麒麟がくる

風間俊介 (徳川家康役) の演技はどうでしたか?

2020年10月期 2020年7月期 2019年4月期

麒麟がくる』での風間俊介 (徳川家康役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

風間俊介 (徳川家康役) は 「2020年10月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

145票 (90%)
17票 (10%)
12コメント
12 | 2020-10-13 00:01:49
イマイチ...

いつも暑苦しい演技ばかりしている。本人は上手いと思っているかもしれないが。徳川家康には向いていない。一揆に失敗して磔になる百姓の役なんかの方が似合っている。

% Complete
100% Complete
0
11 | やす | 2020-09-16 20:21:02
よかった!

演じる役の心情に感情移入できる素晴らしい演技でした。1シーンごとの表情、声のトーンなどよく考えて演じており、どのシーンも良く演じられていたと思います。欲を言うのであれば迫力を出さないといけないシーンについては表情が若い分もう少しという印象を受けました。

% Complete
100% Complete
2
10 | 三輪 | 2020-07-06 21:28:01
よかった!

徳川家康の役で彼を見た時、固定観念がぶっ飛びました。大河ドラマの家康はたいてい最後に天下を取るということで、我慢に我慢を重ねた狸のようなイメージしかありませんでした。それが、この爽やか風間が演ずるなんて。彼は決して演技は下手ではありません。むしろどんな役も光っていました。でも徳川家康となると毒素が彼にないので、違和感がありました。まあ、それでもいずれ貫録をつけて、見事にやりこなすような気はしています。彼は人間幅の引き出しは多そうですから。

% Complete
100% Complete
3
9 | miffy_03 | 2020-06-26 18:18:01
よかった!

まだ何も成し遂げていない青年時代の松平元康だが、のちに家康になる器を持ち合わせた落ち着きや、周りの部下らを大切にする優しさなどが演技からににじみ出ていて、将来有望な方になるんだなと感じられる演技である。

% Complete
100% Complete
3
8 | 2020-06-26 03:57:25
よかった!

当初のキャスティングには
どんな家康かと想像出来なかったが
桶狭間での今川から駒のように
扱われたことへの反骨
史実とは違う部分があったと
しても何故か納得してしまった
家康と云えば晩年の老獪さを
ベテラン俳優が演じるのが
定番になっていたが
若武者姿も似合っていた
「おんな城主直虎」阿部サダヲさんとは
また違う魅力の家康を期待します

% Complete
100% Complete
3
7 | 2020-06-14 16:35:01
よかった!

とても素敵な家康です!風貌も爽やかですし、思慮深いところも感じられて人望も厚くてまさに理想の上司、という感じですね!彼が幼い時から人質生活をしていたからこそいろんなことを考えたり人に対する思いやりなどが生まれたのかなと思いました。

% Complete
100% Complete
2
6 | すばる | 2020-06-12 17:35:01
よかった!

風間さんの目の演技から、三河に帰れず、長年人質生活で不条理な仕打ち耐えてきた家康の辛抱強さと怒りが伝わってきました。今川の家来から、休む間もなく桶狭間に行けという命令に、ついに堪忍袋の緒が切れ、頑として譲らない力強さは、圧倒されました。

% Complete
100% Complete
3
5 | 2020-06-10 14:03:01
よかった!

風間くんが元々もっている「たぬき」っぽい、胡散臭い感じがまだ腹の内を隠し切れない元康の姿とぴったり重なって、本当に素晴らしいキャスティングと演じ方だなと思いました。怒る元康の感情表現も良くて、すごく腑に落ちました。

% Complete
100% Complete
3
4 | 2020-06-07 21:54:49
イマイチ...

ジャニーズは下手くそでもハンサム枠で大河ではよく使われているがこの人はどうなんだろう
顔の芝居がくどすぎて見ててイライラする
舞台ではあれでいいが映像では寄りもあるのでやめた方が良い
瞬き我慢して無駄に目が潤んでいるのも正直演者としていただけない
金八先生の時からたいして成長してないね

% Complete
100% Complete
0
3 | 名無し | 2020-06-04 05:58:01
よかった!

風間さんは子役の印象があったので、時代劇で徳川家康を演じると知り、少し意外でした。でも、青年らしさを残した大人の演技を期待しました。元康(家康)は、今川義元に対しては、従順で人の良い武士を演じ、祖母の前では、優しい穏やかな様子を見せていました。長い間、人質になっていたので、身に着けた処世術を風間さんは上手に演じていました。さらに、母の手紙を見た時は、長く隠していた母への愛情を表に出し、時代を読み取る鋭さも見せました。家康の青年時代はこうだったのだろうと思わせてくれました。

% Complete
100% Complete
2
2 | 2020-06-02 16:08:02
よかった!

日の目を浴びない時代を長く耐え抜き、ここぞというタイミングでドーン!と飛び出して歴史に名を遺す大人物、という徳川家康の人生が風間くんの人生にそっくりで、登場したときには待ってました!とテレビの前で叫びました。耐え忍ぶ、でも負けない、という姿勢がナチュラルに演技からにじんでいるのは流石です。

% Complete
100% Complete
3
1 | なっつ | 2020-06-02 13:08:02
よかった!

5/31放送回よりの登場となった。風間さんは、内に悲しみを秘めた元康(家康)役を、巧みに演じていると思った。特に、物語終盤で、元康が実母からの手紙を読んで涙を流す場面はハラハラした。観ている側も感情移入して、ついもらい泣きしそうになった。

% Complete
100% Complete
2

関連レビュー

『麒麟がくる』の感想 104コメント

『麒麟がくる』のキャスト一覧

風間俊介の関連レビュー