孤独のグルメSeason8

2019年10月期
総合評価: 4.18 / 5.0 (回答者数33人) 124 位 / 496件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.9 /5.0(77%) 314/496件中
キャスト 4.8 /5.0(95.8%) 38/496件中
演出 4.4 /5.0(88.4%) 72/496件中
音楽 4.5 /5.0(90.4%) 32/496件中
感動 3.3 /5.0(65.4%) 272/496件中
笑い 3.4 /5.0(68.4%) 192/496件中
スリル・興奮 3.0 /5.0(60%) 344/495件中
33コメント
33 | | 2020-01-01 16:35:02

うちの地域では10話。
和食も洋食も海鮮も、という何でもござれな妙なお店が舞台。テレビでは和食メニューよりだったが、
わたしは洋食メニューが気になった。人気の海鮮丼もちらっと映して欲しかった。
何より店の作りが。どう考えても和食系ではないデザイン。かといって、ぶっどい柱と横木がカウンターと調理場の間に鎮座する作りを
純粋な洋風ともいいかねる。できればこの作りについても店の人に言及して欲しかった。
洋風の店を居抜きで買った(借りた)んだろうか。すごく気になる。

% Complete
100% Complete
1
32 | | 大原プラス | 2019-12-29 10:10:02

五郎さんが食事を終えて会計をしようと動き出すと入れ違いに久住さんが如何にもこれから飲んでやろうという雰囲気で表れるのは流石にこのドラマらしい粋な演出をするなと思いました。
昭和の雰囲気が漂う街並みに溶け込んで色々なお客さんが行き交う様子が見て取れましたが、この店が何故この場所で営業し続ける事が出来ているのかは、メニューや料理の味といった要素もありますが、「この店ならば安心出来る」というお客さん一人一人の思いが支えていると映りました。

% Complete
100% Complete
2
31 | | 2019-12-25 22:57:49

かつ丼に餃子に冷し麺とW炭水化物で最終回も安定の食べっぷり。卵トロトロのかつ丼も魅力的でしたが、野菜たっぷりの麻婆豆腐麺がすごく美味しそうで惹かれました。すごい食べ合わせだけど五郎さんの言う通り、季節やジャンル関係なくその時食べたいものを好きなだけ食べる「でたらめ食い」が良いんですよね。最終回恒例の「何処かで見たような飲兵衛さん」と五郎さんのコラボも嬉しかったです。

% Complete
100% Complete
3
30 | | 2019-12-25 15:31:01

うちの地域ではやっと9話。
今回はあまり食指が動かなかった。
エスニック料理がそんなに好きではないということも大きい。
それにくわえて、五郎さん、少し食べ過ぎではないのか……。
ドウサを食べてナンを食べて、ゴハンを食べてご飯をお代わりして、それに何種類ものカレーやらなんやらって多すぎ。
カレー以外にもいろいろなおかずがあるがちゃんと説明してくれないので、何がなんやらわからなかった。
最近ちょっと美味しそう度が減っている。さすがにシーズン8も続けてくるとダレるということなのか。

% Complete
100% Complete
1
29 | | パピルス | 2019-12-24 08:33:01

まさかの大みそかに仕事の依頼が舞い込み、ありがた迷惑な表情がウケた!ゲン担ぎに立ち寄ったお店でかつ丼を味わる時にあふれだすパンチラインも秀逸。「胃袋の意見を尊重したい」「汁しみご飯、最高!」「どうしてくれようか」「かつ丼ってやはり丼の王者だ」いっぱいの丼でこれだけ言葉が出てくるって…もはや、食欲のあおり運転やー!と言いたくなるね。さらに加速する食欲は冷やし麻婆麺へと気持ちを向かわせる。最終回だからってやりすぎやしないか?と心配になる食事量。でも、メニューの隅に書いてある冷やし麺をわざわざ冬に食べる行為がいいんだね。そして、餃子でチルアウトという流れはこちらも満腹になった気持ちだよ。

% Complete
100% Complete
2
28 | | パピルス | 2019-12-18 17:51:01

一向に定まらない商談のモヤモヤを解消すべく、気持ちがお肉へと向かっていく様子は豪快でまっとうな欲求。それがとても自然に見える流れはさすがだし、お店選びは見どころの一つ。そして、高級住宅地を抜けた酒場で出会ったジンギスカンという取り合わせもユニーク。何より一人で焼肉という贅沢はみていてウキウキしかないよね。「チャックロール」という口に出してみたい言葉の響きも相まって静かにテンションが上がる様子はこちらにも伝わってきたよ。

