俺の家の話

2021年1月期
総合評価: 4.27 / 5.0 (回答者数48人) 100 位 / 697件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.3 /5.0(86.2%) 122/697件中
キャスト 4.7 /5.0(93%) 88/697件中
演出 4.2 /5.0(83.8%) 162/697件中
音楽 3.9 /5.0(77.6%) 241/697件中
感動 4.2 /5.0(83%) 51/697件中
笑い 4.1 /5.0(82.6%) 59/697件中
スリル・興奮 3.6 /5.0(72%) 226/696件中
49コメント
49 | | 2021-04-06 22:55:01

試合を見て満足した寿三郎が亡くなり、でも能の舞台中に姿を現すのかなぁなんて、軽く想像しながら見たことを後悔した。
これは寿一の物語だけど、それと重ねて寿一を演じた長瀬智也さんの物語でもあったんだと。最後の作品ということはわかっていたつもりだったけど、別れを死んだことで表現するとは思わなかったから唖然とし、涙が溢れた。寿三郎のためにしていた葬儀の準備が全て寿一との別れの準備だったなんてと、笑える場面としてあったシーンが最終回の伏線だったとわかったときのやられた感は今まで見たドラマで一番だと思った。全ての伏線を理解できなかったことが悔しくて悲しくて堪らない作品でした。

% Complete
100% Complete
3
48 | | 2021-04-05 23:03:01

何度見てもまだまだ長瀬ロスで立ち直れません。初見で見た時はただただお父さんと同じであんなに不死身だと思っていた寿一が死んでしまったことに呆然として頭が追いつかなかったよ。でも何度も見るうちにこれはクドカンから長瀬さんへの最後の花道にふさわしいドラマの贈り物だったんだね。初めから死んでしまうことを前提に見てみればいろいろ合点のいくことがあり演出も憎めないなーと思ってしまう。誰からも愛された長瀬くん、寿一のいた席の空白は大きすぎて埋まらないけどそれさえも愛おしいと思いながらあの家族のように前に進もう。

% Complete
100% Complete
2
47 | | 2021-04-02 14:06:06

宮藤官九郎の脚本ということで、期待してみたが、そこまで面白いとは思えなかった。
というよりも、各話ごとの繋がりが弱く、先週どんな話だったっけ?となることが多数あった。
感動要素は限りなくゼロに近いと思う。制作側は感動させようとしているのかもしれないが、価値観の違いなのか、内容が浅く感じてしまい、ついていけなかった。
総合的に、キャストの無駄遣いで、演出どうこうよりも、脚本をもっと丁寧に描いてほしかった。

% Complete
100% Complete
2
46 | | haruru | 2021-03-31 15:14:01

最終回、かなり泣いてしまいました。予期せず家族を突然失った悲しみ。しかも逆縁。いかにも泣かせようというような演出じゃなくて、淡々と進む中に感じる深い悲しみが、さすがクドカン脚本だなあと思いました。
このドラマに起きている事は、特殊な家庭の特殊な出来事のように描かれているけれど、一般の家庭の中でもあることですよね。介護されている人より、介護していた人が亡くなったりする事とか。逆縁の悲しみを経験している人も沢山います。変わってやりたくても変わってあげることができない悔しさ。あの時ああしていれば、こんな事にならなかったのかなという後悔。それでも、残されたものは、これからも生きていくために、粛々と過ごしていかなければならない。
その後の観山家の様子を沢山知らせてくれて良かったです。生きている人間は、人生が続いているのだから、与えられている人生で幸せを追求しなくちゃ。
深い悲しみもあったけれど、見終わった後、心が温かくなって、元気が出た気がします。愛がいっぱいのドラマでした。

% Complete
100% Complete
2
45 | | 2021-03-30 05:37:01

最終回、いつものように家族の食卓から始まる普通のシーンから始まったと思っていたら、ドラマが進むといきなり寿一が亡くなっていると言う設定になっていて、驚きました。寿三郎よりも先に、いきなり亡くなっていて時間を遡って解説シーンがありましたが、私も受け入れるのに時間がかかり混乱しながら見てました。しかし、亡くなってから本当に気づく、寿三郎と寿一の深い親子愛と能の舞台の内容がシンクロしていて分かりやすく、とても感動しました。

