おじさまと猫

2021年1月期
総合評価: 3.80 / 5.0 (回答者数50人) 324 位 / 601件中
※まだ評価はありません。
脚本・ストーリー 4.0 /5.0(80%) 264/601件中
キャスト 4.3 /5.0(86.6%) 229/601件中
演出 3.8 /5.0(75%) 395/601件中
音楽 3.6 /5.0(72.2%) 372/601件中
感動 3.8 /5.0(75.6%) 117/601件中
笑い 3.2 /5.0(64%) 285/601件中
スリル・興奮 2.1 /5.0(41.2%) 584/600件中
51コメント
51 | | 2021-04-01 23:47:02

あったかい気持ちになる最終回、とても良かったです。神田さんがすごくいい人なのはよく分かっていたけど、そんないい人でも奥さんを亡くせば孤立してしまう世の中なんだよね。それが悪いわけではないし個人の考え方があるけど、やっぱり自分が思う人、自分を思ってくれる人がいるって人生が豊かになるよね。福丸はその橋渡しとなってくれてほんとに福を連れてきてくれる存在になったね。中高年にペットはリスクもあるだろうけど、私はアリだと思う。

% Complete
100% Complete
2
50 | | 2021-04-01 21:08:06

ふくまると再開できて即、病院という展開はリアルでとてもよかったし、ふくまるに異常がないと安心できてホッとしました。ふくまるはぬいぐるみだったけど、しっかり猫だったんだなと改めて感じました。神木さんの絶妙な声のトーンが本当に素晴らしかったです。
やっと会えたのだからと遠慮する森山の意見を聞かずにふくまるを置いて神田がライブに行った描写は、ふくまると同じくらい森山の存在が自分の中で大きいんだということの現れのようで、"なにも変わらない1日をまた繰り返すのか"と言っていた最初の頃の神田との差に感動しました。
ライブ会場での森山のピンチにも戸惑うことなく手を貸し、小さいライブ会場だけど神田が演奏をやりきったことが嬉しくて堪らなかったです!

% Complete
100% Complete
3
49 | | 2021-03-28 00:01:02

森山先生のライブがあんな展開になるとは想像もしてなかったけど、神田さんと日比野さんが飛び入り参加で彼を助けたのには感動。いかにもなパターンと言えばそうだけど、大事な仲間のピンチの時に、なりふり構わず手を差し伸べたいという神田さんの気持ちに心揺さぶられる感じ。
たった一匹のネコを飼いはじめたことがきっかけで、一気に世界が広がって人生に幸せな彩りを取り戻せた神田さんを見ていると、動物と一緒に暮らしたくなってくる。
神田さんのピアノリサイタルのポスター写真に、ふくまるもちゃっかりおさまってる姿にはクスっと笑った。

% Complete
100% Complete
3
48 | | ぽわぽわ | 2021-03-27 22:08:01

おじさまと猫、ふたりだけのファンタジーな可愛らしい世界の話かと思っていたら、一人の悲しみに暮れていたおじさまピアニストが、一匹のちょっとブサイクな猫によって、仲間が広がり大切な一歩を踏み出していく、リアルな心温まるストーリーだった。律儀なおじさまが他人に心を許すのはすごく高いハードルなんだと思うけど、そこを簡単に飛び越えてきたのがふくまるだったんだな。日比野さんや森山くんという、音楽を通じてわかり合える仲間ができて、神田さんの復活の近道になって本当によかった。じんわり良いドラマでした。

% Complete
100% Complete
3
47 | | 2021-03-27 18:18:40

肝心の猫がぬいぐるみ?!と最初は驚きましたが、神木さんの見事な吹き替えと草刈さんの愛情深い演技のおかげですぐに違和感はなくなり、毎週2人の幸せそうな姿に癒されていました。登場人物に悪い人がおらず、たとえ拗らせていても心根は素直だったり、仲間思いだったりと皆優しさに溢れているところも、疲れが溜まってくる週半ばの深夜にちょうど良いほっこり具合でした。世界的ピアニストが2人もアシストに入ってくれるライブなんて贅沢過ぎる!神田さんが誰かのためにピアノを弾く喜びを思い出すことでトラウマを乗り越えられたのも良かったです。

