エール

2020年10月期 2020年7月期 2020年4月期
総合評価: 3.40 / 5.0 (回答者数290人) 456 位 / 551件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.7 /5.0(73.6%) 410/551件中
キャスト 3.8 /5.0(76.4%) 466/551件中
演出 3.6 /5.0(72.4%) 426/551件中
音楽 3.5 /5.0(70.8%) 389/551件中
感動 2.9 /5.0(58.8%) 400/551件中
笑い 2.6 /5.0(51.4%) 421/551件中
スリル・興奮 2.6 /5.0(52.4%) 480/550件中
292コメント
292 | | 2020-10-26 10:37:01

だんだん裕一さんが明るくなって優しく丸くなってこちらまで嬉しくなる。吟さん夫婦もやっと笑顔の会話が見えてほんとに嬉しい。あの夫婦のことを心配してた人は多かったと思うから吟ちゃんの笑顔が見れて良かった。ケンくん、養子にならないかなーと期待してたけど、智彦さんは友達と言った。いつも人を見下していたような智彦さんから友達って言葉が出てきた時びっくりしたけど、それも悪くなかったよね。あとは久さんかー。久さんにも明るい光が差しますように。

% Complete
100% Complete
2
291 | | 匿名 | 2020-10-23 13:47:01

「長崎の鐘」いい曲ですね。
永田先生が言っていた「どん底まで落ちろ」は、落ちたら『希望』が見える、だったんですね。
あの大きくって無傷な鐘が、みんなの希望の様に見えました。
裕一にも、長崎の人たちの思いが降ってきたんですね。
そして・・智彦が新しい職場に紹介されましたが、いきなり役職みたいで大丈夫なんでしょうか?
そして個人的にはケンが気になります。きっと戦争孤児だと思うんで。
あのままほおっておいて良いのかな、なんて思ってしまいました。

% Complete
100% Complete
2
290 | | 2020-10-23 08:28:02

なんて尊い15分だったのだろう。なんの信徒でもないし聖書も読んだことないけど、心が洗われるような時間だった。吉岡さん、ほんとにさすがだね。地獄を見て自分もなお蝕まれながらも力強く生きている。最高の表現者だ。いつも裕一の作った曲はできるまでのストーリーは見せるけど、全部流れたことがないのが残念。有名な曲なんだろうけど私の世代は誰も知らないだろう。そういう人たちのためにももっと流してくれたらいいのにと思う。

% Complete
100% Complete
2
289 | | 2020-10-22 11:16:02

やーなんて豪華な朝ドラ。藤堂先生が死んでしまったと思ったら今度は長崎の医師の役で吉岡さんが出てきたー!もうなんというキャスティング。如己堂を実際に見たことがあります。立派な先生なのにほんとに小さな小さなお部屋で自分も原爆症で亡くなられたんですよね。実際を目で見て肌で感じた人にしか分からない感情をすべて教えるのではなく感じ取って欲しいという願いはその行為こそが平和への道になると思う。簡単に言えるほど単純なことじゃないしね。平和なんて考えたこともないけど、人の痛みを慮ってズシンと来る内容だった。

% Complete
100% Complete
2
288 | | 匿名 | 2020-10-22 11:10:02

今度は「長崎の鐘」ですね。
戦争・空襲も辛いですが、原爆被害者の方の話はより厳しそうです。
永田先生の言った「どん底なで落ちろ」とはどういう意味なんでしょう?這い上がるため?それともあの世に逝った方が楽になるため?
「意味は自分で見つけてください」と言ってましたが、裕一は見つけられるんでしょうか?
個人的にはケンが気になります。智彦がケンのお陰で段々と顔が柔らかくなってきましたね。
軍人だったプライドも捨てて、生きていくために頑張って欲しいです。

% Complete
100% Complete
2
287 | | 匿名 | 2020-10-21 11:31:01

裕一がやっと元の裕一に戻って良かったです。
音が言った「もうあなたはあなたを許していい!」が効きましたねぇ。
ラジオドラマが、その後の連続テレビ小説(朝ドラ)につながるとは知らなかったです。
産みの苦しみの中、やっと完成した曲が明るい曲調でいい歌だなと思いました。
やっぱり「誰かの為に(今回は子供たちの為に)」作る事って、裕一にも、聞く側にも力になるんだと感じました。
智彦がまさかのラーメン屋で働くとは予想外でしたねぇ~
ケンがチラチラと出てきますが、今後に何か関係ある子なんでしょうか

