行列の女神 らーめん才遊記

2020年4月期
総合評価: 3.54 / 5.0 (回答者数13人) 396 位 / 496件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.9 /5.0(77%) 314/496件中
キャスト 3.9 /5.0(77%) 418/496件中
演出 3.7 /5.0(73.8%) 378/496件中
音楽 3.4 /5.0(67.6%) 424/496件中
感動 2.6 /5.0(52.4%) 443/496件中
笑い 3.0 /5.0(60%) 293/496件中
スリル・興奮 2.2 /5.0(43%) 479/495件中
13コメント
13 | | 2020-05-22 18:08:01

今どき大変そうなラーメン店の仕事の募集にあれだけ人が集まるのか疑問を感じました。みんなそんなにやりたいのかな?ちょい役のゲストが見たことある!という人が多くて面白かったですけどね。外食をやるのはいろんな要素が必要なんだなと気づかされました。経営は特に。結局ゆとりちゃんのお母さんが今回は一枚上手だったようですね。お母さんと社長の対立がドラマを盛り上げている気がしています。女同士の争いは執念深いものを感じますね。

% Complete
100% Complete
3
12 | | 2020-05-20 21:16:02

汐見がバイトの面接官をするシーンで、最低限の礼儀もなっていない人や、母親同伴の人などばかり来るのがドラマ的な誇張だと感じました。が、芹沢社長らが明るくてハキハキしているようなタイプの人は、大手チェーン店やオシャレなカフェを出会い目的に選ぶ、と言っていたので単なる誇張でもないのかなと思いました。ですが、大手チェーンでもオシャレなカフェでも接客態度の悪い人はいるし、その逆に個人経営のラーメン屋やカフェでも親切な対応のバイトさんはいるので、一理あるとは思うけれど少し表現の仕方に引っ掛かりを覚えました。コンサルタントする側からの視点でストーリーが創られているからか、「人」を審査することにシビアで、経営者などではない「雇用されている、使われている」意識で働いている人にはあまり受けが良くなさそうに感じました。

% Complete
100% Complete
3
11 | | 2020-05-18 17:03:01

芹沢が怒鳴り散らし、落ち込むゆとりの替え歌で須田がうんちくを語り、ラーメンを食べに行くことになり、そこで言い争いが起こって有栖まで巻き込まれるという一連の流れが
コントにしか見えなかったです。
しかも成功することしか見ていない、調理の経験もないど素人からの依頼をゆとりが安請け合いしたのに芹沢が乗ったことに違和感を感じました。なのでラーメンの世界を甘く考えている相川に対して須田が怒ったことに共感でき、そんな須田を怒った芹沢の意図がさっぱりわかりませんでした。
ど素人なのに相川が一晩でスープを完成させたという流れもちょっと夢物語すぎるし、依頼者だからなのか相川に対して厳しさを感じられなかったので、最初は良くてもワンコインラーメンでいつまでお店がもつんだろうと心配になりました。

% Complete
100% Complete
3
10 | | 2020-05-18 15:55:01

初回から高いクオリティーで現在までもそのクオリティーは保たれている良質なドラマですね。私自身ラーメンオタクでも食べ歩きや行きつけのラーメン屋もありませんが、観ていて楽しいです。ゆとりちゃんがとても可愛いし演じ手の黒島結菜ちゃんがとてもキュート。このドラマの出演陣の平均年齢はさほど高くないと思われますけど、ぱっとしない(個人的な意見で失礼ですが)若手たちを大御所の鈴木京香や杉本哲太のコンビが制圧している感があるのでややジジくさいドラマに見えてしまいます。そこに黒島ちゃんが一輪の花のように輝いているわけです。だから彼女なしだとこのドラマの雰囲気はよりジジ臭くなってしまっていたかと思います。

% Complete
100% Complete
3
9 | | ichi | 2020-05-16 19:58:01

コンサルティングとは、こんな風にするのかと毎回、感心する内容でストーリーとしては面白いと思います。どの程度、実話に基づいているのか分からないが、素人目線の予想を良い意味で裏切られるので、観ていて痛快です。やる気はあるけど、経験も知識もないという人が本当にラーメン屋をやりたいと思うのか疑問ですが、「やる気があれば何とかなる」というのは、大人としては「そんなことでは失敗する」と決めてかかるところですが、若い頃の気持ちを思い出させてくれる良いドラマだと思いました。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2020-05-15 16:31:02

インスタントしか作ったことないド素人が本当にあんな美味しいラーメン作れるのか?と正直現実離れしていた気がします。途中ですぐに投げ出しそうでしたがちゃんとやりきっていてすごいですね。若者の成長ストーリーとしては面白かったです。やる気だけしかなかった若者を形にしたのは芹沢社長の手腕はさすがです。部長と社長がヒントを与えないとできなかったということでしょうか。最初から彼らにはわかっていたんですね。居酒屋さんをお昼だけラーメン屋さんに、というのはお互いいいアイデアだと思いました。ようやく須田さんにもスポットがあたりよかったですね。