% Complete
100% Complete
3
46 | | 2021-03-23 13:33:01

神田が小林に怒られたことを大事なときに思い出して悩みながらも、ふくまるに会いたいという想いがそこに足されたことで少し前までならやらなかったであろう思い切った行動に出れたという展開がとても良かった!そして小林以外は忙しいだろうにちゃんと手伝ってもらえて、そういった関係性ができあがったことにうるっときた。
さらにただのぬいぐるみことは理解しているのに、ふくまるが"パパさんが泣いてるかもしれない"と帰ることを諦めない様子にぐっときた。だからこそ神田の声に反応して力を振り絞って鳴いてくれたときは"よくやった!"と思わず声が出てしまった(笑)

% Complete
100% Complete
2
45 | | 2021-03-19 19:51:01

ただでさえ怖がりっぽいふくまるが、初めて独りで外に出て、おまけに迷子になったなんて、どんなにか心細かったでしょうね。ウルウルした涙目のタレ目とドロドロに汚れた姿が痛々しくて、もう歩けないと倒れてしまった時は泣きそうになったけど、実はさほど長期間行方不明になってたわけでもないのね。ちょっと大げさな感じもしながらも、そこがふくまるっぽいというか、可愛らしいところかな。
でもふくまるが行方不明になったことで、神田さんは自分を支えてくれてる人たちの存在に改めて気づけて良かった。小林さんはもちろんのこと、日比野さんたちもすぐに駆けつけてくれて、有事の友こそ真の友というのを実感できたかも。

% Complete
100% Complete
2
44 | | 2021-03-18 18:56:15

ふくまるが無事に見つかって本当に良かったです。絶対に再会するんだと互いに思い合って必死で頑張る姿に胸を打たれました。人に頼れなかった神田さんが初めて周りを頼りにしたのがふくまるのためというところもグッときました。神田さんとふくまるのためにビラを配ったり捜索を手伝ってくれる仲間たちの姿も素敵で、愛されることを諦めていたふくまるに、パパさんだけじゃなくてこんなに沢山の人が心配して大切に思ってくれてるよって教えてあげたくなりました。

% Complete
100% Complete
2
43 | | 2021-03-17 04:06:01

うちも猫を飼っていて特にお留守番のシーンとかはなんだか見ていて切なくなるんだよね。猫だから寝てる時間多いし、帰っても大したリアクションもしないからこんなもんかと思ってたけど福丸を見て感じていることを見ると寂しい思いをさせてるんだろうなと辛い。正直やめてくれよーって感じ。福丸、パパさんに星を捕まえてあげようと外に出ちゃったね。犬と違って外に慣れてないから福丸怖いだろうな。早く見つかって私もほっとしたい。

% Complete
100% Complete
3
42 | | 2021-03-16 22:47:02

主におじさん3人と猫のぬいぐるみしか出てこないのになぜこんなに癒されるんだろう。
小林と神田の仲は小学生の頃からの付き合いとはいえ、適度に距離感を感じることもあるし、想いをぶつけられるだけの近さも感じられてとても安定しているのが素晴らしい。小林がどう思っているかはわからないけど神田が小林を尊敬しているのはわかるので小林のちょっとした言葉がとても刺さる。今回も"荷物は捨てるか誰かに持ってもらうしか軽くならない"というセリフにジーンとした。異常に見えた日比野の勘違いというか敵対心も小林がいたお陰であっさり解消したし、長く続く友情っていいなと思いました。

% Complete
100% Complete
3
41 | | 2021-03-13 18:02:26

神田さんが無事にライブハウスに行けてホッとしました。何とか頑張って我慢して滞在したのではなく、ちゃんと演奏を最後まで楽しめたこと、そこで日比野さんに会って演奏会での誤解が解けたことも良かったです。迷子になったふくまるがすごく心配ですが…。無事に2人が再会出来ますようにって流れ星にお願いしたい気分です。

% Complete
100% Complete
2
40 | | 2021-03-13 13:23:01

森山先生が神田さんを自分のライブに誘ってる様子って、片思いしてる相手に告白してるかのよう。神田さんを本気で敬愛してるのがひしひしと伝わってくる。
それにしても日比野さんと神田さんは、ホントに縁がある感じ。二人ともクラシックの演奏家なのにロックの愛好家でもあって、ネコ好きという共通点もあって、きっともっと仲良くなれれば互いに最大の理解者同士にもなれそう。
小林さんは初対面の日比野さんにもグイグイと、物おじしないラフな態度で接してたけど、多分あの3人の中でも一番繊細な気遣いができる人だと思うな。登場人物の中で一番好きかも。