% Complete
100% Complete
2
44 | | 2021-03-30 03:55:01

最終回で親子の別れだと思っていましたが、なんと寿一が先にいってしまうとは思いませんでした。かなりびっくりしてつらくて仕方なかったです。能の隅田川がなくした息子の話なので、それに合わせたんだろうなという意図を感じましたが、つらかったです。特に本番でお父さんの前にお風呂スタイルで寿一が出てきた時はその場違いなシュールさと寿一の想いに切なくなりました。寿一とお父さんの親子の会話は本当に泣けました。とはいえ、お葬式の長州さんの下りなど笑える場面もあり、心がなんだかぐちゃぐちゃになった気がしました。親が先に行くことが当たり前だと思いがちですが、こうした不慮の事態で自分の命がなくなってしまうこともあるんだから、家族を大切にという強いメッセージを感じました

% Complete
100% Complete
2
43 | | 2021-03-27 11:55:02

なんでだよ。初めにちらっと映った火葬場の煙突がなんだか分からないうちに始まったと思ったら寿一死んでたのかよ‥。もう泣けて泣けて仕方なかったよ。能をよく知らないから何週もそばにあった隅田川の伏線に気づかなかったよ(泣)俺なら出てくるって、そういうことだったのかよ。しかもお父さんも息子を褒めたら終わっちゃうことを感じていたなんて泣かないで見る方が辛いよ。人間国宝から言われた人間家宝、いい言葉だったね。でもね、やっぱり親より先に死んだらダメだよ。私も息子がいるから泣けて仕方なかった。

% Complete
100% Complete
2
42 | | 2021-03-27 11:26:01

自分の生活や過去の記憶と重なる部分も多く、観る前には終わってしまうのが惜しくて、最後にはたっぷり笑って泣ける最高のラストでした。つらい思い出に重なっても観たい!観なきゃ!見届けなきゃ!と思わせてくれたのは、主演の長瀬くんや西田敏行さんをはじめ、登場人物が本当に一生懸命で、人間らしくて、全力だったからだろうと思います。クドカンさんらしい、生きるか死ぬかのシーンでも容赦ない笑いの差し込み方が最高でした。

% Complete
100% Complete
2
41 | | 2021-03-26 00:03:01

"ここがいい"と家に戻ってきた寿三郎を徘徊と言っていたけど、しっかりと考えて行動に出たなら脱走とかそういった表現にしてほしかったな。愛想を尽かしたと思っていたけど、ちゃんと舞や踊介が施設に会いに行っていたのには驚いた。でも踊介が乗り込んできた万寿側についていて、跡を継ごうと考えていたのはちょっと浅ましいかなと、施設に行っていたのも得点稼ぎだったのかと思えてなんだか哀しくなった。
寿三郎は憎まれ口しか叩かないけど、結局寿一がプロレスを選んだことを恨むどころか応援していたくらいだったから、ご臨終かなという状況であの掛け声で戻ってこれた奇跡は笑えたし、ドラマならではの都合の良さを感じる前に涙が零れました。

% Complete
100% Complete
2
40 | | 2021-03-23 20:51:01

池袋ウエストゲートパークの時もそうだったけど、クドカンドラマはラブシーンが苦手なの?それとも長瀬さんが苦手なの?なんかいつもできない役だよね(笑)そこはサラッとしてもしなくても想像に任せるくらいでいいんじゃないかなと思う。それにしても毎回西田のお父さんには泣かされてしまうわ。うちの父も老いるほど無邪気になり、また老いるほど気難しくもなりそれでいて誰よりも子供たち孫たちがかわいくて仕方ないのがそっくり。いる時は鬱陶しいこともあったけど、今となってはいろんな場面が重なり涙なしでは見ていられない。

% Complete
100% Complete
2
39 | | 2021-03-20 10:51:02

シリアスな場面が多かったけれど、適度に笑えるところが多くて惹き付けられました。さくらさんの2ギガでいいわ!はちょっと面白かったです。ムロツヨシさんの存在感もよかったです。亡霊かと思いきやグループホームから出てきたお父さんでびっくりしました。グループホームが楽しそうに見えましたがやはり家にいたかったんだろうなと思いました。心拍数をおもちゃみたいにしてる演出は非難されるかもしれませんが、面白かったです。お父さんが復活するという奇跡が起こって一安心ですが、来週いなくなってしまいそうで今から悲しいです。

