おちょやん

2021年4月期 2021年1月期 2020年10月期
総合評価: 3.75 / 5.0 (回答者数163人) 356 位 / 601件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.9 /5.0(78.6%) 312/601件中
キャスト 4.2 /5.0(83%) 346/601件中
演出 3.9 /5.0(77.6%) 312/601件中
音楽 3.6 /5.0(72.2%) 372/601件中
感動 3.4 /5.0(68.6%) 236/601件中
笑い 3.0 /5.0(60.6%) 337/601件中
スリル・興奮 3.5 /5.0(70.2%) 242/600件中
165コメント
9 | | おとは | 2020-12-04 09:18:01

ヒロインの千代は明らかにキャスティングミスとしか思えませんでした。貧しい暮らしを強いられている家の子供があんなに丸々と肥えているわけがありません。顔なんかはち切れんばかりで、いったいどうしたのと聞きたくなるくらいでした。腕もむちむちしていて、世界中の貧困層の人に謝ってほしいと思いました。おまけに生意気で品の欠片もないし観ていて不快になるばかりでした。可愛らしいなんて言葉がこの子に似合うわけないでしょと失笑しました。三戸なつめの血を一滴たりとも受け継いでない顔のくせによくもまあ得意げになれたものだと呆れました。

% Complete
100% Complete
4
52 | | 2021-01-25 13:14:01

うわー、もうほんとにイヤ。あのお父さんの顔見ると吐き気がする。仕事で失敗したみたいに言ってるけど、借金のタネはそんなもんじゃないはず。呑む打つ買うなんでもやってきんだろう。そんでコジキみたいになったやつにいい仕事ができるはずない。子供を探す執念だけは残ってる。ほんとどうしようもない親で反吐が出る。千代ちゃんが3年かかってようやくつかんだ居場所をまたぶち壊しに来たんだろう。ただでさえ暗い世の中なのにこんなの見たくない。もうお父ちゃんどっかで死んでくれ。

% Complete
100% Complete
4
131 | | 2021-03-23 16:47:01

寛治くん、お父さん亡くなったばかりだというのに明るくて。何か無理してるみたいで大丈夫だろうか。変に気を使われるより、千代みたくあっけらかんと接してくる人の方が良いのかもしれないけど、お母ちゃんと呼んではちょっといくら何でも無理だなあと思った。高城百合子さん相変わらずだけれど、小暮さんと一緒になっててびっくり!何物にも染まらない感じだったから、小暮さんが尽くしているのかな?小暮さんの雰囲気がずいぶんと変わっていて、何かすれているというか。大山社長のところに警察来ていたけれど、何か警察に追われることしたのかな?この時代だから思想的なものかな?と思う。

% Complete
100% Complete
4
35 | | 匿名 | 2020-12-25 09:04:01

いやぁ~そう来たかぁ。
みんなで千代を逃がすために計画を立ててたんですね!まさに一発逆転って感じでした。
しかも『岡安』の人達だけじゃなく、乞食のみんなも千代の為に集まってくれて、人情を感じましたねぇ。
テルヲがチラッと映った時は大丈夫かな、と思いましたが、借金取りが帰っていったから良かったですよほんと。
ご寮さんの「また、辛くなったら帰っておいで」は胸にジーンと来ました。千代とみつえが抱き合う場面もまた良かったですな。
さてさて、船に乗った千代は行き先が決まってるんでしょうか?どこに行くのかな?

% Complete
100% Complete
3
61 | | 匿名 | 2021-02-02 09:58:01

う~ん、みんな千之助にこだわっていますが、そんなに面白い人なんでしょうか?
万太郎に嫉妬していて歪んでいる人にしか見えないんですが。
それよりも千代たちが一平の脚本を相談しあって、さらに天海一座のみんなを呼び戻した方が早い気がしますね。
とりあえず天晴さんが戻ってきたんで良かったです。
個人的にはカメラ目線のルリ子さんが良い仕事をしてくれそうですね(笑)
あと、気になったのは「岡安」はもしかしたら後数年で店じまいを考えているのでは?と思いました。