% Complete
100% Complete
3
39 | | 2021-03-09 18:33:01

神田がどれほどの人か、何があってそこから身を引いたのか等、同じ業界上知り得てることが多いであろう職場の人たちが、ただ発表会に行けないというくらいで辞めさせてくれるわけがない。というかそんなことで辞表を受けとる職場ではないことくらい、職場での居心地が良ければわかるはず。小林の怒りといい、職場の人たちの慌てぶりといいもの凄く茶番(笑)
森山はものすごくもの凄く神田を慕っているけど目的が見えないのがなんか怖い。年の離れた友人になりたいわけではなさそうだし、距離感が独特で絡みづらそうなキャラに見えちゃって可哀想。

% Complete
100% Complete
2
38 | | 2021-03-09 16:26:01

おじさんたちのねこにデレる姿に癒されている。福丸もぬいぐるみだけどちゃんと表情があって可愛がりたくなる存在だよね。やっぱりペットって最大の癒しなんだなーと思う。普段孫でも生まれなければあの年代の男性があんなにデレることなんてないもんね。かわいいものが好きなおじさんのドラマもあったけど、大好きなものを愛でるって大事なのかもしれないね。愛おしいと思う気持ちは福丸にもちゃんと伝わっていて、福丸もまたパパさんが大好きで癒されている。

% Complete
100% Complete
2
37 | 2021-03-06 22:24:14

神田先生の人の良さ、ふくまるのパパさん想い、もみじちゃんの動物想い、神田夫妻の暖かさ、小林さんとの長い友情、日々野さんとの絆、ふくまるとまりんちゃんとの再会、たくさん心暖まる。本当に素敵なお話。

% Complete
100% Complete
2
36 | | 2021-03-06 18:12:01

小学生の時に小林さんが友達になってくれたから救われたって神田さんが言っていたけど、その小林さんも神田さんのピアノ演奏に救われていて、そうやって互いの長所をリスペクトして感謝し合って、大人になっても格好つけずに自分の気持ちをありのまま伝え合える関係って素敵だなって思いました。おじさま2人の友情にもほっこりするし、うさ耳をつけたふくまるとマリンちゃんの可愛さにもキュンとしたし、毎回観終わったあとに温かくて幸せな気持ちになれるドラマです。

% Complete
100% Complete
2
35 | | 2021-03-05 13:55:01

小林さんって愛情深くて本当に良い人。あんなに他人のことを思いやって、必死になってアドバイスしてくれる人ってなかなかいないと思う。たった一人きりの友達だとしても小林さんがいてくれるだけで、神田さんは多分ひとの何十倍も幸せですね。それに神田さん自身が心のキレイな人だから、周囲にも同じように思いやりのある素敵な人が集まるのかも。だから彼が心を開けば、周りの人たちもちゃんとそれに応えてくれるんでしょうね。
それにしても、ふくまるがウサギの帽子をかぶったら、意外なほど似合ってた。マリンちゃんは、正直ちょっとイマイチだったけど。

% Complete
100% Complete
2
34 | | 2021-03-02 19:26:02

よかったねー、ほんとに福丸は幸せを連れてきてくれるよね。福丸に出会えたからこそ猫を飼っている仲間もできておじさんの一人暮らしも豊かなものになっていく。ペットの力ってすごいなと思う。福丸も思いがけずお姉ちゃんに会えたし。ほんとによかった。ペットショップにいる1匹1匹にそれぞれの家族がいたんだよね。親や兄妹とあんな小さなころに引き離されてショーケースに入れられるって考えるとほんとに残酷なことをしているのかもしれない。その分みんな幸せになってほしいな。

% Complete
100% Complete
2
33 | | 2021-03-02 17:08:02

最初は犬は本物なのにメインの猫はぬいぐるみなのかと思ったこともあったけど、ぬいぐるみだからこそ表現できてるふくまるの表情が絶妙だなと感じるようになった。そしてふくまるのお姉ちゃんが出てきてよりぬいぐるみでよかったなと。マリンに対してまだちゃんと記憶があって、ふくまるがおねえちゃんって甘えたシーンは不思議と感動できました。世界観がちゃんと出来上がっているからモフモフするシーンも馬鹿らしく見えないというか、いろんな意味で癒されました。