% Complete
100% Complete
2
286 | | 匿名 | 2020-10-20 14:51:01

ミュージックティーチャー!!まさかの占い師になって登場するなんて嬉しいです!
音楽の先生→歌手(の卵)→占い師と、御手洗先生ってお忙しですねぇ(笑)
しかも今回、華が「行ってきます」と玄関を出る時は小学生だったのに、「ただいま」と帰ってきたときは中学生になっていた演出!
わずか10秒で1年半経っていることが分かるのが素晴らしい!
吟が元のお姉さんに戻ったようで良かったですが、裕一はまだ戦時中を引きずってますね。
池田さんのラジオドラマが、裕一の背中を押すと良いのですが・・。

% Complete
100% Complete
2
285 | | 2020-10-20 14:10:01

最初はどうもゆるゆるな感じと二階堂さんの押しが強くてなんだかなーと思ってきたけど今じゃ最近の朝ドラでは1番好きってくらいハマってます。それぞれの人物と戦争との距離感が絶妙で、みんなが違って信念があってほんとに素晴らしい。兵隊さんだった旦那さん無事だったんだね。私もあの頃の人間なら突然赤紙で引っ張られて帰ってこない人がいる中で、五体満足で酒なんか飲んでる元軍人を見たら石でも投げたくなっちゃうかもしれない。一筋縄ではいかない戦後も見どころいっぱいだね。

% Complete
100% Complete
2
284 | | 匿名 | 2020-10-19 10:06:01

今朝は月曜日ですが、オープニングが流れなかったのは意外でした。
戦争が終わっても、裕一はまだ心が切り替えられないままですねぇ・・仕方がない事ですが。
岩城の最後の言葉は、もしかしたら光子にだけしか聞こえなかったのかも、と思いました。
亡くなってしまって本当に残念です。岩城~!(涙)
そんな中、革製品で「グローブ」を思いつくとは、五郎ちゃんがいてくれて良かったですね。
吟の方は、あれだけ旦那が戦時中に厳格な雰囲気で生活していたので、崩れたら危なそうです。

% Complete
100% Complete
2
283 | | 2020-10-19 09:47:01

ここ最近のエールはながら見ではもったいないくらい中身が詰まっていて面白い。岩城さん、最後まで関内家を守って死んでしまったね。今頃あの世できっと関内のお父さんとおいしいお酒でも飲んでるんだろうな。ほんとにお疲れ様でした。五郎ちゃんはまた裕一からヒントをもらって新しいことを始める気だね。まだ戦争が終わってたったの3ヶ月。前に進めない人がいて当然。また今まで正義を振りかざしてきた人達が疎まれるのも仕方ない。いろんな人のいろんな生き方が見られるのがいい。

% Complete
100% Complete
2
282 | | 2020-10-19 04:55:01

18週は、戦場が生々しく描かれました。正直、こんなに激しい銃撃戦を朝ドラで見ることになるって想像してなかったので、ぐっと息を飲んでみました。衝撃的。見たくない光景ではあったけど、こういうシーンを見れたことは心に刻みたいって思えた…。数週に渡り戦争の時代をじわじわと描かれてきて、ラングーン、ビルマに来てからは裕一の内面がすごく描かれて、もー窪田正孝の演技が素晴らしかったです。内から溢れてくる感情の表現が私はすごく胸に刺さりました。中でも、裕一が戦場に向かう決意をした回。良心の呵責を覚えていませんか?自分の音楽がトゲになっていませんか?戦場に意味を求めても意味はありません。と言われて、お影様で腹が決まりました… というあの場面のお芝居はすごいと思いました。どうしようもなく、イライラしたりもどかしかったりするとき、子供がだだをこねるかのように。じぶんでも訳のわからないような感じになることがあるのですが、まさに、それを裕一がしていました。葛藤やもどかしさ、戦争に対して怖い気持ち、でも戦争に向かっていく若者たちを駆り立てた自分の責任、良心の呵責など、窪田正孝は本当にすごい俳優さんだなと思いました。

% Complete
100% Complete
2
281 | | 2020-10-17 22:58:02

やっと重苦しい1週間が終わりました。裕一を打ちのめした1週間、私たちも打ちのめされました。ちょうど今週だけ時間の合った高校生の息子が身支度をしながら15分圧倒されながら見ていました。普段戦争関連の番組は意識しないと見ないのでとってもいい勉強になったと思います。史実としての戦争より、よりリアルに自分が体感できると思うほど衝撃的でした。三日間タイトルバックが消え、より一層裕一の心の穴が見えました。とってもいい演出でした。

