光る君へ

本郷奏多 (花山天皇役) の演技はどうでしたか?

2024年4月期 2024年1月期

光る君へ』での本郷奏多 (花山天皇役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

本郷奏多 (花山天皇役) は 「2024年4月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

464票 (100%)
0票 (0%)
14コメント
14 | 2024-05-15 15:24:14
よかった!

ほんの少ししか映ってないのにあのインパクトは何ですか。院になられて久しく出ておられなかったのに、チラッと映った時の美しさと優雅さと、その上に少し大袈裟な驚きの表情が上手くミスマッチで、以前の花山天皇の振る舞いが頭の中巡ってしまいました。

% Complete
100% Complete
2
13 | 2024-04-10 16:52:17
よかった!

花山院っていうと「大鏡」での出家のくだりが有名だし、その年齢が19歳だからね。改革的な政治と言っても外戚である藤原義懐らが主導したわけで、花山院自身は芸術家肌でエキセントリックな女好きというのが定説。本多さん演じるこの花山院は確かにエキセントリックだったし、気まぐれさも感じたけど、女好きっていうほどてもなかったかな。残された逸話からすればそこがマストな感じもするけど大河だし、NHKだからね。本多さんのどこか凛とした佇まいが高貴な人らしい雰囲気を出していて、若さゆえの未熟を露呈する様も見事に演じていたと思います。

% Complete
100% Complete
2
12 | 2024-03-23 12:14:17
よかった!

困った少年時代を伸び伸びと演じてくれたので花山天皇の純粋さみたいのが後々まで残り、よしこの霊を信じてしまうところや易々と出家までいってしまうところにも違和感がなかった。嵌められた後の悔しがり方も素直で生き霊が飛びそうだ。

% Complete
100% Complete
2
11 | 2024-03-12 12:02:44
よかった!

道兼の裏切りに気付くシーンがとても印象的でした。いつものようにエキセントリックに怒り狂って激昂するかと思いきや、それ以上に驚きや焦りの方が強く感じられて、それだけ道兼のことを信頼して心の拠り所にしていたんだなあと伝わってきてちょっと切なくなってしまいました。これじゃあまりに気の毒過ぎるので、せめて怟子に関する嘘には気付かず、自分が出家したことで彼女が無事に成仏出来た、自分がしたことは無駄ではなかったって信じて生きていって欲しいなと、それくらいの救いはあって欲しいなと思います。

% Complete
100% Complete
2
10 | 2024-03-04 12:08:04
よかった!

相変わらず怟子のことを思って臥せっていたり、怟子を成仏させるためなら何でもしてやりたいと言い出したり、頭の中が彼女のことでいっぱいで、そこに付け入られて着々と悲劇への道が整えられていく様子が見ていてハラハラしつつ、その悲劇の根源は怟子への愛なんだなと思うと哀しくて切なくなってしまいます。あんなに毛嫌いしていた道兼にすっかり心を許すチョロさも、花山天皇の孤独や悲しみの深さ、誰かとこの辛さを分かち合いたいという縋るような思いが感じられて良かったです。

% Complete
100% Complete
2
9 | 2024-02-26 11:52:28
よかった!

政治の話をしていても怟子のことを思い出してしんみりしたり、怟子が成仏出来ていないと聞くと「可哀想な怟子」と取り乱してむせび泣いたり、「死ね!右大臣」と叫んだり、情緒不安定でエキセントリックで怖いんだけど、そこに確かな怟子への愛が感じられるから観ていてすごく切なくもなる。誰がみても危なっかしくて隙があって不安定で、義懐に上手く付け入られる説得力があるのも良かったと思います。

% Complete
100% Complete
2
8 | 2024-02-19 12:04:41
よかった!

怟子の名前を叫んで泣きわめいたり、形見の帯を握りしめて茫然と横になっていたり、魂が抜けたように無気力な姿が痛々しくて、怟子への深い愛と失った悲しみの強さがひしひしと伝わってきたのが良かったです。為時に「信頼出来るのはそなたと義懐しかいない」と語る時の心細げな表情も花山天皇が抱える孤独や不安を感じさせ、好色でエキセントリックというだけではない、繊細さや人間味が垣間見れたのも良かったです。

% Complete
100% Complete
2
7 | 2024-02-15 18:18:44
よかった!

なんというかこういう変わった役というか上手すぎます。女好きで変態、子どもと大人が同居した不思議な感じ。それを無理なく違和感なく演じられるのはこの方以外に思いつかないというか。いよいよ出家の場面が近づいていて、そこをどう演じるのか道兼に裏切られてどういう表情をするのか、楽しみしかないです。

% Complete
100% Complete
3
6 | 2024-02-13 15:22:07
よかった!

女好きで、芸術家肌。そして数々の乱心。なによりも突然の出家と、この時代の天皇の中ではいろいろ話題の多い花山天皇。演じる本郷さんはあまり好色な感じはありませんが、芸術家肌で理想主義的な雰囲気、そして乱心する内包された狂気といった要素がよく出ているし、そもそ気品がある雰囲気が出せる役者なので、良いキャスティングだったと思います。ある意味で最大の見せ場となる出家のところを、どう演じ、どう見せてくれるのか楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
5 | 2024-02-12 12:13:21
よかった!

怟子を見舞う時の不安そうな表情や手を握り優しく声をかける姿が、怟子への深い愛情を感じさせてとても良かった。その必死な表情から心配が募って1日中彼女のことが頭から離れない様子が伝わってきて、癇癪持ちで女好きの傍若無人な人っていうこれまでの印象とは違う、温かく愛情深い人間らしい一面が垣間見れたのも良かったと思います。

% Complete
100% Complete
2
4 | 2024-02-01 20:53:05
よかった!

癇癪を起こしてドタバタしている時はすごく自分勝手で幼い印象だったから、女性にもそうなのかと思ったら手を縛るというアブノーマルなシーンでしっとり見つめる目が案外優しくて笑った。そのギャップがまた良い笑。こんな天皇想定外だ。

% Complete
100% Complete
2
3 | 2024-01-31 11:51:23
よかった!

麒麟がくるに続き高貴なお方がお似合いです。
譲位して出家される、なんとなく近衛前久と被ってしまいそう。薄倖の天皇を見届けます。

% Complete
100% Complete
2
2 | 2024-01-29 11:05:45
よかった!

癇癪を起して地団駄を踏んだり、側近たちの被りものを脱がせたり、手に負えない傍若無人さが回を追うごとに増していって、実資が蔵人頭を固辞する説得力があったのが良かった。こんな人の傍についていたくないもんなあ。気品のある面立ちでパッと見は天皇に相応しい雰囲気なので、余計に奇行とのギャップが際立って少ない出番ながら毎回インパクトがあって印象に残ります。

% Complete
100% Complete
2
1 | 2024-01-26 09:14:32
よかった!

おいおい天皇ともあろう者が扇子を足で弄るな、あーあー女の話ばかりするな、などなど本当にいたら御付きの人はたまらないだろうが見ているこっちはなんとも飽きなくて面白い。今度はどんな話をどんな風にするのかと出るのを楽しみにしている。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『光る君へ』の感想 55コメント

『光る君へ』のキャスト一覧

本郷奏多の関連レビュー