% Complete
100% Complete
2
32 | | 2021-02-26 17:31:01

神田さんはいつの間にか、ネコの気持ちがわかるエキスパートみたいになってて微笑ましい。日比野さんへの猫の飼い方のアドバイスも押しつけがましくなくて、思い遣りのある言葉の端々から人柄の良さが伝わってくる。マリンちゃんは、呼ばれると寄っていくし返事もしたりして、ちょっと犬みたい。でもその分いじらしくて、一層愛着もわきそう。
マリンちゃんがふくまるのお姉ちゃんだったとは、なんとも幸せな偶然。でも、言われて見ればふくまるって、いかにも末っ子という感じがするかな。
それにしても、ふくまるが来てから神田さんの毎日が一気に明るくなって世界も広がって、動物と一緒に暮らすって幸せなことだなと再認識。

% Complete
100% Complete
2
31 | | ankouni | 2021-02-25 18:51:01

日比野とおじさまがペットショップで遭遇するシーンがとても楽しかった。来ないかな来ないかなってテレビの前で待っていた私。このピアノに愛された人間たちが、猫との出会いによって、違うレベルでのピアノの響きになりそうでワクワクする。おじさまとはまた違う境遇で苦しんでいる日比野が猫を飼うことによってきっと変わっていくのであろう。なんだかんだと、猫を見捨てることができなかった彼。おじさまと一緒に猫グッズを運んでいる姿に、幸せの予感がプンプンします。苦悩と、女の子にはいいかっこをしたい彼の心の声の演じ分けが絶妙だった。

% Complete
100% Complete
3
30 | | 2021-02-25 18:38:38

日比野の猫がふくまるのお姉ちゃんだったとは!お互い、幸せになって再会出来て本当に良かったです。色々拗らせてそうな日比野も、猫のために苦手な母親に何度も電話をしたり、ライバル視する神田のアドバイスもちゃんと受け入れたり、根はとても素直で優しい人なんじゃないかなあ。大人の男性二人が猫ちゃんを両手に抱えてモフモフし合う姿は見た目とのギャップがすごいけど、何だか可愛らしくてほっこりしました。

% Complete
100% Complete
3
29 | | 2021-02-24 12:41:01

猫繋がりで出逢ったことで、日比野の勝手な嫉妬心がすごく小さいなと思えて面白かった。自分は死ぬほど練習して"特別"と思っていたのは子供っぽいけど、母親に愛されなかった背景と合っていてよかった。けどこの年齢まで神田は練習もしてない才能だけの人間だとでも考えていたのかと思ってしまうほど、神田という一人の人に対して考えが浅くて驚いてしまった。
本当は走って逃げたい状況で、猫に関わっている人ならとつい足が出てしまった神田の心情はとてもよく理解できた。お互いに持っている壁は違うから連れ違いもあるとは思うけど、おじさま同士が猫のおかげで壁をなくせれたらほっこりできるなと感じました。

% Complete
100% Complete
3
28 | | あらた | 2021-02-22 13:55:01

いまだにふくまるが映るたびに「ヌイグルミだ!」と笑ってしまうのだけど、それはそれで嫌じゃないカンジ。神田さんがなかなか妻を失った悲しみから抜け出せないのだけど、親友の小林、職場の森山くんに続いて、ピアニストの日比野さんも加わって、段々と輪が広がってきて神田さんの世界がやさしく広がっていくのが良いですね。日比野さんも神田さんに憧れつつライバルとしてギリギリとやってきたのだろうけど、きっとこれからはピアノの音色も変わってきそう。ねこのおかげ!

% Complete
100% Complete
3
27 | | 2021-02-19 14:18:01

日比野さん、きっと性格歪んでるんだろうなと思ってたら、やっぱり色々屈託のある人だった。まあ、問題の多い感じの母親に育てられたようで、そういう意味では可哀そう。でもあの母の子にしては、上出来かな。子供の頃は憧れだった神田さんを、いつの間にかライバル視して勝手に敵対心を抱いてたみたいだけど、ネコという共通点でいきなり仲良くなれそうな様子は微笑ましい。何よりも、あんなに鬱鬱としていた神田さんが、躊躇しながらでも自ら積極的に他人にも話しかけたり、家にまで押しかけるようになるなんて、その変身ぶりにはビックリ。全部ふくまるのおかげですね。