% Complete
100% Complete
2
280 | | 2020-10-16 13:55:02

なんて悲しい週なんだ。もう何にも浮かばなくなってしまった裕一の無音と、祈りや自分を鎮めるために歌う光子さん。ミュージカルを観ているような錯覚を起こすほど素晴らしかった。無音だった小山家に響いた華ちゃんの慟哭が胸に刺さる。一人息子を亡くしたトキコさんの悲しみ、きっかけを作った裕一を責めるわけでもないのがより苦しい。今日は出てこなかったけど、姉の吟さんの家も気になる。今までの価値観が全て崩れ去ったそれぞれの戦後。来週が気になる。

% Complete
100% Complete
2
279 | | 匿名 | 2020-10-16 11:31:02

梅と岩城が生きていたのが本当に良かったです!
光子ががれきの山の中で歌っていた場面、声が澄んでいて心に沁みてきましたね。
切なくてやるせなくって・・歌にすがっている感じが素晴らしかったです。
今までの関内家の回想シーンが出てきて、あのころ普通に生活していたのが『幸せ』だったんだ、と思わせられました。
そして戦争が終わってから、本格的に裕一に罪悪感が覆いかぶさってきた感じがしました。
特に、身近にいた弘哉君が亡くなったのを聞いたのは大きかったと思います。
裕一がとても小さく見えました。

% Complete
100% Complete
2
278 | | 2020-10-15 13:47:01

昨日今日と朝ドラにはすごく重たい回でした。今日なんて終わってからしばし動けないほど動揺してしまった。梅ちゃんを守りたいと誰より思ってるはずの五郎がいない夜に起こった悲劇。五郎は今どこで何を思っているんだろう。梅ちゃんも岩城さんもとても助かったとは思えない。なんて酷いんだ。だけど‥、これが戦争なんだよね。藤堂先生の遺書。素敵だった。息子をよろしくとか立派に育ててとかじゃなくてただ君が好きだ、もう一度会いたいって。なんて素敵なんだ。妻に最高のラブレターを残して逝ってしまった。もう一度会いたい‥。それが叶う毎日が愛おしい。

% Complete
100% Complete
2
277 | | 匿名 | 2020-10-15 11:06:01

ビルマであれだけの思いをしてきた裕一が、作曲が出来るのが本当に不思議でした。
心が死んでいるというか、空っぽの状態で、感情がマヒしていそうです。
鉄男が藤堂先生や戦争の無念さを語っても、だた曲を作るだけの裕一はまるで人形の様でした。
豊橋に空襲があったのを今まで知らなかったので、関内家が巻き込まれて衝撃を受けました。
しかも五郎はこんな時に特高で拷問を受けていて離れ離れだし。
梅や岩城さん、そして五郎は大丈夫なんでしょうか?

% Complete
100% Complete
2
276 | | 匿名 | 2020-10-14 22:03:01

15分間、こんな感じになるとは想像もつかなかったです。
オープニングが流れないので嫌な予感はしましたが・・今ショックでいっぱいです。
慰問会の前日、裕一を囲んでみんなで語っている時に「死ぬのが怖くなりました」って兵士の人が言ってました。
それを聞いて、ここのところ『エール』を見ながら思っている『普通の人が戦争の為に兵士になる』がより強く感じました。
藤堂が撃たれた時に、思わず駆け寄って引っ張っていく裕一。唯一生き残った兵士に「知らなかった。ごめんなさい」と繰り返す裕一。
帰り道の背中に衝撃と後悔が漂っていたと思います。

% Complete
100% Complete
2
275 | | 2020-10-14 21:21:01

今日のエールはすごかった。窪田正孝さんの演技が圧巻。ほんとに戦場にいるようなこっちも動悸が止まらなくなった。先生死んじゃったねー。音楽に導いてくれた恩師、その道に進んで戦意高揚の曲を作っている裕一。目で見るまでは体感できないこと想像できないことってあるよね。最後に知らなくていいこともあるんですよって言葉に救われた。戦後多くの体験者が口をつぐむのもこのせいだろう。とても家族には知られたくない恐ろしい現場だったんだろうな。再現度の高さにびっくりした。

% Complete
100% Complete
2
274 | | 匿名 | 2020-10-13 11:33:01

「戦場に意味はない」「自分の行いが正しいと確かめに行くのならおやめなさい」という中井さんの言葉がきつかったです。
裕一の音楽で兵士を志願したり、実際に励まされている人たちが沢山いると思うんです。
裕一からしてみれば、最前線に行って藤堂先生に会いたいし、自分の音楽で頑張っている兵士を励ましたいのかな・・。
でもかなり意固地になっているようにも見えました。
先生に会った時に、楽器が出来る人が何人かいましたが、元々はみんな『普通の市民』が『兵士』になったんだと気づかされました。

