竜の道 二つの顔の復讐者

2020年7月期
総合評価: 4.00 / 5.0 (回答者数9人) 180 位 / 516件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.0 /5.0(80%) 248/516件中
キャスト 4.8 /5.0(96%) 30/516件中
演出 4.1 /5.0(82%) 185/516件中
音楽 3.5 /5.0(70%) 384/516件中
感動 3.3 /5.0(66%) 265/516件中
笑い 2.1 /5.0(42%) 464/516件中
スリル・興奮 4.3 /5.0(86%) 46/515件中
10コメント
10 | | 2020-08-09 12:32:38

役者さんたちの確かな演技がドラマを引っ張っている。最終回まで目が離せないと思いました。

% Complete
100% Complete
1
9 | | 2020-08-09 11:18:01

1時間どのシーンにおいても見応えがあり、さらに1時間ずっと、胸がどきどき、ずきずきしていました。竜の道は、すごく面白いです!竜一と妹の美佐の再会のシーンは、とても切なくて切なくて胸がしめつけられました。竜一の表情がやるせない。美佐を思うときに必ず思い出す自分のしてきた「汚い」ことの回想と、大切に思ってる美佐への優しい眼差しのコントラストがなんとも言えません。竜一の、魅力はすごいです。双子の思い、絆は強いです。竜一は竜二に対し、「汚いことは自分がやる」という姿勢で、竜二は「竜一がしたことは自分も背負う」という姿勢。こんな2人が言い争いぶつかるとするなら、それは妹の美佐に関するときです。美佐が東京に出てくることになった時に対峙した双子のやりとりのときの2人の目の力、演技に圧倒されました。すごい作品です。

% Complete
100% Complete
4
8 | | wakame | 2020-08-09 08:01:56

毎回観ていて、ドキドキしっぱなしです。竜一と竜二の兄弟が切なくて、かわいそうで。特に、竜一の凄みと切なさの切り替えに心が掴まれました。最後まで目が離せません。

% Complete
100% Complete
3
7 | 2020-08-09 07:48:12

約はどの方も熱演で見ていて飽きない。演出やキャスティングもそれぞれの俳優さんの個性が生かされていると思う。挿入歌や主題歌の入り方が最高。脚本は原作を知っているので辻褄が合わないと感じるところは突っ込みたくなる。けど役者さんたちの熱演で気になるほどではない。笑いはいらないくらいドキドキハラハラするし今季一番好きなドラマ。視聴率が上がらないのが勿体ない。

% Complete
100% Complete
2
6 | | スナフキン | 2020-08-07 09:23:01

実の息子に対しても平然と嘘をつき、あっさりと切り捨ててしまう源平の迫力は、竜一と竜二の復讐劇を前途多難なものだと予感させるし、ドラマとしてはこれからの面白さをいい具合に煽っていると思います。更に彼らの味方とはいえ、何か凛子も怪しいし、砂川も胡散臭くて、その微妙な緊張感が全体を引き締めています。この先、源平の娘まゆみは竜二とどうなるのか、竜一と竜二の妹である美佐は平穏でいられるのか、気になることばかりです。

% Complete
100% Complete
4
5 | | 2020-08-06 19:08:01

砂川に二人の正体を知られてしまったけど、あの暗闇のシチュエーションで、砂川はなんで彼らだってわかったんでしょ? そもそもあんなプライベートすぎる会話というかケンカを、半分屋外みたいな場所で大声出して怒鳴りあうとかありえないし。でも、一体何を考えてるかわからない砂川という人物に、重要な秘密を知られてしまったのは大きすぎるミスですね。ああいう男はいつ何時裏切ったり、寝返ったりするかわからない。
母親も長男もマトモそうな感じなのに、霧島の長女だけ壊れてるのはどうして?そのへんも、今後描かれるのかな。父親に向かってアンタ呼ばわりするとは、相当ですね。見るからに不気味で、父親同様に食えない女だけど、竜二に関心を持ってそうだから何なら結婚してしまえばいい。そうすれば内側からキリシマ急便を一気崩壊させられそうだけど。