% Complete
100% Complete
2
38 | | 2021-03-18 19:37:01

介護されるようになると自分でできないことのイライラなのか、思った通りにしてもらえない腹立たしさなのか、わからないけどどんどん性格が尖っていく人も多い。でも自分が忘れてしまう前に家族にそっぽ向かれた寿三郎は自分の居場所についていつから考え始めたのかなとか、生まれたときから家に居場所がないと思ってた舞の気持ちを少しくらい理解できたのかなとか、そういったことを考えながら見ました。
秀生に稽古をつけようとして謡が出てこなかったときの辛さは計り知れなくて胸が苦しくなったけど、そんな現実と向き合えずまた寿一にキツい言い方をする悪循環。施設に向かうかどうかで"行ってほしいんだろ、お前といるよりましだからいくよ"と本音と強がりが混ざったこの台詞が全てだなと感じた。 
子供が生まれたシーンがラストにあってそれまであった重さが残らなかったので、とてもいい流れだなと思いました。

% Complete
100% Complete
2
37 | | つみき | 2021-03-17 20:26:02

ネットニュースの評価ではあまり高得点ではなく視聴率も悪いみたいだけど、私はこのドラマが好きです。
「能の家元の家」というシチュエーションはなかなか無いけど、「親の介護問題」はごく普通の家族にも起こりうる問題で、それを明るく表現しているのが好きです。
ちょい役の病院の先生に佐藤隆太が出てきたり、長州力が本人役で出てきたり...役者さんを贅沢に使っている感じが面白いです。
旦那の浮気に対する説教をするつもりが、長年我慢していたものをぶちまけるシーンは女性として共感出来る部分もありました。
寿一が元嫁の出産に立ち会おうとしてしまうシーンは、寿一の不器用な優しさが表現されてるようでウルッと来たけど、助産師さんに追い出されて笑いに変わるというテンポの良さが面白かったです。

% Complete
100% Complete
2
36 | | 2021-03-17 19:37:01

いやーダメだ。こういうのはダメだ、泣かないわけない。さくらちゃんとの結婚とかまいさんちのゴタゴタとか、元妻の出産とか家族としては人数がいればいるだけ問題起きるけど。なんと言っても寿三郎さんの親としての愛がもう泣けて泣けて仕方なかった。親だってボケたって馬鹿じゃない。息子の決めた決断に乗ってあげるのも愛なんだよね。すんなりグループホームへの入居を決めた。だけど別れの時。いつまでも寿一を見送った。息子の辛い決断を許すように気遣うように笑う笑顔に号泣してしまった。親はどんな時も肌身離さず育ててくれたのに自分は施設に頼る‥。それもいいじゃないか!こっちまで胸が張り裂けそうで困った。

% Complete
100% Complete
2
35 | | 2021-03-13 13:18:01

踊介の嫉妬や舞さんの旦那の不倫や寿限無の家出など家族がバラバラになり、まさかの寿一までけがをしてしまいましたが、ふたりの車椅子生活はシュールで笑えました。舞さんの寿限無への初恋はびっくりしました。さくらさんが資格を取ってよかったですね。お父さんが能を忘れてしまうところはなんとも切なかったです。グループホームへの入居というところに話が進むとは思わず、驚かされましたが、それがお互いのためなのかなとも考えさせれました。

% Complete
100% Complete
2
34 | | 2021-03-13 12:01:01

1週間働き、ようやく迎えた週末に大笑いしながら見られるドラマ。
クドカンの映画やドラマは、大笑いする展開のあと、ぽつりと呟かれた言葉が心に響き、ホロリと泣かされていることが多い。
舞が大州に対し、いつも小言を言いながらも、最後は必ず(ぶっきらぼうに)息子への愛情を垣間見せるところがとても良い。
見終わった後に温かい気持ちになるのは、このドラマにおける舞の存在の大きさだと思う。
あんな言い回しのできる母親になりたいと毎回思う。
寿限無が遅ればせながら反抗期を迎えたり、キャラ変を心配したが、やっぱり真面目で良いやつのままで安心した。

% Complete
100% Complete
2
33 | | 2021-03-13 09:37:01

さくらの感覚がよく理解できない。今までの想いの伝え方も突然だったりしたからプロポーズだと考えていたとは思わなかった。一番理解出来ないのは好きなだけ殺気を放ってほしいという言葉。子供ができても同じことを言うのだろうか?ちょっとズレてるところもあるけどユカの考え方の方がしっくりきたから余計に、恋してテンション高まって相手のこと全部受け入れてるだけに見えてしまって、寿一がここに落ちていくのは怖いなと思ってしまった。
親権の話はずっと出ていたけど寿一に父親がやれるとも、子供を育てられるとも思ってなかったので素直に親権がほしいわけじゃなく寿三郎に秀生の稽古をさせてあげたいという言葉が聞けてホッとした。 

