高嶺の花

小日向文世 (月島市松役) の演技はどうでしたか?

2018年7月期

高嶺の花』での小日向文世 (月島市松役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

小日向文世 (月島市松役) は 「2018年7月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

50票 (100%)
0票 (0%)
6コメント
6 | 2018-09-13 18:17:40
よかった!

鋭かったり穏やかだったり、目の使い方だけで今家元として話しているのか、父として接しているのかを演じ分けていたのがさすがでした。和服もよく似合い、所作も美しくてただ黙って座っているだけなのに存在自体に重みがあり、神と崇められる家元という説得力が感じられたのも良かったです。

% Complete
100% Complete
3
5 | くふ | 2018-08-11 16:06:02
よかった!

着物がとても似合っておりセリフの言い回しや立ち居振る舞いから威厳がとても感じられていつも引き込まれています。また、いろんな役の方たちを追い込んだり、見抜いてしまうところ演技が見どころです。また、お花の扱い方が素敵です。

% Complete
100% Complete
2
4 | 2018-08-09 23:03:38
よかった!

5話でももに出生の秘密と母への愛を語るシーンが素晴らしかったです。いつもの冷酷さはなく、穏やかで少し哀しげな表情をしていたのが印象的で、前妻を今でも愛していること、家元ではなくももの父親として語っていることが伝わってて切ない気持ちになりました。市松の人間らしい一面が垣間見れたのが良かったです。

% Complete
100% Complete
3
3 | 2018-08-03 13:01:17
よかった!

凡人とは違う異質さや偏狂的な雰囲気を表情や存在感だけで表現しているのがさすがだと思います。言葉を発しなくても普通とは違うと一目で分かる迫力と天才ゆえの孤独が伝わってきますし、妻や子供に向ける表情とは思えない冷酷な眼差しがとても怖いです。

% Complete
100% Complete
3
2 | 2018-07-27 22:48:15
よかった!

前クールのリチャードとは全く違う冷たい眼差しと、その場にいるだけで空気がピーンと張り詰める緊張感漂う演技が素晴らしいです。表情がほとんどなく、話し方も淡々と落ち着いたものなのに発する言葉一言一言に迫力と有無を言わせぬ威圧感があり、誰も逆らえない絶対的な存在というももの言葉にも説得力があります。

% Complete
100% Complete
4
1 | 2018-07-27 14:37:56
よかった!

流派を守り抜くためなら手段を選ばない。たとえ娘の幸せを犠牲にしようとも。 父親としては冷徹だけど、やっぱり一流の芸術家、ましてや家元という立場にある人なら、そこまででもするのかなぁーと妙に納得させられます。それは小日向さんの演技力あればこそ、なのかも。 今作は、あのホンワカした笑顔封印なんでしょうね…厳しい顔も好きだけど!

% Complete
100% Complete
4

関連レビュー

『高嶺の花』の感想 43コメント

『高嶺の花』のキャスト一覧

小日向文世の関連レビュー