グレイトギフト

2024年1月期
総合評価: 2.82 / 5.0 (回答者数34人) 855 位 / 991件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 2.8 /5.0(56.4%) 833/992件中
キャスト 3.2 /5.0(63.6%) 845/992件中
演出 2.8 /5.0(56.4%) 846/991件中
音楽 2.5 /5.0(49.4%) 901/992件中
感動 2.4 /5.0(47.2%) 823/987件中
笑い 1.7 /5.0(33.6%) 907/987件中
スリル・興奮 3.2 /5.0(63%) 514/984件中
34コメント
34 | | 2024-03-19 15:11:10

やはり犯人は奈良さんだったか。研究にしか興味がないというよりも、他の人たちと同じようにグレイトギフトに魅入られたというべきなのか。ただ、他の人たちと違ったのは元々の志みたいなものが見えないのが迷いとかの余地がないサイコパスのように見えてしまう。たった一つの生きがいみたいなものなのだったのかも。白鳥先生の手術後の表情も人間味が戻っていてホッとしたのだけれど、その後の最後のデータ受け渡しでゾッとしてしまった。奈良さんは確かにグレイトギフトの事件の犯人なんだろうけれど、裏で暗躍していたのは杏梨さん。いろいろあってもいつでもセーフティーな立ち位置だったなと一番腑に落ちた。

% Complete
100% Complete
2
33 | | 2024-03-18 21:18:07

人の探究心というものは恐ろしい。人を助けるための薬を作る人が人を殺す薬をギフトと呼んで作ったりする。研究しすぎるとおかしくなるのかね。奈良は久留米のことをせんぱ〜い!なんて呼びながら私の方が優秀なのよと心の中でマウント取ってたんだろうね。真帆もようやくここに来てどれだけ自分が藤巻から守られていたのか分かったのだろう。今更涙目でありがとうなんて言われても白々しい。もしかして続くのか?と思わせるラストで、また藤巻と久留米のペアなら見たいと思った。

% Complete
100% Complete
2
32 | | 2024-03-15 11:15:25

真犯人は大方の予想通り奈良ということでしたが、決着がここに至って、それぞれの良心というのはちょっと納得出来ないものがあります。確かにギフトという存在に怯えもしただろうけど、基本的には各々の欲望で動いた結果。特に白鳥は捕まった以上、ほぼ死刑です。それでもオペをするとしたら、それは己の矜持以外になく、良心とは違うだろうと感じます。だから「昔は」みたいな反省の言葉らしきものはいらなかった。最後にまだ暗躍する人物たちを描いて、続きがあるような前フリを入れてますが、続編が出来ても見ないかな。

% Complete
100% Complete
2
31 | | 2024-03-15 08:32:07

犯人は想像通りにやっぱり奈良さんだったのか。薄っぺらくて実のない人間性が透けて見えてある意味胡散臭い人だったし、さもありなんって感じ。でも最後に、ギフトを注射して自分では死んだつもりだったのに、特効薬で命を取り留めたところはマヌケな姿だったわ。なんの罪悪感も持ちあわせていない彼女のような殺人者は一生刑務所から出てこないでほしい。

% Complete
100% Complete
2
30 | | 2024-03-11 23:27:48

こんなに大事にしておいて最終的に犯人は真帆で、それも妻の話を聞かないという伏線が活きてくるのか?あの時真帆の話をよく聞いていればってそんな家庭的な問題になっちゃうのかと思うとサイズダウンが否めなくてそんなのは夫婦でやってくれと言いたくなってしまう。次のターゲットとして藤巻と久留米を殺せって言うんだから真帆なんでしょうね。自分は不倫三昧だったのに純粋に尊敬しあい高め合うことができる2人に嫉妬したとか?なんか急に小さい問題になってきたな。

% Complete
100% Complete
2
29 | | 2024-03-08 21:53:57

久留米はやはりオクトセブンの生みの親だったんだね。それにしてもたった一人で特効薬を寝ずに開発するところは意地のようなものを感じる。最後に白鳥に近づいた犯人が藤巻と久留米をターゲットにしていたから、やはり久留米は犯人ではないのだろう。藤巻のラボに盗聴器を仕掛けることのできる人物が犯人なのだろうし、きっと最初から出ている人物だろうから奈良かな?複雑だという培地のレシピも簡単に割り出していたし。真帆はさすがにないんじゃないかなと。

