サイン―法医学者 柚木貴志の事件―

仲村トオル (伊達明義役) の演技はどうでしたか?

2019年7月期

サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』での仲村トオル (伊達明義役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

仲村トオル (伊達明義役) は 「2019年7月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

135票 (91%)
14票 (9%)
17コメント
17 | 2019-09-18 12:35:13
よかった!

最初の頃の出世欲の塊を絵に描いたような分かりやすいヒールっぽさも良かったけど、兵藤先生が亡くなったあたりからの「もう後戻りは出来ない」という執念と凄みが全身から溢れているような存在感の重さと迫力ある演技も素晴らしかったです。口調が穏やかな時でも眼差しには相手を押さえつけるような怖さと鋭さがあり、誰も逆らえない有無を言わせぬ圧を醸し出していたのも良かったと思います。

% Complete
100% Complete
4
16 | 2019-09-14 16:03:56
よかった!

この、ドラマ、仲村トオルさんの、名演技で、もってるような、ドラマといっても、かごんでは、ないと、おもいます、やはり、いつの時代でも、良い物もってる、人は、生き残るんですね。

% Complete
100% Complete
2
15 | 2019-09-14 15:54:41
よかった!

最終回の仲村トオルさんの演技よかったです。同僚の、法医学の先生が、殺された、ビデオを、もういちど、巻もどしてくれと、いって、殺されるのを、しっていたんだと、いう、セリフの、後無言で、机を、たたく、シーンが、あるのですが、一瞬の表情で、あれだけ、表現できる、俳優さんは、なかなかいないと、おもいます。仲間を
殺された、悲しみ、悔しさ、はかなさ、が、一般の、視聴者にも、ひしひしとつたわりました。
見て、よかったです。

% Complete
100% Complete
1
14 | 2019-09-13 23:04:54
よかった!

最後の、景ちゃんが柚木先生を解剖して他殺と断言した際のの表情が素晴らしかった。思わずもらい泣きしました。

% Complete
100% Complete
3
13 | さしみ | 2019-09-13 10:08:01
よかった!

小難しいおじさま感がよく出ていて、安定した演技をされていると思います。ヒステリックな感じではなく、静かに圧力をかける部分が大物感を醸し出していて良い。細身のスーツにメガネというスタイリッシュな出で立ちも、すごく似合っていて素敵。仕事一筋すぎるので、もうちょっと色気のあるストーリーだったら良かったのにと思います。

% Complete
100% Complete
4
12 | 2019-09-12 20:33:24
よかった!

昔、ピッツバーグハイスクールやってた頃の仲村トオルしか知らなくて久々に見たが、こんなシブい役やるようになってて仰天した。

% Complete
100% Complete
2
11 | 2019-09-07 12:35:51
よかった!

佐々岡に主導権は自分にあると告げる時のドヤ顔、スカッとしましたね~。どちらも悪いんだけど、協力してもらってるのにやたら偉そうな佐々岡にイラっとしていたので、「口の訊き方に気をつけろ」と立場の違いをはっきり示した態度は見ていて気持ち良かったです。「法医研の総意を」と言いつつ、鋭い眼差しと威圧感で皆を見回す姿は無言で恫喝しているような迫力と怖さがあり、「誰にも邪魔はさせない」という伊達の執念と覚悟を感じさせました。

% Complete
100% Complete
4
10 | haiyuko | 2019-09-02 19:37:02
イマイチ...

第一印象は、歳をとったなぁ×××老けたなぁ×××という感じでした。悪役の演技が下手だとは思いませんが、役柄もあるのかもしれませんが、悪~い奴!にイマイチなりきれていない気がします。どうせなら、もっと、どす黒い悪の感じを出して欲しいです。歳はとっても、ちょっとまだ貫禄不足だなと思います。

% Complete
100% Complete
1
9 | ピュア | 2019-08-17 14:26:02
よかった!

仲村の、仮面のような冷徹さと無表情な演技が伊達役に、ぴったり、はまっています。医療ミスを隠蔽した解剖所見の捏造がネットで告発された時に、兵藤元院長に研究院を守る為に、自殺を仕向けるように圧力を加えておきながら、柚木に何を兵藤に言ったのかと責められても答えず、この件から手を引けと言い、居直ったときの傲慢さは、憎々しさ1000倍でした。
挙句の果てに柚木が遺体からアンチモンが検出されなかったと発言して死因を捏造した時に、日本の法医学の未来を救ったと、もっともらしい理屈を言い放った場面が印象的でした。勝ち誇ったような、僅かに頬が緩んだような、それでいて柚木を見下したような冷たい目付きの演技は、更に視聴者の怒りに油を注いだのは、間違いありません。

% Complete
100% Complete
4
8 | 2019-08-17 12:39:38
よかった!