% Complete
100% Complete
3
56 | | 2021-01-29 09:47:01

今週お父ちゃんの登場にハラハラし、昔道頓堀をお父ちゃんのせいで追い出されたから今回も京都を追い出されるのかなって思ってたけど今回はそうじゃなくて良かった。人間ってやっぱり去る時どれだけの人間に悲しんでもらえるかっていうのが重要だと思う。今回の別れのシーンにこの三年間の千代ちゃんの頑張りがよく見えた。慣れない土地に一人きり飛び込んでだーれも知り合いがいなかったのに別れる時はみんなが惜しんだ。来週からはまた道頓堀のみんなが出てくるのかな。それも楽しみだな。

% Complete
100% Complete
3
112 | | 匿名 | 2021-03-11 09:01:01

いやぁ~良かったです!
あんなに頑なで誰の意見も聞かず、心を開かなかった千之助があれだけ素直に本音を話すなんて驚きました。
万太郎にされた仕打ちを恨んでいるのかと思ったら「認められたいんや」の言葉。
やっと一平と千之助、そして『鶴亀家庭劇』が1つにまとまると思いました。
気になったのが大山社長です。チャップリンは関係なく、万太郎一座と家庭劇を戦わせて、ただ会社の興行収入を上げたいだけだと思います。
でも、お互いが切磋琢磨しながら、どちらも面白くなっていくといいなと思いました。

% Complete
100% Complete
3
111 | | 2021-03-11 08:55:01

誰にでも臆するところなくぶつかっていける千代の原動力はいったい何なのだろう。とてもとても強い人だと思う。いったんは出ていった千さんのかたくなな心の隅っこにも入り込んでいた。千さんを演じるほっしゃんが本当に素晴らしい。一平君に頭を下げる時、ばつが悪いからか一平君を横向かせたあたり、頭下げなおした時、表情が少しずつ変わってきていて、書斎で二人で台本考えているあたりでは生き生きとして晴れ晴れとした顔をしていた。あんなに二人で夢中になって書いた芝居はきっと面白いだろうと思った。

% Complete
100% Complete
3
149 | | 2021-04-02 10:08:01

みんな芝居をすること自体が好きなんだなー「アホばっかり…」と呟いたら、そのまま一平君が言っていて。大好きなことに対してアホになれるって、いつの世も幸せなんだなと思いました。菊さんが「諦めてないなら生き抜かないと」と言っていたけれど、命あっての好きなこと。でもつい命がけで好きなことをやってしまって、その順序が逆転してしまう。カメさんを疎開させたとたんの大阪空襲。千代たちは京都で大丈夫みたいだけれど、あの空襲のことはとても身近で聞き知っているので、シズさんも菊さんもとても心配です。

% Complete
100% Complete
3
114 | | 2021-03-12 09:28:01

一平君と千之助さんの初めての共著の舞台、笑いあって涙あって心にじんわり残るいいお話だった。千之助さんが2階席の万太郎に気づいてからの芝居が、万太郎さんに語り掛けるようで、千之助さんの長年の思いが込められていたようだった。このお芝居きっかけに千之助さんと万太郎さんの関係も良きライバルになったようで、万太郎さんはこういう日が来るのを楽しみに千之助さんを追い出したのだと腑に落ちた。千之助さんならきっと自力で這い上がってくるだろうと。最後の「おいど叩き」で嬉しそうな万太郎さんの顔が印象的だった。

% Complete
100% Complete
3
113 | | 匿名 | 2021-03-12 09:21:01

う~ん、良い兄弟げんかでしたね。素晴らしいラストで朝から気分が良いです!
千之助が、劇を見に来た万太郎に気づいてどうするかとハラハラしましたが、うまく劇中に万太郎への思いを入れながら演じていたのに感心しました。
家庭劇は「人情劇」+「喜劇」が両方入っていて面白かったです。
その後、千之助がチャップリンの姿で万太郎に会いに行ったのもまた洒落てましたね。
しかもお互いに生卵を(笑)
万太郎は昔、わざと千之助を追い出したのかな、なんて思ってしまいました。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 匿名 | 2020-12-02 08:55:02

