ミラー・ツインズ Season1

2019年4月期
総合評価: 4.00 / 5.0 (回答者数7人) 134 位 / 338件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.4 /5.0(88.6%) 52/338件中
キャスト 4.1 /5.0(82.8%) 226/338件中
演出 4.0 /5.0(80%) 146/338件中
音楽 3.7 /5.0(74.2%) 209/338件中
感動 3.4 /5.0(68.6%) 141/338件中
笑い 2.3 /5.0(45.8%) 289/338件中
スリル・興奮 4.3 /5.0(85.8%) 34/338件中
7コメント
1 | | 2019-04-10 10:04:01

性格が全く違う双子の圭吾と勇吾が、誘拐を逃れた圭吾と誘拐される勇吾、大人になって警察官の圭吾と殺人容疑のある勇吾という、常に正反対である状況が面白く、ただ1つ同じ事はどちらとも里美を恋人としている共通点という驚くべき光景が、物語を膨らませ視聴者の思考を混乱させているのが良い。
誘拐された勇吾を20年間過ぎても探し続けテレビ番組で切実に訴える父親の栄一の姿が琴線に触れたが、圭吾にライバル心丸出しの赤城が面白く思わない気持ちは、誘拐事件を解決できなかった警察組織の思いでもある気がした。
圭吾の恋人である里美は勇吾とも繋がっているとは驚き、勇吾の復讐相手が圭吾かもしれないのが不思議だ。

% Complete
100% Complete
2
2 | | かえる | 2019-04-11 20:06:01

ギャップを感じられるところが女性ウケしてカッコいいです。事実関係や捜査においての部分では、真実が判明している部分もそうではない部分も含め、今後の展開が読めそうで読めない程度のスリルさが面白く、主人公の周囲にいる人間が、一癖も二癖もありそうな人が多いところが視聴者にとっては面白みを増すので嬉しいです。刑事魂と男気を感じられる行動やセリフが魅力的に映ったし、時折ラブシーンも含まれているところも好きです。

% Complete
100% Complete
3
3 | | 鏡子 | 2019-04-11 22:35:01

真面目過ぎる圭吾に対し同僚の赤城が叩き上げらしいいい味を出していたと思います。対立する構図に面白く見ることが出来ます。
刺された田島が圭吾を刺した時はわかっていても「来た!」と気持ちが浮くような感覚でした。
最後に登場した勇吾のあまりのダークさに「おおっ」となってしまいましたが、それ以上に恋人の初回からの裏切りにも展開が早くてびっくりでした。全てを知っていて圭吾との将来を匂わせるところがどう変わっていくのかも楽しみです。
父親の栄一の最後の行動は亡くなっても後に引きずるような流れが気になりました。
またそれに関わる人物の中に「もしかして里美?」とも全体を見て、思い返すと疑ってしまいます。
圭吾と話している最中も勇吾を信じている言葉とは裏腹な動揺が見えて後々栄一の裏の顔も見えてくるのかと思ってます。
刑事の皆川と圭吾の関係に「絆」が感じられて良かったです。
もう一つ共通する「呪い」が実際に勇吾が現れてどう変化していくのか楽しみです。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 2019-04-12 19:08:02

初回なので、過去に起きた誘拐事件など、これから始まる物語の背景を説明した感が強かったように思います。過去の捜査に関わった刑事達が主人公の刑事を気づかったり、過去を振り返ったり、双子の残った方といわれ続けた事とか、ミステリーなのでテーマや雰囲気が重いのは仕方ないとして、ちょっとしつこいかな、とも思いました。父親は死ぬ必要はあったのでしょうか?生きているもう一人の双子があまり出て来なかったのは残念でしたが、その分、次回へ期待してます。

% Complete
100% Complete
3
5 | | 2019-04-13 00:07:02

夫が面白そうだと興味を持ち一緒に見た。今後のストーリー展開次第では継続ありかな。初回なので仕方がないが、少年時代のエピソードから警察署の場面へは主人公の姿が少年時代とイメージと違い感情的な移行がしずらかった。脇を固める石黒賢や高橋克典の演技がいい。同僚刑事役の渡辺大や父親役は、ややオーバーアクションかな。主人公の恋人の動きが今後の鍵になりそうと思うが、かなり年上恋人?毛髪のDNAから入ったのはヤルジャないかと思わせた。

% Complete
100% Complete
3
6 | | ka | 2019-04-16 02:10:02

スピード感ある展開で、目が離せませんでした。双子の特徴のDNAが一緒ということを利用して、幸せな生活を送ってきた弟を兄がはめるストーリーや、1話で、弟の恋人が、兄の手先だったことをもう明かしてしまうスピード感で、これからどうなるのかとワクワクさせてくれました。謎の多い、兄が20年前に誘拐され行方不明になっていたのに、なぜ、今出てきたのか、復讐に立ち上がったのかと、まだまだ、疑問が残るネタが散りばめられていて、次をすぐ観たいという感覚になります。藤ヶ谷太輔の弟の光と兄の闇の一人二役という演技も見事でした。

% Complete
100% Complete
3
7 | | 鏡キョウコ | 2019-04-24 22:10:01

現在進行形で追われているものの圭吾に対してはこれで終わり?と最後のターゲットを狙ってるかのシーンにあっさり感があって意外に感じましたが最後に「やっぱりか…」と思うタレコミの情報が勇吾の復讐に対する深さを感じてしまいました。
刑事の皆川と久能詩織が電話でなく直に接触していたとこに大胆さがあったように思います。
プリペイド携帯とは言え恋人である里美はそれ以上に見張られているはずなのに何も感じなかったのかな?と疑問に思ってしまいます。その気持ちが嘘かもしれないけどバッテリーを渡しにくる里美やコーヒーを持ってくる優しさも感じられて良かったです。
圭吾に嫉妬するかのように里美に牙を向け出す勇吾の言葉に対する里美の気持ちの揺れ動きがこれからの2人の鍵を握っているような気がしています。
勇吾への忠誠心が強いけど、決して愛でもなさそうに見える微妙な三角関係が面白いです。
勇吾のことを母の春江に話すのは父に二の舞になりそうな雰囲気で怖い気もしますが、それでも犯罪者でも会いたいと願う春江の母心がジーンと来ました。
最後に圭吾と勇吾の電話の場面も春江と同じ圭吾が勇吾に会いたい思いが出ていたと思います。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『ミラー・ツインズ Season1』のキャスト一覧