% Complete
100% Complete
2
273 | | 匿名 | 2020-10-12 21:37:01

画面が暗くて、戦争中の閉塞感や陰湿な感じがよくでていたと思いました。
裕一は周りから言われているように「お国の為に働いている人」なので、戦場の最前線には行かされないとは思いますが。
でも、ずっと1人で待っていたり、いつまでたっても呼ばれないのって辛いですね。
しかも最前線にはあの藤堂先生がいる、との事で状況がかなり気になりました。
五郎は五郎でやっぱり悩んでいるんですね。仕事とはいえ、こちらも辛そうです。
音と華は福島に見舞いがてら疎開していたんですね。ちょっと安心しました。

% Complete
100% Complete
2
272 | | 2020-10-10 11:51:02

戦争の時代は日本の歴史の上では避けて通れないもの。この時代を描くと朝から暗いのは見たくないとかいう人もいるけど、私は興味がある。あの時代どんなふうに生活していたのかどんな考えをもっていたのか人の苦難の時代を丁寧に描いているエールは面白い。誰だって急に人を殺すなんてできない。いろんなお膳立てがあって乗せられてその気になってしまうんだろう。純粋なひろやくんがそのいい例。そんな子をたくさん作ってしまった大人の責任は重いよね。

% Complete
100% Complete
2
271 | | はらぺこあおむし | 2020-10-10 11:16:02

五郎や鉄男にヨカレンなどの、戦争を促すような曲を作る事を反対されますが…実際難しいですよね、それが仕事でやらなければ食べていけないわけですし。なにより、戦地に赴く事を免除されたので引け目を感じているわけですから、せめて曲で応援したいという気持ちは理解出来ます。私だったとしても自分だけ免除されたら裕一と同じように悩むと思います。ただ、弘哉のように歌を聴いて自分も!と奮い立ってしまう若者も数多くいたのでしょうから複雑ですよね~。それだけ良い曲だという証ですが。出来れば明るく平和な曲を作りたいものですよね。

% Complete
100% Complete
2
270 | | 2020-10-09 15:03:01

「いのちをむだというな」。第84話、五郎に向けた裕一の表情と初めて聞くこととなった声を荒げる裕一の迫力シーンが忘れられないまま、裕一は音楽を片手に戦地へ向かいました。いのちをかけて戦う尊い人たちを現地で応援したいのだという裕一の気持ち、優しさ、使命感。なにか自分にも出きないのかという気持ちになる心情はわかります。裕一らしいです。いろいろな思いや感情があっただろうと思います。笑いはもうなかったですね。窪田正孝の真剣な眼差しとお芝居ににずっと釘付けでした。

% Complete
100% Complete
2
269 | | 匿名 | 2020-10-09 10:04:01

鉄男に戦場は危ないと言われても、慰問に行こうとする裕一が『意固地になっている』ように思いました。
自分もお国の為に働かなくては、との気持ちが強かったのでしょうか。
まさが具合が悪いと連絡が来ましたが、もしかしたら軍の方が「大したことはない」と嘘をついていないかと心配になりましたね。
とにかく裕一を連れて行って、兵士たちを鼓舞して欲しいとの思いが日本軍にはあるのでは、と感じてしまいました。
保のいう「早く戦争が終わって、美味しい珈琲を入れたい」って言葉が染みました。

% Complete
100% Complete
2
268 | | 2020-10-09 09:55:01

戦意高揚のための曲で売れっ子になるとは、祐一自身も痛し痒しといった感じかな。音は口には出さないけど、祐一がその種の曲を書いて多忙にしていることは決して喜んでないみたい。一刻も早く戦争が終わってほしいと願ってたら、戦争を煽るような曲を書いてる祐一には、賛同できないでしょうね。
祐一自身の考えもあっただろうし、国から要請されたら断れない状況だったとはいえ、命がけで戦ってる人たちを祐一みたいな作曲家が慰問することって、本当に慰めや励ましになるのかな?あの時代のことは、あの時に生きて実際に体験した人にしか分からないことだけど。

% Complete
100% Complete
2
267 | | 2020-10-08 20:07:01

裕一が、“予科練”の若者たちと共に過ごし、彼らに向けた曲を作る話は、うるっと涙が出ました。画面を見てるだけで、何か響くものがありました。窪田正孝演じる裕一が、本当に好きです。裕一の良さに慣れて、普通に思えてくるということはなく、常に裕一の温かさが新鮮に見えます!戦争の時代に入ってきたからでしょうか、裕一の人間味、優しさ、人に寄り添う姿により胸を打たれるし、笑顔や時折見せる面白い演技がこれまた大好きです。うわさされて出たクシャミとか、予科練での寝床でひっくり返るとこ、雑巾掛けのシーンなど、お気に入りでした。また三隅という男も最高でした!演じる正名僕蔵がさすがの名演技!芸達者な役者さんで、裕一と三隅の組み合わせがとてもよかったですね!面白かったです。