ヨシヲ~大丈夫なのぉ?足から血が出ているし、あのまま誰も気づかなかったらどうしよう、心配です!
栗子って元芸者なのか、男性の目を引くのが上手いんですね。隣の小林さんもメロメロじゃないですか。
でもまだ子供のヨシヲに対して「何見てんの、いやらしい」って、なんて嫌な女なんでしょ!腹立たしいです。
鶏(軍鶏?)を売りに行った時の千代の逞しさと口の達者さに引いてしまいましたが、お母さんのお陰で上手くいって良かったですね。
『ご縁』って大事なんだなと思いました。

% Complete
100% Complete
3
28 | | 2020-12-18 09:10:01

もうすっかりおちょやんのファンです。ごりょんさんと役者さんの昔の恋。きちんと終わらせることができて良かった!と思ったら男の人泣いてるがな!!ってびっくり。そんなバカなと思っていたら重い病を患っていたとは、二度びっくり。人生って千代ちゃんの一言のように響けばあっちにもこっちにもいくんだよね。ごりょんさんも悔いを残すことなく前に進める!よかった、よかったと思っていたらテルヲが最後に現れる。こいつ年季が明けるのを今か今かと待っていたのか??あの笑顔に虫唾が走るわ!!

% Complete
100% Complete
3
59 | 2021-02-01 17:40:21

トータス松本が現れては借金、難題を持ち込むのは何回目? デジャブをわざと狙っているのかもしれないが、そんなことをされても、ちっとも面白くない。

% Complete
100% Complete
3
60 | 2021-02-01 18:02:35

主人公は岡安で身を粉にして働き、周りの信頼を得たと描かれていたと思い、応援したくなっていたのに、京都編では、サボったり不平を言ったり普通のチャラい娘(こ)になっていた。

整合性が?で、あの岡安で頑張ったちよちゃんなら、もっと研究熱心で一途なのではと、違和感があった。

% Complete
100% Complete
3
70 | | 匿名 | 2021-02-12 09:08:01

万太郎が見に来ていたので、千之助がどんなアドリブをするのかと心配していたら、案の定でした。
毎回見に来る人は面白いでしょうけれども、一緒に舞台に出ている千代たちはたまらないですね。
でも今回は、千代を始めみんなが無理に笑いを取ろうとせずに各々の良い所をうまく出してたと思いました。
「笑い」×「人情劇」になっていて良かったですね。
これからは千之助ももっと協力的になってくれれば、万太郎一座に勝てそうな気がしてきました。

% Complete
100% Complete
3
22 | | 2020-12-14 06:21:01

一平くんとほっしゃんのお芝居、泣けました。今まで突っ張ってきたし急に死んだからって今更おとーさーん!って泣けない子だっているんだよね。だけどそんな子だって悲しくないわけじゃなくて、そんな気持ちをわかってくれてたのはほっしゃんだったんだよね。大切な誰かを亡くした時はきちんと悲しまないとしこりを残してしまうと思っている。だから芝居の上でも泣けたことは大事だと思った。千代ちゃんもみんなに受け入れられて良かったね。

% Complete
100% Complete
2
127 | | 2021-03-22 00:18:02

とうとう最悪で最低な父テルヲが死んでしまい、残念な気持ちになりました。本当に千代を苦しめてばかりの迷惑な父親だったけれど本当に娘を大事に思っていた親の死に、血のつながりの強さを感じさせられました。どんな最低な親でも、実の親は大切なんだという親子の繋がりがしみました。死後、迷惑がられていたのに周りの人からいい人だったというエピソードがたくさん出てくるところは人情深く、また千代の幸せに一生懸命だったテルヲは憎まれながらも人々に愛されていたんだなと感動しました。

% Complete
100% Complete
2
165 | | 2021-04-12 22:04:01

たった3年だけれど千之助さんと大山社長の年の取り方がすごい。それだけ大変な3年だったということなのだろうか。逆に兄さんと呼ばれていて年も上のような感じだった万太郎さんはあまりお変わりなく見えたのに喉のガンで声が出ないなんて。一文字ずつジェスチャーで伝える万太郎さんが飄々としていてあまり悲しさを感じない。病を受け入れているのだろう。それに比べて座員たちの悲壮感。直接ジェスチャーで伝えられた千之助さんの驚きと悔しさと。万太郎さんの病気を知った一平君は大山社長からの申し出を受け入れるのだろうか。