% Complete
100% Complete
3
27 | | rain | 2019-12-18 14:55:01

いつものように急にお腹がすくゴローさん。
最近はランチじゃなくて夕ご飯なんですね。お店を探している頃はまだ外が明るいので、あの時間に食べて帰って仕事したらまたお腹すいちゃうんじゃない?と変な心配をしてしまいます。
今回もメニューを吟味して、周りのお客さんの食べてる物を確認しつつ、いい感じにオーダーしていました。
ジンギスカンとても美味しそうで、私ならそこは絶対ビールでしょ!と思いました。

% Complete
100% Complete
3
26 | | 2019-12-16 22:53:51

五郎さんの台詞にもあったけど、モクモクの白い煙とジュージュー肉が焼ける音に終始食欲を刺激されっぱなしでした。タレ味のジンギスカンも美味しそうでしたが、塩とネギでシンプルに頂くチャックロールがラムのうま味や良い意味でのクセを感じられそうで食べてみたかったです。あとゲストの高田さんがあまりにナチュラルに店員をやっているので初めは高田さんだと気付かなかったです。ああいう体格の良い人、焼肉屋さんにいそう。でしゃばらず程良い出番で良い味だしてました。

% Complete
100% Complete
3
25 | | 2019-12-12 10:14:01

うちの地域ではまだ7話。ゲストが良かった!かたせ梨乃。
食べているものよりもかたせ梨乃の方に目が行ってしまった。
台詞回しが個性的で素敵。ドラマの登場人物みたい。(ドラマの登場人物なのはたしかですが)
このシリーズはいつも有名俳優が目立たないように店の人を演じるというのがコンセプトなので、
食べ物より役者が目立つのは邪道ではないかという気もしますが、今回のかたせ梨乃だけは例外としたいです。
スペアリブは美味しそうでした。マッシュポテトと合わせて食べたい。

% Complete
100% Complete
2
24 | | 2019-12-07 22:50:08

今回はブリ照りに梅干しに月見とろろと、白米に合うおかずばかりでいつも以上の飯テロで空腹を耐えるのが大変でした。タルタルソースをつけて食べる蟹クリームコロッケも美味しそうでしたね。蟹とタルタルなんて絶対合うに決まってるし。コロッケに箸を入れる時のザクッという衣の音が堪らなかったです。五郎さんが迷っていた西京焼きも他のお客さんの注文という形で良いからどんなものなのか見てみたかったです。

% Complete
100% Complete
3
23 | | パピルス | 2019-12-04 20:01:01

午後の落ち着いた時間帯、日当たりの良いお店で食べる南インドのカレーが美味しそうだった。初めて見るワードばかりのメニューに「頭の中が曼陀羅状態」と困惑しつつも、割りとすんなりオーダーが決まり、周囲のお客さんが頼む料理にも興味津々な様子は安定感あり。そして、インドカレーうんちくに耳を傾けつつ到着したランチは様々な種類のカレーを味わえて最後は全て混ぜて食べるという正に曼陀羅!これは良くある言い回しだと“お皿の中の小宇宙やー!”ってやつですよ。私自身、カレーには疎いのでとても参考になったし、今回のキャストにシュシュトリアンを演じた石橋けいさんが登場したことがかなりお得感があった!

% Complete
100% Complete
3
22 | | 2019-12-03 22:38:47

本場のサラサラインドカレー、辛そうだけどめっちゃ美味しそうでした。カレーって味の想像がつくから余計に食欲を刺激されちゃいますね。スプーンで解れるくらい柔らかいチキンのカレーも、ゴロっとサンマが入ったカレーもどれも魅力的でしたが、一番惹かれたのが揚げたナンです。表面カリっとしていてちぎるとモチっとしていて、何もつけずにあのナンだけで食べてみたいです。あとお客のお姉さんが話していた「インドカレーがサラサラの理由」の答え合わせ、したかったです。

% Complete
100% Complete
3
21 | | 2019-11-29 18:35:01

4話。最初のうどん屋さんではあまり食べたい欲が起こらず、「孤独のグルメ」もシーズン8も続けると
そろそろかなあ……と思ったが、今回は2段構えになっており、後半のカフェがメインだった。
しかもカフェでパンケーキというから、全然期待していなかったのだが、
出て来たカステラパンケーキの見た目に圧倒された。
パンはふわふわ、バターとろとろ。京都で食べたカステラ専門店のカステラを思い出した。
想像上の味が口の中に広がり、まさに夜食テロだった。