% Complete
100% Complete
2
266 | | 2020-10-08 11:10:01

徐々に息苦しい時代が来ましたね。いろんな考え方の人がいるのがリアルだなと。情報統制されている中で戦場もまだ遠いから国のために戦うなんて綺麗事が言えるんだ。人に頑張れとかやれとか言うのって簡単で自分は痛くも痒くもないならどうにでもなるもんね。五郎さんも裕一さんもそれぞれの正義を持っているから仲直りできなかったんだね。その裕一さんも可愛がってきたひろやくんが裕一さんのその曲に励まされて兵隊になる。なんという皮肉。裕一さん眠れない夜が続きそうだね。

% Complete
100% Complete
2
265 | | 2020-10-08 09:23:01

祐一は戦争で戦う士気を上げるための曲で売れっ子になるとは、喜んでいいのか悪いのかって感じですね。まあ当時は、英雄扱いだったかもしれないけど。
五郎さんが作った曲を編曲して結婚祝いにするなんて、祐一も粋なことをするなと感心。だけど、自分が戦地にいけない情けなさを戦争機運を煽る曲作りにぶつけて、それを嗜めた五郎さんにキレるとは、それこそ情けない人。心の深い所では自分でも、五郎さんに指摘されたとおりの事を感じてたから、後ろめたさで大声だしちゃったのかな。
キリスト教に入信した五郎さんが穏やかになったとしたら、やっぱり信仰を持ってる人は強いってことですね。

% Complete
100% Complete
2
264 | | 匿名 | 2020-10-08 09:16:02

うわぁ~五郎ちゃん!裕一にそれは言っちゃいけないでしょ。
裕一にしてみれば、本当に「戦争にいく若者の背中を押してあげたい」と、「自分にはこれしかできない」って思いがあると思うんです。
あと、もしかしたら心の奥底には五郎と同じ「戦争は良くない」って思いもあって、そこを突かれたのかもしれないですね。
子供たちに敬礼されて、裕一自体、本心が分からなくなっていそうです。
軍から依頼された「慰問」、召集免除された裕一なら絶対に行きそうな気がします。

% Complete
100% Complete
2
263 | | 匿名 | 2020-10-07 13:16:01

『生みの苦しみ』というか、自分が納得できる曲が作れなかった裕一ですが、訓練生の言葉を聞いて急に筆が進むのがさすがだなと思いました。
でも2曲を比べて、教官と訓練生が選ぶ曲が全く違うのが皮肉ですね。
この時代は、兵士の背中を押すような『戦意を高めて鼓舞させる』曲が必要だったのかなと。
訓練生の言葉が切なくって、なんのための戦争なんだろうとつい思ってしまいました。
きっと裕一も、今まではニュース歌謡など「国の為に出来る事を」と言ってましたが、実際に訓練生を見て複雑な気持ちになったのでは?

% Complete
100% Complete
2
262 | | ねこみみ | 2020-10-07 12:31:06

予科練という言葉は聞いたことがありましたが、具体的どういうものなのか、このドラマを通して初めて知りました。辛い思いで予科練に入り、きつい練習をしているものと想像していましたが、本人たちには誇りがあり、仲間と過ごす楽しい時間もあったんだと思うと少し印象が変わりました。裕一と話した少年の言葉は私の心にも重く響きました。また、当時は歌の力が励みになっていたということに、音楽の確かな力を感じましたが、やはり純粋に音楽を楽しめない時代を悲しくも思いました。

% Complete
100% Complete
2
261 | | MONO | 2020-10-06 11:41:02

梅と五郎ちゃんがついにキスをしたシーン!に、キュンキュンしてしまいした。二人はとても純粋で、素直にお互いを思い合っていて、流れている空気がいつも穏やかです。なので、見ていていつも微笑ましく、応援したくなる存在で、戦争の影響で自由がなくなっている中でも、明るい気持ちにさせてくれます。キスした後に嬉し泣きをしている五郎ちゃんが可愛かったですし、それを目撃してしまった母・光子の驚きつつも嬉しそうにコソコソと見ている姿には笑ってしまった。

% Complete
100% Complete
2
260 | | 2020-10-06 11:28:01

裕一にとって戦争はラジオや新聞の中で起こっているニュースでしかなかったのに、自分に招集令状が来てやっと現実味が出てきたんだろう。今敵の前にいる人、これから戦いに行く人に想いを馳せた曲調はどう変わるのかもっと具体的に知れたらいいんだけどな。五郎ちゃんと梅ちゃんのシーンはいつも心がポカポカする。キスされて泣いちゃう五郎ちゃんにキュンとした。それにしてもここんちのお母さん、娘のキスシーン見ちゃう率高くない?って変なところで笑ってしまった。