% Complete
100% Complete
2
28 | | 2024-03-08 14:30:26

奈良さんって、これまでの薄っぺらい言動から信頼できる人じゃないのはわかってたけど、お金になりさえすれば思考停止で何でもやる人なんですね。でも、難しいと藤巻先生が言っていた培養のためのレシピもあっさりと完成させていたし、もしかしたら意外すぎるところで彼女が真犯人なのかな? そういう面倒くさい犯罪に手をだすタイプじゃないか。。。

% Complete
100% Complete
2
27 | | 2024-03-08 11:40:25

真犯人が麻帆という可能性はないでしょう。少なくとも久留米があれだけのラボを用意しないと培養なども難しいわけで、そんな施設を深刻な病を抱えていた麻帆が稼働させられるわけがない。それにいくら郡司と付き合っていたとしても、病院のバックヤードに自由に入れる筈がない。そもそも藤巻に見られる可能性もあるしね。真犯人の可能性が高いのは間違いなく奈良。久留米が苦労した培地作りをあっさりやってのけたのは、それを知っていたから。白鳥と組んだに違いない奈良をどう追い詰め、結末はどうなるのか、気になるところです。

% Complete
100% Complete
2
26 | | 2024-03-05 21:42:41

久留米さんが開発者だから今の使われ方や誰がどのように関わっているのか知っておきたくて藤巻にくっついてきたのだろうか。藤巻が好きというのは本当なのか?なんかギフトのためだけに藤巻に近づいたとしたらなんかかわいそうだなと思った。奥さんに浮気され、久しぶりに近づいてくる女子がいると思ったらこれだもんね。女運ないんだな。それに引き換えモテモテの郡司。俺を信じろなんてあの声で言われたら落ちない女はいないだろうな。

% Complete
100% Complete
2
25 | | 2024-03-05 14:54:31

やはりギフトの開発者は久留米さんでしたか。ただ、彼女は球菌を見て、自分が生み出してしまったものだと思って責任を感じて関わっているように見えます。焼きうどんのお店の方が被害者のようですし、これまでもなぜその人がギフトを送られたのかというような発言もあったと思います。おそらく破棄したはずの球菌を誰かが意図的に培養し、製造しているということなのでしょう。犯人は研究所に関わりがあり知識もある人物だということでしょう。ここにきて郡司先生の奥様が登場しましたが、彼女がこの件に関わっているのかどうかも気になります。

% Complete
100% Complete
2
24 | | 2024-03-02 13:52:21

まあ久留米が開発者だろうというのは、藤巻に対する不自然な接触の仕方や、ギフトに関してわざわざ自ら首をツッコむ態度などから考えて、見当はつくところなので、そんなに驚きはありませんね。ただおそらく彼女は開発しただけなのであって、使用者は別にいるのだろうと思います。それで勝手に使われていることに責任を感じての行動なのでしょう。いよいよ問題は使用者は誰なのかということになります。何にしても郡司の妻とか、麻帆とか、こういう連中がからんでくると、より面倒なことになりそうです。

% Complete
100% Complete
2
23 | | 2024-03-01 08:29:02

麻帆も自分勝手で冷淡な性格の嫌な女だけど、郡司先生の奥さんの突き抜け方には足元にも及ばない感じかな。麻帆はプライドが高そうだから、自分が郡司の複数いる愛人の一人だと知ったら、もう郡司のことも突き放しそうね。でもそれでまた藤巻先生のもとに戻るとか、意地汚いことだけはしないでほしいけど。
真犯人は久留米さんか?ってことだけど、彼女は黒じゃないような気がする。

% Complete
100% Complete
2
22 | | 2024-02-25 15:44:56

今まで顕微鏡としか目を合わせてこなかったと言われている藤巻なら今の状況はストレス以外の何者でもなくどこにも救いがなくて見ている方も疲れる。神林はどこまで本気だったのだろう。動き出した当初は刑事の血が騒いだのかもしれないけど、娘の病状を鑑みると白鳥を逮捕することは得策ではない。藤巻もマホの時のことを考えれば分かりそうなもんだけどね。今まで顕微鏡だけ見ていれば良かった世界はなんと平和だったことか。実際こんなことに巻き込まれたら確実にハゲるね。

% Complete
100% Complete
2
21 | | 2024-02-25 11:58:08

白鳥や郡司の裏をかくつもりが、とっくに見抜かれ更にコケにされて、藤巻先生ってとことん間抜けな感じ。逮捕される覚悟が出来てるなら中途半端に神林なんかに相談してないで、さっさと警察に行けばいいのに。白鳥が皇帝であることを主張してるけど、本当の黒幕って実はアルカナムのボーイなんじゃないのかな。悪の親玉にしてはちょっと貧弱だけど。

