エール

小南満佑子 (夏目千鶴子役) の演技はどうでしたか?

2020年10月期 2020年7月期 2020年4月期

エール』での小南満佑子 (夏目千鶴子役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

小南満佑子 (夏目千鶴子役) は 「2020年10月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

121票 (98%)
3票 (2%)
6コメント
6 | 2020-11-24 22:47:33
よかった!

とにかく歌が上手で(当たり前ですね)育三郎との歌唱シーンはお金を払いたくなった¥

% Complete
100% Complete
2
5 | 匿名 | 2020-11-06 18:16:01
イマイチ...

しばらく会わなかったので、もしかしたらもっともっと優しくって人間味が出てきたかと思っていましたが。
音に対してそんなでも無かったです。
出来れば、一緒にレッスンやコツでも教えてあげて欲しかったんですが、やっぱり音の友人では無かったんですね。

% Complete
100% Complete
0
4 | 2020-07-09 04:47:01
よかった!

立ち居振る舞いや表情もキリっとしていて、いかにも清く正しく生きてきて、歌に人生を懸けてきたという雰囲気がありあり。彼女から見れば音は、何の覚悟もなければ趣味の延長で音楽学校に通ってるようにも見えて、すごく鬱陶しい存在だということが、音を見る目などから伝わってくる。
言うまでもなく圧倒的な歌唱力と表現力で、どう考えても音のライバルの位置づけというのは、千鶴子さんに失礼。彼女の歌唱シーンをもっと見たかった。

% Complete
100% Complete
10
3 | 2020-06-04 16:01:01
よかった!

いつも怒っているようだ。怖い。特ににらみつける時。孤高の人という感じだ。でも陰湿さはない。正々堂々としている感じ。この人の場合、自信と役が重なる部分が多いと思うが、地でいってるのかという気がする。しかし、こんな人だったら本当に怖い。

% Complete
100% Complete
6
2 | 名無し | 2020-06-01 19:10:01
よかった!

夏目千鶴子は、全てを歌に捧げた孤高の女性です。でも、音の行動が理解できず、戸惑う場面が次第に多くなる様子を、小南さんが的確に演じていると思います。音の歌の上達が千鶴子の変化を通して知ることができ、とても良いです。特に、最終選考で音が主人公の感情を伝えたことで、驚きと負けたと言う表情が印象的でした。千鶴子が初めて登場したとき、表情が硬く、普段の小南さんと印象が違うと感じましたが、さまざまは様子を出すためだと納得しました。

% Complete
100% Complete
5
1 | 2020-06-01 10:10:02
よかった!

とにかく圧倒的な歌唱力と表現力に魅了される。そして、凛とした雰囲気も、いかにも音楽一筋に生きて音楽に人生を捧げている人という感じで、学校の教室に座っている姿も彼女の回りだけ空気が違う感じ。それだけに、彼女ほどの実力の持ち主が、選考会で多少動揺したとはいえ、ド素人の音に負けてしまうという評価は腹立たしい。そもそも音のライバル役に、彼女を持ってくるのは勿体なすぎる感じ。

% Complete
100% Complete
8

関連レビュー

『エール』の感想 357コメント

『エール』のキャスト一覧