桜の塔

2021年4月期
総合評価: 3.50 / 5.0 (回答者数8人) 468 位 / 619件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.4 /5.0(67.6%) 540/619件中
キャスト 4.3 /5.0(85%) 285/619件中
演出 4.1 /5.0(82.6%) 185/619件中
音楽 3.5 /5.0(70%) 437/619件中
感動 3.3 /5.0(65%) 324/619件中
笑い 3.0 /5.0(60%) 354/619件中
スリル・興奮 3.9 /5.0(77.6%) 138/618件中
8コメント
8 | | くろまめ | 2021-04-30 18:04:01

トップへのし上がろうと企む上條の思惑と、それを利用して陥れようとする上層部の足の引っ張り合い。上條は知的に手を回して情報をつかんでいたことで、吉永の策略には引っかからなかったけど、それでも最後の詰めで千堂に抑えられてしまった。しかもそれをネタにポイントを稼ぐ千堂。この人は上條にとって、最終的に敵になるか味方になるかわからないな。上條は娘の優愛と本当に結婚するのかな。それも後に上條にとって何かの切り札になったりするんだろうか。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 2021-04-30 16:41:01

警察内部のダークなところがどんどん明るみに出ておいおい、という感じです。本来なら正義感に溢れる人たちのはずですが、どうも自分のことしか考えていない人ばかりで残念です。えらい人たちもゴルフばっかりだし。。馳くんの決死の自殺未遂は悲しかったですが、薬で死ぬのは確実ではないのでなんだかんだでどのか逃げているような気がしました。千堂さんの娘さんが爽さんとの関係を疑っているところが女だなと思いました。ふたりの関係と爽さんとの関係も気になりますね。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2021-04-24 04:08:01

馴れ合いに興味のなさそうな上條が、なぜ佐久間の尻拭いをしたり飲みに付き合ったりしているのか意外に思っていました。一応上司でさらに千堂刑事部長の娘の婚約者である佐久間を蹴落とす為だった訳で、ヒドイなと思いつつ、すごく納得しました。
銀行強盗事件が起きてから解決までトントン拍子にいったので呆気ないと思ったのですが、まさか強盗まで全て上條がお膳立てしているとは予想外でした。証拠の捏造までは蒲生が犯人であることは間違いないからまだ許容出来ましたが、借金抱えている人を儲け話をチラつかせて犯罪に駆り立てるやり方は酷いと思いました。
撃たれて右半身麻痺になってしまった川岸さんが気の毒過ぎる。夫が定年退職し夫婦で初めて海外旅行するはずだったという話で切なくなりました。どうにか車イスで行けないものかと思いましたがサポートする側の負担も大きいし、難しいだろうなぁ・・・。
上條の自殺した父親が生前「本当に正しい事をしたかったら権力がなくちゃダメなんだ」と言っていた事が、警察の頂点に立つという野心の根底にあるのだとしても、「そこまでやるか」と思います。
「俺は親父のようにはならない」と言いながら警察官になりプロファイリングまで習得し、罪のない人を犠牲にしても権力を欲するのは、「本当に正しい事」をしたかったのに権力に敵わなかった父親の敵を打ちたいからのように思えます。
勤務中にも関わらずスキットルをしょっちゅう呷るのは、罪悪感と迷いを紛らわす精神安定剤のような感じなのかも。そんなお酒はおいしくないでしょうね。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2021-04-23 12:33:02

上條さんのダークっぷりがどんどん出て来てゾクゾクしました。まさかまたしても事件を広げて手柄をあげるための手段にしていたとは…。利用されるだけされたミスター予言者さんがかわいそうでした。しかも殺人未遂まで…というラストが怖かったです。爽さんと上條さんは昔から仲良くてふたりはお似合いだと思ったのに、部長の娘さんとお付き合いするとは、それも出世のためなんでしょうね。爽さんと上條さんと向かい合うところは緊張感高まりましたが、やはり友情を思い出してしまうと撃つことはできないですよね。切なかったです。

% Complete
100% Complete
2
4 | | チャオシマ | 2021-04-20 04:35:01

玉木宏がまた硬派のキャラで帰ってきました。今回の舞台は警察。しかも出世戦争が扱われるとあって、あまり内部が見えない世界だけにどんな内情が暴かれるかとワクワクします。外様派、東大派、薩摩派の三派閥とそのトップを椎名桔平、光石研、吉田鋼太郎と癖の強さでは負けない三人が務めるのも期待大。どんなえげつない展開となるのか怖いながら楽しみです。玉木宏の幼馴染で警部補役に広末涼子が扮していますが、年の割に幼く見えるのがちょっと物足りないところ。仲里依紗、橋本じゅん、岡田健史などキャストも豪華で毎週待ち遠しいドラマとなりそうです。

% Complete
100% Complete
2
3 | | SoloHiker | 2021-04-19 08:41:01

脚本が武藤将吾ということをテレビ局側も前面に押し出していますが、予想通りというか予想以上に内容が破綻しすぎていました。警察の、しかもキャリアの中のことはよくわかりませんが、さすがにありえないことばかりですぐに興醒めしてしまいました。ただ、このドラマも魅力は豪華過ぎるキャストです。とりあえず、広末涼子がドラマ中に死亡することなく最後まで出続けるのであれば最終話まで見ます。また、主演の玉木宏さんもクールでダーティーな役を見事に演じていて、内容的には苦笑ものですが、それを感じさせない迫真の演技で何とか観られるドラマになっています。さらに、トップを狙う、吉田鋼太郎さん、椎名桔平さん、光石研さんのお三方もそれぞれのポジションに合ったキャラを演じていて今後の足の引っ張り合いが楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
2 | | かおる | 2021-04-17 04:35:01

警察署内の派閥争いがメインだけど、上條の父親の自殺の謎や、幼馴じみの爽の存在感、犯罪の真相などしっかり練られた感じで良かった。脇を固めるバイプレーヤーも豪華だし、爽の後輩の富樫も注目ですね。冒頭で銀行強盗が起こってもひたすら麻雀をやってた上條の行動が、実はたださぼってたわけじゃないことが、ドラマの後半に徐々にわかってくるストーリーが面白かった。上に立ってる人達は、次々に上條に蹴落とされていくんだろうなと思うと楽しみと共に怖いドラマ。

% Complete
100% Complete
3
1 | | 2021-04-16 09:55:02

警察の内部の出世争いということでダークな内容だったので、人間ドラマとして見ごたえはありそうですが、見ていてあまり明るい気持ちにはならないなと思いました。玉木宏さんはとてもかっこよかったです。玉木宏さんと広末涼子さんの幼なじみコンビのやりとりが少しほっこりさせられました。おじさんたちが多いなか、広末涼子さんの美しさが際立ちますね。上條さんのプロファイリングの話はなるほどなと思いました。なぜ彼が出世にこだわるのか、お父さんの過去の事件も気になります。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『桜の塔』のキャスト一覧