終盤で煽っておいてドラマ開始10分でサクッと終わらせる感じは、ちょっと寂しかったです。本格派ミステリーなら、もっと同時進行してスリルを醸し出してくれって思いました。海外モノだからうまくハマらなかったのでしょうか。中途半端なことするなら、前回で犯人逮捕までやっちゃえばよかったのにと感じました。せっかく存在感の薄い、飯豊まりえちゃんのバックボーンが描かれていただけに残念です。もっと犯人に言いたいことあっただろって思います。

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2019-08-31 12:57:56

先週の6話の続きからスタートした7話ですが、冒頭であっさり犯人を確保する程度ならわざわざ翌週まで引っ張らなくても良かった気が…。「どうなるんだろう」とハードルが上がってた分、めっちゃ普通の展開で「え?これだけ?!」と拍子抜けしてしまいました。
一方で1話からずっと気になっていた北見殺害事件の方は防犯カメラに状況証拠が残っていたり、燃やされたと思っていたジャンパーが運良く残っているなどご都合主義な点もありましたが、怒涛の展開で見ごたえがありました。楓さま、怖すぎる…。

% Complete
100% Complete
1
15 | | 2019-08-25 10:37:01

今回の快楽殺人犯はかなり嫌なやつ、不愉快だった。
でも世の中にはこういう変なやつもいるんだろうな…。
結構ヒントを残してるのに景ちゃんの妹さんが襲われた時に逮捕されなかったのが不思議。ドラマとはいえ警察がんばれよ、と思った。
柚木先生は研究所を辞めたことになっているけどいろいろ動いていいの?意外と復活が早い気が。前回のどんでん返しの対応はないと思うし、それで彼の正義はいいのか、というもやもやは残るが、先生が動かないとこのドラマは面白くならないので…。
最初の北見えいじの事件もまだまだこれからだし見ごたえがありそう。
あとラストのプレゼント紹介の大森さんがかわいくて柚木先生とのギャップで萌えた!

% Complete
100% Complete
1
14 | | 2019-08-24 12:44:32

主演の大森さんがメインの回だと棒演技のせいでドラマ全体がヌボっとした印象になるのですが、6話は感情表現豊かな飯豊さんの繊細な演技のおかげで感情移入がしやすく、テンポ感が良く動きのある印象に感じられてとても見やすかったです。メインの役者さんが変わるだけでこんなにドラマの雰囲気って違って見えるんですね。身勝手で挑発的な犯人にはイライラさせられますが、無表情な柚木と違って中園は怒りや悔しさをしっかり発散させるので観ていてフラストレーションが溜まらないところも良かったです。

% Complete
100% Complete
1
13 | 根本清治 | 2019-08-21 11:14:21

飯豊まりえさんが毎週見られるだけで、ただただ嬉しい。

それ以外のことは何もよくわかりません。

ただ、魂を揺さぶるという一点では、彼女の演技は、モーツアルトのレクイエム(ベーム指揮)や内田光子の同モーツアルトピアノ協奏曲20番及びパーヴォ・ヤルヴィー指揮での諏訪内晶子演奏のシベリウスのバイオリン協奏曲を聞くのに比肩します。

% Complete
100% Complete
-1
12 | | 2019-08-15 10:10:23

とにかく大森南朋の演技ひどくて見てられない。これなら仲村トオルが主役でやった方が面白かったのでは・・・

% Complete
100% Complete
4
11 | | エミ | 2019-08-14 16:41:01

これまでに起きた事件の話はまだ謎のままで、今度は過去の医療ミス疑惑や兵頭さんの解剖結果のねつ造や関係するであるろう医師達の死、さらに兵頭さんの自殺で謎がまた増えましたね。
伊達さんは兵頭さんが自殺する前に何をお願いしたのか非常に気になります。またしても全く謎。
毎回疑問が増えていくばかりで正直見るのが疲れてきます。
そろそろ1話目の謎の女の正体や警察との繋がり等チラつかせて欲しいです。
結果は気になるので最後まで見続けます。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2019-08-12 16:07:48

久々に兵藤先生が登場し、柚木と一緒にご飯を食べて親子のように楽しそうな時間を過ごしていて、このドラマにしては珍しく幸せそうなシーンだなと温かい気持ちになっていたのに…。まさかの展開に大ショックを受けました。兵藤先生の自殺と過去の医療ミスの告発、医師2人が同時刻に死亡した事件、多くの謎がどんなふうにつながっているのか謎のまま終わってしまったので、次回が待ち遠しいです。

% Complete
100% Complete
2
9 | | 2019-08-10 16:41:01

ラストが衝撃的すぎて…かなりつらい。柚木先生が「残されたものの悲しみを知ってるから兵藤先生は自殺なんかしない」と言っていたのに、自らの解剖の結果はやはり…というところは悲しすぎる。
でも兵藤先生も初回の引退のところも含めてどうなの!?というところが多かったのは事実かと。
やはり伊達先生がなにかを握っているのか。
最近柚木先生と景ちゃんのコンビが好きで楽しいシーンもあったけど、気楽にみられるドラマではないですね。こういう重めのもたまにはいいと思うが。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2019-08-03 19:04:18