% Complete
100% Complete
2
20 | | 2024-02-23 12:18:32

藤巻は詰めが甘いな。元刑事だとはいえ神林は娘の手術を控えている。自分の元妻の時と同じ状況で、神林が自分と同じ判断をする可能性を排除するのがおかしい。ギフトの培養は久留米もいるし、白鳥に見破られれば、藤巻か久留米のどちらかが見せしめに殺される可能性があるのに、友だちだと思っていたにせよ、なぜ神林を信じたのか理解できない。そしてそもそも論として、ギフトを作り出した人が、どうしてそれを勝手に利用している者にリアクションしなかったか。理由は病院外部の者なら、それを勝手に使っているとは知らなかったからとも考えられた。でも藤巻に電話がきたということは病院内部にいて、白鳥たちの行為をしっている可能性が高くなった。そして白鳥が集めたメンバー内にいる可能性もある。なのになぜこの段階で知らせて来たのか。そこが鍵になるかも。

% Complete
100% Complete
2
19 | | 2024-02-22 19:14:33

これまで必要以上に愛はないタイプの夫婦だと思っていたけど、思いっきり妻の方が裏切っていたとはねぇ。夫の方は妻の治療をタテに危ない橋を何本渡らされたか分からないっていうのにすごい根性だね。治ったら離婚って。不倫がバレても動じないし。ほんと性根が腐ってるとしかいいようがない。なんのためにここまで頑張ってきたのか。ギフトなんかほっぽり出して今すぐ妻子を捨ててどこかへ行ってしまえばいいのに。そこをグズグズしてる藤巻が嫌いだ。

% Complete
100% Complete
2
18 | | 2024-02-17 15:33:04

麻帆が最低すぎる。病気が治った途端に、離婚して不倫相手と面白おかしく生きたいだなんてよく言えるなぁ。不倫相手と夫とを毎日のように同時に目の前にして、素知らぬ顔で平然と入院生活を送っていた厚かましさには虫唾が走る。郡司もあっちもこっちもと女性関係に意地汚くて、そんな男に夢中になって挙句に殺されるとは、鶴下さんが一番の貧乏くじを引いて気の毒すぎるわ。

% Complete
100% Complete
0
17 | | 2024-02-16 17:00:55

郡司の浮気相手は真帆もだったのか。話を聞かれていて離婚を切り出した真帆だけれど、他者に興味のない藤巻を選んだ以上、仕方ないことを言っているようにも聞こえる。それが不倫の原因というのはちょっと違うと思うし、娘がそれを肯定しているのも少し気味が悪い。そして、郡司先生と真帆との不倫に怒った鶴下が白鳥に密告してギフトを手に入れ、それを真帆に盛ろうとしたというのが恐ろしい。結局偽物で、ギフトのことを知った鶴下の方が白鳥に消されてしまうのだが、その時の郡司の荒れようが意外だった。てっきり利用しているだけだと思っていたから。最後、白鳥のところに関わりのある人がみんな集合みたいになってて、巻き込まれていたのは藤巻だけなのか?まさかの久留米女史までいて混乱している。

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2024-02-16 11:07:35

ここにきてまったく予想外の展開。まず郡司の愛人は鶴下だけでなく麻帆もだったとは。それを知っていたら藤巻は白鳥に協力していなかった可能性もあるし、このギフト事件は違う様相になっていたかもしれません。そう考えると麻帆は被害者面しているけど実に罪深い。そして鶴下。白鳥に殺された理由は「感情的だから」。つまり冷静であれば違っていた。そう白鳥が判断した人間たちが、最後に集まっていた者たちということにる。いわばギフトによる殺人チームというところでしょうか。久留米がいたのは驚きですけど、女性二人は何か思惑がありそう。面白くなってきました。

% Complete
100% Complete
3
15 | | 2024-02-15 17:04:50

このドラマ、内容は面白いのになんとなく見にくいなと思っていたのだけれど、やっと理由が分かった。藤巻の心の声がなんとも覇気がなさ過ぎて、感情とかを読み取りにくいのだ。演技とかは良いのだからなんとかならなかったのだろうか。あんなに陰気なのにどうやって奥さんにプロポーズしたのだろうかと、そもそもの奥さんを守りたいという設定を疑ってしまう。内面だけはもう少し秘めた熱さみたいなものがあっても良かったのではないだろうか。本坊も狂っていると思ったけれど、一番の狂気は郡司先生だったか。恐ろしすぎる。

