令和元年版 怪談牡丹燈籠

上白石萌音 (お露役) の演技はどうでしたか?

2019年10月期

令和元年版 怪談牡丹燈籠』での上白石萌音 (お露役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

上白石萌音 (お露役) は 「2019年10月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

254票 (87%)
37票 (13%)
5コメント
5 | 2019-10-30 20:08:01
イマイチ...

決して本人のせいではないんだけれども、恋煩いでころっと死んでしまう役には似合わないと思った。
丸顔で健康的なんだもの。もっと細面で儚い感じの人じゃないとこの役にはふさわしくないんじゃないだろうか。
CG変化の時のはじけっぷりは評価したい。

% Complete
100% Complete
-2
4 | 2019-10-22 22:32:00
よかった!

怨と艶、素晴らしかった

% Complete
100% Complete
9
3 | 2019-10-22 19:23:30
よかった!

目をカっと見開いて何とかして屋敷の中に入ろうと躍起になる姿が必死で、お露の激しい愛と拒絶された哀しみ、凄まじい怒りが伝わってきました。CGで目が光ったり顔が醜く腐ったりしていましたが、何も加工しない素顔で「お心変わりが恨めしい…」と震えるような小声でつぶやく姿の方が何倍も怖かったです。愛が重すぎてともすればただ恐ろしいだけのストーカーに見えてしまう紙一重な女性ですが、上白石さんの可憐な容姿と繊細な演技のおかげで儚さと一途さが前面に出た切ないお露になっていたと思います。

% Complete
100% Complete
17
2 | 2019-10-14 16:34:04
よかった!

新三郎を想うあまりどんどん弱っていく儚げな姿と、志丈に「一目だけでも」と必死に頼み込む女の情念や執念を感じさせる狂気的な一面のギャップが印象的で、新三郎への愛の深さと重さがより引き立っていたと思います。亡くなったあとも新三郎に会いに来てしまうその後の展開に説得力が感じられました。見た目が幼く愛らしい分、醜い幽霊の姿がより恐ろしく感じられたのも良かったです。

% Complete
100% Complete
11
1 | 2019-10-11 18:49:58
よかった!

落ち着きのある話し方と上品な身のこなしが育ちの良さを感じさせ、箱入り娘らしさが出ていて良かったです。帰宅が遅くなったことをお国に咎められるシーンでは「出迎え、大義であった」と毅然とした態度で身分の違いをしらしめるなど、お露の気位の高さとお国への嫌悪感を滲ませ、単なるおっとりしたお嬢様ではないキャラクターとしての面白さを感じさせました。お琴を弾くシーンも素人目にはとても自然で上手に見えました。

% Complete
100% Complete
15

関連レビュー

『令和元年版 怪談牡丹燈籠』の感想 5コメント

『令和元年版 怪談牡丹燈籠』のキャスト一覧

上白石萌音の関連レビュー