コウラン伝 始皇帝の母

2021年4月期 2021年1月期 2019年10月期
総合評価: 4.33 / 5.0 (回答者数3人) - 位 / 600件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.3 /5.0(86.6%) - /600件中
キャスト 4.3 /5.0(86.6%) - /600件中
演出 4.3 /5.0(86.6%) - /600件中
音楽 4.7 /5.0(93.4%) - /600件中
感動 3.0 /5.0(60%) - /600件中
笑い 2.3 /5.0(46.6%) - /600件中
スリル・興奮 4.3 /5.0(86.6%) - /599件中
3コメント
3 | | 名無し10007 | 2021-04-12 02:47:01

中国の歴史に関するドラマでスケールは壮大です。
話の進むスピードも速く、見やすい。
また、恋愛感情と権力のやりとりは歴史ドラマではよくあるのですが、
中国の壮大さがあり、違う国とのやり取りもありながらであるため、
複雑になっていると思います。
コーランの息子が本当に皇帝の息子であるのか違うのではないかとうわさが出てしまったり、
それに対して、皇帝の母親がコーランにゆさぶりをかけてきたりスリリングになってきています。
そして、最後にコウランの息子が弟と弓矢の件でいざこざを起こしてしまい
これからコウランが窮地に立ってしまうのではと思わせており、次回以降も楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
2 | | もこたん | 2021-01-06 03:55:01

コウランのレイ王妃に対する忠誠心は、この時代を生き抜く為にはとても大切な事なんでしょうね。現代でも上流階級の世界には通用する考え方なのかも。
一方、後宮に君臨する王妃の考えは、最初は見ていても全く理解出来ませんでしたが、結果的にコウランを救ったのだと気づいた時に、一番恐ろしいのは「王妃」だと思いました。普通に策を練るだけでなく、相手の裏をかいて作戦が成功する時は見ている方もスカッとしますね。

% Complete
100% Complete
2
1 | | ケムケム | 2021-01-02 12:14:01

このドラマは古代中国の歴史を題材にした作品ですが、歴史好きの私から見ても非常に完成度が高く、人間の駆け引きのシナリオがしっかり作り込まれているのが特徴で、感心させられます。
またドラマの歴史に合わせた建物や小道具や衣装にもかなりこだわりを感じます。のちの秦の始皇帝の母になる李香蘭とそして李香蘭に思いを寄せる呂不韋の関係が良く描かれていて歴史的な考察からもしっかりと作り込まれている作品で、非常に美しく完成度の高いと思います。

% Complete
100% Complete
2