エール

山崎育三郎 (佐藤久志役) の演技はどうでしたか?

2020年10月期 2020年7月期 2020年4月期

エール』での山崎育三郎 (佐藤久志役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

山崎育三郎 (佐藤久志役) は 「2020年10月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

420票 (95%)
21票 (5%)
25コメント
25 | 2020-10-02 08:42:06
イマイチ...

演技は演出上の問題なので、まあ、それなりにキャラが立っているといえるでしょう。唄はいけませんね。ハリのない声で戦時歌謡を歌われても気持ちが伝わりません。戦後になって、あの声で「イヨマンテの夜」を歌われるのはまっぴらゴメンです。

% Complete
100% Complete
3
24 | ホワイト | 2020-09-26 00:51:01
よかった!

山崎育三郎さんのキャラクターがかなり濃くて、もう濃すぎて面白いのです。カッコつけていて、でも本人はいたって普通なのです。大真面目にあのくさいセリフやポーズをしていて、もはや清々しいですね。クセがありますが、病みつきになります。

% Complete
100% Complete
3
23 | ドナルド | 2020-09-17 17:04:01
よかった!

イケメン設定だし実際イケメンなのに、回を重ねるごとにギャグキャラになっていくのはなぜ…?めちゃくちゃツボです!ウインクのレパートリーが多くて笑ってしまう。でも自尊心の高さが嫌味じゃないので、良い演技だなと感心する。

% Complete
100% Complete
3
22 | 2020-07-19 17:15:54
イマイチ...

いつも演技が同じ

% Complete
100% Complete
0
21 | 2020-07-09 23:50:40
イマイチ...

申し訳ないのですが、顔が今風のイケメンなのと歌い方が「ザ・ミュージカル」(当時の歌謡曲の歌い方ではありません)なので、どうも当時の日本人には見えません。御手洗ティーチャーのように、浮世離れしていても当時いただろう存在には感じられないのですね。せめて何かしらの渡航経験か、あるいは帰国子女やハーフとか海外の設定があれば腑に落ちたかもしれません。ただこれは「山崎さんが演技でどうこうできる範囲」ではなく(台詞回しとかが違和感があるとかではないですし)、「山崎さんがベースに持つもの」に対して感じたことなので、主観的であることは分かっています。

% Complete
100% Complete
2
20 | ふなな | 2020-06-29 08:16:01
よかった!

久志は、山崎育三郎さん以外に演じられません。オーディションでの歌のシーンは、さすがとしか言えませんし、練習生としてスタートするのも、プライドを持った堂々とする姿と、キラキラのプリンス感。心底からにじみ出てきました。

% Complete
100% Complete
2
19 | 2020-06-26 15:51:02
よかった!

あれだけの歌唱力と表現力があるのは、天与の才能に加えて努力してるからなのは当然だけど、それを人に見せるのが嫌いな人みたいですね。ある意味カッコつけでもあり、小心者でもあるけど、小心者だからこそ成功できるとも言えそう。
でも、オーディションの歌は間違いなく上手かったけど、そして見た目はともかくとして、あまり「印象に残る」という感じではなかった。

% Complete
100% Complete
3
18 | 2020-06-25 17:23:01
よかった!

抜群の歌唱力があってビジュアル的にも悪くないし面白いんだけど、この人には初々しさがないと言うか、手垢のついた感じなのがイマイチ。そういう雰囲気が、プリンスなんて呼ばれてチヤホヤされていたという存在感にも合ってると言えなくもないけど。
当時の業界では歌唱力があればフレッシュさなんて求められなかったのかもしれないけど、今からデビューを目指す新人にしては、ふてぶてしい感じがするかな。

% Complete
100% Complete
2
17 | 匿名 | 2020-06-25 17:10:02
よかった!

