麒麟がくる

銀粉蝶 (なか役) の演技はどうでしたか?

2021年1月期 2020年10月期 2020年7月期

麒麟がくる』での銀粉蝶 (なか役)の演技はどうでしたか?あえて2択で評価してみて下さい。

銀粉蝶 (なか役) は 「2021年1月期 勝手にアカデミー賞」にノミネート中 (→ 今、何位?

12票 (5%)
229票 (95%)
2コメント
2 | 2021-02-20 19:47:02
イマイチ...

数々のテレビドラマに出演しており、誰もが認める女優さんではありますが、今回の秀吉の母役は、劇団の役者によくあるちょっと鼻につく演技が目立ちました。もう少し出演シーンを得なければ、銀紛蝶さんの良さは観られないのかなと少しガッカリでした。

% Complete
100% Complete
3
1 | 2021-01-13 19:37:01
イマイチ...

フィクションではない役の中で、これほど不快感を与える配役は他にいない。のちの大政所、なか。尾張の百姓の生まれ育ちで素朴ながらも聡明な女性、と描かれる事が多い。だが、東庵の所に来てはしなだれかかるその姿は、控えめに言っても、流れ着いた先でなおも客を取ろうとする老いさらばえた辻君。ひたすら不愉快。

% Complete
100% Complete
7

関連レビュー

『麒麟がくる』の感想 134コメント

『麒麟がくる』のキャスト一覧