% Complete
100% Complete
2
259 | | 匿名 | 2020-10-06 10:58:02

この時代のキリスト教信者たちは大変だったんだな、と見ていて思いました。
集まっていて大丈夫なのかと心配です。
裕一は「ニュース歌謡」や「戦時歌謡」を次から次へと作曲していましたが、今回の曲は中々出来ないみたいですね~
わざわざ「海軍航空隊」の予科練習を見に行きたいというのは、やっぱり1度召集令状を受けたから身だからかな、と。
三隅が裕一に色々言われて「はい」と返事しながらも裏で地団駄踏んでいるシーンが面白かったですね。

% Complete
100% Complete
2
258 | | ももねこ | 2020-10-05 11:33:01

戦争の影響が小山家にも直接的にやってきて、見ている私も恐怖を感じ、暗い気持ちになりましたが、五郎ちゃんが裕一のアドバイスを活かして、音楽を感じながら試験を受けたシーンには癒されました。五郎ちゃんの出るシーンは必ず笑いがあるのでほっとしますし、梅の嬉しそうな顔も可愛かったです。戦争の影響で苦しい思いを抱くことがあっても、変わらずに人々は日々をたくましく生きていたんだなと、想像でき勇気づけられました。

% Complete
100% Complete
2
257 | | ふなな | 2020-10-05 11:16:01

音楽ということを通して、戦争に立ち向かう軍人向けに曲を作る裕一を非難する鉄男に対し、それを理解しながらも、作らなければならない裕一の心の葛藤がなんだか辛く感じますね。一方で、音も、合唱隊に参加することで、人々の心の安らぎを与えたいとする気持ちを、非国民と言われてしまうその現状。音のモヤモヤした気持ちがわかるような気がします。音楽が、違う方向で使われてしまうというやりきれなさが、裕一、音それぞれから、とても深く伝わってきます。また、音の実家も、信仰に対しての監視に明るく対応する母光子のたくましさが良いです。でも、姉吟の軍人の妻であるなど様々な立場に、切なさを感じます。音にきつく当たるのも、逆に音だから、甘えているのかもしれないと思いました。そして、戦争シーンが、無くても、喫茶バンブーも、名前を変えたり、休業したりというのは。戦争が近づいているということが表されていますね。

% Complete
100% Complete
2
256 | | 匿名 | 2020-10-05 11:03:01

やっぱり裕一は召集免除になりましたね~ほんと、良かったです!
あれだけ国の為に貢献しているのに、戦場に行かせるなんて・・と思っていたので一安心です。
音が相談しに行った時の、吟の塩対応が悲しかったなぁ~同じ姉妹でも、泣いている音に慰めの言葉もかけないなんて。
唯一の癒しは、五郎がやっと試験に合格したことですね!
っていうか、梅を7年も待たせてたの!?梅もよく他の男に行かなかったな、と。
いつの間にそんなに時が経っていた設定で驚きました。

% Complete
100% Complete
2
255 | | 2020-10-04 19:04:01

戦争の時代を丁寧に書いているよね。軍人の妻、音楽家の妻、小説家の妹。それぞれの立場からの戦争がよく描かれている。いつかサラリーマン風の男性が戦争やるなら勝ってもらわなきゃって言っているのを聞いて怖かった。勝つって言ってもそこには誰かの血が流れている。そこには考えが至っていないんだよね。これから現実を知らない裕一もほんとの現場を知ることになる。繊細な裕一だから心配だな。ところで裕一以外弟も友達もいつまで1人もんなの?そろそろ奥さんも子供も登場していいと思うんだけど。変なの。

% Complete
100% Complete
1
254 | | 2020-10-02 12:28:01

戦争中のピリピリ感がよく表れてますね。音楽は軍事品かー。そうねー軍隊に長くいればそういう考えもあるかもしれないけど、自由の象徴でもあるしね。戦果を伝えるニュースの音楽やってる裕一さんはどっぷり軍事品に浸かっちゃって大丈夫かしら?戦後ひっくり返らないといいけどね。召集令状の日付がまだ昭和18年で気になった。終戦まであと2年もあるじゃん。終わりを知ってる私たちでさえ息苦しさを感じるのにこの当時の人はほんとに強いね。感心するわ。