「スター佐藤久志」って本当に輝いていますね。
やっぱり、山崎さんが本物のミュージカルスターですから当然ですが。
台詞1つ取っても感情がこもっているし、仕草も指の先まで全てを気にかけている感じです。
出来れば子供の時の「不思議ちゃん」っぷりをもっと出して欲しいです(笑)

% Complete
100% Complete
4
16 | 匿名 | 2020-06-24 19:55:02
よかった!

なんと言っても『歌』に聞きほれてしまいます。
舞台の人だからか、演技も上手くって華がありますね。イケメンですし(笑)
しかも感情がセリフや声にこもっていて引き込まれます。
今まで山崎育三郎さんのドラマを見た事は無かったですが、格好いいです。

% Complete
100% Complete
3
15 | 2020-06-23 16:06:01
よかった!

子供の頃から面白くてチャーミング、学校でも大人気ヒーローだったヒサシ君が、社会人になってから無聊をかこってるとは、人生面白いねって感じ。でもギター一本の伴奏でも、さすがの歌声ですね。あとは妙なプライドやこだわりさえ捨ててしまえば、テツオ達とともに音楽業界で大ブレイクしそうな予感。

% Complete
100% Complete
4
14 | まるまるにく丸 | 2020-06-19 03:06:01
よかった!

ふさわしいキャスティング。幼少期のエピソードも笑えるし、それを想像させる現在久志の言動・行動。さすがミュージカル界のプリンス。また、祐一や音が困ったときにさらりと現れ、さらりと姿を消す身の軽さには、脚本であると言えど、うまくそこに乗せているなと感服。

% Complete
100% Complete
4
13 | 2020-06-04 17:31:02
よかった!

プリンスってことで音楽学校でも女子学生に憧れられ、レコーディングスタジオでも壁ドンもどきで松子さんをドキドキさせてましたけど、ヒサシ君自身は好きな女性はいないのでしょうかね?
オペラの練習で音を抱き寄せてても、役柄とはいえ照れてる様子も皆無。年齢的には少しくらい恥ずかしがってもいい年頃のはずなのに。

% Complete
100% Complete
4
12 | 2020-05-29 01:16:01
イマイチ...

イケメンだし、歌も上手いし、演技も上手だと思うが、個人的に役のキャラが気に入らない。だいたいがキザな奴は嫌いである。それだけで嫌になってしまう。しかし、突然現れて、突然消えてしまうところは面白いと思う。

% Complete
100% Complete
1
11 | SISI | 2020-05-23 03:47:02
よかった!

少女漫画のヒーローか乙ゲーの攻略対象みたいな理想的な容姿!を活かしての、今回の妖精のような役があまりにハマっていて、ちょっとクセはあるけど、とってもいい人というのが素だとしか思えなくなってしまった。今までどんな生活をしてきたら、あんなふうに嫌みのないイケメンを演じる(?)ことができるんだろう。いや、絶対あれば演じてないな、天然の妖精キャラなんだと思う。

% Complete
100% Complete
6
10 | 匿名 | 2020-05-20 21:26:02
よかった!

女学生や女性の先生にモテモテで素敵な佐藤久志を山崎さんが嫌味なく演じてますね~。
こんな人が同じ学校にいたら、まさに「プリンス」扱いです!
漫画から飛び出してきたようですね。
歌なんてじかに聞いてみたいです。うっとりしそう・・。

% Complete
100% Complete
5
9 | じろう | 2020-05-20 02:18:01
よかった!

華やかで王子様的な雰囲気が役柄にマッチしていて良いと思います。それにも増して、山崎育三郎さんの朗々とした美しい歌声がテレビから流れてくることで、朝からテンションが上向きになり一日頑張ろうという意欲がわいてきます。

% Complete
100% Complete
3
8 | 2020-05-19 23:26:01
よかった!

佐藤久志は大正ロマンスのまさに王子様的存在。オーラが凄いし学友にあんな人がいたら勉強が手につかないと思います。佐藤久志が歌うと画面に引き込まれて見てしまう。ドラマの雰囲気が一気に変わるので凄いなと思います。

% Complete
100% Complete
3
7 | 2020-05-19 15:10:02
よかった!