% Complete
100% Complete
2
26 | | 2021-02-18 19:21:09

引っ越し先で飼えないから、もう必要ないからと息子に猫を押し付ける日比野の母親に怒りを通り越して唖然…。でもこういう無責任な人、沢山いるんだろうな。以前、去勢手術の大切さを説くシーンでも感じましたが、猫とおじさまの絆をほっこり描くだけではなく、生き物を飼うとはどういうことか、その責任の重さをしっかり伝えてくれるところもこのドラマの魅力だと思います。自分の子供時代と猫を重ねてしまう日比野の姿は神田と通じるものがあって、猫を通して意外と分かりあえて互いに良い影響を与え合えるんじゃないかなと今後の展開に期待しちゃいます。

% Complete
100% Complete
3
25 | | 2021-02-18 03:26:01

神田が凄いピアニストだと結局言っていなかった職場の人たちに驚いた。噂話とか好きそうなのに。気づいてないというかそんな人だとは考えてもみなかった森山も森山だけど、初めて知りましたという驚きの演技が驚いているように見えなくて、人間本気で驚いたら声も出ないし動きは止まるでしょと突っ込みたかった。
やっぱり年齢差があって話を無理矢理合わせているようにも見えなくない演出はわざとなんだなと納得できたし、ふくまるのおかげと森山のキャラのせいで近いように見えるけどしっかり距離感のある関係はとても自然に感じた。

% Complete
100% Complete
1
24 | | ankouni | 2021-02-13 23:35:01

森山先生の「神田先生って、僕思うんですけど、もしかして、間違っているかもしれないんですが、プロのピアノ演奏者じゃないんですかね」のセリフに、笑ってしまった。「え、そこ、知らなかったの笑」。音楽会社の同僚の「・・・、え、本気で言ってるの?」の返しまでの間が、ツボに来た。でも彼のそういう雰囲気が、おじ様を和ませ、ふくまるの「こいつは間違いなく猫好きだ、いい人に間違いない」とお腹を仰向けにして、なでてよし!の許可をもらえるんだろうなと、目を細めながら見てしまいました。

% Complete
100% Complete
1
23 | | 2021-02-13 22:33:01

神田さんのピアノには温かみや優しさが溢れてるけど、人気ピアニストらしい日比野さんの演奏はテクニックには長けていても、心にはあまり響いてこない感じ。それにしても神田さんがコンサートを開けなくなったのは、舞台上で倒れてしまったトラウマからなんですね。それにしても、コンサート途中にあんな電話を繋ぐなんて、マネージャーだかスタッフだか知らないけど、配慮がなさ過ぎて仰天するわ。
森山君は天然過ぎて唖然とするときもあるけど、純粋で素直な性格が神田さんと似ているところがあって、年齢は離れていても二人は良い友達になれそうね。ふくまるも、お腹みせて彼を受け入れてたし。

% Complete
100% Complete
1
22 | | 2021-02-12 19:33:36

世界的に活躍していた神田がどうして表舞台から消えたのかが明らかになりましたね。回想シーンの神田の苦しそうな表情が見ていて辛く切なかったです。ずっと避けてきたコンサートホールに行くきっかけを作ったのが同僚の森山で、彼と出会ったのは元を辿ればふくまるを飼い始めたからで、ふくまるとの出会いは神田にとってあらゆる面で前を向いて進む良いきっかけになっているなと改めて感じました。そんな神田に甘えるふくまるも可愛いし、ふくまると森山が仲良しになれたのも嬉しかったです。

% Complete
100% Complete
1
21 | | 2021-02-09 20:37:01

神田と子供たちが猫の話題で盛り上がっているのを見て、子供の頃ピアノの先生がピアノの以外の話をしてくれるとすごく嬉しかったことを思い出してほっこりしました。
雑貨屋さんでの神田のセンスには笑っちゃったけど、ふくまるに出逢って猫グッズに目がいくようになった、好きなモチーフが目に入ってくるようになったという流れはとても共感できました。それにふくまるのから回った努力のお陰で(?)奥さんがピアノのモチーフのマグカップを内緒で買っていたことを何年か越しに知ることができたことに心が温まりました。