% Complete
100% Complete
2
20 | | むすこ | 2019-11-27 14:01:02

いつもながらのゆるーい雰囲気が癒される。冒頭の鳥取砂丘のシーンはグルメにまったく関係ないけど、単純に一緒に観光している気分に浸れたのがよかった。ランチのお店が見つからない!と焦る五郎さんの表情が絶妙にコミカルで可愛らしくて。メニューをみながらどんな料理なのか想像している時の五郎さんが本当に楽しそうで、見ていてうれしくなる。いつもタレをご飯にかけてみたりとささやかな自己流アレンジをするのも、ひとり飯の醍醐味という感じ。

% Complete
100% Complete
3
19 | | 2019-11-24 18:33:01

うどんの出汁に中華麺を入れる、しかも天かすたっぷりって味の想像がつかないのでぜひ食べてみたいです。関西風のお出汁で主張が強くないから意外とどんな麺とも合いそう。ホルモンそばと肉をおかずに白米を頬張る五郎さんは相変わらず見ていて気持ちが良い食べっぷりでしたね。お店のお母さん役の渡辺えりさんも実際の店員さん?ってくらい鉄板の前に立つ姿が様になっていて良かったです。

% Complete
100% Complete
3
18 | | ろここ | 2019-11-20 15:26:01

まさかの店長がかたせ梨乃とは。びっくりしたけど意外と違和感なくてよかった。あんな横柄な注文の取り方あるんだと思うと面白かったけど、かたせ梨乃じゃないと成り立たないなぁ。さりげなく美味しい食べ方を教えてくれたり、なにげなく優しいのもいい。五郎さんの食べ方は相変わらず豪快で、本当に本当に美味しそうに食べるのが見ていて気持ちいい。勝手に作ったドイツ風サンドイッチ食べたくなっちゃった。骨のないスペアリブも食べてみたかったなぁ。

% Complete
100% Complete
2
17 | | 2019-11-18 22:44:52

かたせさん演じる独特なキャラの店長さんが良い味出してましたね。物憂げな雰囲気とサスペンスドラマの独白シーンみたいな台詞の間がシュールで、戸惑って面喰う珍しい五郎さんの姿も見られて良かったです。鯖の燻製もスペアリブも、どれもビールに合いそうで食欲をそそられましたが、一番心惹かれたのはデザートのアップルパイでした。生クリームたっぷり乗っていてめっちゃ美味しそう!しっとり系アップルパイ、ぜひ食べてみたいです。

% Complete
100% Complete
3
16 | | ナナ | 2019-11-18 19:01:01

店主の塩対応な雰囲気や軽くメニューの主導権を握られる五郎さんの戸惑う姿が可愛かったです。
でも「ロールビーフ」がないからと、初めて来たにも関わらず裏メニューを出してくれるところに店主の優しさを感じました。
「間違いない」と心の声が言ってたスペアリブ。
一般的なスペアリブの骨付きは食べると重く感じますが、脂抜きのトマトソース風味で女性でもあっさりとお昼から食べれそうです。サバの燻製のポテト同様、マッシュポテトの付け合わせも美味しそうでした。
ここまで来ると最初にメニューで目を付けていた「ロールビーフ」も気になりますね。なんとか食べてられないかな、なんて思っちゃいました。
ライ麦パンに挟むやり方に店主の方から何か言われるのでは?と思ってしまいましたが意外にありだったんですね。
スープ以降年季の入ったワゴンで出てくるところは一回ごと五郎さんのリアクションとともに笑えました。
追加オーダーする時、店主にやっと笑顔が見れて良かったです。
待っているまでの海を眺める五郎さんが完璧常連さんみたいで、初めて行った場所でも、その雰囲気を楽しむ感覚が身に付いてるんでしょうね。
アップルパイは五郎さんだけでなく女性も釘付けだったと思います。
がっつりと甘そうでこれも是非に食べてみたい。
最後まで店主の方に押され気味な五郎さんは、やっぱり可愛かったです。

% Complete
100% Complete
3
15 | | 2019-11-17 11:16:02

今回もやはり主演である松重豊の食べっぷりが圧巻だった。けして豪快でも無く、あからさまな「美味しい顔」が無いところが好ましく、とにかくもくもくと食べるその箸使いや口元は丁寧で見ていて気持ちが良い。season8ではここ最近ではあまりなかった甘いものを食べる演出が多く、食事より若干嬉しそうに食べる姿が好ましい。今回のアップルパイも可愛い顔で食べていたように思うが、五郎さんを可愛いと感じるのはこのドラマにハマってしまった何よりの証拠だと思う。食事も、良く見るような定番メニューの回と今回のように特殊な料理が適度に混ざっているのが良い。食べたことのないものに対する期待を高めてくれるドラマである。