% Complete
100% Complete
1
253 | | 2020-10-02 11:47:01

木枯さんが小指立てて「コレ」って言ってましたけど、あの時代でもやってたんですね。彼もデビュー早々から長い間、飛ぶ鳥を落とす勢いの売れっ子作曲家だったのに、ほんの少しでも世の中の流れとズレ始めると、一気に落ちぶれた感じですね。
祐一は良くも悪くも単純で、裏を読むとかしない人ですね。人の言葉や報道をそのまま鵜呑みにできるとは、ものすごく幸せな性格かも。それに、ある意味妙な自分の信念など持たないで、求められるままどんな曲作りにも応じる姿勢は、流行り歌の作曲家としては見習うべき態度のような気がする。
違う考えを持つ人は要らないという世の中はイヤだという、音の意見には大いに賛成。戦時中に関わらず、いつの世の中にも共通する、大事な考え方だと思いました。

% Complete
100% Complete
2
252 | | 匿名 | 2020-10-02 10:21:02

まさか、裕一にまで召集令状が届いたことにショックでした。
藤堂先生が出征する時に、どうして若い人が選ばれないんだろうとは思っていたんです。
ただ、裕一は『戦意を向上させる歌』を作っているから免除されてるのかと勝手に解釈してました。
あ、もしかしたら兵士じゃなくって音楽の指揮としてもあるかもしれないですね。
音が『音楽挺身隊』をクビになったり、『バンブー(竹)』が一時的でも閉店したりとどんどん時代が変化していって切ないです。
唯一、久々に木枯が出たのが嬉しかったですね。

% Complete
100% Complete
2
251 | | 2020-10-02 10:18:02

第78話。梅&五郎ちゃんがまた登場して嬉しかったです。五郎が裕一を頼って豊橋から出てきた一幕だけで、見応え十分。梅&五郎カップルは見ててかわいく、ほっこりです!五郎を演じるハナコ岡部がいいんですよね。顔面の演技いいです。特に梅がきたときの顔が最高でした!ハナコの演技で五郎の人間味のある温かさ、頼りなさ、頼りないくせに感じる包容力みたいなものが伝わる伝わる!それから相談シーンは、主人公の裕一は背中だけで表情がわからない演出でした。五郎の演技を集中して見れますね!でもあたしは知ってしまいました!このシーンは、実は窪田正孝演じる裕一の五郎への返しのセリフと言い方がとてもいい!五郎に優しくつっこみながら話を聞いてる裕一が、大好きです。くすっと笑って何回も見ました。間とか、テンポとか巧みだなぁ。

% Complete
100% Complete
2
250 | | 2020-10-01 11:35:02

小山田先生!!まだ出演シーン残ってたんだね!!ちょい役だったから結構先まで撮ってたのかな?またお会いできて嬉しかったです。この頃いろんな芸能の人が慰問に行ったって言われてるよね。先日亡くなった内海桂子師匠も行ったって。それを戦争に加担したって後々まで悔やんでた。乗せられて行った人まで良心を病んでしまうって戦争はそれほどむごいことだってことだよね。音ちゃんも笑顔がなくならないように、早く戦争なんて終わってしまえばいいのにね。

% Complete
100% Complete
2
249 | | 匿名 | 2020-10-01 09:10:01

『音楽挺身隊』の歌が「戦意を高めるための歌」なんですね。
てっきり同様とか癒しの歌かと思ってましたが(それじゃ慰問ですね)。
歌うのが好きな音ですが、曲は大丈夫なのかな?とは思いました。
梅もせっかくの小説がしばらく書けなくなりましたね。こうやってどんどん『不自由』な世の中になっていくのが怖いな、と。
まるで、みんなが吟のように『仮面』をかぶって、日本軍の言われるがままに感情を感じないように生きていくみたいだと思いました。

% Complete
100% Complete
2
248 | | 匿名 | 2020-09-30 12:07:01

うわぁ~せっかく久々に3姉妹があつまったのに、吟がこんなに「お国の為に」を強調するなんて・・引きました。
五郎ちゃんみたいに本番で緊張から失敗する人って結構いますよね(笑)でも梅の五郎を見る目に愛を感じます。
日本軍からの監視があっても、梅の文章を書くスタンスが変わらないのが良いですね。
音もやっぱり本当は歌いたいんでしょうね。梅から刺激を受けたと思いました。
ただ『音楽挺身隊』って、戦意を高めるための歌しか歌えないんじゃないかと思います。

% Complete
100% Complete
2
247 | | 2020-09-30 12:06:01

梅ちゃんかわいい!!五郎さんのことあれからだいぶ経ったけど大好きで仕方ないんだね。ほっぺにチューより進んでないのかしら。あの2人は癒されるわー。それにしても今日の吟さん音さん梅さんの会話。ほんとに興味深かった。あの頃のそれぞれの立場のそれぞれの言い分が正しくて誰も間違ってないから難しい。それにしても吟さん、お国のための軍人さんだけど随分国内にいたね。変じゃない??婦人会って欠席するとみんなに知れちゃうの??怖い世の中だね。