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2020-12-09 09:01:01

隣の家まで30分の山の中でお父さんと弟としか話さない日も多かっただろうに急にせわしない街の中でちょいちょい映る千代ちゃんの背中。たくさん人がいるからって孤独じゃないってわけじゃないんだよね。誰かと言葉を交わすからって孤独じゃないってことじゃないんだよね。それでも気を取り直してみんなにおはようと声をかけてみる、たったそれだけでも世界は変わるんだよね。頑張れ、千代ちゃん。千代ちゃんの小さな背中抱きしめてあげたいな。

% Complete
100% Complete
2
144 | | 2021-03-30 02:18:01

千代と一平に新しい家族ができてよかった。途中までは千代ちゃんが一人でお母ちゃんごっこをしているようでちょっと見てられなかったけどやっと寛次とも打ち解け合うことができてよかった。寛治が舞台上で言ったお母ちゃんのセリフは普段なら照れくさいからわざとあそこで言ったんだね。かわいらしかったわ。ちょっと興味本位で千代さんのモデルになった方の生涯を調べてしまったら家庭には恵まれなかったとか‥。一平との夫婦が好きだからこの先もずっといてほしいんだけどな、ダメかな。

% Complete
100% Complete
2
153 | | 匿名 | 2021-04-06 09:35:02

寛治が満州に行ってしまったのが悔やまれます。
昔、あんなに意固地だった寛治が日本軍のために慰問して劇をしたいという思いになったのは千代夫婦と一緒にいたからですが・・複雑です。
ラストでのみ遊んでいたのは妄想?本当なんでしょうか?
1人で劇をしている千代の姿が切なかったです。
劇=敵国とみられる事に違和感がありました。戦中は娯楽が一切排除されている事に息苦しさを感じますね。
そんな時に万太郎さんが現れてびっくりです!生きていたんですね!

% Complete
100% Complete
2
36 | | まなっち | 2020-12-27 02:07:01

千代を借金取りから逃がすために「岡安」のみんなが力を合わせたり、道頓堀のみんなに助けられたりと、展開としては爽快感のある内容だったと思います。ただ、千代はともかく他のキャストの演技力のつたなさが気になり、話に入っていけませんでした。「岡安」を抜けだした千代がこのあとどのような人生を歩くのかは気になりますが、今のままでは千代にも他のキャストにも感情移入することが難しいです。唯一、「岡安」の主人が、ヤクザたちを目の前に、貼りついたような笑顔を見せている場面は様になっていて面白かったです。

% Complete
100% Complete
2
141 | | 2021-03-29 07:54:12

千代がすごく可愛がっていた寛治が、ついに息子になり感無量になりました。お母ちゃんになりたい千代のアピールや可愛がり方は健気で一生懸命だったので、現実に舞台上でお母ちゃんと呼ばれた時は泣きそうになりました。寛治が大金を盗んで大人たちにさらされた時は、人前でしっかりあやまれと厳しく叱り、一方で人生の楽しさを大人は教えるべきだという千代の訴えに、心が打たれました。

% Complete
100% Complete
2
116 | | 匿名 | 2021-03-15 10:58:01

まさかまたテルヲが再々登場するとはびっくりです!
確かに千代のモデル(実在の女優さん)が、父親にお金のことでずっと苦しめられるとは知っていましたが、こんなに出てくるとは思いませんでした。
「岡安の旦那さんがお父さんだったら良かったのにね」ぇなんて思っていたら、千代がおんなじことを台詞で言っていたので「やっぱりな」と。
でも、千代からあまりにも冷たくされて、しょんぽりしているテルヲを見て、ちょっと可哀想に見えたのは私だけでしょうか?