% Complete
100% Complete
1
20 | | 2021-02-05 19:35:02

パパさんのお母さんがとても偏った教育方針の人だったことにビックリ。そんな母親に育てられたのに、パパさんが素直で思いやり溢れる、まともな大人に育ってほんとに良かった。並べてあったCDをふくまるがひっくり返したときも粗相をしたことを怒るのじゃなく、ふくまるがケガしてないか心配するあたり、愛情あふれる人柄が伝わってきて温かい気持ちになる。
パパさんが気に入って買ったネコ柄のTシャツはハッキリ言って似合ってなかったけど、好きなものができるとそれ以前はスルーしてたお店にも入ってみる気にもなって、世界が広がるのは間違いないですね。

% Complete
100% Complete
1
19 | | 2021-02-04 19:21:24

神田とふくまるの出会い、単なる一目惚れかと思ってたけど、それだけじゃなくて「誰からも選ばれない」という少年時代に自分が経験した孤独を背負うふくまるにシンパシーを感じていたんですね。人間と猫だから会話は成り立っていないけど、互いに自分の分かる範囲で、言葉はちょっと悪いけど都合良く解釈して労わり合って寄り添う姿にほっこり癒されます。鈴音さんとの思い出や子供時代の辛い記憶など、切なくて胸がギュッと締め付けられるシーンもあったけど、観終わったあとに心がホワっと温かくなる不思議なドラマです。

% Complete
100% Complete
1
18 | | 2021-02-03 18:51:01

情緒不安定なのは女の専売特許じゃなかったのか?(笑)おじさんの揺れる気持ちに思わず見入ってしまう。ペットを飼うって想像するより遥かに自分に近い存在になるってことなんだよね。生かすも殺すも飼い主次第、かわいいだけで飼っちゃダメよね。今の飼い主としては当たり前の去勢、避妊手術もおじさんの迷い様を見ていて考えさせられた。たしかに狭い家の中でしか自由はなくて外で好き勝手に繁殖できない犬や猫には必要なんだけど、健康な体にメスを入れることを当たり前だからって思っちゃいけないなって思った。

% Complete
100% Complete
1
17 | | 2021-02-02 21:28:02

神田とふくまるを見て、今までは良い出逢い、良い関係性と思えてたけど4話で見方が変わってしまった。ペットショップで猫を買ったらワクチンやら健康診断のために獣医に連れて行っていてもおかしくないはずなのに、獣医との会話ではなくペットショップの店員との会話で去勢手術の流れになったことに違和感を感じました。
さらに去勢はふくまるの、家猫のためと言われたのに神田がふくまるに手術を受けさせたくない理由が自分が悲しみたくないからにしか見えずイラっとした。どこも"いいお父さん"には見えなかった。
心の声が聞こえるせいか、都合のいいところだけ猫だから理解できないみたいなふくまるのわがままにも腹が立った。この作品で癒しを感じられないとは思っていなかったので、ショックが大きい。

% Complete
100% Complete
3
16 | | 2021-01-29 20:06:01

パパさんが落ち込んでる時に絶妙のタイミングで現れて、恩着せがましくなく励ます小林さんって、最高の友ですね。ふくまるの病院にも付き添ってくれて、本当に良い人。
手術後にご飯のおかわりをねだるふくまるの様子がめちゃくちゃ可愛かった。あんなふうにお願いされたら、パパさんじゃなくてもたくさん食べさせてあげたくなるよね。ふくまるを喜ばせたいけど、たくさん食べさせるのは良くないから、そのへんの葛藤はよくわかる。ふくまるを愛おし気に見つめるパパさんと、パパさんを見つめるふくまるのピュアそのものといった目が互いに優しすぎて、二人を見てるだけで幸せになる感じ。

% Complete
100% Complete
2
15 | | 2021-01-29 18:54:12

私も犬を飼っていて去勢手術の経験があるので心配でたまらない神田の気持ちがよく分かります。病院で離れ難かったり、たった5分がとてつもなく長い時間に感じたり、一人になるとモヤモヤ不安でいっぱいになったり、動物を飼っている人なら共感できるシーンばかりだったんじゃないかな。頑張り屋のふくまる、無事に終わって本当に良かったです。もみじが去勢手術がなぜ必要なのか、飼い主・猫ちゃん両方の視点から丁寧に説明してくれたのも、動物を飼うということの責任を改めて実感出来て良かったと思います。