% Complete
100% Complete
3
14 | | くまほん | 2019-11-16 10:07:01

相変わらず五郎ちゃんの食べる料理は美味しそうな料理ばかりです。タイ料理は辛いものばかりと思っていましたが、この回を見て、そうでもないんだなと考えなおしました。パクチー味の料理は一度食べたことがありますが、慣れると結構はまる味なので、ぜひ番組に出てきた料理を食べに浅草まで行きたいと思います。お肉の三社祭というぐらいのボリュームがある肉料理もとても美味しそうです。浅草でタイ料理とは予想外でおもしろい回でした。

% Complete
100% Complete
2
13 | | 2019-11-12 22:43:46

タイ料理って馴染みのない名前が多くて味の予想がつきにくいので、五郎さんの反応を見ながら「そんなに辛いの?!」「どんな味なんだろう」って想像しながら観るのが楽しかったです。豚・鶏・牛すべて入ったチムチュム、ハーブも効いていてさっぱり食べられそうで美味しそうでした。店長さんの「そんなに食べるの?!」というごもっともなツッコミも面白かったです。

% Complete
100% Complete
3
12 | | 2019-11-11 16:37:02

このシリーズもかなり進んできましたが、周囲の期待値も上がってきている中でも非常にレベルの高い店を厳選した上でストーリーと食事シーンを作り上げている、そんな印象を受けます。原作者が手掛けている劇中音楽も相まって食事シーンの食欲を増進させられる具合はましたように感じます。
食後のお会計までしっかり写して、値段まで出している辺りは相場感の把握と聖地巡礼する人のためを考えた作りになっていると感じます。

% Complete
100% Complete
3
11 | | 2019-11-03 12:38:29

定番の焼肉と白米の組み合わせでしたが、味の想像がつきやすいだけに余計に食欲を刺激されました。深夜にジュージュー肉が焼ける音を聞き続けるのは辛い…。店員役のアキラ100%は服を着ていたせいか、あまりに普通っぽくて最初全然気が付きませんでした。肉はもちろんですが、具沢山の肉スープがとても美味しそうだったのでぜひ食べてみたいです。

% Complete
100% Complete
3
10 | | 2019-10-26 22:40:58

今回は食事シーンに入るのが早いなと思っていたら小腹満たしのパンケーキまで…。ふかふかのカステラパンケーキ、めちゃくちゃ魅力的で30分待っても食べたい五郎さんの気持ち、分かります。噛みごたえがありそうなうどんも美味しそう!池谷さんの朗らかで豪快な雰囲気がうどん屋のお母さん役にぴったりでリアリティがあったところも良かったです。

% Complete
100% Complete
4
9 | | 2019-10-26 05:41:01

3話。とにかく冒頭の依頼人のコーナーでのゲスト、岸谷五朗が面白過ぎた。何者なんだ、あいつは。
松重豊がマクベスの台詞を指摘するとは思わなかった。
お店のお母さんが、今回は室井滋。演技は面白かったし室井滋は好きな女優だが、
しかし「孤独のグルメ」はこういうドラマじゃないよなーと思った。
食べ物が主役のドラマであるべきなのに、達者な室井滋があの分量の台詞を喋るとなるともうそっちのドラマになってしまう。
ロールキャベツは美味しそうだったけど、印象が薄くなってしまった。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2019-10-25 09:08:02

テレビ東京が入らない地区なので「孤独のグルメ」はBSの再放送でしか見られないことが多い。
しかしSeason8は運よくすぐ地上波で追っかけて放映していることに気づけて良かった。
1話はご祝儀の意味もあるのか、ゲストも八嶋智人・榊原郁恵・大魔神佐々木と大どころが3人も出た。
そして1話目だったせいか、間違いない!というメニューでその美味しそうだったこと!卒倒しそうだった。
特にあひるのパリパリ揚げが……!思わず近場で似たようなメニューを出している店がないか検索してしまったくらい。
全く罪な番組だ。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2019-10-20 11:01:02

