引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~

2019年10月期
総合評価: 3.00 / 5.0 (回答者数5人) 431 位 / 445件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 2.8 /5.0(56%) 441/444件中
キャスト 3.8 /5.0(76%) 390/444件中
演出 3.0 /5.0(60%) 439/444件中
音楽 2.8 /5.0(56%) 441/444件中
感動 2.8 /5.0(56%) 366/444件中
笑い 2.4 /5.0(48%) 365/444件中
スリル・興奮 3.0 /5.0(60%) - /443件中
5コメント
5 | | 2020-01-09 02:21:01

ドラマだからうまく行き過ぎ感は見て見ぬふりしなきゃいけないのかもしれないけど何もかもが上手くいって最後は小穂もフォーンに戻れちゃって、よかったと思う反面これでいいの?と思わずにいられませんでした。
石黒賢さんや渡部篤郎さんなど脇を固める役者さんが上手かったので、主役の松下奈緒さんの早口に熱く語るシーンが少し軽く見えました。個人的にヘッドハンターってもう少し策略的なイメージがあったので、もっと小穂が成長する様子が見たかったです。

% Complete
100% Complete
2
4 | | 2019-12-22 22:48:00

最終回、急ごしらえで無理やりまとめた感が満載で個人的には5話の中で一番つまらなかったです。脚本のせいもありますが、醍醐の心の変化があまり伝わってこないので小穂の奮闘ぶりや熱弁が中途半端に見えたし、醍醐の社長就任も含めて全話通してご都合主義的な部分が多いのが気になりました。せっかくヘッドハンターという珍しい題材なのだから、何がどんなふうに大変なのかをもっと深く掘り下げて描いてもらいたかった。小穂が人選や面談で苦労する姿は何度も見ましたが、それだけでは物足りなかったです。

% Complete
100% Complete
2
3 | | 2019-12-12 12:21:27

話数が少ないので仕方がないかもしれませんが、未経験で転職したお嬢様が慎重な駆け引きが必要なヘッドハンターとして一人前に活躍するまでのスピードが速すぎる気がします。すでに戦力になっていて「あれ?いつの間に?」と置いてかれてる感じ。世間知らずのお嬢様が叩かれて落ち込んで這い上がるという感じではなく、トントン拍子に事が進んでいき、それを「運を味方につけたわね」の一言でまとめられても観ている側は全然感情移入出来ません。プロ経営者の畔田が新米の小穂に「頼むなら鹿子ちゃん」と全幅の信頼を置いているのも唐突で、ジェレミアの案件のくだりは個人的に全然気持ちが盛り上がりませんでした。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 2019-11-24 22:34:52

戸ヶ里の企みや陰謀めいたものは興味を引くしヘッドハンターの裏側というテーマも面白いですが、甘ちゃんのお嬢様だった小穂が2話ですでに戦力としてバリバリ活躍してることや、互いにぶつかりながら小穂の成長を見守っていくんだろうなと思っていた花緒里とも「戸ヶ里とのなれ染めを聞かせて」なんて軽口まで叩けるくらい打ち解けていることに拍子抜けしてしまいました。展開早いっていうか心の機微の描き方が雑っていうか…。ダイジェスト版観てるような気持ちになりました。

% Complete
100% Complete
3
1 | | 2019-11-22 16:47:11

ヘッドハンティングされるシーンは何度もドラマで見たことがありますが、そこに至るまでの過程が描かれることってあまり無いと思うのでとても興味深かったです。小穂が「人様の人生に責任を持てない」と言っていたけど、本当にその通りで、人生において大きなウェイトを占める仕事について大きな決断をさせるわけで、非常に慎重に辛抱強く取り組まなければならない職業なんだなと実感しました。渡部さんをはじめ長谷川さんや小手さんなど脇を固めるキャストも演技巧者が多くて見ごたえがあります。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『引き抜き屋~ヘッドハンターの流儀~』のキャスト一覧