しっかりトレーニングされたよく響く歌声は、やっぱりプリンスと呼ばれるにふさわしい歌唱力だけど、そもそもヒサシ君はいつから音楽の道を目指しだしたのか気になるところ。
幼い頃は、そんな片りんも見せませんでしたよね。
祐一がいつまでたっても自分のことしか考えられない幼稚な人間であるのに対し、ヒサシ君は子供の頃よりもずっと親身に積極的に、祐一のことを気にかけてあげる懐の深い大人に育ってるのが感慨深い感じ。

% Complete
100% Complete
4
6 | まりぽよ | 2020-05-17 13:16:01
よかった!

彼が登場するといつもそこは、煌めいているんです。華があります!それは単に、私が好きな俳優さんだからキラキラして見えるってことではない。舞台で活躍するミュージカル界のプリンスは、ドラマでも光を放つのですよね。余裕が感じられる動きや声。存在、演技自体が包容力たっぷり。
「包容力俳優」さんです。
だから見ていて安心させてもらえます。だから山崎育三郎さんをさんいいなぁと思うようになったんです。
友人役、上司役、先輩役なにかいつも主人公を見守り、良いアドバイスをくれたり、できる男、いい男てす。自然です。
エールでも、そのままプリンスとして登場。窓に片膝立てて登場なんて…。スターですね!登場したとき、キラキラという効果音まで聞こえました。
エールは、音楽の世界だから、本領発揮ですね。”ホンモノ”が、エールをまた一層面白くしてくれています。

% Complete
100% Complete
3
5 | 2020-05-16 13:03:02
よかった!

ヒサシ君は、子供のころよりも人間臭さが増した感じ。人生経験を積んだ分、当然かもしれないけど。格好はつけてるけど案外、良い意味でおせっかいな感じだし。
クールな感じで、自分のことも祐一のことも上から俯瞰するように見て接していた、子供の頃のヒサシ君の方が、キャラクター的には興味深いし魅力的な感じがします。

% Complete
100% Complete
3
4 | 匿名 | 2020-05-14 21:55:01
よかった!

「謎の男」「プリンス」って雰囲気が本当にぴったりです!
歌も(もちろん)芝居もめちゃくちゃうまい!
しかも、裕一の幼馴染の「佐藤久志」くんだったんですね。
子供の頃の不思議な空気感をそのまま演じるあたり、さすがは山崎さんです。

% Complete
100% Complete
3
3 | 2020-05-14 20:06:02
よかった!

幼いころのヒサシ君の映像が出たことで、ヒサシ君は子供の頃のほうが見た目的にもキャラクター的にもユニークでチャーミングだったな、と思ってしまった。今のプリンスも悪くはないけど、その立ち居振る舞いは、どこかで何度も見たことがあるような印象。プリンスという人物そのものの魅力が何も伝わってこない感じ。

% Complete
100% Complete
2
2 | 2020-05-13 19:37:02
よかった!

プリンスとあだ名されたのはオペラの役柄のせいかと思ってたけど、そう呼ばれるうちに本人もその気になって、プリンスっぽく振る舞ってしまってるという典型みたいな存在。立ち居振る舞いや喋り方、すべてが仰々しく芝居がかかっていて、あか抜けなくて暑苦しい。

% Complete
100% Complete
2
1 | 匿名 | 2020-05-13 17:08:01
よかった!

「謎の男」「プリンス」って名前がぴったりです!
登場も、公園や学校の窓からで神出鬼没ですが、さすがはミュージカルスター、格好良く見えます。
もちろん歌も演技も完ぺきで、文句の付け所がありません。
今は学生役ですが、話が進むとどうなっていくのか楽しみですね。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『エール』の感想 291コメント

『エール』のキャスト一覧

山崎育三郎の関連レビュー