% Complete
100% Complete
2
115 | | 2021-03-15 10:35:01

テルヲが出てくると心がざわざわする。トータス松本さんが上手いからだろうけど、あの笑顔の影に何を隠してるのかと身構えてしまう。千代ちゃんから巻き上げたお金でせんぞ飲んで肝臓悪するなんて、まあ千代ちゃんには言われへんはなあと冷たい気持ちが沸き上がる。乞食さんの格好してたし、乞食さんの末席に座らせてもろてたけど、ドアップなった時の顔がきれいすぎて。なんぼ何でも乞食さんの生活ならあれはないかな。毎日顔洗ってても、あんなにすっきりした顔はちょっと違和感あった。乞食さんのフリしてるというならありかもしれへんけど。

% Complete
100% Complete
2
154 | | 2021-04-06 11:10:01

とうとう寛治君が満州に渡ってしまった。千代ちゃんは寛治君がいなくなって初めてみつえちゃんの心の内を知ることができたと言っていたけれど、大切なものが自分の力の及ばないところで危険にさらされる不安たるや想像を絶する。千代ちゃんの心の支えは芝居だけなんだなと、ぶつぶつセリフを言っている場面を見て思った。芝居をしていないと心が立ち行かなくなるのだろう。一平君がそばにいるのに、それだけじゃ支えにならないのが悲しい。万太郎さんの未来への言葉が心強くて、言葉の壁を超える芝居を千代ちゃんはこれから目指していくのかなと思った。

% Complete
100% Complete
2
140 | | 匿名 | 2021-03-29 07:47:01

寛治の頑なな心が解けて良かったと思いました。
痛みを千代と一平がちゃんと分かっていて、抱きしめてあげた時に1つの『家族』としてまとまった感じがしました。
寛治が藤山寛美さんがモデルというのも感慨深いですね。
もし千代たちが引き取らなかったら、喜劇の世界がかわっていたかもしれないと思うと『運命』って凄いな、と思います。
舞台の上で寛治が千代に「お母ちゃん」と言っていたのがジーンとしました。
でも段々と戦争に向かって時代が進んでいる感じ・・不安です。

% Complete
100% Complete
2
23 | | 匿名 | 2020-12-14 10:01:01

8年経った千代は、もう立派なお茶子さんでした。
ライバルの店のお茶子さんに対する嫌味の返し方や、乞食とすっかり仲良くしているところなど素晴らしいですねぇ。
確か先代女将のハナさんも8年前、確か情報を乞食からもらっていたので同じような気がしました。
お茶子から卒業する日が近づいていますが、千代はこのまま残るんでしょうか?
そして、高城百合子が登場。千代の憧れの人が現れて、千代のお茶子卒業に大きな影響を与えそうな気がしました。

% Complete
100% Complete
2
94 | | 2021-03-03 11:04:02

そうかー。そんなもんかー。感動の母との再会なんてするもんじゃないのかねー。まぁ千代ちゃんが残念な家族なだけに一平だけいいお母ちゃんだと釣り合いが取れないってことなのか?でもここまで悲惨にしなくてもいいような気がするな。自分で置いていった息子に最後まできつい顔をして、出ていった後に泣く。ほんとにしょーもない女。後からどんないい理由をつけられても捨てたことは変わらないしなんなら2度目も傷つけた。そんな母さんがあんな大きな旅館の女将だなんてなんて皮肉なんだろうね。

% Complete
100% Complete
2
85 | | 2021-02-25 09:18:01

子供一人溺れそうになってるところを助けてくれた人がいたら藁をも掴む勢いですがるだろう。千代ちゃんにとってそれは岡安で、よしおにとってのそれは任侠の道だったということだ。なんて不幸なことなんだろうね。前作のエールで出てきた生き別れた弟が床屋に拾われ床屋になったって話もあったよね。よしおには運がなかったと諦めるのか?それともよしおもろとも千代ちゃんも鶴亀を追われるのか?どっちに転んでもいい展開は望めないんだけど‥どうなるのか。明日が楽しみ。

% Complete
100% Complete
2
105 | | 2021-03-09 09:23:01

せっかくずっと前からつかず離れずにいた一平くんと結婚したのにその甘ーい生活は見せてくれないのね。千代ちゃんの人生を半年で見せるにはそこは重要じゃないのかもしれないけど、そこはじっくり見たかったなー。人生って幸せな時はいっときで辛い時の方が時間は長く感じるしドラマチックだから物語にもなるけど、幸せな時の方が長くありたいって思うじゃん。あんな風にくっついた一平と千代がどんな風に心を通わせているのか全然見えなくて残念。