% Complete
100% Complete
3
7 | | ドラゴンハート | 2020-05-11 21:41:01

汐見ゆとりを演じている黒島結菜が顔も言動も可愛くてしょうがないです。ライバル会社の同年代社員の難波と対決するシーンでは負けフラグがビンビンに立っていてゆとりのおごりという面に芹沢がスパッとメスを入れたシーンが印象的でした。しかし、なぜフードコンサルタントの道を芹沢が汐見に誘導しているのかがわかりません。あの料理の腕前だったら厨房担当で十分すぎるほど機能すると思うんですけどね。いろいろな経験をさせたいと思ってるんでしょうかね。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2020-05-11 20:55:01

芹沢の名前を出しても依頼を受けられないという状況を橋爪が知って大笑いしてたのがとても印象的でしたが、橋爪が笑う立場に居るとは思えず冷めた目でしか見れませんでした。ゆとりに"毒親"と言われ、優位に立てなかったからとりあえず嘲笑っておこうという性格の悪さが全面に出ていたけど、端から見るとただの恥ずかしい人。
難波は登場が堅気じゃないのかと思うようなキャラ全快だったので驚かされたけど、お店同士でレシピを交換するという考えは現実的でいいなと思いました。ゆとりのメニューは食べてみたいけど、職人として作りたいとかコスパ的に作れそうとかそういった観点では考えられてない、コンテストなんかに出す珠玉の一品という感じがしました。
親子だからかゆとりも橋爪ともに現実が見えていなくて、やっと芹沢の主役感が光ってきた気がしました!

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2020-05-07 14:18:01

つけ麺屋さんの対決は見ごたえありました。さすがにとんこつラーメン屋さんにするのはないだろ、と思いましたが、売り上げを考えるとその方が現実的なのかなと考えさせられました。確かに血豆腐をつかったつけ麺は珍しいけど食べたいと思わないですよね。帰り道の社長とゆとりちゃんとの会話が飲食店の現実を表しているなと思いました。情報を食べてる、というのはその通りかもしれません。それにしてもゆとりちゃんは本当に料理が上手なんですね。すごいです。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 2020-05-05 20:33:02

やっぱりゆとりが主役と言われても納得してしまうくらい出番が多いのに、役としてもキャラとしても物足りないので何を見せられているんだろうという感じです。
芹沢が悩める若者たちにそれとなくアドバイスをしてカッコいい女感を出すという流れはとてもいいのに、2人に実力差を見せつけて気分良くなりたかったというオチにはドン引きでした。上司として嫌な感じ。
キャラとしては言いたいことを言ってくれるのでスッキリすることもあるし、仕事はしっかりできているのでカッコよさもあります。でも失敗するとわかっていたメニューの改善をさせて、失敗してからこうすればよかったと教えたのがメニューを一新させたお店的には2度手間でしかなく、どうなのかと思ってしまいました。
ゆとりの母親についてはわかっただけだったので、橋爪の前ではゆとりがどんなキャラになるのか気になります。

% Complete
100% Complete
3
3 | | 2020-05-02 15:01:02

おしゃれラーメン美味しそうでしたね。立地によってラーメンの戦略も変わるよなと思いました。息子さんがお店手伝ってるのはかわいいけれどあれはありなのか?と感じてしまいましたが。ラーメンは男くさいイメージがありましたが、今回は夏川さんが全面に出ていたこともあり、女性がラーメンに対して頑張っているところがとても新鮮でした。ゆとりちゃんはズバズバ言い過ぎな気がしますが。鈴木京香さんの出番が少ない気がするのでもっと活躍するところをみたいですね。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 2020-04-27 09:07:01

ゆとりの"とぼとぼ"とか"ぴくぴく"といった個性的すぎる表現言葉だけを聞くとおバカそうなのに、その後の素直すぎるど直球な意見は辛辣だけど正論だったので対比があってとても印象に残りました!なので芹沢が主役のはずなのにゆとりが主役のように見える時もあって、ここから芹沢というキャラがどうゆとりに勝てるような存在感を示していくのか気になります。
真剣なお仕事ドラマもいいけれど、ゆとりのキャラみたいな緩さがあるとかなり見易いです。それにお仕事ドラマとしてではなく、飯テロというかラーメンテロをメインに見ても楽しめそうだなぁと思いました。

% Complete
100% Complete
3
1 | | kengi | 2020-04-22 16:14:01

自分自身もラーメンが好きという理由と、存在は知っていたけど原作を見ていない理由で視聴しましたが、こんな改善策があるのかとまあまあ勉強になりましたし、ドラマ自体もテンポ良く見られましたが、初回にしてはパターンがシンプル過ぎる気がしました。
まあいいように考えると深夜ドラマっぽさがてでいるという捉え方があると思いますけど。
あと黒島結菜と鈴木京香さんがどちらのキャラも周りを引っかき回すキャラで誰が主人公なのか曖昧でした。
そんな感じの初回でした。

% Complete
100% Complete
3

関連レビュー

『行列の女神 らーめん才遊記』のキャスト一覧