探偵・由利麟太郎

2020年7月期 2020年4月期
総合評価: 3.25 / 5.0 (回答者数24人) 478 位 / 516件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 3.5 /5.0(70.8%) 440/516件中
キャスト 4.2 /5.0(83.4%) 305/516件中
演出 3.5 /5.0(69.2%) 452/516件中
音楽 3.3 /5.0(66.6%) 447/516件中
感動 2.5 /5.0(49.6%) 479/516件中
笑い 2.3 /5.0(45.2%) 444/516件中
スリル・興奮 3.5 /5.0(69.6%) 235/515件中
24コメント
24 | | スナフキン | 2020-07-24 16:14:01

原作があの横溝正史ということで期待していたのですが、全編なるほど横溝らしい幾重もの因縁に縛られた話ばかりで、とても横溝らしかったと思います。舞台は現代に変えられていますが、横溝の世界観をしっかりと残すために、あえてレトロな感じのする小道具や衣装を使い、映像もやや暗めにしているところが、いい演出効果を生んでいると思います。また横溝と交流のあった江戸川乱歩と似た雰囲気もあって、二人の関係がよくわかる感じがしました。2週続きの4話と5話でしたが、トリックよりもやはり因縁話の積み重ねが鍵になっている点が見ごたえにつながっています。キャスティングも絶妙で、高岡早紀といい大鶴義丹といい、いろいろとスキャンダラスな背景がある役者さんたちだけに、皆、胡散臭い感じがして、それがいいスパイスになっていたと思います。

% Complete
100% Complete
2
23 | | あい | 2020-07-21 11:51:01

出演者の方々やストーリーも含めてとてもマニアックな部分が多く、また、残虐に見えてしまう場面も多いので、この作品のプロデューサーは珍しく視聴率を重視していないのかなと思いました。逆にそれがこれまでのドラマを甘ったるいと感じていた視聴者には、新鮮に感じたと思います。主人公由利麟太郎の寡黙だか人に対しての燐とした姿勢等も浮き彫りにされていた事はもちろんですが、他の作品では主軸になるであろう役者がちょっとした脇役で使われていた事も作品全体の重厚感に繋がっていたと思います。

% Complete
100% Complete
2
22 | | 2020-07-18 16:41:01

最後まで由利先生が素敵でした!なんでもお見通しだったわけですね。さくらさんが青年を自分の息子だと思ってしまう、というのもなかなかすごい話だなと思いました。もっと旦那がサポートしてあげたら良かったのに…と思います。そもそもなぜ過去のトラウマがあってセックスできないさくらさんと結婚したのか疑問です。由利先生が犯人を制するところがめちゃくちゃかっこよかったです。びっくりしたのはラストで犯人の鈴木さんが髪をおろしていたことです。ちょっとビジュアルがインパクトあって二度見してしまいました。

% Complete
100% Complete
2
21 | | 匿名 | 2020-07-15 18:23:01

前回の続きなんですが、あまりにも時間が短くって話がバババーッと進んでしまう感じでした。
犯人が土屋だと分かりましたが、由利や知恵子は最初から分かっていたように見えたのがちょっと・・。
もう少し時間をかけて、ゆっくり一人一人の心の中を掘り下げてくれると「なるほどね!」と思えたと思います。
殺された原さくら役の高岡早紀さんが、妖しくって精神的に不安定な女性を見事に演じていただけに残念だな、と思ってしまいました。

% Complete
100% Complete
3
20 | | 2020-07-14 11:14:01

5話完結なので最後が2話構成なのはいいのですが、4話は山場というかインパクトを感じる展開や演出がなく完結もしないので正直つまらなかったです。
吉川晃司さんや田辺誠一さん、ゲストに高岡早紀さんなど演技力の高い方が出ているのでキャストに力を入れているのはとても感じました。でも脚本は1話から変わらず中途半端というか、原作を読んだことがあるのかと疑問に感じるほど由利麟太郎というキャラを活かせていない気がします。吉川さんが演じているから雰囲気でなんとかなっているという印象しかないです。助手役に志尊淳さんが起用されているので若い人にも見てもらえるようにという考えがあるのは理解できますが、原作の重厚感を蔑ろにした脚本にはモヤモヤしてしまいます。