% Complete
100% Complete
2
84 | | 匿名 | 2021-02-25 09:14:01

ヨシヲ~!うそでしょ~目を覚ましておくれよぉ!あんた、利用されてるんだよ!
昔、あんなに「姉やん」と言っていたヨシヲが、今でいう反社の人達とつるんでいる事に驚きましたねぇ。
離れてからも、あんなにヨシヲの事をずっと思っていた千代。
今回、もし一平がいなかったら、千代もヨシヲの事を信じて騙されていたかもしれないです。
えびす座に火を点けようとしたヨシヲに、千之助が婆さんの格好でフーフーしながら火を消そうとしたのがナイス!
ヨシヲはテルヲほどクズじゃないと信じたいです。お母さんの血も入ってるんですからね。
千代と、今までとこれからの事をお互い本音で話し合って欲しいです。

% Complete
100% Complete
2
106 | | 2021-03-09 10:21:01

どうしても万太郎に勝ちたい千之助の焦りや怒り、執念がものすごくて熱くなりすぎているところがあるなと思いました。一方で万太郎はいつものように冷静で含み笑い。絶対に、2人には何かがあるはずなのでそこがすごく気になりました。家庭劇の劇団員の気持ちをかえりみず、また色々な人を傷つけながら我が道を行く千之助はいかにも昔の役者という感じがして不器用だなぁと思いました。劇団員それぞれが熱い想いを持っているのに噛み合わなくてバラバラなのでこのままでは完敗だなと思いました。

% Complete
100% Complete
2
86 | | 2021-02-25 09:23:01

「驚天動地」誰がこのストーリーを予想できたでしょうか?感動的な再会も覚めやらぬなか、ふたを開けてみれば千代の弟が反社会的な立場の人間になっていたとは。まさに空いた口が塞がらないとはこのことです。蛙の子は蛙とは、何とも切なく感じますが、あの野放図な家庭環境とテルヲの遺伝子をもって生まれたからには致し方無いことなのでしょうか?朝ドラファンの総力をもって何とかヨシヲを立ち直らせる「大どんでん返し」を来週は期待したいと思います。

% Complete
100% Complete
2
107 | | 2021-03-09 11:35:01

千さんと万太郎さんのこれまでの経緯を知らないんですね。長く一緒にやっていたメンバーもいるのに。今までに千さんが万太郎に切られる場面あったけど、あれだけなのかな?千さんがあれだけ熱くなるのを見るとまだ他にも理由がありそう。熱くなりすぎてめちゃくちゃになってるし。ほっしゃんは熱くなるとどんどん感情が内にいく演技がうまいですね。こんなにいい役者さんだと思いませんでした。さらっと当時の女の立場の弱さや危うさも書かれていて、生きていくのしんどかったやろなー。

% Complete
100% Complete
2
87 | | 2021-02-25 10:26:01

ずっとずっと心待ちにしてきた、心の支えにしていたヨシヲとの再会。こんなに悲しいことがあってもいいのだろうか。ヨシヲは悪い人に助けられ、その庇護のもとで生きてきてやくざ者になっていた。とっさの時に出る荒くれた言葉。あれは普段はあのような言葉を使っているからでしょう。でも、千代ちゃんと実際に出会って話をして、そして一平君から千代ちゃんの生い立ち、どれだけヨシヲを思っていたかを言われて少し迷いがあるように見えました。えびす座の前まで行きましたが、ぜひ自分の力で、自分の心で踏みとどまって欲しい。千代ちゃんと一緒に生きる選択をしてほしいと思いました。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2020-12-04 09:23:01

なんでやねん、なんでこないな娘が自分で頭下げて弟をここに置いてやってくださいと実の親と継母に言わんとあかんの??どこまでバカなオヤジやねん。もう見るのも辛いわ。今がどん底であればあるほど幸せの伸びしろはたくさんあるけど、それにしてもこれは酷い。くり子なんて呪い殺されろ!ほんとにこのモデルになった方の親も酷かったらしいね。奉公に出されて給料まで搾取されて、何のために子供もうけた?そうだ!言ってやれ!!捨てたんだから会いにくるんじゃないぞ!バカオヤジ!