普通のサラリーマンが仕事で立ち寄った町でご飯を食べるドラマ、まさか8シーズン目になるとは思いませんでしたが、相変わらずの美味しそうな描写と主役の松重豊さんの演技に胃袋が唸りを上げます。
バックにかかる音楽も絶妙で料理に相対する臨場感や高揚感を引き立てており、見る人間をワクワクさせる効果が非常に強いと感じています。
また、本編終了後の作者が店を実際に訪れる部分ではリアルな店の雰囲気を知れるので、聖地巡礼したい人にはうってつけだと思います。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2019-10-19 22:24:35

ロールキャベツもコールスローみたいな紅白なますも美味しそうでしたが、個人的に今回はゲストの岸谷さんと室井さんの怪演に全て持っていかれた気がします。あんな少しの出番なのにお二人とも手抜きなしの濃厚でクセの強いキャラを見せてくれて、めちゃくちゃ面白かったです。ゲストが毎回豪華だし、皆さんが普段やらないようなチョイ役を生き生きと演じる姿を見るのもこのドラマの楽しみのひとつだなと感じます。

% Complete
100% Complete
2
5 | | タクト | 2019-10-15 10:06:01

主人公、井之頭五郎がただひたすら美味しい食事を求めて彷徨い、フラッと入った飲食店で美味しく食事を食べるドラマ。
そのテイストはブレることなく、ついにシーズン8まで放送されることになりました。
美味しそうにガツガツむさぼる姿は夜食テロという表現がぴったり。
シーズン8第1話では、高井戸でタンステーキを初め超一流の洋食を堪能。
二人前の食事をペロリと平らげ、なおもまた他の人の注文したメニューに興味をそそられるほどのエネルギー。
五郎の食欲は年を重ねても衰えることなし。ますます旺盛になっていくようです。
原作者の久住さんがたまにエキストラで出演しているところが個人的にツボです。

% Complete
100% Complete
2
4 | | 2019-10-13 11:57:33

今回も肉料理と白米を男子高校生並の旺盛な食欲で美味しそうに食べていて観ていてお腹が空きました。ステーキとご飯のセットって普通なんだけど、五郎さんだと毎回の見事な食べっぷりで感覚が麻痺しているのか、「え?それだけで足りるの?」と心配になってしまいます。案の定追加注文していましたが、あれこれ気にせず食べたいものを食べたいだけ食べる姿は羨ましいです。チャーチャースープの味が全く想像がつかなかったのでぜひ飲んでみたいです。

% Complete
100% Complete
3
3 | | パピルス | 2019-10-09 10:23:02

深夜、静かに決行される飯テロといえばやはり「孤独のグルメ」しかないでしょう。食事にありつくまでのスリルは“中華ジャングル”という例えに集約されているし、たどりついたお店のおかみさんがめちゃめちゃ気立てが良くて最高!しかも、ハマの大魔人がもくもくと食事する店内で周囲をうかがいながらオーダーに拍車がかかるシーンはいつもながら「まだ食べるんかい!」と突っ込みたくなる貪欲ぶり。特に中華には珍しい釜めしをオーダーした時の「これがなかったら暴れていたところだった…」ともはや暴力衝動に直結するような食欲を荒ぶらせる様子は見ているこちらもお腹が空いてきそうになるよね。

% Complete
100% Complete
3
2 | | YOU | 2019-10-05 21:21:01

大好きな横浜、しかも中華街が舞台の今回の『孤独のグルメ』。まさかの始まりが山下公園からで有り難い!
肉まんからのスタートで美味しそうな独りごち。いつもながらたまりません!
中華街って本当にどのお店にしようか迷うんですよ、そこも見事に演じていて(?)さすがです。
そうです、このドラマって毎回松重豊が演じる井之頭五郎がリアルで、演技なのか本当は松重さん自身の食欲なのか分からなくなる位に頬張って美味しそうに食べるんですよね!
しかもお店の店員が榊原郁恵、客が佐々木浩介ってまた遊び心が(笑)
海老雲呑麺、本当に美味しそうでした。ご馳走様でした!

% Complete
100% Complete
3
1 | | 2019-10-05 19:15:00

ドラマの大ファンなので新シーズンを心待ちにしていました。いつもは夏の時期が多いですが、今回は秋冬ドラマということで、暑い季節とはまた違った料理のチョイスが楽しめそうでワクワクしています。肉まんとか釜めしとか、相変わらず凄い食べっぷりで深夜に見るには辛い飯テロでしたが、ずっと変わらないシンプルな演出と独特のバックミュージックが良い感じに緩くて気負わず観られ、週末の疲れを癒してくれます。

% Complete
100% Complete
5

関連レビュー

『孤独のグルメSeason8』のキャスト一覧