% Complete
100% Complete
2
32 | | 2021-03-10 15:58:02

あんな風に武骨で男らしくて、それでいて育ちの良さが出て品がよく‥寿一さんだったらそりゃ後妻業の女だってイチコロだよ。私もイチコロ(笑)なのに一緒に苦楽を共にしたはずの元奥さんには違う印象なんだなー。家の中で殺気かー、思わず笑ってしまった。だからあんなヘラヘラした男を好きになったんだね。でも奥さんへの気持ちも秀生くんへの気持ちも本物なのにな。秀生くんの脳死体にはどうしたもんかと思ったけど、彼なりにあっちにもこっちにも気を使ってかわいそうじゃないか。お父さんが2人いてもいい、家族が増えていくって意識になってほしいな。

% Complete
100% Complete
3
31 | | 匿名さん | 2021-03-08 18:10:02

親権を巡る問題を、子どもにとって何が良いのかを考えさせる内容でとても良かった。親権に関しては、多くのドラマでは親同士の争いやエゴを中心に描かれるが、この作品ではそれぞれの親が子どもに寄り添おうとして、どちらの考えも正しいが、簡単には割り切ることができないという現実的な視点から描かれていて、難しい問題ながら、不快な気持ちを持たずに見ることができた。介護や後継者等の問題を真剣に描きつつ、そこに笑いを入れ込みながら展開するというこの作品の良さが反映されていたと思う。

% Complete
100% Complete
3
30 | | 名無し | 2021-03-07 15:41:01

秀生が書いたお父さんの作文に感動しました。新しいお父さんに気遣いつつも、本当は寿一のことが大好きだということが伝わり涙…。親権はなくてもいいから、寿三郎が生きている間は秀生と寿三郎を好きなだけ合わせてあげたいと奮闘する寿一の姿にも感涙しちゃいました。
また寿一がプロレスの試合の最後に、さくらへプロポーズしたことにビックリしました。ラブ要素を期待していなかっただけにドキドキ!またあの華麗なプロレスシーンは吹き替えなしで長瀬智也さんが演じているというから更にビックリしました!

% Complete
100% Complete
3
29 | | 2021-03-07 15:14:01

毎回だが、一話の中に色々な要素というか、ストーリーが組み込まれていて見応えがある。寿三郎の色恋相手も多種多様でそこも面白かった。個人的に毎回長女の舞の言動が楽しみ。おもしろすぎる。それと寿限無が早くみんなと仲直りというか、元のようになったらいいなぁと思ってしまう。今回もピリピリしていて見ていて少しつらくなった。少しずつではあるが距離は縮まってきているし、寿限無も本当はそんな態度を取りたくないのだろうけど、だからといってすぐ普通になんかできるわけないし、したくもないだろう。全てが全てうまくいくことはないがドラマの中だけでもハッピーに終わってほしいと願う。

% Complete
100% Complete
2
28 | 2021-03-07 04:59:08

クドカンと長瀬くんのタッグ自体がもちろん最高なのですが、ところどころにIWGPやタイガー&ドラゴン要素が入ってくるのがたまりません。池袋公園が出てきて、あの音楽が鳴る、テンションめっちゃ上がりました。中でも家族旅行に出かけたときに阿部サダヲが出てきたときは声が出てしまいました。
まだドラマは途中ですが、やはり今回はロバートの秋山さんの演技がたまらなくいいと思います。設定もめちゃくちゃ面白いですが、言葉一つ一つに笑いと感動、色々と考えさせられる内容なので、ほんとにいい味出してると思います。

% Complete
100% Complete
3
27 | | 2021-03-06 09:03:01

寿一とゆかさんの話し合いはものすごく怖かったですが、夫婦という関係の難しさを感じました。峯村リエさんの変わった弁護士役が少しの出演なのに存在感があって面白かったです。寿一さんとさくらさんの会話がゆかさんとのとげとげしい態度と対比になって余計に胸キュンになりました。さくらさんがかわいすぎです。まさか本当に窃盗が起こってるとは思いませんでした。お父さんの認知症は心配ですね。秀生くんの作文はとても泣けました。

% Complete
100% Complete
3
26 | | 2021-03-05 16:33:02

昭和感満載な言動にドン引き。元カノに会うって1人かと思ったのに次々と。しかも今でも彼女たちは自分を好きで自分が会いに行ったら、何かあげたら喜ぶと本気で信じている姿にはげんなりしたけど、それを軽くあしらう女性たちがよかった。
自分が酷いことをした、という自覚があったはずの本命の女将に、滅茶苦茶冷たく拒否されて"来なきゃよかった"は笑えた。女性のことを物か何かだと思っているのか、自分の優しさに酔って昔を忘れられない男って可哀想だなと感じました。