% Complete
100% Complete
2
19 | | 2020-07-11 13:41:02

探偵由利麟太郎を演じた吉川晃司は圧倒的な存在感。セリフなしでもよかったのでは?のレベル。たくさんの伏線(懐中時計、亡き妻の面影や幻視、先端恐怖症なのに弓道、警視庁捜査一課長をなぜ辞めた、等々)を回収するのか、できるのか?あえて放置で続編狙いかと深読みしたい。ワトスン役の三津木助手の存在に意味を見出せない。「トド」と「ユリリン」と呼び合う仲の等々力警部がいれば十分に感じる。多くの横溝作品に登場する『等々力警部』の新しいスタイルは興味深い。モジャ頭は金田一へのオマージュ?このシリーズには無かったが「真珠郎」を映像化してくれないかなぁ…とびきり怪奇趣味のドロドロしたやつがいい。

% Complete
100% Complete
2
18 | | もも | 2020-07-09 18:23:01

事件が難解で犯人を想像しながら観るということができない。映像がぼんやりしているのか色が薄いのか、他番組の映像とは明らかに違うところがより怖さを演出していると思います。音楽も独特で不思議な世界観が演出されていてとにかく怖い。事件ものの作品の中でもホラー感が強い作品だと思います。ただ助手にだけは癒されます。緊張感が強い作品の中で彼の存在があるだけで、束の間ですが、ホッとできます。助手がいなかったら怖すぎて見れないかもしれません。

% Complete
100% Complete
2
17 | | 匿名 | 2020-07-08 13:01:01

正直、見ていて全く犯人が分からないです。お手上げです!今回は『前編』なので早く『後編』が見たいです。
コントラバスのケースに入っている、さくらの遺体が薔薇の花びらに埋もれていて、不謹慎にも「綺麗だなぁ~」なんて思ってしまいました(笑)
でも、よくタクシー運転手が人間が入っているのに運んで来られたな、とそこは疑問ですね。
相良千恵子が楽譜の暗号が読めて、由利が呑気に「彼女は探偵に向いている」と言ってましたが、相良が犯人かもしれないですよ!

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2020-07-08 10:51:01

高岡早紀さんがとてもおきれいだなと思ったらすぐに死体となってしまって残念でした。でもなんと幽霊として登場したのでびっくりです!きれいな方はこういう亡霊になるのが似合いますね。今回は大阪府警の板尾さんが出てきたので田辺さん出てこないと思ったらちゃんと活躍してくれて安心しました。そして由利先生はサンドイッチでもエプロンしててかわいいです。ぶれないですね!みんな怪しい人ばかりで絶妙なキャストだなとつくづく感じました。次回の後編も楽しみです。

% Complete
100% Complete
2
15 | | 2020-07-07 16:07:01

原作を表現しようという努力の見られる世界観やメインのキャスティングは素晴らしいのに、1時間の連ドラとしてキュっとまとめていいストーリーではないため物足りなさが目につきます。結論に至るまでのプロセスに重厚感がないため"由利麟太郎"というキャラがその辺の探偵と変わらない軽い存在に見えてしまうけど、吉川晃司さんが演じているため存在感はあるというちぐはぐさがどうしても気になってしまいました。
それに加えて、誰が犯人かあっさりわかってしまう構成なのに脇を彩る人たちが意味深な行動を取るシーンをあえて入れている必要性がわからないです。犯人がわかる構成なら由推理するシーンにもっと厚みを持たせるべきなのにもったいないなぁと感じました。

% Complete
100% Complete
3
14 | | 2020-07-04 14:10:01

今回は助手の三津木くんがいなくて「彼がいないとさみしい」と由利先生がつぶやくところにキュンとしました。しかもごはん食べてるのでエプロンしてる姿で。なんだかんだで信頼関係ができているふたりでいいですね。事件はピエロの演出が面白く見えましたがなんとなく登場人物の流れで浅利さんだろうなと推測してしまいました。ピエロっぽいし、彼しかいないだろうと。まさか妻を殺そうとして間違えて殺してしまったなんて残酷な展開ですが…。ピンヒールがきれいで印象的でした。

% Complete
100% Complete
3
13 | | 2020-07-01 11:04:33

俳優さんや演技は素晴らしいのですが…。
演出が悪いように思います。
まずは映像。妙にくっきり&青みがかっていて怖くないんですよね。1話の花髑髏は歯医者さんが使う模型にしか見えませんでした。MOZUのような感じは規制で難しいのかな?
また、他の方も言うように犯人の即バレも気になります。せっかく怪人を演じても背格好でわかるので、もっと良い撮り方で演技に応えられなかったかと思います。 
また時代の折衷の仕方も今ひとつ。楳図作品と見紛うかのようなクラシックな洋風の豪邸があったり、EDMのガンガンかかるクラブに時代遅れの道化師がいたり。吉川さんには単独で作品のテイストやカラーを変え、支配できる存在感があるので、昔の横溝作品の体現は彼に任せ、舞台装置や演出を徹底的に現代に寄せてバランスを取るほうがより面白かったのではないでしょうか?