% Complete
100% Complete
2
14 | | 2024-02-14 00:31:37

藤巻のどっちつかずな態度にイライラしながら見ている。あんなに奥さんのことを守るために危ない橋を渡りすごく好きなんだなと思っていたけど、奥さんの好物さえ分かっていなくて嫌いなプリンをあげ続けるってめっちゃ怖い。もうこれ以上人が死ぬのを見たくないんです、みたいなことを言いながら毎日酵母菌をせっせと育てている。もう意味が分からなくて辛い。反町さんもうだつの上がらない役はなんだかハマらないしもっとシャキッとしないもんかね。

% Complete
100% Complete
2
13 | | 2024-02-09 13:33:59

藤巻には自分の意志ってものがないの? 誰かにちょっと強い態度に出られる度に、ふらふらと言いなりにギフトを渡そうとしたり。彼がギフトの培養をやめれば、これ以上犠牲者が出ることも白鳥や郡司の野望が遂げられることも阻止できるのに、なんで言われるままに続けてるの? 奥さんの命が白鳥に握られてるから言いなりになってるのかもしれないけど、その奥さんは未認可手術を受けられたことも夫のおかげだとも考えずに、感謝するどころか悪態ついてるのにね。

% Complete
100% Complete
2
12 | | 2024-02-09 11:12:06

そもそも病院内部には最初にギフトを持ち込んだ者がいる可能性が高かったからこそ、鍵をつけようと思ったのに、なぜ本坊に鍵を任せたのか理解不能。相手が単独とも複数ともわからないのに、本坊が事務職だからって安全だとは慎重な人間なら考えない。また本坊でなくとも白鳥や郡司なら盗聴器のひとつやふたつ付けかねないわけで、久留米とのやりとりも別の場所ですべきだった。そこも慎重さが足りない。いずれにしても藤巻は押しに弱く、流されるし、注意力が散漫で周囲が見えていない。そんなキャラにしては反町さんの存在感は強すぎる感じがする。もっと一見して弱々しいタイプの役者の方が合っていたのでは?

% Complete
100% Complete
2
11 | | 2024-02-06 15:11:00

郡司は白鳥の側だったか。嫉妬からどうするのかと思っていたが、今まで白鳥を支えてきたという自負が最悪の方向へということだろう。藤巻は手術が終わったとはいえ奥さんを人質に取られているようなものだし、白鳥に協力するしかないのだろう。どれだけ賢くてもコミュ力が低かったり立ち回りが下手だったりする人はいるわけで、見ていて気の毒で仕方がない。白鳥も郡司もギフトを使うことに躊躇がないし、この災禍から逃れるにはどうすれば良いのだろう。それにギフトの創造主は別にいるわけで。進んで渦に飛び込んできちゃった久留米も含めどうなっていくのだろう。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2024-02-05 21:22:56

うまく立ち回れなかった故に取り返しのつかない事件に巻き込まれていくのってイライラするんだよねー。具体的にどうしたら良かったのかまでは分からないけど、藤巻先生がグズグズしているせいでとんでもないことに巻き込まれているのは分かる。もうそのレールから外れる道はもはや残されていないと思われ、こちらも辛くなってしまう。でもここで頼もしい味方が登場した。久留米さんだ。久留米さん頼むよと視聴者も思っていると思う。

% Complete
100% Complete
2
9 | | 2024-02-02 10:28:29

どうも藤巻のキャラがしっくりこない。奥さんの手術のために白鳥の犯罪に加担したのはわかる。でもそれなら白鳥と一蓮托生の道を選ぶ以外にない。すでに共犯関係なわけで、奥さんの手術が終わるまでなんて都合の良い話で決着するわけがない。郡司との関係もそう。白鳥の犯罪を止めようなんて言葉に簡単に乗せられすぎ。思慮深いようでいて、何も考えてないし、慎重なようでいて抜けているし、無表情なのにいろいろバレバレ。神林にも気付かれている可能性がある。この男本当に医者になるほど賢いのかと疑問に感じる。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2024-02-02 08:45:29