% Complete
100% Complete
3
25 | | 2021-02-28 22:23:01

若干、脚本家のお遊びが過剰な気がしたな。潤沢のくだり、宗家をステージに上げるには必要だったのかもしれないけど、ちょっとくどい。
宗家がわがまま言うのは、結局いつまでも「仕方ない親父だったな」と覚えていてほしいからなんだね。
それまで寿一や踊介と同じように「めんどくさい親父」と思って見ていたことがちょっと恥ずかしくなったよ。
邪魔者扱いされて同行しなかった末広さんも、旅行したくて言ってたんじゃなくて本当に心配だったんだね、イイ人だ。
素敵な笑顔の新しい写真が撮れて、本当に良かった。旅行に行って良かったね。

% Complete
100% Complete
4
24 | | ももん | 2021-02-27 15:48:18

毎週楽しく観てます!クドカンの脚本はやっぱり面白い!

% Complete
100% Complete
2
23 | | 2021-02-27 10:55:02

面白いネタがもりだくさんでつい笑ってしまいました。さすが阿部サダヲさんの破壊力です。潤沢の舞台に圧倒されてしまいました。フェイスシールドを外して大丈夫なのかと不安でしたが、おばさんたちは気づかなかったんですかね。即興とは思えない質の高さで驚きました。末広さんの隠れたアシストにもなんだか感動しました。さくらさんがめちゃくちゃかわいかったです。寿限無はまだ反抗期だったり、確執はありそうですが、少しは絆が取り戻せたんじゃないかなと思いました。

% Complete
100% Complete
5
22 | | 2021-02-27 10:37:02

今期1番好きなドラマだけど、今回は面白くなかったな。最後はみんないい笑顔で写真に収まったから観山家としてはよかったんだろうけど、自分が子供だったらこんな家族旅行嫌だ。でも大州くんも秀生くんもほんとにいい子で癒された。中でも秀生くんのおじいちゃんへの思いやりに泣けた。車から降りて走り出した時、布団の中で泣いた時、てっきりこんな家族旅行嫌だって言うのかと思ったら違ってびっくり。おじいちゃんと抱き合って寝た姿はほんとに孫だった。

% Complete
100% Complete
4
21 | | 2021-02-25 17:28:01

さくらの"好き"とか"返事は直ぐじゃなくてもいい"とか"今日誕生日だったな"というセリフがいちいち裏がありそうで、いろんな意味でドキドキ。素直な気持ちならそれはそれでいいけど、下心というか企みが絶対にないと言えないところが絶妙だなと思いました。でも寿一にはさくらに良いようにされないでほしい。
こういう世界ならこういうこともあるんだろうなと思いながらも、寿三郎の昔の女が多すぎてやっぱりちょっと引く。
今後再会して謝罪する展開で面白くなるのかちょっと不安。

% Complete
100% Complete
2
20 | | 2021-02-22 01:06:02

分かる分かる!どうしてこうも年老いた親って気まぐれなんだろうって思ってた。自分の親の性格か?って思ってたけど少なくともそういう親がいるってことが分かってなんか安心した。子供だっていろいろ考えてこないだのシルバーカーとか今回の旅行とか、良かれと思ってやるけどなかなかシルバーの心のうちは繊細で難しいんだよね。健康と生きる質や喜びってまた別のところにあるのも難しい。あれもこれもダメって言っていつだかも分からない寿命を延びるかも分からない寿命を延ばす意味。老いた時の気持ちも分からない。介護ってほんとに体も心も寄り添うってことなんだね。

% Complete
100% Complete
3
19 | | 2021-02-20 09:51:01

寿限無の遅れてきた反抗期のやり方が本当に中学生みたいで面白かったですが、寿一とのプロレスのやりとりは泣けました。自分の人生はなんだったんだと考えてしまったと思うとすごくつらいですね。彼だけが観山家のために頑張ってきたのに、みんな自分勝手すぎます。さくらさんの好き、はかわいすぎました。彼女の真意がとても気になります。家族旅行はもっと後半のお楽しみなのかと思いきや、このタイミングで行くのは意外でした。またいろいろありそうですね。お父さんの女性関係が予想以上にいろいろあって少しひいてしまってます…。