内部告発をした橘に「それが事実だと思うのか?」と圧をかける時の迫力が凄かったです。低く抑えめの声と必死さも感じさせる血走った眼差しが印象的で、絶対に反論出来ない凄みと「何としても研究所を守る」という伊達の強い思いが伝わってきました。

% Complete
100% Complete
4
7 | 2019-08-12 16:39:27
よかった!

回想シーンの若い姿に全く違和感がなかったのが凄いです。声を現代の伊達より少し高めに作って若い青年っぽさがあり、兵藤に向ける眼差しも柔らかく尊敬の気持ちが感じられ、表情も夢と希望に溢れた明るさがあり、何の説明がなくても伊達の若い時代だなと一目瞭然の表現力の高さがさすがだと思いました。兵藤の遺体を見つめる表情も印象的で、辛そうで悲しみを堪えているんだけど、それだけではない何か複雑な感情も込められているようで、彼が死の直前に兵藤に何を頼んだのか、2人はどんな秘密を抱えていたのか、視聴者の好奇心を刺激する効果があったのも良かったと思います。

% Complete
100% Complete
5
6 | 2019-08-03 19:35:51
よかった!

病院を去る橘を見下ろす表情が、人というより「用済みのコマ」というか物体を見るような冷たさがあってゾッとしました。勝手に解剖した中園を呼びつけた時の忌々しそうな視線や、橘に圧力をかける時の「分かっているだろうな」というような鋭く刺さるような迫力ある眼差し、目線や表情一つ一つから伊達の冷酷さや権力への執着が伝わってくるのが凄いです。髪をいつもきちんと撫でつけ、スーツや白衣をバッチリ着こなす姿も伊達の隙の無さを感じさせて良いと思います。

% Complete
100% Complete
5
5 | knight02 | 2019-07-21 15:01:01
よかった!

仲村トオルさんの役作りは、忠実でありながらも彼独自の表現が面白く、今回は野心に満ちた解剖医を見事に演じられて、ドラマのスリリングさを与える程、存在感が大きいです。
名誉欲の強さや、地位を利用した剛腕ぶりなども発揮され、主人公を演じる大森南朋さんとのバトルにも注目していきたいです。

% Complete
100% Complete
3
4 | 2019-07-20 19:49:10
よかった!

解剖を見学に来た大臣をチラ見して様子を窺ったり、「連続殺人かも」と言う和泉に一瞬面倒くさそうな視線を向けたり、台詞にはなくても表情や眼差しで伊達の権力への強い執着と保身に走る薄情さを丁寧に表現しているのが印象的でした。そのおかげで2話終盤で柚木に言う「すべて研究院のため」という台詞がより胡散臭く聞こえ、伊達の悪役らしさが強まったのが良かったと思います。

% Complete
100% Complete
4
3 | 2019-07-15 19:56:05
よかった!

迫力があって格好良い悪役です。証拠を紛失した部下に激昂するシーンは威圧感と怒りのパワーが凄まじくて観ていてビクっとするほど怖かったです。相手を見下すような嫌味な眼差しも印象的で、パワーで押さえつけるだけではない伊達のネチネチとした陰湿さを感じさせたのも良かったと思います。

% Complete
100% Complete
5
2 | スナフキン | 2019-07-13 19:31:02
よかった!

このドラマで唯一、良かったのは仲村さんです。権威主義的で、高圧的で傲慢かつ執念深い。悪党の要素を見事に演じ切っています。柚木や院長を追い詰めるシーンはなかなか迫力がありました。ただちょっと典型的な悪党すぎる設定には首を傾げますが、わかりやすく、いい芝居だと思います。

% Complete
100% Complete
3
1 | 2019-07-12 14:07:01
よかった!

主人公と敵対するヒール役は珍しく、それでも見た目からそういう嫌味な雰囲気が出ていたし、見事に演じていてさすがだった。柚木の腕は認めつつ、自分の野心のために汚い手を使う感じとか、悪役に徹していて、普段良い人オーラ全開の仲村トオルさんだからこそ逆に面白い。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の感想 24コメント

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』のキャスト一覧

仲村トオルの関連レビュー