% Complete
100% Complete
2
14 | | 2021-01-26 22:01:01

こういうのやめてよー。猫を置いて家を開けられなくなる(泣)飼い主だって玄関まで追ってこられて後ろ髪を引かれないはずがないんだよ。でも稼がなきゃエサだってあげられない。買い物だって行かなきゃいけないし。いつも見ないようにしていた留守番中の猫の気持ちに心が痛い。帰ると全然そっぽ向いて寝てるけどそれでもふくまるみたいな一日を過ごしているのかと思ってうちの猫を抱きしめちゃった。ダメだ。猫好きにはたまらないけど、同時に寂しくなってしまう。どうしよう。

% Complete
100% Complete
1
13 | | 2021-01-26 12:31:01

ふくまるを飼い始めて神田の心が元気になったのはわかったけど、仕事復帰が早い気が…。ふくまるがもう少しお家に慣れてからとか、神田が少し長い時間買い物に出掛けるところからの変化が見たかった。
神田の心配を「高いところに上って降りられなくなってないか」というものに絞った演出が、猫のことをまだ全然知らない、大変さをネットで調べてもないように見えてしまって薄く感じた。せめてふくまるが高いところに上って降りられなくなり、それを神田が助けたシーンが先にあったのならもう少し神田の心配に共感できたのにと思いました。

% Complete
100% Complete
3
12 | | 2021-01-23 03:06:01

パパさんの誰に対しても礼儀正しくてジェントルマンな言動が、とってもチャーミング。早く家に帰りたい理由を、ふくまるの写真を見せて正直に伝えるあたり、すごくピュアな人なんだなと感動すら覚える。
一方でふくまるは、鏡に映った自分の姿を敵だと思ってケンカしたり、ピアノを弾いてるパパさんの邪魔をしたりと、なかなか芸が細かくて面白い。おとなしいのかと思ってたら、パパさんの夕食の魚を奪ってにげるあたりは野生っぽいとも言えるし、パパさんにすっかり慣れて気を許してる証拠みたいにも思えて、いじらしくて癒される。

% Complete
100% Complete
1
11 | | 2021-01-22 11:44:15

初めてのお留守番、一人で待ってるふくまるも残していく神田もソワソワ気が気じゃない様子が微笑ましく、どちらも可愛らしかったです。鏡に映った自分と戦うふくまる、可愛かった~。音楽教室の同僚たちが皆温かい良い人たちでほっこりしたし、ペットショップに立ち寄ってもみじと談笑するなど、ふくまると出会ったことで閉ざしていた神田の世界が少しずつ広がっていくのも良かったです。

% Complete
100% Complete
1
10 | | 2021-01-20 11:03:01

もうこういうのはダメだよー。妻を亡くして一人暮らしのおじさんと誰も買い手がつかなかった猫の組み合わせ‥もうエモい。おじさんの悲しみを超えた寂しげな表情がすごく胸にくる。あの顔だけでも泣ける(笑)また猫がさ、初めはなんだぬいぐるみなんだと思ったし神木くんのニャーニャー言うナレーションもなんだかなーって思ったけど表情がほんとに豊かで愛らしい。猫を飼ってる私でも自然であるあるが満載の動きに釘付け。マンガは読まないけど最後に出てきた漫画の猫にそっくりでびっくりした。

% Complete
100% Complete
2
9 | | まめ | 2021-01-16 14:16:02

登場する猫が本物の猫ではなくぬいぐるみ型のロボットであったことが驚きました。ですが、そのおかげで猫の表情を上手く引き出していて、神木隆之介君のアフレコととてもマッチしていて愛おしく感じられました。
特に印象に残ったのは、妻に先立たれたおじさんが初めてペットショップに行き、猫と出会うシーンでした。誰かの必要とされる存在になりたかった一人の人間と一匹の猫が運命の出会いをした瞬間はとても心が温まり癒されました。

% Complete
100% Complete
1
8 | | 2021-01-16 14:08:01

あんなにペットショップで物を抱えていたのに帰りは抱えておらず、でも家は買ったもので溢れかえっていて、宅配したとか細かい描写がないことがちょっと足りないかなと。それにペットショップの店員さんに猫を飼うことについていろいろ聞いたかなのような描写があったのに、非現実的な猫砂の山盛り感とか初めての場所でケージからすぐ出てこないこととかは聞いてないのかと突っ込みたかった。
でも人の言葉を理解しているふくまるだから、神田をひとりぼっちにさせないとケージから出てきたところや名前をもらって、呼ばれて幸せそうにしている1匹と1人にはほっこりしました。