法医学を扱うドラマって医療もの&刑事もの、どちらの要素も兼ね備えていて絶対面白くなりそうなのに3話とも個人的には微妙でした。解剖シーンも遺体の状況もそんなに詳しく描かれないし、柚木がたまたま見つけたビリヤードの球が決定的な証拠になったり、若い解剖医を育てたいと言いながらクビになるかもしれないのに謹慎中の中園を事件現場に連れまわしたり、主役の行動もストーリーも全体的に雑で共感出来ないしドラマの世界観に浸れないのが残念です。

% Complete
100% Complete
4
7 | | 2019-07-21 12:07:01

第2話にしてなかなかスリルある展開でドキドキして面白かった!何気なく乗ったタクシーの運転手が犯人だったなんてシチュエーション怖すぎる…。しかも快楽殺人者なんて…。絶対に助かるのはわかっていても飯豊まりえの迫真の演技も良くてラストまで思わず釘付けになった。
法医学のドラマはたくさん溢れているけれど、柚木先生みたいにパワハラな先生はあまりいないから新鮮かも。それでいて仕事に真摯な様子にはグッとくる!最後に助けにきたシーンはかっこよかった!
仲村トオルの悪役も素敵だけど、彼に負けずに埼玉での解剖を頑張ってほしいです!

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2019-07-17 02:21:02

最近法医学ブームなのかい?アンナチュラルが当たったからって次々出しすぎでしょ。結構お腹いっぱいかも。スタイリッシュな感じもなくリケジョもイマイチでおじさんばかりだし。初回からキナ臭い感じだし。大森南朋さんじゃ引っ張らなくない?主役には地味すぎるじゃん。初回は全部の伏線なんだろうけど何にも解決しないしモヤモヤしっぱなし。いつも画面が薄暗いし何より死んだ人を引っ張り回しすぎだし。いくら死んだからってあんなにあっちこっちものすごいスピードで運ぶなんてありえないでしょ。もうちょっと死者に敬意を払って欲しいな。

% Complete
100% Complete
5
5 | | 2019-07-15 16:32:14

ストーリー云々の前に柚木にしろ伊達にしろ怒鳴るシーンが多すぎて見ていて疲れます。感情的になるシーンはたまにであれば緊張感も生まれて良いですが、こう頻繁に出てくると登場人物たちが激昂しないとコミュニケーションが取れない馬鹿に見えてきます。あと柚木のご遺体への態度に嫌悪感を覚えます。いくら時間が無くて焦っているとはいえ扱いが乱暴過ぎるし、手を合わせない理由も単なる屁理屈で意味が分かりません。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 2019-07-13 01:16:01

完成したドラマ作品なんでしょうか?というくらいに、雑な印象を受けました。まずは画像・映像が汚い…。ご遺体に対しての手荒さが酷すぎる。様々な法医学のドラマはあるが、“何故亡くなったのか?”真実を把握しようなんていう気が全く無い。さらに、検察当局、警察の考え方等まで、めちゃくちゃ汚い。こんな法医学研究所なら不要なのでは?と考えてしまいます。あと、松雪泰子さんの演技は強弱があり、さすがというものなのですが、仲村トオルさんの演技はあまりにも下手すぎです。

% Complete
100% Complete
3
3 | | スナフキン | 2019-07-12 21:10:01

展開があまりにも強引で、その人物の背景が薄っぺらい感じがします。主人公の柚木が遺体を奪ってまで検死する理由が、単に伊達に対する不信感だとするならば、そんなことで何度も解剖される遺体が気の毒だし、そんな柚木に新人医が惹かれていく理由がまったくわからないです。また院長もかつて伊達とその座を争って勝った男なら、あのあっさりと敗北する姿は違和感があるし、捜査一課の監理官も全く魅力を感じません。30年くらい前のドラマを見ている感覚で、ちょっとストーリーが古臭いと思います。

% Complete
100% Complete
4
2 | | たまうさ | 2019-07-12 17:31:01

アメリカのBONES(ボーンズ)を見ていたからか法医学ドラマとしては解剖シーンに物足りなさを感じました。
架空の法医学研究院を始め全てが綺麗に収まりすぎて現実味がない感じを受けました。ドラマとは言え現実感がなければ共感できないのではないでしょうか。
ただ、破棄されるはずの証拠の繊維クズが紛失し、それに動揺する伊達、その証拠が柚木の元に届くくだりは、次回はどうなるんだろうと次へつなげる終わり方だったと思います。

% Complete
100% Complete
4
1 | | 2019-07-12 11:55:02

出演陣に華やかさがない分、落ち着いた雰囲気のドラマでシリアスなイメージが強かった。仲村トオルの存在感が目立っていて、他の脇を固める松雪泰子や西田敏行の存在も大きくて、主演の大森南朋の印象がちょっと薄れてしまった。これからもっと彼独特の強いキャラクターを作り上げていけば、もっと面白くなると感じた。
飯豊まりえとのコンビにも注目したい。柚木の毒舌にめげず彼を慕う姿は、ホッとできるしちょっと笑えるシーンもあったのがよかった。

% Complete
100% Complete
5

関連レビュー

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』のキャスト一覧