半沢直樹 (2020年版)

2020年7月期
総合評価: 4.14 / 5.0 (回答者数14人) 142 位 / 516件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.2 /5.0(84.2%) 149/516件中
キャスト 4.4 /5.0(87.2%) 210/516件中
演出 4.4 /5.0(88.6%) 72/516件中
音楽 3.9 /5.0(77.2%) 221/516件中
感動 3.1 /5.0(62.8%) 323/516件中
笑い 3.0 /5.0(60%) 302/516件中
スリル・興奮 4.6 /5.0(91.4%) 17/515件中
14コメント
14 | | 匿名 | 2020-08-07 16:35:01

今回もまさにぎりぎりの攻防戦で、見ていて心臓に悪かったですね~。そして半沢の因縁の相手・黒崎がやってきた事によって更にハラハラしましたね~。『フォックス買収計画.pdf』がまさに開けられてしまう瞬間に消した高坂がナイスでした!伊佐山って三笠に寝返ったと思っていましたが、全てが大和田の為にだったのがゾッとしましたね。でも大和田が半沢潰しの為にやってることだとしたら、自分たちの会社の子会社・セントラル証券自体がヤバくなってしまうのでは?と思いました。
余談ですが・・家のTVだけなのか、サブタイトルみたいな欄に『黒崎登場!な・お・き、お仕置きよ』って書いてあったのが(ドラマと世界観が違うので)引きました

% Complete
100% Complete
2
13 | | うみこ | 2020-08-07 11:23:02

半沢の逆襲がいつから始まるのか、ドキドキしながら見ています。最近の半沢直樹シリーズは、表現や演出が過激で、笑ってしまうところもあります。現実ではそんな言い方しないよなっとツッコミを入れています。ただ、やっぱり逆襲が始まると食い入るように見てしまいます。これからどうやって伊佐山を崩していくのか、そこに大和田はどう絡むのか、また、黒崎は何を隠し持っているのか、疑問は沢山あります。この疑問が解決される日はいつ来るのでしょうか。1分1秒の戦いが繰り広げられています。その戦いの様がこのドラマを引き付けるものになっていると感じます。

% Complete
100% Complete
2
12 | | 2020-08-06 20:10:01

前作から待っていた続編がようやくスタートということでかなりの期待を持って視聴を開始。21時の前には家事もお風呂も終わらせて夫とテレビの前に待機するくらい期待度Max!半沢の勢いはさることながら、他の役者たちの味もますます増している。特に歌舞伎役者たちの演技は一品。こんな上司が職場に居たら普通にパワハラだし労基に訴えたほうがいいだろう、というツッコみをしつつ、そのストーリーの流れに引き込まれていく。針の穴を通すような突破口を見つけて最後にどんでん返しが気持ちよい。だが、それで終わらないのが半沢直樹。最後の最後で次回へ繋がる不安要素を用意してくれて終わる。また来週が待ち遠しくなる。早く続きが見たくてしょうがない。今回もそんな構成のドラマで大満足。

% Complete
100% Complete
2
11 | | 2020-08-06 18:01:01

伊佐山だけで充分だと思うのに大和田を出して、その上黒崎まで出てきて、これはもう無理やりという感じ。でも黒崎が登場していたシーンはサラリーマンが主人公のドラマなのにスリルとサスペンス満載という感じ。しかもわずかの時間の間に状況が二転三転して、振り回されるというか意表を突かれる。しかし、フィクションで、主人公だからなんだろうが、半沢は勘が良すぎる。普通ならスルーするだろうというところに引っかかる。名探偵がいよいよ核心に迫ってきたという感じだ。

% Complete
100% Complete
2
10 | | 2020-08-03 13:58:01

久しぶりの黒崎さんはやはりインパクトありすぎるキャラクターですね。すごい嫌みっぷりでした!高坂さんのハッキングぶりも素晴らしかったです!浜村さんとのちょいラブシーンにもキュンとしました。かわいいです。それにしても証券会社の社長はぼけぼけしてる人で大丈夫かな?と思いました。
社長同士の会社を守ろうとするプライドの戦いにとてもドキドキしました。半沢さんが感謝と恩返しだ、という話は本当に素晴らしいと思いました。半沢さんの基本はそこにちゃんとあるからいいビジネスができるんだと感じました。

% Complete
100% Complete
2
9 | | 2020-08-02 20:06:49

今週もあのよく動く表情と強弱のつけすぎで笑うシーンじゃないのに笑えてしまう台詞を真面目な顔して聞いている半沢に拍手を送りたくなりました。大和田さんが半沢に言った"おしまいDEATH!"のわざとらしい発音はアドリブなのかととても気になりました。
大和田さん演じる香川照之さんの振りきった演技が嫌味な悪役をコメディっぽく見せる魅力になっているので、ラストでにっこり笑って"面白くなってきましたね"と言った大和田さんに強く同意しちゃいました。憎らしいのに憎めないキャラを確立させるって本当にすごいと思います!