% Complete
100% Complete
2
18 | | こっこ | 2021-02-17 03:07:01

回を増すごとに面白さもドンドンと増してきています。まさかの寿限無の実の親が寿三郎という展開に驚かされました。また、それを知った寿限無はいつもと変わらない様子で振る舞う姿は視聴者としても大丈夫だろうか?と心配してしまいましたが、最後の寿限無のクソジジイというセリフによく言った!と思いました。寿限無の抑えていた本音の気持ちを寿三郎に出せたことが嬉しく思いました。そうやって、家族の溝やわだかまりを目を逸らすことなく、向かい合ってぶつかっていくところが見ていて、気持ちが良く、心がうれしくなります。

% Complete
100% Complete
3
17 | | 2021-02-17 02:01:01

寿限無が鐘の中で鬼になる。上手いこと能と話を絡めてくるのは落語と絡めたタイガー&ドラゴンやいだてんにも似た見事な作り。クドカンはほんとにすごいなと唸ってしまう。ところでお父さんよ?寿限無のおとしまえって。死んでいく自分に何の悔いもなくやれることはやっておこうと思ったのかもしれないけど、独りよがりも甚だしいとは思わないのか?寿限無の気持ちはどうしてくれるんだよ。遺産のことがあったのかもしれないけど、今更自分が父ですって言ったところでなんなんだよ。これで自分は悔いなく死んで行けるのでも?ふざけんなよ!!

% Complete
100% Complete
2
16 | | 2021-02-13 10:01:01

かねこうけん、を調べて出てきた金子賢に思わず笑ってしまいました。ちょいちょい面白いネタを入れてきますね。さくらさんとお父さんのビューティフルライフごっこも素敵でした。さすがTBSですね。なぜ寿一がスーパー世阿弥マシーンで助けにきたのか謎です。大州くんのなんとも切ない気持ちを逃げた経験のある寿一が受け止めてあげてるのが素敵だなと思いました。突如出てきた寿限無の話はびっくりしました。実は本当の息子だったとは…。なんだか話を複雑にしそうです。寿限無のラストのくそじじい、の破壊力がものすごかったです。

% Complete
100% Complete
4
15 | | 2021-02-11 19:26:01

介護でのお風呂の世話にシャンプーハットやアヒルさんが登場するだけで何だか明るく見えたのが不思議でした。ただ辛い、面倒な作業感を感じさせない演出に加えて、本音で話せる場所になっていたのはとても印象的だった。100年生きる時代になって親の介護から目を背けられなくなったけど、こういう家族の形もあるんだなと、嫌味なく可能性を提示してくれる演出には少しホッとできました。
もちろん綺麗事ばかりじゃないけど、こういった良い形になり得るかもと思えるだけで何かが変わっていけば良いなと思った。

% Complete
100% Complete
3
14 | | 2021-02-06 09:23:01

俺の家の話。そうこれはあくまであの家族の話。親子関係や介護の問題世継ぎの問題はその家庭それぞれ全部事情が違う。なんだかんだ言ったって兄弟3人がみんな当事者意識を持ってガヤガヤ集まってくるうちって相当少ないよね。だいたいは役割を決めたらそれだけ。大抵は長男の嫁や長女に委ねられる。で、みんなが親の今よりその先のゴールを考えながら歩いてく。死に方が分からないとおじいちゃんが嘆いた。そりゃそうだよ、みんな死んだことないんだから。広げた風呂敷をどうしようかとみんなが考えてくれる。それだけでも十分幸せなことだね。

% Complete
100% Complete
4
13 | | 2021-02-06 08:51:01

ちょいちょい面白いネタが入ってきて思わず笑ってしまうシーンも多かったです。介護という重いテーマだからこそ楽しく見れるのはいいですね。さすがに能をやりながらプロレスをやるのはちょっと無謀ですよね。能のお面をかぶってプロレスするのはかなりシュールで面白かったです。さくらさんの私の家の話が突然能で始まるところは斬新すぎでしたが、能の世界観を楽しめた気がします。お父さんの胸のうちもなんだか切なかったです。スーパー世阿弥マシーンが能をやればいいのに、という一言はちょっとしみました。

% Complete
100% Complete
3
12 | | 2021-02-04 23:07:01

長瀬さん、プロレスやってる姿も能を踊っている姿もほんとにかっこよくて素敵。もうドラマで見られないかもなんて考えたくないよ。お父さんとの掛け合いも優しさが溢れていていいね。あんまり仲が良すぎるからなんで25年も離れていたのかは理解できないけど。介護ってほんとにあそびじゃない。見るのとやるのでは大違い。子供が何人いたって誰も世話してくれないこともあるもんね。頼りになる長男がいるから妹も弟も口を出すだけで済んでいる。そのことにもうちょい突っ込んでもいいんじゃないか?