% Complete
100% Complete
0
7 | | 2021-01-15 13:28:01

ふくまるを見つめる神田さんの目が優しくて、幸せな気持ちになる。ふくまるも家に来たときは怯えてたのに、夜には神田さんのベッドに一緒に寝るようになって、そんな二人を見てるだけで癒される感じ。ふくまるは、ペットショップで出されていたのと同じ餌を食べてるのに、新しく自分の家となった場所で食べると美味しく感じるなんて、気持ち次第で味覚まで変わるのは動物も一緒なのかな、なんて思ったり。整頓されてはいるけど殺風景だった部屋に、ふくまる用のグッズが増えてにぎやかになって、温かみが出てますね。

% Complete
100% Complete
1
6 | | チャオシマ | 2021-01-15 13:14:06

まるで何かに導かれたかのような猫との出会いからずっと冬樹が笑顔でいることに嬉しくなりました。猫砂の量が分からなくて山盛りにしてしまうところは微笑ましいものでした。仕事もする気になり音楽教室でピアノを披露しますが、若い担当者にも丁寧な物言いで彼の育ちの良さを感じます。「猫が飼いたい」と言っていた亡き妻と冬樹の様子は愛し合っているのがよく分かり、冬樹の寂しさが伝わってきます。そんな冬樹を心から心配している幼馴染の小林は少々雑ですがその優しさに癒されます。小林の愛犬にはセリフはありませんが元気で賢そうで、この子の登場も楽しみにしています。

% Complete
100% Complete
1
5 | | 2021-01-14 19:19:22

神田を慰めようとしたり、小林をうざがったり、名前をもらえたことをしみじみ喜んだり、人間並みに感情豊かなふくまるがとにかく可愛い!初めての猫との生活、もっとあたふたするかと思いきや意外と互いにしっくり馴染んでいて見ているだけで癒されます。たまにクスっと笑える程良く落ち着いた雰囲気が深夜にちょうど良くて好きです。登場人物に悪い人や嫌な人が出てこないところもストレスフリーで良いですね。

% Complete
100% Complete
1
4 | | 2021-01-13 14:33:02

最初は原作のオールバックのおじさまとはまったく違うやつれすぎておじいさんに見えそうな神田と、他の子たちは本物なのに猫だけぬいぐるみという点に違和感を覚えました。猫は柄とか体型とか目付きとかそっくりな子がいなくて仕方なくかもしれないけど、神田はもう少しロマンスグレーというか大人の色気を漂わすおじさまにできたんじゃないかと思ってしまいました。
ただ神田役の草刈さんの生きることに絶望した様子や猫の細かな表情、神木さんの猫の声はとてもよかったです。猫がぬいぐるみでよかったとなるか、よくなかったとなるかはこれからだと思うので続けて見てみようと思います。

% Complete
100% Complete
1
3 | | 2021-01-12 22:23:01

ふくまるが、リアルな生きてるネコじゃないのに一瞬シラけそうになったけど、なんとも表情豊かというか、感情豊かな声が良くて一気に惹き込まれてしまった。ペットショップで、どんどん値段は下げられてるのに、誰にも見向きもされず選んでもらえない猫や犬って、きっとふくまるみたいなことを考えたりしてるのかもって思ったら、泣きそうになった。そんな中で出会った神田さんとは、運命の相手としか思えませんね。亡くなった奥様への想いとも相まって、神田さんなら絶対にふくまるをタップリの愛情で包んでくれるはず。これからどんなに心温まるエピソードを披露してくれるかと、期待で一杯です。

% Complete
100% Complete
1
2 | | 2021-01-11 20:21:01

原作の漫画をほぼ忠実に再現できていて感動しました。優しくて温かい癒しの空間を見事なまでに表現できていたと思います。
観るまでは、草刈正雄さんとおじさまのイメージが結びつかなくてどうなるのか心配だったけれど、思いのほか作品に溶け込んでいて心の底から安心しました。
一つだけ残念だと思ったのが、ふくまるでした。原作のブサイク感を実写ではさすがに再現しきれていなかったように思いました。それでも、これはこれで可愛いからアリですね。

% Complete
100% Complete
1

関連レビュー

『おじさまと猫』のキャスト一覧