% Complete
100% Complete
4
12 | | 2020-06-30 19:03:02

前回とは違い、説明不足と感じる無理矢理繋ぎ合わせたようなシーンがなかったのでよかったです。
幻覚を見ていないときは憔悴した表情で、幻覚を見ているときは爛々とした焦点のあった様子が素晴らしく、エマが見ていた幻覚と現実の区別がつかない演出と相まってよりドキドキしました。
でも弓を構えたのに実際に的を射る映像はなかった中途半端さや由利が井出の部屋に訪れて即本棚を物色し始めたことで犯人と殺害場所のトリックがわかってしまったこと、由利が触れてもいない明らかならなかった謎が多いことなど気になる点は多かったです。

% Complete
100% Complete
2
11 | | 2020-06-26 17:41:01

相変わらず由利先生が素敵でした。オムライスにスマイルマークをかく先生、なんてお茶目なんでしょう。ごはん食べる時には必ずエプロンするんですね。素敵なお洋服を汚さない工夫がいいですね。事件はなかなか今回も血みどろで怖かったです。幻覚がまさか犯人の手によって作り出されたものだとは思いませんでした。なかなか手の込んだことをする人ですね。犯人がアンナチュラルの連続殺人犯と同じで猟奇的なところも似ていてなんだか思い出してしまいました。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2020-06-25 12:55:01

今回は幻覚に苛まれるエマの視点で話が進んでいったので、怖かったです。会員制クラブの常連客によるストーカー行為だった訳ですが、女優になりたがっていたエマのために演出した、と言っていたけれど意味が分かりません。自分のしていることが相手を苦しめているのに、何を言っているのだろう。ストーカーの心理、謎です。「誰にもバカにされたくない」という気持ちは皆が普通に持っているものだけれど、酷くネジくれていますね。エマに親切なクラブのマダムまで殺害しようとしたのは、エマにしばらく自分の家に住むように勧めたから?
もう異性でも同性でもエマに近寄る人間は憎いのですね。厄介な人間に目を付けられて可哀想。エマの借金返済のために危ないことに首を突っ込んでいた五月も死んでしまったので、あまり救いのない結末になってしまったように思いました。

% Complete
100% Complete
2
9 | | 2020-06-25 11:10:01

昭和の原作を現代に置き換えているので、トリックや小道具に最新のものが取り入れられているのに、映像や台詞回しは昭和レトロを意識した作りになっているのが、若干違和感を感じましたが、横溝正史のおどろおどろしい感じが良く出ています。
また、由利麟太郎の相棒・三津木俊助が童顔だと作品中でも言われているのですが、三津木俊助役の志尊淳がどちらかというと江戸川乱歩の少年探偵団に見えてきてしまうので、もう少し大人(社会人)らしく描いて欲しいと思います。

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2020-06-23 12:51:01

何だか完全版を所々カットした映像を見せられているような違和感がありました。編集の仕方なのか撮影自体が放送内容通りだったのかわかりませんが、何度か説明が足りなかったり突然時間が進んだりしたのでよくわからなかったです。
犯人が最初からわかってしまう構成は別にいいのですが、探偵である由利が最後にまとめて謎解きをするところが探偵物の醍醐味なのに途中で犯行シーンを犯人の姿も隠さずに流したり、動機まで知ってしまったら最後まで見る意味がないと思いました。
それに冒頭で警察からの依頼がある等、説明を入れて由利の能力を持ち上げていたのに1話から完全に謎を解けたわけではなかったので正直なところ由利の凄さがまったくわかりませんでした。