% Complete
100% Complete
2
246 | | はらぺこあおむし | 2020-09-30 09:51:01

五郎が家を飛び出して来たというから、てっきりもう馬具職人が嫌になったのかと思いました。でも話を聞いたら、なんだそんな事か…という感じでした。ちゃんとした物を作れているのだから、なにも岩城さんもテストする必要ないんじゃないですかね~。吟は軍人と結婚して、昔音とケンカを繰り返していた時とは雰囲気がすっかり変わってしまいましたね。お国の為…と真面目に頑張っている自分に比べ、自由に生きている音や梅が羨ましいのでしょう。加えて夫とも楽しくやっているとは言えないし子供もいないので不憫ですよね。梅は終始行動を監視されていると言っていたので、次回大切な原稿を奪われてしまわないか心配です。

% Complete
100% Complete
2
245 | | 匿名 | 2020-09-29 11:16:01

戦争の色が濃くなって、いつの間にか女性たちがモンペを履いてるな、と思いました。
吟が『国防婦人会』に音を熱心に誘うのも怖いですが、すごく熱い班長がいる事にも「この時代ならではかも」だと思いました。
(吟や婦人会からしてみたら、音って非国民なんでしょうかね?)
喫茶『竹(バンブーじゃなくなりましたね)』での里芋のデザートや、裕一が弘哉くんを華に近づけない様にするシーンが笑えましたね。
戦時中の中でも、普通の生活があるんだな、と思わせてくれる場面でした。

% Complete
100% Complete
2
244 | | 2020-09-29 11:07:01

久志~、最高!久志にはどハマりしています。愛しいキャラクターすぎて、もう素晴らしいとしか言えません。今週は、戦争に突入していき、タイトルは不協和音、宣伝で見た久志の出征姿。胸がざわざわ、心して見なくては…と先週から身構えていましたが、第15週の第一話の今日が、こんな可笑しくて面白いものになるとは。出征前の一幕がこんな明るくてよいのか悪いのか、わたしは大好きでした!まさかシリアスと思われるとこで、久志が、見事なまでに豪快にずっこけるとは思わないですから。これ本気のこけなんでは?と思ってます!NGにならずに放送されたような感じでした。ミラクルです。こけて笑わされ、出征の送り出しが久志リサイタルになっていて笑わされ、真面目な表情の演技にはうるっとして、そして最後にはまた笑わされる。すごいですね!私はそんなエールが大好きです。みんなが温かい!あと、はなちゃん、演じる子役が変わりました!次の演じる子役もステキな子になっていました。

% Complete
100% Complete
2
243 | | 2020-09-29 11:04:02

音は婦人会の活動には消極的ですね。また、気がすすまないとか興味がないというのが、あからさまに顔に出ていて、この人はなんだかいくつになっても大人げない印象。それに、いくら気を許せる場所や相手とはいえ、バンブーであれこれ愚痴るのは、わきが甘いというかあまり賢くない感じ。姉妹なのに、ちゃんと世間の常識に見合った言動ができる吟とは、ここまで性格も違うのかと改めて驚きます。でも、庭で野菜を作ろうと思い立ったら即行動に移すところは、若いころから変わらないこの人の長所かな。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『エール』のキャスト一覧

2020年10月期

日曜日 一億円のさようなら
魔進戦隊キラメイジャー
麒麟がくる
アンという名の少女
極主夫道
危険なビーナス
仮面ライダーセイバー
月曜日 ハルとアオのお弁当箱
時をかけるバンド
あの子が生まれる・・・
マイラブ・マイベイカー
SUITS/スーツ2
火曜日 DIVER -特殊潜入班-
この恋あたためますか
荒ぶる季節の乙女どもよ。
おカネの切れ目が恋のはじまり
水曜日 刑事コロンボ
#リモラブ ~普通の恋は邪道~
メンズ校
だから私はメイクする
ざんねんないきもの事典
相棒 season19
木曜日 ルパンの娘 第2シリーズ
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
七人の秘書
俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち~
金曜日 あのコの夢を見たんです。
ファインド・ミー ~パリでタイムトラベル~
キワドい2人-K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木
歴史迷宮からの脱出~リアル脱出ゲームXテレビ東京~
24 JAPAN
恋する母たち
タリオ 復讐代行の2人
土曜日 天使にリクエストを~人生最後の願い~
名建築で昼食を
さくらの親子丼 3
名探偵ポワロ
恐怖新聞
マリーミー!
彼女が成仏できない理由
どんぶり委員長
35歳の少女
月~土 エール