郡司はもう見るからにタチが悪そうで、絶対弱みを握られちゃダメなのがこういう人。白鳥以上の悪人だと思うわ。藤巻も、奥さんの手術が終わったら無罪放免してもらえると思ってなんて、お人好しというか世間知らずにもほどがある。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2024-01-31 20:24:48

脅迫者はギフトの制作者ではなくて、たまたま藤巻の動向を見ていてカマをかけたということか。結局は藤巻が白鳥に相談していたことでギフトの犠牲になってしまったわけだけれど、まったく躊躇のない白鳥は恐ろしい。あの性格見ると藤巻が白鳥に反発するのは難しいだろうと思う。思いっきり振り回されていて可哀想ではあるのだけれど、時々勇気を振り絞って大きな要求をするところが少しツボだ。郡司が藤巻に嫉妬し始めているのと、怪しんでいる神林がこれからどう動くのだろう。ギフトも恐ろしいが、人の悪意の方がもっと恐ろしいと思ってしまう。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2024-01-28 11:59:28

脅してたのは伊集院かー、なんとなくなにも知らない脇役としてずっといるのかなと思っていたから早々に消されてしまってびっくりした。こういうのって知ってしまって知らんぷりするのか自分も乗るのか逆手にとって脅すのか、自分の身に置き替えたらどうしたから正解なんだろうと考えてしまう。教授になって周囲からは出世だなんだと羨ましがられてもちっとも本人は幸せそうじゃないし。血なまこになって走り回ってる姿を見ると巻き込まれるって嫌だなと思う。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2024-01-26 14:01:17

伊集院って見た目は大様というか、いかにも鈍感で大雑把な雰囲気なのに、藤巻と白鳥のことをチマチマと探って調べまわったりしてて陰険な性格の人だったんですね。そんあ要らないことするから、”ギフト”をもられてアッサリ葬られたし。でもなんだか、白鳥や神林に何か言われるたびに優柔不断にフラフラと振り回されてる藤巻よりマシな気がしたわ。

% Complete
100% Complete
2
4 | | 2024-01-26 10:20:57

藤巻にとってギフトは忌むべきものでもあり、大きな切り札でもあるわけで、それを知っている者もいる以上、慎重さよりも管理を厳しくするのが当然のことだと思います。それが白鳥であれ、簡単に持ち出される状況は、自分の切り札を失うと共に、最悪の武器を野に放つようなもの。また伊集院の要求も、状況を考えれば、リスクに見合っていない。大がかりなサスペンスにしようとして、出てくる人間は卑小になってしまっているのは、皮肉な話です。もっと物語に必然性とか合理性がないと、サスペンスとしてダメだけど、ヒューマンドラマとしてはむしろ人の感情を強調したい。そのバランスが、今のところあまり良くないです。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2024-01-23 18:34:01

これって未知の球菌の発見と培養というレベルじゃなくて、最初にこの球菌を使った殺人があった時点で、単なる殺人ではなくバイオテロとか生物兵器の使用ってレベルの話です。奥さんの移植の優先順位とか、病院での地位とか、そんな卑小な取引に使うようなものじゃない。下手をすればコロナの比にはならないほど人類全体に大きな影響を与えます。そんなの素人でもわかるのに、プロである医師たちがわかっていない。でもプロとしての矜持より、自分のエゴの方が強い現代社会ならあり得るのかもしれません。怖いですね

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2024-01-23 14:47:57

奥野理事長はなんであんなに藤巻に対してエラそうなの? 組織の立場的に上下があるとしても、奥野の藤巻への態度ってバカにし過ぎだし横暴過ぎるでしょ。だけどわかりやすく傲慢な奥野より、白鳥みたいな人間性の方がずっと怖い。立派な理想と目標を掲げるのはいいけど、その為には殺人もサラリとやってしまうなんて、人当たりがソフトで聖人君子的な外面だけに一層タチが悪い感じ。いずれにしても次回の展開が楽しみなドラマのひとつ。

% Complete
100% Complete
2
1 | | 2024-01-21 23:51:15

これは医者じゃなくても誰かを簡単に殺すことができてしかも証拠が残らないものを手に入れたとしたらその人のその後の人生が変わるだろうなと思った。人殺しがいけないことは大前提として分かっていても白鳥も日頃の鬱々とした縛られた毎日があったのだろうと推測できる。ギフトとは英語では贈り物だけどドイツ語では毒という意味も持つ。白鳥が暗躍し正義だけに使われるなんて思えない。モンスター化していく気がしてとても気になる。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『グレイトギフト』のキャスト一覧