% Complete
100% Complete
4
7 | | 志尊淳大好き | 2020-06-21 18:27:03

志尊淳がカッコいいから満点

% Complete
100% Complete
-1
6 | | あいたん | 2020-06-21 12:18:02

探偵・由利麟太郎の独特の雰囲気が、ドラマ全体を渋く仕上げています。殆ど台詞が無く、第一印象が少し怖くとっつきにくいキャラなのですが、先端恐怖症で、ペン1つ取る時もビクッとしたり、ハンカチをふわっとかけて取ったりする瞬間など、クスっと笑える可愛い瞬間もあります。
少し全体的に暗い撮り方をしていて、それが余計にサスペンスドラマのサスペンス部分が高められてるように感じました。暗くても画質は良く細部まで綺麗です。
ただ、ストーリーは、少し淡々としてるところがあり、期待度が高かっただけに、終わった時、少し残念にも感じたのが正直な感想です。

% Complete
100% Complete
3
5 | | 2020-06-21 10:07:01

由利先生方めちゃくちゃかっこよかったです!ストーリーもミステリー感あふれる内容で見ごたえありました。父親が最低でイライラさせられました。犠牲になった瑠璃子さんがかわいそうでした。でもさすがの由利先生も体型を見ただけで出産経験の有無がわかるのでしょうか。。あとお兄さんは一緒にすんでいて瑠璃子さんの妊娠に気づかなかったんでしょうか。ちょっと気になりました。助手の志尊くんもかわいいです。どろどろしてますが、それが魅力の世界観のドラマだと思います。次回も楽しみです。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 辛口ウオッチャー | 2020-06-19 21:04:01

横溝正史原作で、しかも題名に探偵と書かれているので、金田一耕助のような愛着のあるキャラを想像しましたが、全く別物でした。ニコニコしない、世間話もしない、じっと動かない男性が探偵でした。まあ、それは設定かもと見続けましたが、分かりにくい内容だなと。1時間で完結させなければならないから、懸命に詰め込んだ印象です。横溝正史のミステリーは、2時間ドラマにしてじっくり見るべきなのでしょう。殺人事件なのですから登場人物の行為の動機だけでも、もっと丁寧に時間をかけて表現してほしかったです。昭和初期の雰囲気が漂う中で、ノートパソコンやタブレットなどの現在のツールが登場します。これらはさほど不自然に感じられなかったので、演出の技術が勝ったということだと思います。今回の養子の女性に妊娠させてしまうという設定は、家族関係の因縁を得意とする横溝正史の特徴が出ており、殺人も同様です。今後もテレビ放送の倫理上、表現しづらい内容が続くと思われ、その点には注目でしょう。キャストでは、志尊淳が今までにない面を出してくれるのでは。

% Complete
100% Complete
2
3 | | からこ | 2020-06-19 18:10:02

CMを見て横溝正史原作と知り、面白そうだったので初回を見ましたがストーリーが単純な感じがしました。由利麟太郎が名探偵のように鋭い推理をするのかと思ったら普通の推理力でがっかりしました。由利を吉川晃司が格好良く演じているのに捜査がスマートさに欠け、登場人物のキャラクター設定とストーリー展開があっていないのではと疑問に感じました。由利の助手の三津木は付いてくるだけであまり仕事をしておらず、必要性を感じさせませんでした。

% Complete
100% Complete
3
2 | | 2020-06-19 17:51:02

なんか待ちに待ったんだけど正直言って期待はずれかなー。連続ドラマでミステリーってたくさんあったけどなんか古臭くない??2時間ドラマかと思ったわ。京都のいいとこがたくさん見られるとか志尊くんがかわいいとかいろいろ見どころは出せると思うんだけど、ストーリーの意外性もないしあっちこっちで人が死にすぎだし展開も遅い。なんか途中から先が見えすぎてつまらなくなってしまった。画面もずっと暗めだしね。そそられないんだよね。

% Complete
100% Complete
4
1 | | 匿名 | 2020-06-17 09:07:02

横溝正史シリーズとの事で(金田一耕助とかの)おどろおどろしいイメージだったら嫌だな、と思ったら、割とお洒落な感じのイメージでした。
現代にアレンジされているので、助手の三ツ木がブログをしていたり、すぐに携帯で連絡が取れたりと、その辺は違和感なく見られました。
なんといっても麟太郎役の吉川晃司さんが渋い!格好いい!
ただ、ストーリーが1時間15分には収まらず、次から次へと畳みかけるように事件が起こるので、もっと長くして、登場人物の『心の裏』まで出して欲しいですね。

% Complete
100% Complete
4

関連レビュー

『探偵・由利麟太郎』のキャスト一覧