% Complete
100% Complete
2
73 | | 2021-02-15 21:41:01

今週のおちょやんはすごく面白かった。ドラマとしても面白かったし、朝から新鮮な舞台を見せてもらっているようでもありすごく面白かったよね。喜劇の舞台を見に行ったことはないけど、こんなに毎回同じ設定で違う物語を見せてくれるなら毎日でも通いたいわ。千之助さんの手取り足取り教える喜劇じゃなくてみんなを覚醒させていくような喜劇は見ているお客さんもたまらないだろうな。みんなが役と向き合って一つになっていくところが丁寧に描かれていてよかった。

% Complete
100% Complete
2
72 | | 2021-02-15 17:14:01

千代ちゃんは生まれは最悪だけれど、性格が良いのか出会う人に恵まれていますね。本来戻るべき家がないのは足が地につかなくて生きづらいだろうなと想像します。お父ちゃんは最悪だし。でも道頓堀の岡安のみんなはもうしっかり家族みたいだし、今度の家庭劇、千さんにも認められて、他のみんなともいい仲間になれそう。でも、これで上手くいったらお話が終わってしまうから、また何か問題が起こるのかな?モデルになった浪花さんの人生が壮絶だったから、せめて物語では千代ちゃんに幸せになって欲しいと祈るような思いで見ています。お願いやし父ちゃんはもう出て来んといて欲しい。

% Complete
100% Complete
2
158 | | なのはな | 2021-04-07 16:33:01

寛治が満州に旅立って、ようやく福助の出征に対するみつえの悲しみを実感した千代は、本当に寛治のことを自分の子どものように想っていたんだな。そんな親心を知らない寛治ったら。離れてしまえば、しかも一瞬の心のつながりは忘れてしまうのが若者ですよね。千代が稽古場で思わず芝居を始めてしまった時、万太郎さんがみつけてやってきてくれたのはなんだか嬉しかった。でも人気喜劇役者だったのに、こんな戦争の最中には無力なんだなと悲しくなった。わっと笑わせてくれよ、とはならないのね。

% Complete
100% Complete
2
11 | | 匿名 | 2020-12-04 09:26:01

はぁ~・・やっぱり千代が奉公に出されてしまいましたねぇ。
まさに『令和版・おしん』ですが、今回は栗子に「この子たちが目障り」と言われてしまって「厄介払い」みたいで気の毒です。
にっくき栗子が周りから固めていって、しかも子供まで授かってて、もう千代は出ていくしかない感じでしたね。
ヨシヲを残すために頭を下げていた千代の健気さに泣けました。
(でもヨシヲが栗子に可愛がってもらえるかも心配です)
千代を追いかけてきたテルヲ!もっと言葉を選んでよ!あれじゃあ栗子の事ばっかりじゃん!
千代の「こっちから捨てたる!」って気持ちが良く分かりました。

% Complete
100% Complete
2
46 | | 2021-01-18 10:04:02

ああいう時間に遅れちゃうとか自分だけ違う動きをしちゃうとかそういうの見てるのが嫌いなんだよね。なんか自分じゃないのに恥ずかしくなっちゃうんだよなー。千代ちゃんいい子だけどちょっと落ち着きがないんだよなー。思慮が足りない。新人なら1番先に行くのは当たり前だよ、そんなの女社会のおちょやんを何年もやっていたなら知っていたはずだよね。もうちょい考えれば分かることも考えないで動くからイラッとする。行き当たりばったりで転がされていくのはお父さん譲りなのか?なんかイライラする。

% Complete
100% Complete
2
77 | | 匿名 | 2021-02-19 09:28:01

みつえ・福助、本当に良かったですねぇ。
今までドラマを見ていて、あの千之助から「無償の母の愛」が学べるとは思わなかったです(笑)
千代の説得も良かったですが、何といってもシズさんが菊さんに頭を下げる場面が感動でしたね。
2人の祝言の時に、菊さんがお母さん代わりにお家さんとお酒を注ぎあうシーンも「岡安」と「福富」の仲直りの証で良かったです。
これからは2軒とも親戚としてうまくやっていくんでしょうね・・ってまるで最終回みたいに感じてしまいました(笑)