% Complete
100% Complete
3
11 | | 2021-02-04 12:14:01

良く言えば素直すぎる後妻業に笑ってしまった。
さくらを詐欺師とするのは簡単だけど、老人が死に近づくと自分の利益を増やそうと企むのが人の性というもの。面倒は見たくないけど遺産はほしいと言う家族と、面倒を見るから遺産がほしいというさくらのいったい何が違うのか。家族は何もせず、さくらの介護が献身的だったなら自分だって自分のために何かしてくれた人に残したいと考えると思った。恋愛的な気持ちがまったくないというのもスッキリしていてよかった。そして一旦はフラれて落ち込んだ寿三郎がしばらくしてそのことを忘れてしまったので、思わず笑ってしまいました。
介護の話はとても重いものなのに自然に笑ってしまうそんな演出が散りばめられていて、先の展開も見えないので楽しめそうだと感じました。

% Complete
100% Complete
2
10 | | mayutake53 | 2021-02-01 15:01:01

ドラマの設定がまず上手い。日本古来の芸術であるが一般的には馴染みのない「能」の一家が舞台。宗家観山寿三郎が危篤で入院する所から始まる。
一方で流派を継ぐべき長男寿一は若い時に反発して家を出てプロレスラーになっている。急に入院先の病院に駈け付け、兄弟達とも久しぶりに会う。
奇跡的に復帰した父親だが介護者の認定を受けるも、ヘルパーのさくらと結婚すると言い出す。見所の一つは、寿一が一念発起して宗家を継ぐ決心をし、一門の衆に実力を認めさせるため高砂を懸命に舞うシーン。
寿三郎の激も飛ぶ。他の見所として、寿一は介護者である父の面倒も見る点。風呂場での世話(体洗い)は血縁の者がやるしきたり。寿三郎のブヨッとしたお腹を見つつ、下半身を洗ってやる寿一が実に滑稽で、物悲しい。
家族での食事シーンも面白い。長女の夫であるラッパーのセリフ回しも怪しくて可笑しい。寿三郎の認知具合を図るかのシーンで、動物とか、野菜とか思い付くモノを言わせる所で最近の事・肝心な事を思い出せず、スラスラと言えずに焦りまくる寿三郎。演技が光る。その他、さくらの理路整然としたヘルパーとしての口っぷりも安定した演技。
寿限無の役柄の為かいつもと違う抑え気味の演技も脇を支えている。

% Complete
100% Complete
3
9 | | 2021-01-30 12:37:01

寿一が能を練習してこなしているところは感激して思わず胸が熱くなりました。長瀬智也さんの熱演が本当に素晴らしいです。お父さんとの入浴の時間が親子の時間で大変なのにそれを引き受ける寿一の覚悟も改めて感じました。さくらさんの正体が2話にして判明してしまったのは意外でした。そして正直に恋愛感情がないことを告げてしまうのもびっくりです。これから寿一との関係が始まるのか気になるところです。秀生くんの能の稽古は楽しそうでこちらも嬉しくなりました。褒められる息子へ嫉妬をしてしまう寿一もなんだかかわいく見えました。お父さんのことだけでなく、秀生くんのことも心配ですし、いろいろ考えることがありますね。お父さんひとりプロレス行ってしまったのはやはりうかつですよね。誰か他に連絡できなかったのか…。

% Complete
100% Complete
2
8 | | hr | 2021-01-29 12:10:01

面白い!とにかく面白い!クドカン作品ならではのコメディなんだなあと思いきや、最後の最後で西田敏行さんの演じる寿三郎の介護の話が出て、認知症の芝居が上手すぎて、リアルすぎて、すごく切なくなった。能の台詞は覚えていて、野菜の名前が言えない。これが老いというものなのかと衝撃を受けた。長瀬さん演じる寿一が、息子だから親の介護に抵抗感あるところは本当にリアルだなあと感じた。それまでの話の流れがとてもコミカルだったから突然介護と言う重たい問題がドシーンと来たのもあって、とても泣けた。話の作り方がさすがクドカン。予想外な展開がぶっ込まれて、先の予想が全くできない!だからこそ面白い!