% Complete
100% Complete
4
4 | | 2020-08-04 22:04:02

自分の代わりに他人を殺して、顔まで変えて、裏の世界に足を踏み入れてでも情報を得ようともがいてる竜一の姿を見るのは苦しかったです。今でも霧島がクソな奴で本当によかった。
でも双子なのに竜一は霧島を刺しに行こうとしたけど、竜二はついて行ってもない。あの時、あの場に竜二も刃物を持って潜んでいたら怪我くらいさせられたんじゃ…と思ってしまいました。そういった過去を知ってしまったからか、表の世界でエリートとして生きる竜二の復讐心からは自分の全てを捨ててでもやり遂げようという強い意思は感じられないので、冒頭の竜一と竜二の争いに繋がる要素にならないか心配です。
人は殺してるけど竜一は喧嘩できるのかと思っていたら襲撃にしっかり対応しててカッコいい!とテンション上がったのに、対応できたのはやらせだったからというオチでちょっとショック。でも1話でドラマ終わるのかなと思うくらい順調に情報が集まっていたので、もう一回最初からという展開は納得できました。
ですが竜一が素直に曽根村に過去を話してしまって驚いたし、引きました。
曽根村の言った圧倒的な力と金は無理だったとしても、情報のコピーは竜二と共有しておくとか竜一だとバレないようにするための二重三重の工作を用意しておくとか、少し甘い部分があるなとも思ったので、中途半端なのはやめてスカッとするような復讐を見せてほしいです。

% Complete
100% Complete
4
3 | | 2020-08-01 13:35:01

あまり期待していなかったのですが、引き込まれる内容でした。玉木宏さんと高橋一生さんとのやり取りは重いけどイケメンふたりの共演は見ごたえありました!恨みを抱えて自分の顔や名前まで変える人生はつらいだろうなと思います。そして特に自分だった顔がそばにいるというのは特に複雑なんじゃないでしょうか。ヤクザの人が言うように忘れてしまえばいいのに、と思うのですが、やはり無理なんでしょうね。妹さんとの関係も気になりますし、これからの展開が楽しみになりました。

% Complete
100% Complete
5
2 | | 2020-07-29 20:21:02

私はあんまり暗いのとか辛いのとか見たくないからこのドラマは合わないかなと思う。好きな人は好きなんだろうなと。好み分かれそうだね。ずっと前にウロボロスっていうドラマに似てる設定なんだけどこちらは限りなく暗い。恨み辛みは負のエネルギーに満ちていないと長年待ち続けられないけど、ちょっとこっちに元気がない時は見ていてしんどいかな。ウロボロスは復讐ものなんだけど、ところどころ笑いどころもあって見れた。そういう息抜きもあったら良かったかな。

% Complete
100% Complete
1
1 | | 2020-07-29 16:31:01

ストーリー的には前半は良かった。でも、なんだかうまい具合に10億円を手に入れて高跳びしたあたりから、いかにも作り話めいた感じで興ざめ。
一人は顔を作り替えた双子というのも、ちょっと無理があるかな。どう見たって竜二より、猛のほうがずっと年上に見えるもの。
猛がほぼ裏街道を生きてきたのはわかるけど、竜二がどうやって高級官僚になったのかも気になるところ。
キリシマは「お客様のため」という、耳にした人は誰もが立派な正論だと受け取ってしまいがちなセリフを吐きながら、やってることはブラックそのものですね。でも本人は、世のため人のためって本気で思ってそう。顧問弁護士を愛人にしてるというのも、ある意味頭の良いやり方かも。
顧問先の社長の愛人になってしまった弁護士の女自体は、気持ち悪いけど。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『竜の道 二つの顔の復讐者』のキャスト一覧