% Complete
100% Complete
2
95 | | 2021-03-04 03:51:01

一平の記憶違いで、母親がとんでもない女だったことがショックでした。人は嫌なことはすっかり忘れてしまうんやと悲しくなりましたが、そうでないと人は生きていけないんだなぁと思いました。だからここまで一平は役者として頑張って来れて、一人前の大人になれたんだと思いました。母親の本性がわかって笑い転げても、最後は母親に幸せに暮らしてほしいと伝えた一平は優しいなぁと思い泣けました。母親も本当は辛かったはずです。それを悟っているかのようでした。

% Complete
100% Complete
2
78 | | 2021-02-20 01:01:01

福助とみつえちゃんが恋に落ちたのはお母さんたちがいくら商売敵としていがみ合っていたとしても、正々堂々商売で競い合っていただけであの子と仲良くしちゃダメよって悪いこと吹き込んだりしなかった結果だろう。3世代続いてしまったわだかまりが孫たちによって歩み寄ることができてよかったなー。おばあちゃんと福富のごりょんさんとのお酒のやりとりがすごく歴史を感じてよかったなー。家族の愛をしらない千代ちゃんと一平くんの切なさも感じた。ちょっとだけ悲しかったな。

% Complete
100% Complete
2
57 | | 匿名 | 2021-01-29 09:55:02

千代はてっきり小暮についていくのかなと思ったら芝居を選ぶとは。
(せっかく「ビール月間売り上げNO.1」にもしてもらったのに笑)
やっぱり一平の言葉が胸に残っていたんだなぁ、と思いました。
でも、まさかまた道頓堀に戻る事になるとは思いもしなかったですね。予想外です。
『喜劇役者になれ』との事ですが、新しく立ち上げる『一座』がどんな人たちがいるのか気になります。
一平が鶴亀にいたので、もしかしたら一緒に舞台に上げれるかもしれないですね。

% Complete
100% Complete
2
37 | | 2020-12-28 03:33:01

ごりょんさんは篠原涼子さんじゃちょっと荷が重すぎない?どうしても甘い感じになっちゃうから余計に力入っちゃってハケンの品格の人そのままじゃんって思っていたけど、それが一変した。強くなりきれず弱さがあるからあのごりょんさんでいいんだと再認識。千代ちゃんを一丸となって逃した情の深さがあったかい。これも8年間一生懸命朗らかにお勤めしてきた千代ちゃんの行いがみんなをこうさせるんだよね。日々の行いって大事!肝に銘じよう。

% Complete
100% Complete
2
157 | | 2021-04-07 10:16:01

朝ドラには避けて通れない戦争。だけど、今回はだいぶ犠牲者が多い。菊さんも旦那さんも福助もひゃっくりさんも死んでしまった。その中でも役者であることを忘れないようにしている千代ちゃんの心は強い。役者が人の役に立つ時ってやっぱり衣食住がしっかりしてないとダメなんだと思う。農家の人が言っていたのは正しい。アリとキリギリスみたいにも見えてしまう職業だから。難しいよね。食べるものもなく焼け出されている人も自助を求められる世の中。もう二度とあってはいけないよね。

% Complete
100% Complete
2
155 | | 2021-04-07 09:31:01

とうとう福助君の戦死通知が来てしまった。やはり神々しい光の中でトランペットを吹く彼の姿は最後の雄姿だったのか。みつえちゃんの演技がとても良いので、余計に福助君が無事で戻ってきてほしいと思っていたのに。一福君の言っていることは、あの当時たくさんの戦死者の家族が自分を納得させるために強がって言った言葉ではなかったのかと思う。お父さんの敵をとるために少年兵に志願するという一福君。世界中で終わらない戦争の負の連鎖の部分を自然に入れていて、とても考えさせられる話だった。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『おちょやん』のキャスト一覧