% Complete
100% Complete
2
8 | | 2020-07-29 15:07:01

今回も面白かったです。スパイラルが新株発行するかどうかの瀬戸際は緊張感あり、ドキドキしました。みんなに騙されて瀬名社長がかわいそうです。人間不信になりますね。あとは皆朝早くお仕事されてるんだなーというのもよくわかりました。8時前にいろいろ動いていたってことは7時代ですからね。前の日も遅くまでなんだかんだやっていたので睡眠時間足りないのでは。と心配です。
伊佐山さんの演技が濃すぎてひどいですが、一周回ってそれも面白いと思い始めました。

% Complete
100% Complete
2
7 | | 匿名 | 2020-07-28 23:55:02

今回も途中途中で「間に合うのかな」とハラハラしましたね~
スパイラル社をめぐっての新株取得に、「ホワイトナイト」として登場したフォックス社にも東京中央銀行の息がかかっていた事に本当に驚きでした!
全ては伊佐山が仕組んだ事に「なんて汚い手を使うんだ」という思いと、現実にも銀行ってこんな事までするのかとの疑問もわきました。
もし本当にこんな風に企業買収が行われていたら怖いです。
大和田と伊佐山が微妙な関係に見えるので、この先この2人が組まないといいな、と思います。
半沢の反撃が楽しみですね。

% Complete
100% Complete
2
6 | | 2020-07-27 08:28:01

歌舞伎役者が出演しすぎては?と思ってしまった。
原作も読んだけど、大和田がまた出てきて驚いた。彼が出ることで原作のストーリーが変わるのかなと少し不安。あと気になったのは、大和田と伊佐山のキャラが被りすぎている。伊佐山の演技をもう少しライトにしてほしかった。
ストーリーの内容は、初回からドロドロとした展開で少し疲れてしまった。とはいえ、前作から7年も待った待望の続編なので、見続ける予定。今後の展開に期待しようと思う。

% Complete
100% Complete
2
5 | | 2020-07-25 21:51:01

前作は大和田が半沢のことを取るに足らない存在だと思っていたからこそ下剋上とも言える倍返し演出がぴったり合っていましたが、今回は大和田を窮地に立たせた"敵にするとヤバい奴"というレッテルが半沢に貼られた状態からのスタートなので期待と不安がありました。前作の再放送を見てからの視聴になりましたが、キャスト、迫力のある顔芸やテンポの良さ、やり返した瞬間の爽快感などいい意味で変化がなかったのでとても楽しめました。
ただ猿之助さんの、表情で馬鹿にしている感じが過剰すぎて面白いシーンでもないのに笑わずにいられなかったです。それと女性が仕事面で戦力として数えられていないような、時代が変わっていない印象を受けたので、瞳の活躍や男性より強かな女性と半沢の戦いも見れたらいいなと思いました。

% Complete
100% Complete
0
4 | | はらぺこあおむし | 2020-07-25 18:41:01

来た来た来た~!といった感じですね(笑)今回は勢力の弱まった大和田に代わり、伊佐山が半沢の最大の敵に。頭取が大和田を飛ばさなかったのは意外でしたが、やはり父親の敵である大和田をこのドラマから外すわけにはいかないですもんね。それにより大和田は頭取に鞍替え、伊佐山は副頭取に鞍替え。スパイラルでは仲間の裏切り、半沢の周囲でもスパイ役が…と、早くもあちこちで不穏な動きが同時進行していて初回とは思えぬスピード感と面白さ。これまたヒットしそうですね。しかしこのドラマ、なんでこんなに歌舞伎役者を揃えるんでしょうかね(笑)

% Complete
100% Complete
0
3 | | 2020-07-24 04:55:02

やはり池井戸ドラマの真骨頂だなと思いました。引き込まれてしまいました。伊佐山さんが突如悪役として出てきましたが、半沢への恨みが間接的すぎて正直微妙だなと思いました。そして大和田常務も裏切るなんて自分のことしか考えてない人ですね。今回は若い人がたくさん登場してフレッシュ感があります。スパイラルの社長には頑張ってほしいです。みんな自分の出世を考えてるけど今時の若者はそういうのあまり興味がないので、このドラマが前シリーズより受け入れられるか疑問です。あとは結婚記念日にも早く帰れない半沢さん、もっと家族のことを考えてほしいなと思いました。

% Complete
100% Complete
1
2 | | 2020-07-21 22:47:02

半沢直樹といえば、敵対する相手に対しての不正を暴くセオリーですが、銀行から新たに伊佐山が登場し、早速半沢に対しての立ち振る舞いやいきなりの顔芸にワクワクさせられました。それに対して半沢も相変わらずの強気な態度で対抗し、新たなセントラル証券でも、スタッフを率いて意地を見せるところは、懐かしさや感動をおぼえました。更に、今回はストーリーに関わってないが、三笠や大和田もどんな関わりを今後していくのか楽しみです。「倍返し」の名ゼリフも聞くことができて最高のスタートになってます。

% Complete
100% Complete
1
1 | | 匿名 | 2020-07-20 09:35:01

まるで前シリーズが先週終わったみたいな出演者たちの熱量が凄いですね!
初っ端からいきなり『THE 半沢直樹!』が始まったって感じでした。
親会社の銀行って、子会社の証券会社の大型案件を簡単に横取りしてしまうものなんでしょうか?
これって当たり前の事なのか、半沢がいるからなのか・・?
とにかく、半沢には相変わらず『倍返し』しなきゃいけない人が大勢いそうですね~
そういえば前回出てた大和田が、いつの間にか頭取側に寝返って『取締役』になっていたことに驚きました。
今回も銀行(大和田)VS証券会社(半沢)なのかな?

% Complete
100% Complete
1

関連レビュー

『半沢直樹 (2020年版)』のキャスト一覧