% Complete
100% Complete
4
7 | | 2021-01-28 19:51:02

プロレスのことはまったく詳しくないけど、それでもわかる人たちの名前がポンポン出てきて、リングでの演出も見たことのあるものだったので優しいなと思いました!
前半は説明が多いというか詰め込みすぎなところもあってテンポが早いなと感じたが、逆にトロかったら途中で断念してたかも。やり過ぎだけど最後まで見るとちゃんと意味があって、ギリギリ許せる範囲でこういうことをするクドカンはすごいなと。コメディ要素はあるけど現実的にかなり重い介護がメインの話で、10年以上ぶりなのに寿一役の長瀬さんのキャラというか、動かし方を心得ている感じがとても良かった。ヘルパーのさくらの存在が異質で寿一たちとの出逢いでどんな化学反応が起こるのかわくわくしました。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2021-01-25 13:55:01

やっぱりクドカンと長瀬さんのタッグは面白い。長瀬さんの体づくりは本物ですごく大きくなっててほんとにプロレスの試合に出られそうだよね。本職の人と並んでも見劣りしないだろうな。笑いがちょいちょい含まれてるけど、本質はどの家でも起こりうる話。年老いた親の終活。誰がどんな風に面倒を見てどう人生を終わらせるか。人って一人でも生まれないし一人でも死なないんだね。この世での後片付けをきれいに済ませて誰に迷惑をかけることなく死にたいけどそうはいかない。参考にさせてもらうわ。

% Complete
100% Complete
4
5 | | 超子力 | 2021-01-25 12:10:01

役者は揃った!これぞクドカン劇場と言えるドラマ。
本来ならば深刻で、真面目に考えると暗くなりがちな題材を、おもしろ可笑しく、そして分かりやすく伝えてくれる。
社会の深刻な問題(老人介護など)に切り込んだ、ホントはメッセージ性が強い作品なのに、押しつけがましさは一切感じさせない。「見た人達がそれぞれどう感じるかは自由です…」っていう感じで、1つの話の中に考えさせらえるポイントが幾つか散りばめてある。
また、クドカン劇場には、濃い目なキャラで演技力も確かな役者や、演技力は無いけれどキャラが立っていて、キャラだけで役にピッタリと当てはめた人が登場するので、そちらに目線を逸らせて深刻さをあまり感じさせずに面白おかしく見せるマジックがある。

% Complete
100% Complete
3
4 | | 2021-01-25 00:23:01

プロレスラーの長瀬が父危篤の知らせを受け25年振りに帰省し、「家を継ぐ」と病床で話す展開から、少し感動的な話に入って行くのかと思いきや、長瀬がプロレスラー辞めた途端、父退院。さすがクドカン、笑えます。しかも退院後、父親役の西田敏行は戸田恵梨香との再婚を打ち明け、財産も渡すと言う。この急展開な感じが、面白い。西田敏行も急に剽軽になるし。
でも最後は、認知症が出始めた父親の世話を長瀬がするシーンはグッときました。
クドカン、あっぱれです。

% Complete
100% Complete
3
3 | | まめ | 2021-01-24 22:14:02

宮藤官九郎さんらしい笑いと感動、そして細かいキャラクター設定やギャグがたくさん詰め込まれた作品でした。人間国宝で能楽師である父に逆らい、家を出てプロレスラーとして活躍するも、父が倒れたことをきっかけに跡を継ぐことを決め、父親と正面から向き合っていくと決めたシーンは感動しました。介護やシングルファザーなど、現代社会で多く問題となっている要素を所々に取り入れ、考えさせられるドラマでもあるなと思いました。父親の新たな婚約者として現れた戸田恵梨香も今後気になります。

% Complete
100% Complete
2
2 | | 2021-01-23 12:57:59

親の介護というシビアだけれどいつかは考えないといけない問題に真っ向から立ち向かうドラマでちょっと見るのがしんどくなりました。久しぶりに実家に帰り、父親のおむつを替えることになるなんてなんとも切ないですが、それにちゃんと向き合っているところはすごいです。じんわりきて泣けました。婚約者として現れた謎のヘルパーさくらの存在も怪しすぎです。お父さんも子どもたちにいろいろ負担をかけておいて遺産を残さないなんてちょっとひどいなと思いました。これから寿一が本当に宗家を継げるのかも気になります。

% Complete
100% Complete
2
1 | | 2021-01-23 10:51:01

クドカンと長瀬くんのタッグで絶対に面白いだろうと期待していた。1話をみてやっぱり面白かった!お父さんが危篤になった時点で、亡くなった後の話をするのかと思ったら、あっさり元気になっていてびっくり。キャストも演技が抜群に上手いし、アドリブだろうなと思うシーンやコメディ要素はたくさんありながらも、お父さんが野菜の種類がうまく出てこないシーンは切なくて涙が出そうになった。介護シーンは自分自身もいつかああなるのかと考えさせられるものがあった。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『俺の家の話』のキャスト一覧